四季折々

~感じるままに~

捜索・救助に全力が注がれているようです。‥広島災害

2014-08-21 23:24:11 | まち歩き

安佐南区、安佐北区で大きな災害が発生してから、一夜が明けました。
早朝から警察、消防、自衛隊などの救助隊が大量投入され、捜索・救助活動に全力が注がれているようでした。
今夜も夜を徹して行われるそうです。不明者の無事発見救出を祈っています。

Img_0006
早朝ウオーキングで、我が家から約1㎞の高瀬堰左岸まで行ってみました。
今朝はモヤなどかかっておらず、山頂や稜線がはっきり見えました。(5:55撮影)

Img_0023
消防車両15台が列をなして、安佐北区(高陽)方面から八木方面に向かっていました
全ては確認していませんが、ほとんどの車両に岡山の記名がありました。(6:06撮影)

Img_0028
帰路、また5台の車列と出会いました。全ての車両に福山と記されていました。
この後方には県防災センターと消防学校があり、ここに集結して現地に向かっていると思われました。(6:21撮影)
続々と向かって行った県外車両を含む車列を見て、非常に頼もしく感じました。

Img_0053

Img_0054

午後、健福大同期生のTさんが避難されている梅林小学校へお見舞いに行ってきました。
グランドは警察広域緊急援助隊の集結場所になっており、多数の警察車両が並んでいました。
車両ナンバーは、大阪、神戸などでした。遠方の府県から来てくれており、頼もしく感じました。

同期4名で訪ねてみたのですが、Tさんは、八木3丁目(土石流の一番大きな被害地域)で被災され、
首から上だけ出た状態で泥に埋まったそうです。
お嬢さんの助けを求められた機転により、かけつけていただいた近所の方に救出されたとのことでした。
不幸中の幸い、けが一つされていないとのことで、何よりでした。

また、同じ同期のKさんが避難されている八木小学校も訪ねてみました。
Kさん宅は無事ながら、避難勧告が出ているので、避難されているとのことでした。
「先ほどまで自宅に帰り、近所の泥の排出を手伝ってきた」と話され、お元気で安心しました。

もう1か所ガレージの浸水被害に遭われたAさん宅も訪れてみました。
床下浸水等はなく、車も大丈夫だったとのことでした。ただ泥の除去が大変だったようでした。

3名の方とも、大変な思いをされたようですが、お元気な姿を拝見し、本当に何よりでした。

今夕現在、死者は39名にものぼり、行方不明者はまだ26名もおられるそうです。
今夜から明日にかけて雨の予報が出ています。 心配です。
二次災害等なく、行方不明者が一人でも多く無事救出されることを祈っています。

 

コメント