四季折々

~感じるままに~

平和公園一斉清掃

2018-08-01 13:03:32 | 同好会・ボランティア・オカリナ

平和公園の一斉清掃に参加しました。
8月6日の平和記念式典を前に毎年行われているものです。
私達健福大18期会も11人が参加しました。


各種企業・団体・市民合わせて64団体、約2800人の参加だったそうです。


まず慰霊碑方向を向いて黙祷。市長あいさつの後、あらかじめ示されていた区分に分かれ大清掃が始まりました。






私達は、資料館本館南の噴水周辺でした。
ゴミを拾ったり草を抜いたり、枯れ木や葉を取り除いたりしました。


健福大同窓会の面々です。このうち11人が私たち18期生でした。

集合は7:10。 7:30から約1時間の活動でした。

日差しが強くて暑い朝でした。汗びっしょりになりましたが、気分は爽やかでした。

コメント

高齢者サロンを訪問

2018-07-26 21:03:46 | 同好会・ボランティア・オカリナ

同好会仲間10人で高齢者サロンを訪問しました。
日頃は、この仲間のうちの1人とほか数人の方がお世話をされているサロンです。
ハーモニカとオカリナの演奏に合わせて歌ってもらったほか、一緒にカープの応援歌を歌ったりしました。


安芸区総合福祉センター内の一室です。
同じ建物には安芸区災害ボランティアセーンターが設けられていました。
集まられておられた方々は被害のなかった地域の方々ですが、心を痛めておられました。
そんな中、「楽しかった」「よかった」などと喜んでいただき、私たちも元気をいただきました。

コメント

被災お見舞い

2018-07-18 21:18:19 | 同好会・ボランティア・オカリナ

安佐北区内居住の3人で、健福大同期生 I さんのお宅にうかがってみました。
テレビで大々的に報道されているあの坂町小屋浦です。
凄惨な状況でした。10日以上にもなるのに、周辺はまだ泥に埋まったままでした。


手前から2軒目の淡い茶色の3階建のお宅です。






ご自宅周辺の道路です。厚さ20㎝くらいのドロドロの泥に埋まっていました。

黒い車は I さんの車です。


床上も少々ではなく1m以上浸水した痕が残っていました。

泥は家族の方でかき出されたそうです。 大変だったことと思います。
周辺の道路が泥のままなので、ボランティアも入れなかったようです。


せっかくお邪魔したので、わずかながらお手伝いをして帰りました。

といっても、一部屋に集められていた被災品の一部を庭に移しただけです。
こうした被災品は、周辺の道路の車や泥が撤去されないと搬出できない状況でした。
搬出できるようになり次第、再度お手伝いに来ることを約し、引き上げさせていただきました。

ご夫婦は今も避難所で寝起きされているとのことで、本当に大変だと感じました。
小屋浦地区は、ここよりもまだひどいところがあるようで、行政等の手が回っていないようでした。

一時も早く、周辺の道路が復元されることを祈るばかりです。

コメント

熱射の中のボランティア

2018-07-15 18:25:07 | 同好会・ボランティア・オカリナ

この度の7月豪雨で被災された、健福大同期生のお宅へ、土砂搬出のお手伝いに行ってきました。
安芸郡府中本町のSさん宅です。庭にものすごい量の土砂が堆積していました。
熱射の中、たくさんのボランティアの方が一生懸命取り組まれている姿には本当に感動しました。


丁度9:00、到着したときは7~8人の方が作業をしておられました。


Sさん宅です。広い庭にびっくりするほどの土砂が堆積していました。


玄関側に回ると、この有様でした。ここにあったのだそうです。左側が玄関。

不幸中の幸い、玄関や屋内(床上)には浸水等しなかったそうです。






土砂は、丁度窓際の高さまで堆積していました。50㎝くらいの厚みでした。
泥水はさらに高い位置(エアコン室外機の痕跡くらい)まで迫ったようです。




11:00頃からどっと人数が増えました。
それまでは20数名でしたが、一気に倍くらいの人数になりました。

作業は土砂を掘り集め、集めた土砂をバケツに入れ、バケツリレーで表側の道路に排出する。
というものでした。私はスコップでバケツに入れる作業を担いました。
15分ごとに休憩を取りながら、水を飲みながらの汗だくの作業でした。

11:45、表側道路での重機作業の関係上、土砂を排出できなくなり、13:00まで昼休憩となりました。
私たちは高齢者グループなので、この時点で終わらせていただくこととしました。




問題の場所です。
この橋に上流から押し流されてきた土砂や流木がつまり、濁流となって町を襲ったようです。


この上流には「水分峡(みくまりきょう)」という峡谷があります。
その峡谷には、砂防ダムによりせき止められた大きな池があり、この周辺で土石流が発生したためのようです。
雨もやみ、晴天の日が続いていた7月10日の正午前頃のことでした。(各地で災害が判明したのは7月7日の朝)
ニュースで知った時、まさに「青天のへきれき」でした。

同期のSさんのお宅は、この橋の左方50~60mのところなので特に大きな被害となったようです。


車を置いていた府中小学校は土砂の集積場になっていました。ものすごい量の土砂が集められていました。


ボランティア受付所前で記念の1枚を押していただきました。
女性の方は、同期のT女さんの友人のNさんで、以前府中町に住んでおられたとのことでした。

猛暑の中、皆さんご苦労様でした。
ちなみに、今日は、私の住む広島市北部の安佐北区でも、今年最高の35.5度を記録したそうです。

コメント (2)

雲月山登山

2018-06-25 21:43:05 | 同好会・ボランティア・オカリナ

同好会仲間6人で雲月山(うんげつやま、911.2m)に登りました。
梅雨というのに快晴、ときおりさわやかな風も吹き抜け最高の登山日和でした。
登山道脇にはあちこちにササユリが咲いていました。







登る山(道)、登ってきた山(道)を常に眺められる草山登山。山も空も眺めもきれいでした。
楽しみにしていたササユリをはじめたくさんの花々にも出会えました。

30数枚の写真をスライドショーにしてみました。
クリックしてみて下さい。→ https://www.youtube.com/watch?v=SYakfPGRIEg&list=PLmzwCeXx_tPFDgsASwCbEOAXAx17kLY-r

コメント