四季折々

~感じるままに~

クンシランが咲き始めています。

2013-03-31 20:56:46 | 写真・花

クンシラン(君子蘭)は、蘭の仲間ではなくヒガンバナ科の植物だそうです。
わが家のものは、25年余り咲き続けています。今はのばし放題で、大きな鉢に5株が密集しております。今年はこのうち3株に花がついています。


P1070550_2
一株で育てて、葉姿を整えるべきでしょうが、わが家では数輪咲かせるようにしています。

P1070514_1_2
上は本日・下は昨日写したものです。日に日に鮮やかな色になっていきます。


コメント

桜の大木に出会いました。

2013-03-30 21:44:01 | まち歩き

JR芸備線沿い(安佐北区)の民家に見事な桜(ソメイヨシノ)の大木がありました。
近所の方に聞いてみると、終戦直後に植えられたらしいとのことでした。

もしそのとおりであれば、私とほぼ同じ歳月を重ねてきたことになります。

P1070524_1
周囲を圧倒するような大きな桜でした。丁度満開のようでした。

P1070536
重ねた歳月は同じでも、桜はこんなにも立派になるのか、と感心しました。

「♪花は 花は 花は咲く 私は何を残しただろ♪」と口ずさんでいました。

P1070533_1
近くで、こんなのどかな風景も見られました。

コメント

ぶどうの芽吹きが始まりました。

2013-03-29 11:49:30 | ぶどう・野菜

今朝、一芽だけですが、ぶどう(安芸クイーン)が芽吹いていました。
この一番芽、今年の楽しみを一番先に届けてくれました。
まもなく一斉に芽吹きがはじまります。

P1070489_2


P1070479_1
この芽の中に、ブドウになる花芽がついています。もう少し大きくなると、つぶつぶの花芽が見えてきます。
しかし、1結果母枝(昨年伸びた枝)に1結果枝(果房をつける枝)しか育てないので、残念ながらこの芽は摘み取り、上の写真の左下の丸い芽の方を育てることになりそうです。

コメント

ウォーキング中、珍しい小動物を発見しました。

2013-03-28 20:55:00 | まち歩き

今日15:40ころ、ウォーキン中、小川のほとりで、非常に珍しい小動物を発見しました。
体長は、しっぽを入れないで45㎝くらいで、しっぽは細長く、同じくらいの長さでした。
ねずみの大型のように見え、後ろ足に水掻きがありました。

P1070435_1
白くて長い口髭がありました。もぐもぐと青い草を食べていました。見えている足は後ろ足。

P1070426_1_2
歯がオレンジ色のようでした。この後カメラに気づき、川に飛び込んで逃げました。
潜ったまま、すごい速さで泳ぎ、対岸の草むらの下に潜り込みました。

P1070451_1
こんな町中の小川です。右の2階建の民家前の道路下の草むらにいました。

帰って、ネットでいろいろ調べてみると、どうも、「ヌートリア」という外来の帰化動物のようです。
昔、軍用の毛皮獣として輸入、戦後放逐され野生化したものが生き残っているのだそうです。
こんなところでよく生き延びているものだと感心しました。
なお、この小川の下流では、数年前にオオサンショウウオが発見されたことがあるようです。

コメント

今日は、「さくらの日」だそうです。

2013-03-27 20:43:34 | 写真・花

今日(3月27日)は、「さくらの日」だそうです。そんな今日、素晴らしい桜と出会いました。
夕方、白島北町の長寿園に立ち寄ってみたところ、この一帯の桜は既に満開のようでした。
あいにく小雨模様でしたが、黒っぽい幹と白い花びらのコントラストが素晴らしくて感動的でした。

P1070405_1

P1070408_1

P1070413_1

 
 「さくらの日」は、日本さくらの会が1992(平成4)年に制定したのだそうです

 
 さくらと「3(さ)×9(く)=27」の語呂を合わせ3月27日にしたとのことです。
日本の歴史や文化、風土と深く関わってきた桜を通して、日本の自然や文化について関心を深ることを
目的にしているそうです。
  

 

コメント