四季折々

~感じるままに~

ランタナとコバノランタナ

2020-06-04 16:28:08 | 写真・花
ランタナとコバノランタナが並んで咲いていました。
ランタナは和名がシチヘンゲ(七変化)。鮮やかな色の花が次第に変化します。
コバノランタナ(小葉のランタナ)の花はランタナそっくりですが、色は変化しないそうです。

その1 ランタナ(七変化)

   

   

   

   

   
こんなところできれいな花を咲かせていました。ど根性ランタナでした。

ランタナはクマツヅラ科の常緑低木で、中南米が原産地だそうです。
咲き始めてから日が経つにつれ花の色が変化していきます。
基本種は咲き始めがオレンジ色で徐々に赤色になるそうですが、種により色々あるそうです。
この花はピンクから黄色になる花と、黄色からピンクになる花があるようでした。
開花期は長く、初夏から秋までだそうです。

その2 コバノランタナ(小葉のランタナ)
   
すぐ近くで咲いていました。こちらは立派な花壇でした。

   

   

   

   
ランタナの葉っぱと比べてみました。半分くらいの大きさの小葉でした。


こちらは南アメリカ原産で、クマツヅラ科ランタナ属だそうですが、ランタナとは別種だそうです。
花の形がランタナに似ていて、葉がランタナより小さいので、この名がついたそうです。
コバノランタナには白・黄・桃色などの花色もあるそうでが、ランタナのように変化はしないそうです。
こちらは半つる性(半匍匐〈ほふく〉性)植物で、地を這うように、あるいは垂れ下がって咲くのと、
開花期が5月~11月と長く、寒さに強いのが特徴だそうです。

どちらも本当によく似ていましたが、ランタナの方がたくましくて、その分花もきれいだと感じました。
コメント

アジサイ Ⅱ

2020-06-03 16:35:31 | 写真・花
先月末、アジサイ(紫陽花)の咲き始めをアップしました。
あれから1週間、あちこちで目立つようになってきました。
今朝のウォーク中、感動して写したアジサイを列挙してみました。

   
赤いガクが印象的でした。

   
スミダノハナビ? 高いところで咲いました。見上げると花火のようでした。

   
素晴らしいピンク色でした。

   
薄いピンクにちょっと濃い縁取りがきれいでした。

   
花がライムグリーンから白色に変わっていくアナベルのようでした。

   
外側の装飾花はまだチラホラなのに内側の両性花が咲き始めていました。

   
淡いいい色でした。

   
前の写真と同じ株です。奥の花のようにだんだん濃くなるようでした。

   
これもだんだん濃くなるようでした。

   
ガクの部分が咲きそろい内側のつぼみがきれいでした。

   
丸くこんもり仕立てられていました。咲きそろうと見事だろうと思われました。

   
ヤマアジサイのようでした。青とピンク系の花の微妙な色合いがきれいでした。

3種類のアジサイがひと株のように固めて植えられていました。見事でした。
   

   

   

   
全体とそれぞれを写してみました。


南九州と四国地方が相次いで梅雨入りし、北九州と中国地方も間もなくだろうと思われましたが、
まだちょっと先になりそうです。ここ当分、雨は降りそうにありません。
10日間予報によると、来週木曜(6月11日)辺りから雨とか。その頃梅雨入りのようです。
 アジサイは間もなく一番きれいな頃を迎えそうです。雨にぬれた姿を見てみたいものです。

コメント

弟切草属(オトギリソウゾク)

2020-06-02 14:31:02 | 写真・花
「弟を切る」・・・ 物騒な名のようですが・・・
今、町中のあちこちで、この黄色い花を見かける季節になりました。
以下は3種のオトギリソウ(弟切草)属の花です。よく似ていますが少しずつ違うようです。

その1「コボウズオトギリ(小坊主弟切)」
   
指は私の小指です。花の直径は2㎝位でした。

   

   
コボウズオトギリ(小坊主弟切)の名は、赤い実を「小坊主」に見立てたたものだそうです。
オトギリソウ(弟切草)科 オトギリソウ属で、ヨーロッパ西部~南部原産だそうです。

その2「キンシバイ(金糸梅)」の園芸品種「ヒドコート」
   
こちらの花径は5㎝くらいでした。

   

   
黄色のおしべを「金の糸」に、5弁の花を「梅」にたとえた名だそうです。
こちらは、原産地は中国ですが、やはりオトギリソウ(弟切草)科、オトギリソウ属だそうです。

その3「ビヨウヤナギ(美容柳・未央柳とも)」
   
これも花径は5㎝くらいでした。

   

   
ビヨウヤナギの名の由来は、花が美しく、葉が柳に似ているところからとか。
美女柳(ビジョヤナギ)ともいわれているそうです。
これも中国原産で、オトギリソウ(弟切草)科、オトギリソウ属だそうです。

この3種の花はよく似てはいますが、花の大きさとシベの形がかなり違うようです。
いずれもオトギリソウ(弟切草)科 オトギリソウ属の多年生植物。
オトギリ=“弟を切る“ ちょっと物騒な名前です。
弟切草の名は、
「この草を原料にした秘薬の秘密を漏らした弟を兄が切り殺した」
という平安時代の伝説によるものだそうです。
コメント

広島の夏~キョウチクトウの花

2020-06-01 14:35:11 | 写真・花
今日から6月、気象上の(気象庁のいう)夏がやってきました。
早朝ウォーク中、キョウチクトウ(夾竹桃)の花と出会いました。
「広島にまた暑い夏がやってきた」と感じました。

   

   

   

少し離れたところでも咲いていました。
   
斑入りの葉でした。

薄いピンク色の花も
   

   

ピンクの花が桃に、細長い葉が竹に似ていることから夾竹桃(キョウチクトウ)の名がついたのだそうです。
土地を選ばず痩せ地でも育ち、乾燥や潮風にも強いなど、生命力の強い木だそうです。

原爆により75年間は草木も生えないといわれた焦土にいち早く咲いた花だそうです。
市民に復興への希望と光を与えたとのことです。
そうしたことから広島市の花にも制定されています。
今年もこの花が咲く暑い夏がやってきました。
コメント

岩樋山・道後山の花々

2020-05-31 13:36:01 | 同好会・ボランティア・オカリナ
今朝は久しぶりの雨でした。
5月から始めた早朝ウォークが初めてできませんでした。
ということから先日登った岩樋山・道後山の花々をまとめてみました。

   

   

   

   

20数枚の写真をスライドショーにして記録しておくことにしました。

   

コメント