四季折々

~感じるままに~

おやっくさん(明光寺薬師如来)ご開帳

2017-05-13 17:12:51 | まつり

明光寺薬師堂の木造薬師如来坐像のご開帳法要が行われました。
3年連続でお参りさせていただきました。
室町時代中期作の木造薬師如来坐像(県重文)です。地元では「おやっくさん」と呼ばれ親しまれているようです。


安佐北区深川4丁目です。芸備線中深川駅から徒歩5分の位置にあります。
大きい屋根が明光寺の本堂で、左奥が薬師堂です。前の川は三篠川です。


年に一度の(5月の第2土曜日)ご開帳法要が行われています。たくさんの人出でした。


像高270㎝、坐像としては広島市内では最も大きな仏像だそうです。


側面から拝観すると多少前倒れ気味でした。これは室町時代以降の傾向だそうです。
平成5年に解体修理が行われ、その際、頭部から墨書が発見されたそうです。
それにより享禄3年(1530)の作と判明したのだそうです。
過去何回も修理はなされているようですが、500年余も、よくぞ守られてきたものです。


11:00から法要が始まりました。明光寺住職(左)は第14世だそうです。

薬師如来は、仏教が日本に伝えられた最も初期から信仰されている仏様だそうです。
病気を平癒し、身心の健康を守ってくださる現世利益の仏様として、日本中に信仰が広まったそうです。
今日から1年、家族ともども健康で過ごせるようお祈りしました。
また来年も元気でお参りしたいものです。

コメント

広島神輿行列 通り御祭礼

2015-10-10 22:18:54 | まつり

広島神輿行列「通り御祭礼(とおりごさいれい)」を見物してきました。
文化12年(1815)以来、200年ぶりの正式復興だそうです。
その昔は徳川家康の没後50年ごとに行われていたそうです。

11;00、広島東照宮前から饒津神社に向け、渡御(とぎょ=往路)の行列が始まりました。
東照宮前で出発場面を見ることができたので、各組の出発をすべて写してみました。

1高釣燈(たかちょうちん)・榊・神職


2御案内町年寄・警護御先手足軽


3町奉行


4遅速奉行・御弓・御鉄砲・御長柄






5遅速奉行・御内陣の鉾持


6遅速奉行・御弓・御矢箱


7神馬


8剣形・日形・月形




9御翳(おんさしは)・御鉾


10 遅速奉行・細の御太刀・錦の御太刀・副御太刀


11 遅速奉行・金の御幣・銀の御幣


12 家老  13 藩士


14 荷太鼓・鉦鼓


15 神輿




16 子供神輿


17 遅速奉行


18 徳川宗家



19 神職・巫女




20 宰領・太鼓・笛


21 石引台花車




22 御肝煎(おんきもいり)・町年寄


23 田植


24 獅子


25 太鼓・鉦・箏


26 遅速奉行


27 楽人


28 遅速奉行・御庭拂(おんにわはらい)・杖衝(つえつき)


29 町年寄・宰領・きやり


30 石引台(吉田子供歌舞伎)

以上20組の大行列でした。

行列が東照宮境内から道路に出る地点で見物しました。壮大な時代絵巻でした
写真は3~4列目で、手を上に高く伸ばして写したものでしたが、
何とかすべての組を記録することができました。



すべての組がスタート後、饒津神社方向に向かってみました。すごい人出でした。


饒津神社前に花車が止めてありました。豪華でした。



饒津神社で待機していました。12:30から還御(かんぎょ=復路)のスタートとのことでした。


スタートを待たず、引き返したところ、中間地点(本部前)で、
安芸高田市吉田の子供歌舞伎が上演されていました。素晴らしい演技でした。

通り御祭礼の正式復活ということでしたが、今後も50年ごとに行われるのですかね。
そのあたりのことは定かではありませんが、このようなにぎやかな祭りが毎年行われればいいですね。

コメント