テケテケのキリストあれこれ

聖書のみ言葉、キリスト教のメッセージ、また旅情報などもお伝えしています(日本ホーリネス教団倉敷ホーリネスチャーチ)。

【聖書】民数紀13章17~24節 【説教】「約束の国を目の前にして」 2018/4/15 説教:小林光生師 要約:大元鉄也

2018年04月15日 | メッセージ
【聖書】民数紀13章17~24節
【説教】「約束の国を目の前にして」

17:モーセは彼らをつかわし、カナンの地を探らせようとして、これに言った、「あなたがたはネゲブに行って、山に登り、 18:その地の様子を見、そこに住む民は、強いか弱いか、少ないか多いか、 19:また彼らの住んでいる地は、良いか悪いか。人々の住んでいる町々は、天幕か、城壁のある町か、 20:その地は、肥えているか、やせているか、そこには、木があるかないかを見なさい。

主の御名を讃美します。

 本日は民数記からのメッセージです。民数記とは文字の通り、民の数をかぞえる書物です。エジプトを脱出した翌年(B.C.1512年)神がモーセに命じ数を数えさせました。その数は20歳以上の男子でレビ人を除く数が603,550人でした。女性と子供を含めると200万人を超えるほどの数で脱出したのでしょう。

 エジプトを脱出した民は、しばらく大人しくしていましたが、その後11:4「ああ、肉が食べたい」など、天からのマナで満足せず不満をつぶやきました。
21:6神はその民を見て火のヘビを地上に降らせ、つぶやく人々を噛み、多くの者を死に至らしめました。モーセは神に嘆願し、癒してくださるよう願うと、青銅のヘビを作り、サオの上に掲げよと命じます。高く掲げられたヘビを仰ぎ見る者は癒されました。
 サオの上のヘビ。どこかでイラストを見た事はありませんか?
そう、救急車に描かれているイラストです。その絵はギリシャ神話から来たとか所節ありますが、サオの上のヘビを仰ぎ見て癒された。ここから現在に至っているのだと私は思います。

 モーセは12部族の代表者に神が与えられると言われたカナンを偵察に行くよう命じます。そして偵察から帰った者にどんな地だったか聞くと、とても良い地だけれど、巨大で強い民がいて攻め込む事はできないと多くの者が報告しました。しかし偵察したカレブは違いました。今すぐ攻めまいりましょう!
多くの者は、現状を見てビビリましたが、カレブは自分たちと共にいて闘われる神を見たのです。

 私たち神を信じるクリスチャンは、仮の住まいである今を生きていますが、約束の地天の御国が約束されています。あれこれ肉の考えで「そんな世界、死後の世界などない」などと、つまらない事を探っても科学で実証される事は絶対にありません。
よく「まじめになったら教会に行こうと思っています」そう言われる方がおられますが、心身共に健康な人に医者はいらない。どこかに迷い、何となくむなしい人のために、それに気付いた人のためにキリスト教会があるのです。もしこの私の要約をご覧になった方、クリスチャンでないなら即教会のドアを叩いてみましょう。きっと人生が180度変わる事でしょう。

今週も主にあり、素晴らしい日をお過ごしください。

テケテケ
※要約はメッセンジャーが語った事を筆者が感じ受け取った事を記しています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【聖書】詩篇50篇14~23節 【説教】「悩みの日に私を呼べ」 2018/4/8 説教:小林和子師 要約:大元鉄也

2018年04月08日 | メッセージ
【聖書】詩篇50篇14~23節
【説教】「悩みの日に私を呼べ」

15:悩みの日にわたしを呼べ、わたしはあなたを助け、あなたはわたしをあがめるであろう。

主の御名を讃美します。

 音楽の指揮者アサブによって詠まれた50篇。作者は何を読者に伝えたかったのか。この篇で大きく3つ重要なキーワードがあります。
(1)感謝のいけにえを神にささげよ
(2)あなたの誓いを果たせ
(3)苦難の日に私を呼べ

神は言われます。私はあなたの神だ。どんな時でも神は助け出すと約束されています。ですから互いに助け合う事が大切です。体のパーツには、強い所と弱い所がありますが、弱いように見える箇所は生きて行く上で必要不可欠なものです。

神に召されたあなたの教会(エクレシア)は、一人ひとりが不思議な役割を担っています。教会以外でも(学校、職場、サークルなど)「何とトロい人だ」と思うような方もおられるでしょう。しかしその人、その事が必要としてその群れにあるのです。
もし「イラっと」するような事があるなら、逆に自らの高ぶりを反省し、自らを低くする事が必要です。そして、その高ぶりが主イエスを十字架にかけた事を認める事が大切です。

今週も主にあり、素晴らしい日をお過ごしください。

テケテケ
※要約はメッセンジャーが語った事を筆者が感じ受け取った事を記しています。

報告と消息
○4月 8日(日) 礼拝後、ジョイフルティータイム(旧ジュニアティータイム)がありました。
○5月13日(日) 母の日礼拝に、山脇正子先生(前倉敷教会牧師)をお招き致します。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イースター礼拝【聖書】ヨハネによる福音書20章11~18節 【説教】「主イエスは墓にはおられない」 2018/4/1 説教:小林光生師 要約:大元鉄也

2018年04月01日 | メッセージ
【聖書】ヨハネによる福音書20章11~18節
【説教】「主イエスは墓にはおられない」

17:イエスは彼女に言われた、「わたしにさわってはいけない。わたしは、まだ父のみもとに上っていないのだから。ただ、わたしの兄弟たちの所に行って、『わたしは、わたしの父またあなたがたの父であって、わたしの神またあなたがたの神であられるかたのみもとへ上って行く』と、彼らに伝えなさい」。


 イースターおめでとうございます!

ノンクリの方には何がおめでたいのかさっぱり解らない事でしょうね。4月1日と言えば、イースター。そう思っている事と思います。しかしこのイースターは無関係と思うあなたにとっても重要な出来事だったのです。気になる方はぜひお近くのキリスト教会へ!

 聖書の場面は、十字架に自らかかり「全てが完了した」と言われ息を引き取られた主が洞窟の墓に埋葬され、その後マリヤたちが墓を訪れたところです。主イエスキリストは、通常なら命が絶えた後、足を折られるのですが、主は折られる事なく全き捧げものとして私たちの身代わりとなられました。

 墓へ行って見ると、入り口に大きな石で封がされていましたが、それが取り除かれていました。中へ入ってみると、主の体がありません。墓の中には白いl衣をまとった二人の若者がいるだけでした。そして主をくるんでいた布が置かれていました。

 復活の主イエスキリストはまず、マグダラのマリヤに現れ、後に弟子たちに伝えられさらに告げ広がり、今を生きる私たちにその復活の事実が伝えられています。私たちはその出来事を受け止め、なぜ主イエスが十字架にかかる必要があったのか、私たちの罪のために十字架にかかったというけれど、私たちの罪って何なのか? まずその罪を知る事がこのイースターの出来事から知る事が出来れば幸いです。 主は信じる者の心にいつまでも生きておられるのです。

今週も主にあり、素晴らしい日をお過ごしください。

テケテケ
※要約はメッセンジャーが語った事を筆者が感じ受け取った事を記しています。

報告と消息
○4月 1日(日) イースター特別礼拝、祝会がありました。
○5月13日(日) 母の日礼拝に、山脇正子先生(前倉敷教会牧師)をお招き致します。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【聖書】レビ記1章1~9節 【説教】「神への全きささげもの」 2018/3/25 説教:小林光生師 要約:大元鉄也

2018年03月25日 | メッセージ
【聖書】レビ記1章1~9節
【説教】「神への全きささげもの」

3:もしその供え物が牛の燔祭であるならば、雄牛の全きものをささげなければならない。会見の幕屋の入口で、主の前に受け入れられるように、これをささげなければならない。

主の御名を讃美します。

 レント(受難週)を迎えました。二千年前の事で私とは何の関わりもない。そう思う方もおられるようですが、そうではありません。私たちの罪のために今を生きる私たちのために十字架に自らかかられたのです。主イエスのどこまでも深い愛を思います。

 メッセージの前に、今年行なわれた役員選挙で選ばれた方々の就任式が行なわれました。私は財務部から宣教部へと変更となりました。クリスチャン数が伸び悩んでいる今、事の重要さを感じています。

 聖書に入りますが、本日はレビ記からです。レビ記は祭司に向け、礼拝と聖化について記されています。最初に神はモーセを呼び、神への捧ものについて詳しく語られました。本日の箇所からは、燔祭について詳しく記されています。牛であれば雄牛をほふり、全てを焼き尽くさなければなりません。ほふる前までは、家族同然で育てていた大切な牛を自らの手でほふらなければなりません。そしてその頭に手をおく。そうすることにより、神に受け入れられるのです。牛を捧げる事ができる人は裕福な人で、貧しい人は山鳩や家鳩を捧げて代わりとしていました。

 神への捧げものは、捧げる内容によって違っていました。捧げる名称としては、燔祭、火祭、素祭、酬恩祭、罪祭などがありますが、ここでは詳しくは触れません。

 旧約の時、神への捧げものはその内容によって違っていましたが、今は主イエスキリストが私たちの罪の捧げものとして十字架にかかられました。それにより、主を信じる私たちの罪は全て取り去られ真っ白とされたのです。レントを迎え改めて主イエスキリストの恵みに感謝いたします。

今週も主にあり、素晴らしい日をお過ごしください。

テケテケ
※要約はメッセンジャーが語った事を筆者が感じ受け取った事を記しています。

報告と消息
○4月 1日(日) イースター特別礼拝、祝会があります。
○5月13日(日) 母の日礼拝に、山脇正子先生(前倉敷教会牧師)をお招き致します。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【聖書】詩篇49篇1~12節 【説教】「神さまの謎とき 共に耳を傾けよ」 2018/3/18 説教:小林和子師 要約:大元鉄也

2018年03月18日 | メッセージ
【聖書】詩篇49篇1~12節
【説教】「神さまの謎とき 共に耳を傾けよ」

1:もろもろの民よ、これを聞け、すべて世に住む者よ、耳を傾けよ。

主の御名を讃美します。

 日ごとに気温が10度以上乱高下する日が続いていますが、体調はお変わりありませんか? 私は気圧の変化、気温の変化で持病の腰痛が続いています。

 さて聖書に入りますが、筆者は続けて「耳を傾けよ」と連呼しています。では神は何を謎ときされたのでしょうか。

 大抵の人は、自らの命が長く続く事を願っています。どんな人も肉にあっては栄華のうちに長くとどまる事はできません。なぜなら命の値、すなわちあなたの身代金があまりにも高額だからです。しかし神は「あなたは高価で尊い」と言って下さっているのです。だから耳を傾けよ、共に。

 どんなに富を持っていても、肉なる身は守る事はできません。しかし神はそんな私たちのために、主イエスキリストをこの世に遣わされ、私たちの罪のあがないとして自ら十字架にかかられました。それにより主を信じる私たちの罪は一掃され真っ白にされ滅びる事のないようにして下さいました。

 今年の4月1日(日)は、主イエスキリストがよみがえられた日です。私たちのたましいを黄泉から救ってくださった主の復活を共にお祝いいたしましょう。

今週も主にあり、素晴らしい日をお過ごしください。

テケテケ
※要約はメッセンジャーが語った事を筆者が感じ受け取った事を記しています。

報告と消息
○3月20日(火) ~21日(水)、日本ホーリネス教団総会が東京で開催され、大元兄が代議員として出席いたします。
○4月 1日(日) イースター特別礼拝、祝会があります。
○5月13日(日) 母の日礼拝に、山脇正子先生(前倉敷教会牧師)をお招き致します。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【聖書】詩篇46篇1~11節 【説教】「大いにほめたたえられるべき方」 2018/3/11 説教:小林和子師 要約:大元鉄也

2018年03月11日 | メッセージ
【聖書】詩篇46篇1~11節
【説教】「大いにほめたたえられるべき方」

1:主は大いなる神であって、われらの神の都、その聖なる山で、大いにほめたたえらるべき方である。

主の御名を讃美します。

 3.11。
あの大震災から7年を迎えました。大きな建造物は増え、一見復興が進んでいるようですが、実は故郷を手放したり、今も続く放射能で癌になった方も多くおられます。今ふたたび本当に放射能を出し続ける原発が必要なのか考える必要があります。

 今月5日~8日にかけ、教団の年会(次年度の任命など)が開かれました。大きく任命地が変更された方々もおられるようです。新しい地で全てが守られますように。

 さて聖書に入りますが、大いなる神は高くそびえる櫓(やぐら)として立って下さっています。敵はそれを見て恐れおののき逃げ帰る。敵はそこに神の臨在を見て恐ろしくなったからです。

 宮で神の慈しみを見たと筆者は記します。旧約の時代は宮詣りで捧げる捧げものを自ら用意する必要がありました。しかし今は私たちのあがないとして主イエスキリストが捧げられ、もはや私たちで捧げものを調達する必要がなくなりました。

 全能の神は、大いにほめたたえられるべきお方です。あなたは既にそれを知っていると思いますが、あなただけの内にしまうのではなく、まだ本当の神を知らない人々に神を伝える事が大切です。神は私たちに大宣教命令をだされているのです。

 大震災に見るように、今もなお心身ともに疲れ果てた人々がおられます。人の力ではもはやどうする事もできません。そんな時だからこそ、いったん立ち止まり、神に向けて歩きだせれば幸いです。

今週も主にあり、素晴らしい日をお過ごしください。

テケテケ
※要約はメッセンジャーが語った事を筆者が感じ受け取った事を記しています。

報告と消息
○3月 4日(日) 礼拝後、愛餐会があり、その後『教会総会』が開催され、全ての議案が可決されました。
○3月 4日(日) 役員改選で各兄弟姉妹が選出されました(総務:四橋姉 財務:玉井姉 宣教:大元兄 教育:宮原姉)
○3月 5日(月) ~8日(木) 教団年会が開かれ、小林師ご夫妻は2018年度も倉敷と柵原に任命されました。
○4月 1日(日) イースター特別礼拝、祝会があります。
○5月13日(日) 母の日礼拝に、山脇正子先生(前倉敷教会牧師)をお招き致します。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【聖書】ヨハネによる福音書13章1~11節 【説教】「弟子の足を洗うイエスさま」 2018/3/4 説教:小林光生師 要約:大元鉄也

2018年03月04日 | メッセージ
【聖書】ヨハネによる福音書13章1~11節
【説教】「弟子の足を洗うイエスさま」

4:夕食の席から立ち上がって、上着を脱ぎ、手ぬぐいをとって腰に巻き、 5:それから水をたらいに入れて、弟子たちの足を洗い、腰に巻いた手ぬぐいでふき始められた。

主の御名を讃美します。

 早いもので3月に入りました。受難日、主の復活まで1カ月をきりました。今回のメッセージは自分の時を知った主イエスが弟子たちの足を洗う場面からです。
エルサレムに「ホサナ、ホサナ」と迎えられた主イエスですが、贅沢な馬車に乗って入ったのではなく、ロバに乗って、しかも子ロバに乗って入城されました。

 主イエスは弟子たちの足を洗って行きます。そしてペテロの番になった時ペテロは「わたしの足を決して洗わないで下さい」と主イエスに伝えます。なぜそんな事を言ったのか、先生に弟子である私などの足を洗ってもらう事など申し訳ない。そう思ったのでしょうか。それを聞いた主イエスは、「もしわたしがあなたの足を洗わないなら、あなたはわたしとなんの係わりもなくなる」。そう言って足を洗われました。体はすでに主を信じ共にする事で清くされていたので、そう言われたのです。

 その場に後に裏切るユダがいました。裏切る事を既に知っていた主イエスはユダの足も洗ったのでしょうか? 答えは聖書にありませんが、私は同じようにユダの足を洗われたと思います。主イエスから脱線してしまったユダでしたが、同じように愛されていたのです。

 主を信じる者は心身ともに清くされています。そしてあなたの足を主イエスは洗ってくださっています。綺麗にされた私たちはそれで良しとするのではなく、まだ本当の主を知らない幸福でない人々に主を伝え、互いに祈り、足を洗う事が主の望みです。主は足を洗う事で、この上ない極みの愛を与えてくださいました。私たちは互いに仕え合う事が大切で主が私たちに命令されたのです。

今週も主にあり、素晴らしい日をお過ごしください。

テケテケ
※要約はメッセンジャーが語った事を筆者が感じ受け取った事を記しています。

報告と消息
○3月 4日(日) 礼拝後、愛餐会があり、その後『教会総会』が開催され新役員が選出されました。役員のためお祈りください。。
○5月13日(日) 母の日礼拝に、山脇正子先生(前倉敷教会牧師)をお招き致します。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【聖書】出エジプト記40篇34~38節 【説教】「雲の柱、火の柱が導く」 2018/2/25 説教:小林光生師 要約:大元鉄也

2018年02月25日 | メッセージ
【聖書】出エジプト記40篇34~38節
【説教】「雲の柱、火の柱が導く」

36:雲が幕屋の上からのぼる時、イスラエルの人々は道に進んだ。彼らはその旅路において常にそうした。

主の御名を讃美します。

 ピョンチャンオリンピックが開催されていますが、何でも冬季で最高数のメダルを獲得したとか。頑張りましたね~ 特に私的には「そだね~」のカーリング女子が良かったかな?

 さて聖書に入りますが、出エジプト記最後の箇所からです。40歳までエジプトで過ごしたモーセでしたが、エジプト人を殺めミデアンの地に逃れました。そして結婚し80歳まで過ごし、そこで神の命を受け神の民をエジプトから脱出(エクサダス)させるリーダーとして生きる事となりました。

 移動中、天幕を作り契約の箱(ホーリー オブ ホーリー)を入れ礼拝をしました。その中には、十戒の石板、マナを収めた金の壺、そしてアロンの杖が入っていました。その天幕の上に雲が留まりました。
人々はその雲が進む時自分たちも進み、雲が昇らない時、動かない時には自分たちも動く事をしませんでした。人々は全て神に従い動いたのです。

 人はどうして良いか解らない時、とりあえず動いて見てから状況を判断しがちですが、そこに神は存在せず自己中心的な行動だけが残ります。そして失敗した時「神も仏もないのか!」と呟く何ともなさけない動物です。行き詰った時こそ、もがかず全てを神の言に聞き従い、留まる事も大切な事ではないでしょうか。
行くも留まるも神に委ねきる事ができるなら、何と幸いな事でしょう。

今週も主にあり、素晴らしい日をお過ごしください。

テケテケ
※要約はメッセンジャーが語った事を筆者が感じ受け取った事を記しています。

報告と消息
○2月20日(火) 10:30から広島教会で教区総会があり、倉敷からは小林先生ご夫妻、大元兄が出席しました。
○3月 4日(日) 礼拝後、愛餐会があり、その後『教会総会』が開催されます。
○5月13日(日) 母の日礼拝に、山脇正子先生(前倉敷教会牧師)をお招き致します。

※※※ 公示 ※※※
○3月 4日(日) 午後から『2018年倉敷教会総会』が開催されます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【聖書】詩篇46篇1~11節 【説教】「悩める時のいと近き助け」 2018/2/18 説教:小林和子師 要約:大元鉄也

2018年02月18日 | メッセージ
【聖書】詩篇46篇1~11節
【説教】「悩める時のいと近き助け」

1:神はわれらの避け所また力である。悩める時のいと近き助けである。

主の御名を讃美します。

 今週の詩篇もコラの子の歌。コラについては先週のメッセージをご覧ください。
この詩篇では悩んでいる人へ向けての歌です。あなたは悩みを持っていますか?
そう聞かれると「私は悩みなど全くありません」と答える事の出来る人はいないのではと思います。悩みはいろいろありますが、仕事や人間関係、また金銭的な事が多いのではと思います。そんな悩みを解決するためあなたはどうされていますか?

(1)避け所の神
避け所とは、いざという時逃げ込む所です。またあなたを守る砦でもあります。宗教改革者ルターも、大きな問題が目の前に次々と襲いかかり、自分ではどうする事もなくなってきました。その時、この詩を読み、神に祈りを捧げたと伝えられています。ルターは神以外に解決する道を持たない事をこの時知ったのです。

(2)いと近き神
逃げ込む所があっても遠くにあってはどうする事もできません。近くに、すぐ手を伸ばせばそこが避け所という近さが重要です。
ヤコブの神はアブラハム、イサクの神と同じお方ですが、少々人をだましたり、長子の特権を奪ったりするヤコブを神自ら選ばれました。人の行ないを神は見られる事なく心を見られるのです。

(3)共におられる神
神は神を求める者と共にいてくださいます。そしてその人は神を自分の真ん中にいてくださるよう祈り迎えます。質問ですが、あなたは何を真ん中に置いていますか? 自分自身ですか? 奥さま、または彼女ですか? それともお子さんですか? まさかと思いますが仕事が全てですか?

 主なる神は悩んでいる時に私を呼べ。そう言われています。そしてあれやこれや行動する前に、まずは立ち止って知れ! そう言われています。よく「やってみてから考えよう」と広めている方もおられるようですが、そうでなくまずは全てを止め立ち止まる事が大切なのです。そして何をするのが良いのか? 祈り神の声を聞く事が出来れば幸いです。

今週も主にあり、素晴らしい日をお過ごしください。

テケテケ
※要約はメッセンジャーが語った事を筆者が感じ受け取った事を記しています。

報告と消息
○2月20日(火) 10:30から広島教会で教区総会があります。倉敷からは小林先生ご夫妻、大元兄が出席します。
○3月 4日(日) 礼拝後、愛餐会があり、その後『教会総会』が開催されます。
○5月13日(日) 母の日礼拝に、山脇正子先生(前倉敷教会牧師)をお招き致します。

※※※ 公示 ※※※
○3月 4日(日) 午後から『2018年倉敷教会総会』が開催されます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【聖書】詩篇42篇1~11節 【説教】「渇いているように神を慕う」 2018/2/11 説教:小林和子師 要約:大元鉄也

2018年02月11日 | メッセージ
【聖書】詩篇42篇1~11節
【説教】「渇いているように神を慕う」

1:神よ、しかが谷川を慕いあえぐように、わが魂もあなたを慕いあえぐ。

主の御名を讃美します。

 詩篇42篇から詩篇第二巻となります(41篇までが第一巻)。
表題にはコラの子のマスキールの歌とありますが、コラが作った歌ではなく、出エジプト時、神に逆らい裁きを受けたコラのために作られたマスキール(知恵、後世に残すべき)の歌です。一度は失敗したコラの後の親族ですが、再び神から用いられる者とされました。

 この42篇から「渇き」と「なにゆえ」という言葉から読み解いてまいります。

 1節に、しかが谷川を慕いあえぐと表現されています。私たち日本人の感覚では、山と山の間の谷に切れる事無く注ぐ水の川を想像しますが、詩篇の土地は全く違う地形で、雨季には川となり水が流れますが、それ以外は枯れて水などありません。そこをしかが水を求めてあえいで歩いています。人を鹿に例えていますが、喉が渇いていて水を欲しているだけでなく、心があえぎ神の絶える事のない恵みの水を求めている記事です。

 5節からは「なにゆえ」と自分の感情を何度も出しています。「なにゆえ」は自分が満足している状況ではなく、身に覚えがない、どうしてこうなったの? と不平を言っています。うなだれ、思いみだれている自分がいます。が、幸いな人は最後に神をほめたたえる者と変えられるのでした。

 もう自分ではどうする事もできない。次から次に問題が襲いかかる。心身ともに疲れ果てた時、その時、自らの力でなく神に100%の信頼でまかせ切る事ができる者は幸いです。その人は困難な時こそ神をほめたたえ、そして力を得て立ち直る事ができるのです。

今週も主にあり、素晴らしい日をお過ごしください。

テケテケ
※要約はメッセンジャーが語った事を筆者が感じ受け取った事を記しています。

報告と消息
○2月11日(日) 礼拝後、ギデオン協会の方が来られ証をされました。
○2月20日(火) 10:30から広島教会で教区総会があります。倉敷からは小林先生ご夫妻、大元兄が出席します。
○3月 4日(日) 礼拝後、愛餐会があり、その後『教会総会』が開催されます。
○5月13日(日) 母の日礼拝に、山脇正子先生(前倉敷教会牧師)をお招き致します。

※※※ 公示 ※※※
○3月 4日(日) 午後から『2018年倉敷教会総会』が開催されます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加