倉敷ホーリネスチャーチ

聖書のみ言葉、キリスト教のメッセージ、また旅情報など、テケテケが伝えしています(日本ホーリネス教団)。

【説教】「どんな時にもキリストがあがめられますように」【聖書】ピリピ人への手紙1章18~26節  2022/10/2 倉敷ホーリネスチャーチ

2022年10月02日 | メッセージ
【聖書】ピリピ人への手紙1章18~26節
【説教】「どんな時にもキリストがあがめられますように」

中心聖句
20:そこで、わたしが切実な思いで待ち望むことは、わたしが、どんなことがあっても恥じることなく、かえって、いつものように今も、大胆に語ることによって、生きるにも死ぬにも、わたしの身によってキリストがあがめられることである。

説教要約
主の御名を讃美いたします。 

ピリピ人への手紙1 章18~26 節
「そこで、わたしが切実な思いで待ち望むことは、わたし が、どんなことがあっても恥じることなく、かえって、い つものように今も、大胆に語ることによって、生きるにも 死ぬにも、わたしの身によってキリストがあがめられるこ とである。」(1:20)

 獄中にいたパウロの願いは、「キリストがあがめられる こと」(1:20)でした。だからパウロは、「愛の心」(1: 16)、「党派心」(1:17)どちらに基づいていたとして も、キリストが伝えられていることにおいては同じだとし て喜んだのでした(1:18)。

 パウロのように、私たちを罪より救ってくださった方 が、いつでもどんな時でも私たちを通してあがめられるこ とを祈り求めてまいりましょう。

~聖書を読んで考えてみましょう~
①生きることはキリスト(1:21)とは、具体的にどんな ことだと思いますか?
②パウロが獄中でも力強く語ることができた原動力は何 でしょうか?

テケテケ

※要約はメッセンジャーの説教メモを記しています。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

【説教】「純真な心からキリストを伝える」【聖書】ピリピ人への手紙1章12~17節

2022年09月25日 | メッセージ
【聖書】ピリピ人への手紙1章12~17節
【説教】「純真な心からキリストを伝える」

中心聖句
14: そして兄弟たちのうち多くの者は、わたしの入獄によって主にある確信を得、恐れることなく、ますます勇敢に、神の言を語るようになった。

説教要約
主の御名を讃美いたします。 

ピリピ人への手紙1 章12~17 節
「さて、兄弟たちよ。わたしの身に起った事が、むしろ福 音の前進に役立つようになったことを、あなたがたに知っ てもらいたい。」(1:12)

 パウロは、自分が牢獄の中にいることを喜んで手紙を書 きました。自分が捕らえられたのは、キリストを伝道した 結果、福音が前進したことによるものと理解していたから です。普通に考えたら喜べない状況にあるのに、パウロは 福音がさらに拡大していくことだけを願っていたのでし た。

  神さまは、私たちの祈りと伝道によって福音が前進する ことをご計画されています。どんな状況にあったとして も、イエス・キリストの福音が全世界に広まることを祈り 求めてまいりましょう。

~聖書を読んで考えてみましょう~
①信仰の故に、厳しい状況に追い込まれたことはあります か?それは、どんな時でしたか?
②自由に伝道できない国々があります。どうしたら、福音 は広まるでしょうか?

テケテケ

※要約はメッセンジャーの説教メモを記しています。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

【説教】「喜びがいつもありますように」【聖書】ピリピ人への手紙1章1~11節  2022/9/18 倉敷ホーリネスチャーチ

2022年09月18日 | メッセージ
【聖書】ピリピ人への手紙1章1~11節
【説教】「喜びがいつもありますように」

中心聖句
11:イエス・キリストによる義の実に満たされて、神の栄光とほまれとをあらわすに至るように。

説教要約
主の御名を讃美いたします。 

ピリピ人への手紙1 章1~11 節
「わたしはこう祈る。あなたがたの愛が、深い知識におい て、するどい感覚において、いよいよ増し加わり、」(1: 9)

  ピリピ人への手紙・・・著者 パウロ。獄中書簡の一つ。

 パウロは、ピリピの人たちが福音に留まり続けているこ とを喜んで手紙を書きました。この手紙を書いた時、パウ ロは獄中にいましたから、普通に考えたら喜べないはずで す。しかしパウロはそのような状況にあっても、福音の拡 大とピリピの人たちの信仰の成長を思う喜びが勝ってい たのでした。

 パウロが獄中から祈ったように、私たちもまたどんなに 状況が厳しくとも、主にある交わりと祈りを忘れることの ないように励みましょう。

~聖書を読んで考えてみましょう~
①信仰の歩みを振り返ってみて、どんな時に喜んでいたか 思い出してみましょう。
②パウロのように、祈ることが生活の一部になるためには 何が大切でしょうか?

テケテケ

※要約はメッセンジャーの説教メモを記しています。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

【説教】「永遠の命」【聖書】ヨハネの第一の手紙5章13~21節  2022/9/11 倉敷ホーリネスチャーチ

2022年09月11日 | メッセージ
【聖書】ヨハネの第一の手紙5章13~21節
【説教】「永遠の命」

20:さらに、神の子がきて、真実なかたを知る知力をわたしたちに授けて下さったことも、知っている。そして、わたしたちは、真実なかたにおり、御子イエス・キリストにおるのである。このかたは真実な神であり、永遠のいのちである。

主の御名を讃美いたします。 

ヨハネの第一の手紙5 章13 節~21 節
「これらのことをあなたがたに書きおくったのは、神の子 の御名を信じるあなたがたに、永遠のいのちを持っている ことを、悟らせるためである。」(5:13)

  新約聖書の時代だけでなく、旧約聖書の時代から、いろ いろな神さまがいました。そこで、聖書は一貫して、偽物 の神さまには気をつけなさいと警鐘をならしています。私 たちの信仰は「神の子の御名を信じる」(5:13)ことで なくてはならないのです。

 御名を信じる私たちには、いつもイエス・キリストが共 にいてくださいます。私たちは一週間の初めを礼拝から始 めさせていただくことを大切にいたしましょう。

~聖書を読んで考えてみましょう~
①ヨハネの第一の手紙を最初から読んで、与えられたみ言 葉をノートに書き留めましょう。
②「偶像をさけなさい。」(5:21)とあります。自分に とって偶像だと思うものはありますか?

テケテケ

※要約はメッセンジャーの説教メモを記しています。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

【説教】「勝利の力はイエス・キリスト」【聖書】ヨハネの第一の手紙5章1~12節  2022/9/4 倉敷ホーリネスチャーチ

2022年09月04日 | メッセージ
【聖書】ヨハネの第一の手紙5章1~12節
【説教】「勝利の力はイエス・キリスト」

11:そのあかしとは、神が永遠のいのちをわたしたちに賜わり、かつ、そのいのちが御子のうちにあるということである。

主の御名を讃美いたします。 

ヨハネの第一の手紙5 章1節~12 節
「世に勝つ者はだれか。イエスを神の子と信じる者ではな いか。」(5:5)

 イエス・キリストを、確かに神の子であると信じること が罪へ勝利する力となります。反対に、イエス・キリスト を神の子と信じることがなければ、罪に敗北することにな ります。

 イエス・キリストは、十字架に架かってくださって、私 たちの罪の全てを負ってくださいました。そして、確かに 復活なさってくださったのです。

 ですから、目には見えませんけれど、イエス・キリスト を神の子と信じ告白することを通して、私たちはいつもど んな時でも勝利させていただけるのです。

~聖書を読んで考えてみましょう~
①罪に負けないためには、どんなことを大切にする必要が あるでしょうか。
②神さまは私たちに「永遠のいのち」(5:11)を与えて くださることを約束なさっています。このことを私たちが 伝えられるように祈りましょう。

テケテケ

※要約はメッセンジャーの説教メモを記しています。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

【説教】「私たちに示された神の愛」【聖書】ヨハネの第一の手紙4章7~12節  2022/8/28 倉敷ホーリネスチャーチ

2022年08月28日 | メッセージ
【聖書】ヨハネの第一の手紙4章7~12節
【説教】「私たちに示された神の愛」

中心聖句
12神を見た者は、まだひとりもいない。もしわたしたちが互に愛し合うなら、神はわたしたちのうちにいまし、神の愛がわたしたちのうちに全うされるのである。

説教要約
主の御名を讃美いたします。 

ヨハネの第一の手紙4 章7節~12 節
「神はそのひとり子を世につかわし、彼によってわたした ちを生きるようにして下さった。それによって、わたした ちに対する神の愛が明らかにされたのである。」(4:9)

  旧約聖書の時代には、神さまとの和解のために、ささげ ものをしていました。それがあがないの供え物です。今、 私たちはささげものをする必要はありません。イエスさま が十字架に架かってくださって、供え物となってくださっ たからです。

  「わたしたちが神を愛したのではなく、神がわたしたち を愛して下さって」(4:10)とある通りに、神さまの方から 罪人である私たちを愛してくださったのです。これが、神 さまが示された愛なのです。

~聖書を読んで考えてみましょう~
①互いに愛し合うためには、どんなことが大切だと思いま すか?
②私たちが神さまから愛されていることは、どんな時に感 じますか?

テケテケ

※要約はメッセンジャーの説教メモを記しています。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

【説教】「神から出た者」【聖書】ヨハネの第一の手紙4章1~6節  2022/8/21 倉敷ホーリネスチャーチ

2022年08月21日 | メッセージ
【聖書】ヨハネの第一の手紙4章1~6節
【説教】「神から出た者」

6: しかし、わたしたちは神から出たものである。神を知っている者は、わたしたちの言うことを聞き、神から出ない者は、わたしたちの言うことを聞かない。これによって、わたしたちは、真理の霊と迷いの霊との区別を知るのである。

主の御名を讃美いたします。 

ヨハネの第一の手紙4 章1節~6 節
「イエスを告白しない霊は、すべて神から出ているもので はない。これは、反キリストの霊である。あなたがたは、 それが来るとかねて聞いていたが、今やすでに世にきてい る。」(4:3)

 ヨハネがこの手紙を書いた時代、反キリストが問題にな りました。これは、霊は善・肉体は悪ということを主張す るものです。

 この考えに従えば、イエスさまの存在は間違っていると いうことになってしまいます。そこでヨハネは手紙で、反 キリストの誤りを指摘しました。イエスさまは人となって お生まれになってくださったからこそ、十字架の上に架か ってくださって、私たちの罪の身代わりとなってくださる ことができたのです。このことは、私たちが最も大事なこ ととして、常に思っていなければならないことなのです。


~聖書を読んで考えてみましょう~
①反キリストに惑わされないようにするためには何が必 要でしょうか?
②私たちが「神から出た者」であることは、どんな時に自 覚しますか?

テケテケ

※要約はメッセンジャーの説教メモを記しています。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

【説教】「行いと真実をもって」【聖書】ヨハネの第一の手紙3章13~24節  2022/8/14 倉敷ホーリネスチャーチ

2022年08月14日 | メッセージ
【聖書】ヨハネの第一の手紙3章13~24節
【説教】「行いと真実をもって」

24:神の戒めを守る人は、神におり、神もまたその人にいます。そして、神がわたしたちのうちにいますことは、神がわたしたちに賜わった御霊によって知るのである。

主の御名を讃美いたします。 

ヨハネの第一の手紙3 章13 節~24 節
「子たちよ。わたしたちは言葉や口先だけで愛するのでは なく、行いと真実とをもって愛し合おうではないか。」(3: 18)

  3 章には愛ということばが何度も使われています。 私たちがお互いに愛することは、神さまが私たちに求め ておられることです。ですから、私たちに神さまが求めて おられる使命であると言えます。そして、私たちが愛し合 うことは、「神のみまえに心を安んじていよう。」(3: 19)とある通り、心が平安であるための土台であるのです。

 この土台が崩され、口先だけの信仰にならないように、 今週もみ言葉をしっかりにぎってまいりましょう。


~聖書を読んで考えてみましょう~
①行いと真実をもって信仰生活をおくるためには、何が必 要でしょうか?
②3 章をもう一度読んで、「愛」について思いめぐらして みましょう。

テケテケ

※要約はメッセンジャーの説教メモを記しています。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

【説教】「神の子としての使命」【聖書】ヨハネの第一の手紙3章1~12節  2022/8/7 倉敷ホーリネスチャーチ

2022年08月07日 | メッセージ
【聖書】ヨハネの第一の手紙3章1~12節
【説教】「神の子としての使命」

中心聖句
2: 愛する者たちよ。わたしたちは今や神の子である。しかし、わたしたちがどうなるのか、まだ明らかではない。彼が現れる時、わたしたちは、自分たちが彼に似るものとなることを知っている。そのまことの御姿を見るからである。

説教要約
主の御名を讃美いたします。 

ヨハネの第一の手紙3 章1節~12 節
「わたしたちは互に愛し合うべきである。これが、あなた がたの初めから聞いていたおとずれである。」(3:11)

「わたしたちが神の子と呼ばれるためにはどんなに大き な愛を父から賜わったことか、よく考えてみなさい。」(3: 1)とあります。

「どんなに大きな愛」とある通りに、神さまはその独り子 であるイエスさまを十字架にかけてまで、私たちの罪を赦 す道を開かれました。それは、どんなものとも比べること のできない大きな愛です。
 ですから、自分がイエスさまによって罪赦された者だと いうことがよく考えられているならば、私たちのまわりに いるお一人お一人を愛することができるのです。


~聖書を読んで考えてみましょう~
①愛し合うのが難しいと感じたことはありますか?それ はどんな時ですか?
②神さまの愛を伝えるためには何が大切でしょうか?

テケテケ

※要約はメッセンジャーの説教メモを記しています。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

【説教】「キリストに属する者として」【聖書】ヨハネの第一の手紙2章18~29節  2022/7/31 倉敷ホーリネスチャーチ

2022年07月31日 | メッセージ
【聖書】ヨハネの第一の手紙2章18~29節
【説教】「キリストに属する者として」

中心聖句
29彼の義なるかたであることがわかれば、義を行う者はみな彼から生れたものであることを、知るであろう。

説教要約
主の御名を讃美いたします。 

ヨハネの第一の手紙2 章18 節~29 節
「初めから聞いたことが、あなたがたのうちに、とどまる ようにしなさい・・・あなたがたも御子と父とのうちに、 とどまることになる」(2:24)

 初めから聞いたこととは何でしょうか。ヨハネの時代の 人々からするならば、イエスさまから与えられ使徒たちに よって受け継がれた教えであり、現代の私たちからするな らば、聖書に記されているみ言葉です。

 聖書のみ言葉が、私たちのうちにとどまっているなら ば、私たちはイエスさまと神さまが共にいてくださるのだ とヨハネは言うのです。これが、キリストに属している(2: 19)ということです。

私たちはいつも、み言葉にとどまり続けることのできる ように祈り備えていましょう。


~聖書を読んで考えてみましょう~

①み言葉が私たちのうちにとどまるためには何が必要で しょうか?

②誤った教え(反キリスト)が広まることのないように祈 りましょう。



テケテケ

※要約はメッセンジャーの説教メモを記しています。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする