倉敷ホーリネスチャーチ

聖書のみ言葉、キリスト教のメッセージ、また旅情報など、テケテケが伝えしています(日本ホーリネス教団)。

【聖書】マルコによる福音書9章14~29節 【説教】「信じますという祈りをささげる 」 2024/5/26 倉敷ホーリネスチャーチ

2024年05月26日 | メッセージ
【聖書】マルコによる福音書9章14~29節
【説教】「信じますという祈りをささげる」

中心聖句
23: イエスは彼に言われた、「もしできれば、と言うのか。信ずる者には、どんな事でもできる」。

説教要約
主の御名を讃美いたします。 

マルコによる福音書第9 章14~29 節
すると、イエスは言われた、「このたぐいは、祈によらなけれ ば、どうしても追い出すことはできない」。(9:29)

 17~18 節で書かれているように、弟子たちは口がきけなくな っている子を癒すことができませんでした。そこでこの子の父 親はイエスさまに「できますれば」・・・(9:22)とお願いすると、 イエスさまは「信ずる者には、どんな事でもできる」(9:23)と告 げられます。するとこの父親はイエスさまに「信じます。不信仰 なわたしを、お助けください。」(9:24)と改めてイエスさまに息 子の癒しを願い求めました。その結果、イエスさまは父親のこ の答えを、イエスさまへの信仰とみなされて、息子を癒された のでした。自分の内にある不信仰な思いを認め、イエスさまは 必ず癒してくださるという信頼こそが、必要であることに父親は 気づいたのです。この父親の信仰に対し、弟子たちは自分た ちの力に依存していることに気づいていなかったので、「言う ことも聞くこともさせない霊」(9:25)を追い出すことができなか ったのです。

 私たちの信仰生活は、いつもイエスさまに信頼し続け、イエ スさまへの祈りを欠かすことの無いようにいたしましょう。その 中で、私たちに必要な全ての助けをイエスさまが与えてくださ るのです。

 今週も主に感謝する日々を過ごせるなら幸いですね。

テケテケ

【聖書】マルコによる福音書9章1~13節 【説教】「主イエスの約束」 2024/5/19 倉敷ホーリネスチャーチ

2024年05月19日 | メッセージ
【聖書】マルコによる福音書9章1~13節
【説教】「主イエスの約束」

中心聖句
1: また、彼らに言われた、「よく聞いておくがよい。神の国が力をもって来るのを見るまでは、決して死を味わわない者が、ここに立っている者の中にいる」。

説教要約
主の御名を讃美いたします。 

マルコによる福音書第9 章1~13 節
すると、雲がわき起って彼らをおおった。そして、その雲の中 から声があった、「これはわたしの愛する子である。これに聞 け」。(9:7)

 イエスさまはエリヤ、モーセと語り合っておられました。すると ペテロはイエスさまに「わたしたちは小屋を三つ建てましょ う。」(9:5)と言いました。精いっぱいの敬意をあらわす思いを もって、ペテロは小屋を建てると言ったことでしょう。しかし、こ れはペテロの誤解です。

 雲の中から「これはわたしの愛する子である。これに聞け。」 (9:7)と声があったように、イエスさまは神さまから選ばれた特 別なお方です。また、この出来事はこれからイエスさまが十字 架への道を歩まれている中での出来事です。だから、ペテロ たちは小屋を建てる必要はないのです。

 弟子たちにとって、自分の先生が死んでよみがえることは想 像もできないことでした。けれども、イエスさまは、弟子たちに 約束されたように十字架の上で死なれてよみがえられました。 そして、このイエスさまが私たちといつも共におられるのです。

 今週も主に感謝する日々を過ごせるなら幸いですね。

テケテケ

【聖書】マルコによる福音書8章31~38節 【説教】「主イエスに従う道」 2024/5/12 倉敷ホーリネスチャーチ

2024年05月12日 | メッセージ
【聖書】マルコによる福音書8章31~38節
【説教】「主イエスに従う道」

中心聖句
34: それから群衆を弟子たちと一緒に呼び寄せて、彼らに言われた、「だれでもわたしについてきたいと思うなら、自分を捨て、自分の十字架を負うて、わたしに従ってきなさい。

説教要約
主の御名を讃美いたします。 

マルコによる福音書第8 章31~38 節
それから群衆を弟子たちと一緒に呼び寄せて、彼らに言われ た、「だれでもわたしについてきたいと思うなら、自分を捨て、 自分の十字架を負うて、わたしに従ってきなさい。」(8:34)

 罪を犯されたことのないイエスさまが、私たちの罪の身代わり となって十字架に架かってくださいました。このイエスさまが私 たちに大切なことを求めています。それは、私たち一人一人 が「自分を捨てる」こと、「自分の十字架を負う」ことです。どち らも、私たちの信仰の歩みに必要なことです。私たちは自分 の思いや都合に振り回されることなく、イエスさまに従ってい かねばならないのです。

 イエスさまは12弟子だけでなく、私たちにも「だれでもわたし についてきたいと思うなら」と語っておられます。ですから私た ちは、34 節に記されているイエスさまのみ言葉が信仰の土台 に据えられているかどうかいつも点検しましょう。そして、イエ スさまの後に喜んでついてまいりましょう。

 今週も主に感謝する日々を過ごせるなら幸いですね。

テケテケ

【聖書】マルコによる福音書8章27~30節 【説教】「私たちの信仰を貫くもの」 2024/5/5 倉敷ホーリネスチャーチ

2024年05月05日 | メッセージ
【聖書】マルコによる福音書8章27~30節
【説教】「私たちの信仰を貫くもの」

中心聖句
29: そこでイエスは彼らに尋ねられた、「それでは、あなたがたはわたしをだれと言うか」。ペテロが答えて言った、「あなたこそキリストです」。

説教要約
主の御名を讃美いたします。 

マルコによる福音書8 章27~30 節
そこでイエスは彼らに尋ねられた、「それでは、あなたがたは わたしをだれと言うか」。ペテロが答えて言った、「あなたこそ キリストです」。(8:29)

 イエスさまは弟子たちに「人々は、わたしをだれと言ってい るか」(8:27)と質問されます。弟子たちは、人々がイエスさま のことを「バプテスマのヨハネ」、「エリヤ」、「預言者のひとり」と 言われていると答えます。当時の人々は、イエスさまがいった いどんなお方であるのか理解していなかったのです。それに 対して、ペテロは「あなたこそキリストです」と答えています。キ リストとは油注がれた者という意味をもつヘブル語のメシヤの ギリシャ語訳です。旧約聖書の時代には、王、祭司、預言者 には油が注がれていたのです。そして、イエス・キリストがお生 まれになったことで、メシヤは救い主という意味で受け継がれ るようになったのです。

 今もイエスさまは私たちに「それでは、あなたがたはわたしを だれと言うか」と尋ねておられ、私たちに「あなたこそキリスト」 と答えることを求めておられます。なぜなら「あなたこそキリス ト」は、私たちが信じているお方が誰であるのかを明らかにし ている信仰の告白だからです。

 今週も主に感謝する日々を過ごせるなら幸いですね。

テケテケ

【聖書】マルコによる福音書8章22~26節 【説教】「主イエスに目を向ける」

2024年04月28日 | メッセージ
【聖書】マルコによる福音書8章22~26節
【説教】「主イエスに目を向ける」

中心聖句
25: それから、イエスが再び目の上に両手を当てられると、盲人は見つめているうちに、なおってきて、すべてのものがはっきりと見えだした。

説教要約
主の御名を讃美いたします。 

マルコによる福音書8 章22~26 節
それから、イエスが再び目の上に両手を当てられると、盲人は 見つめているうちに、なおってきて、すべてのものがはっきりと 見えだした。(8:25)

 イエスさまによって盲人ははっきり見えるように癒されまし た。その後、この盲人が何を言ったのかは聖書に書かれてお りません。しかし、イエスさまが彼に「村にはいってはいけな い」と言われたことは書かれております。

 イエスさまが「村にはいってはいけない」と言われたのはどう してでしょうか。それはこの時はまだ、イエスさまがいったいど んなお方であるのか人々が理解していなかったからです。目 が見えるようになった評判だけが独り歩きすることのないよう に、イエスさまは配慮なさったのでした。

 この盲人の癒しを通し、私たちが考えなくてはならないの は、イエス・キリストはいったい何のために来られたお方である のかということです。イエス・キリストは私たちの救い主としてお 出でになられたお方であるのです。ですから私たちが礼拝を ささげる時には、イエスさまが私たちの救い主であることに思 いを向けることを忘れないようにいたしましょう。

 今週も主に感謝する日々を過ごせるなら幸いですね。

テケテケ

【聖書】マルコによる福音書8章1~21節 【説教】「主イエスが与えて下さる恵み」 2024/4/21 倉敷ホーリネスチャーチ

2024年04月21日 | メッセージ
【聖書】マルコによる福音書8章1~21節
【説教】「主イエスが与えて下さる恵み」

中心聖句
20: 「七つのパンを四千人に分けたときには、パンくずを幾つのかごに拾い集めたか」。「七かごです」と答えた。21:そこでイエスは彼らに言われた、「まだ悟らないのか」。

説教要約
主の御名を讃美いたします。 

マルコによる福音書8 章1~21 節
そのとき、イエスは彼らを戒めて、「パリサイ人のパン種とヘロ デのパン種とを、よくよく警戒せよ」と言われた。(8:15)

 弟子たちに対してイエスさまは「パリサイ人のパン種とヘロデ のパン種とを、よくよく警戒せよ」(8:15)と言われました。すると 弟子たちは「これは自分たちがパンを持っていないためであ ろうと、互に論じ合った。」(8:16)とマルコによる福音書は記し ています。

 イエスさまは弟子たちに、パリサイ人やヘロデのように神さま に信頼をおかない存在に心を奪われることのないようにと注 意喚起なさったのです。けれどもそのことに弟子たちは気づく ことができませんでした。 イエスさまが弟子たちに「・・・警戒せよ」と言われたように、私 たちもまた、イエスさまの教えから離れることのないよう祈りつ つ信仰生活をおくりましょう。

 イエスさまは大勢の群衆を満腹さ せることができたように、イエスさまを信じ従い続ける者にあふ れるばかりの恵みを注いでくださるのです。

 今週も主に感謝する日々を過ごせるなら幸いですね。

テケテケ

【聖書】マルコによる福音書7章31~37節 【説教】「主イエスを伝えられる幸い」 2024/4/14 倉敷ホーリネスチャーチ

2024年04月14日 | メッセージ
【聖書】マルコによる福音書7章31~37節
【説教】「主イエスを伝えられる幸い」

中心聖句
36: イエスは、この事をだれにも言ってはならぬと、人々に口止めをされたが、口止めをすればするほど、かえって、ますます言いひろめた。

説教要約
主の御名を讃美いたします。 

マルコによる福音書7 章31~37 節
彼らは、ひとかたならず驚いて言った、「このかたのなさった事 は、何もかも、すばらしい・・・。」(7:37)

 人々は、耳が聞こえず口のきけない人を、癒していただくた めにイエスさまのみもとに連れてきます。この人がいつからそ ういう状態であるのか、何歳なのか、詳細は書かれておりませ ん。けれども、イエスさまのみもとに連れてこられたという事 は、治療する手段が他に何も残っていなかったと想像できま す。イエスさまは連れてこられた人の「両耳に指を差し入れ」、 「つばきでその舌を潤し」てから、「天を仰いでため息をつき」、 「エパタ」と言われました。するとこの人は耳も口も癒されたの です。イエスさまはこの事を誰にも言わないように人々に命じ ますが、イエスさまの評判は広まってしまいました。そして「こ のかたのなさった事は、何もかも、すばらしい。」(7:37)と、イ エスさまは人々の間でほめたたえられたのです。

 一人の男の癒しから分かるように、イエスさまは私たちを最 善に導き、私たちに必要なことをしてくださいます。イエスさま のなさることは、何もかも、素晴らしいのです。この素晴らしい イエスさまをお伝えできる幸いが私たちには与えられているの です。

 今週も主に感謝する日々を過ごせるなら幸いですね。

テケテケ

【聖書】マルコによる福音書7章24~30節 【説教】「祈りを聞かれる主イエス」 2024/4/7 倉敷ホーリネスチャーチ

2024年04月07日 | メッセージ
【聖書】マルコによる福音書7章24~30節
【説教】「祈りを聞かれる主イエス」

中心聖句
29: そこでイエスは言われた、「その言葉で、じゅうぶんである。お帰りなさい。悪霊は娘から出てしまった」。 30: そこで、女が家に帰ってみると、その子は床の上に寝ており、悪霊は出てしまっていた。

説教要約
主の御名を讃美いたします。 

マルコによる福音書7 章24~30 節
そこでイエスは言われた、「その言葉で、じゅうぶんである。お 帰りなさい。悪霊は娘から出てしまった」。(7:29)

  一人の女がイエスさまの足もとにひれ伏しました。この女は ギリシヤ人で、その幼い娘が悪霊にとりつかれていたのでし た。この女がイエスさまに娘から悪霊を追い出していだくことを 願い求めると、イエスさまは「子供たちのパンを取って小犬に 投げてやるのは、よろしくない。」(7:27)とお答えになられま す。(※ここでの「子供たち」とはユダヤ人のこと、「小犬」とはユ ダヤ人以外のこと。)けれども、この女はイエスさまのもとから 引き下がることをせず、「・・・小犬も、子供たちのパンくずは、 いただきます。」(7:28)とイエスさまにへりくだってお願いしま す。するとイエスさまは女に「その言葉で、じゅうぶんである。 お帰りなさい。悪霊は娘から出てしまった」。(7:29)と答えら れ、娘は癒されたのでした。

 一人の女の願い求めをイエスさまが聞かれたように、イエス さまは差別されることなく私たちの祈りを聞いてくださいます。 私たちはイエスさまが共におられるので、自分一人で悩みを 抱えこむ必要はないのです。

 今週も主に感謝する日々を過ごせるなら幸いですね。

テケテケ

【聖書】ヨハネによる福音書20章19~31節 【説教】「イエスは神の子キリスト」 2024/3/31 イースター 倉敷ホーリネスチャーチ

2024年03月31日 | メッセージ
【聖書】ヨハネによる福音書20章19~31節
【説教】「イエスは神の子キリスト」 イースター

中心聖句
31: しかし、これらのことを書いたのは、あなたがたがイエスは神の子キリストであると信じるためであり、また、そう信じて、イエスの名によって命を得るためである。

説教要約
主の御名を讃美いたします。 

ヨハネによる福音書20 章19~31 節
「しかし、これらのことを書いたのは、あなたがたがイエスは神 の子キリストであると信じるためであり、また、そう信じて、イエ スの名によって命を得るためである。」(20:31)

  2024 年イースターおめでとうございます。今年も皆様と共に イエスさまの復活を共にお祝いできますこと、本当にうれしく 思っております。昨年のイースター礼拝ではヨハネによる福音 書 21 章 1~14 節をお開きしましたが、今年は 20 章 19~31 節をお開きさせていただいております。

 「弟子たちは主を見て喜んだ」(20:20)とあるように、復活された イエスさまにお会いすることができて弟子たちは喜んだのでし た。するとイエスさまは弟子たちに「安かれ。父がわたしをおつか わしになったように、わたしもまたあなたがたをつかわす。」(20: 21)と命じられました。イエスさまを十字架につけたユダヤ人たち を恐れ、「戸をみなしめて」(20:19)いた弱い弟子たちをイエスさ まは宣教のために用いられたのです。

 イエスさまが弟子たちを遣わしたように、イエスさまは私たちを も様々な所(家庭、学校、職場など)に福音を伝えるために遣わし てくださっています。今週もまた、私たちの家族や友人に「イエス は神の子キリスト」(20:31)であると、お伝えしてまいりましょう。

 今週も主に感謝する日々を過ごせるなら幸いですね。

テケテケ

【聖書】マルコによる福音書7章14~23節 【説教】「みことばによってきよめられる幸い」 2024/3/24 倉敷ホーリネスチャーチ

2024年03月24日 | メッセージ
【聖書】マルコによる福音書7章14~23節
【説教】「みことばによってきよめられる幸い」

中心聖句
21: すなわち内部から、人の心の中から、悪い思いが出て来る。不品行、盗み、殺人、 22: 姦淫、貪欲、邪悪、欺き、好色、妬み、誹り、高慢、愚痴。 23:これらの悪はすべて内部から出てきて、人をけがすのである」。

説教要約
主の御名を讃美いたします。 

マルコによる福音書7 章14~23 節
「さらに言われた、人から出て来るもの、それが人をけがすの である。」(7:20)

 イエスさまは群衆を呼び寄せて「すべて外から人の中にはい って、人をけがしうるものはない。かえって、人の中から出てく るものが、人をけがすのである。」(7:15)と言われました。これ は、きよい食べ物と汚れた食べ物とを区別しているユダヤ人 の考えとは全く異なっています。ではなぜ、イエスさまはこのよ うなことを群衆に言われたのでしょうか。それは食べ物によっ てではなく、人から出て来るもの、すなわち「悪い思い」(7:21) が人を汚すことを教えるためでした。

 イエスさまは「悪い思い」として「不品行、盗み、殺人、姦淫、 貪欲、邪悪、欺き、好色、妬み、誹り、高慢、愚痴」(7:21,22) をあげておられますが、これらは私たち誰もがかかえているこ とを忘れてはなりません。私たちの内には人を汚してしまう罪 が存在するのです。 私たちはいつも 7 章 21,22 節に記されている罪が自分の内 に残っていないか点検し、イエスさまに罪の解決をお願いい たしましょう。

 今週も主に感謝する日々を過ごせるなら幸いですね。

テケテケ