スケッチブック 〜写真で綴るスローライフな日々2

写真を撮りながら、日々の暮らしや旅先で感じたことを書いています。
2016年からは撮った写真をイラスト化しています。

鶏足寺の紅葉 その8

2018年12月16日 | イラスト
PENTAX K-5-II SIGMA 17-50mm F2.8

鶏足寺はすっかり有名な観光地となっていました。初めて訪れた者がいうべき言葉ではありませんが。人里離れた閑静な山の麓にひっそりと建つこの寺に、紅葉の季節はどっと人が押し寄せる様は少し違和感を感じるのは僕だけだろうか。できることなら人気がない音もしない紅葉狩りをしたいと思う。気持ち良いだろうな。

これで一旦ブログの更新は中止することに決めました。
ながらくご愛読された方々には感謝の言葉もありません。
ありがとうございました。

しばらくこのブログはこのままとします。


2018年 12月 16日
コメント

鶏足寺の紅葉 その7

2018年12月02日 | イラスト
PENTAX K-5-II SIGMA 17-50mm F2.8

雨が降った鶏足寺と石道寺。紅葉が枝から離れ、舞い降りた場所に雨水が溜まったようで、雨水越しの紅葉も風情があると思った。水滴が落ちる度に水面に波紋が広がる。紅葉狩りはつい上ばかりを見上げてしまうものだが、いたるところに秋を感じるシーンはある。天気が悪くて残念だったけど別の楽しみもあった。
コメント

鶏足寺の紅葉 その6

2018年12月01日 | イラスト
PENTAX K-5-II SIGMA 17-50mm F2.8

鶏足寺は、人里離れた山の麓にある静かなお寺だが、近くに石道寺という別のお寺が隣接している。紅葉目当てに訪れた観光客は、自然にこちらの石道寺も足を運ぶ。その連絡する路は茶畑を通過するのだが、合わせて紅葉も鑑賞できる。見所は紅葉の絨毯だけじゃない。
コメント

鶏足寺の紅葉 その5

2018年11月25日 | イラスト
PENTAX K-5-II SIGMA 17-50mm F2.8

あいにくの空模様で朝からしとしと冷たい雨が降っていた。地面はぬかるみ、足元に注意を払いながらの紅葉狩りだった。時間が経つと雨は止み、雲が流れた瞬間に日光が差すこともあった。その瞬間に色付いた落葉樹の葉は、光るように鮮やかな色彩を見せてくれる。これはその一瞬の出来事を収めたショットだ。心の中でヤッタァと叫んだ。
コメント

鶏足寺の紅葉 その4

2018年11月24日 | イラスト
PENTAX K-5-II SIGMA 17-50mm F2.8

もう一つ落ち葉が綺麗な場所があった。それは石にびっしり生えそろった苔の上。わざと誰かが並べて置いたのではないかと最初は疑ったが、周囲にも落ち葉はいっぱい落ちていたし、大勢の観光客が行き交う中で落ち葉を拾って並べるような輩がいるとは考えにくい。苔がまるで絨毯のようで美しい。自然のこととはいえ楓の葉のレイアウトが良かった。
コメント

鶏足寺の紅葉 その3

2018年11月23日 | イラスト
PENTAX K-5-II SIGMA 17-50mm F2.8

落葉が始まった鶏足寺では、枝から離れた葉が辺りにいっぱい落ちていた。色あせる前の落ち葉は、周囲の景色を変えてしまう。石の灯篭に紅葉がそっと腰掛けているように乗っているのを見て、思わずシャッターを切った。見上げるばかりが紅葉狩りではない。
コメント

鶏足寺の紅葉 その2

2018年11月17日 | イラスト
PENTAX K-5-II SIGMA 17-50mm F2.8

鶏足寺は小雨が降っていて肌寒い日だった。それに真っ盛りを幾分すぎていたので見所を探しながらの紅葉狩りとなった。良かったと思えたのは落ち葉が多く、足元も楽しめたことだろうか。歩きながら見つけた竹の切り跡に雨が溜まり、そこへカエデの葉が二枚沈んでいた。赤と黄が重なり、竹の緑と色のコントラストがうまく噛み合って綺麗だった。
コメント

鶏足寺の紅葉

2018年11月11日 | イラスト
PENTAX K-5-II SGMA 17-50mm F2.8

一昨年のことではあるけど、近頃人気の鶏足寺へ紅葉狩りに出かけた。あいにく天候が悪く、朝はしとしと雨が降っていた。ピークアウトの日程だったので人は少ないだろうと思っていたが、結構賑わっていた。琵琶湖の北、木之本の外れに位置し、静かな所のはずだが、紅葉のシーズンはそうはいかないようだ。落ち葉が絨毯のように参道の石段に積もり、紅葉と合わせて見上げる景観が有名だ。しかし、この日は落葉が進み、足場は雨で悪いこともあってどんよりとした雰囲気が漂う画となってしまった。
コメント

下鴨神社 糺ノ森 その10

2018年11月10日 | イラスト
PENTAX K-5-II SIGMA 17-50mm F2.8

下鴨神社の境内の中は重要文化財の宝庫だが、この舞殿もそうだ。なぜか存在感があって気になる。古い神社にはよくこのような舞殿があるのだが、詳しいことは知らない。採餌のための舞台になっているのだろうと安易な想像をする。
コメント

下鴨神社 糺ノ森 その9

2018年11月04日 | イラスト
PENTAX K-5-II SIGMA 17-50mm F2.8

下鴨さんと地元では親しみを込めて呼んでいる。実際、何度もそういう声を耳にした。そして、ここで婚礼の儀式を執り行うことも都人の憧れでもある。ちょうどその婚礼の最中に遭遇した。儀式を行う斎主が祝詞を読み上げているところだと思う。そこは厳かな空間だった。息を飲み、物静かに様子をうかがうしかない。
コメント