スケッチブック 〜写真で綴るスローライフな日々2

写真を撮りながら、日々の暮らしや旅先で感じたことを書いています。
2016年からは撮った写真をイラスト化しています。

各務原 そば茶寮 笠井

2005年09月28日 | 料理/グルメ
岐阜の美濃加茂へ仕事で出掛けたので帰り道に「そば茶寮 笠井」で昼食をとりました。蕎麦には目のない僕は、このお店は気に入っています。以前は「文福」という屋号でお店を営んでいました。お昼時は平日でもお客が並ぶ評判店でしたが、今は一軒家に越してきて余裕ができたようです。せいろが基本ですが、田舎蕎麦(1000円)で香りが高い蕎麦もいただけます。今日は、すずしろ蕎麦(1200円)をいただきました。大根の短冊と海苔と黒胡麻がかけてあるざる蕎麦です。大根はシャキシャキ感があり、水にさらしてあるせいでしょうか辛みは押さえてあります。黒胡麻との相性もいいなんて初めて知りました。おススメしたい一品です。同行者が穴子蕎麦(1500円)を注文しましたが、これも美味しそうでした。30食限定の生粉打ち(1200円)20食限定の花かご膳などそそるメニューがメジロ押しです。追加蕎麦は600円です。お酒の種類もあるのでゆっくり食事ができるお蕎麦屋です。ジャズが流れるお洒落なインテリアも二重丸。お蕎麦に浸れる良店だと思います。


住所 各務原市蘇原飛鳥町3丁目47
電話 0583-80-0550
場所
コメント (2)

名古屋駅 きしめん 住よし

2005年09月26日 | 料理/グルメ
JR名古屋駅新幹線ホームにある「きしめん 住よし」で昼食となりました。立ち食いという手軽なお店の割にうまいと出張族に評判です。名古屋の方だけでなくファンも多いとか。僕も結構好きでよくお世話になっています。きしめんはうどんの仲間ではありますが、うどんと比較しないでこれはこういうものなんだと開き直って食することをおススメします。腰がない。歯ごたえがない。と、うどん至上主義になると良さがわかりません。きしめんはつるんと喉に優しい麺です。ここのきしめんはダシが意外に効いてます。濃い、辛いというほど濃厚さはなく、あっさり感があるけどビシッと決めてくれるスープです。天ぷらなど乗せ物の質を求めてはいけません。立ち食いなんですから。きしめん390円より。

コメント (2)

愛・地球博 閉会

2005年09月25日 | 文化/歴史/技術
今日で愛・地球博が終了しました。混雑ぶりが一番のニュースだった気がします。
最初に断っておきますが、写真は8月に出掛けたとき撮影した夕焼けです。
始まる前は、ちゃんとお客は来るのだろうかと勝手な心配をしましたが、予想を遥かに超えて盛況のまま終わりました。
始まる前に某広告代理店の社長さんに聞いたところ、以前、名古屋オリンピックが審査落ちしたので代理で開演した名古屋デザイン博では苦労したそうです。名古屋は大きなイベントを地元で経験したことが無く、東京からやってきた有名広告代理店から指導を受けて勉強したそうです。中部圏のデザイナーやイベント関係者にとってノウハウを身につけるいい機会が過去にあったのです。今回の万博は失敗はしないぞという関係者の多くが慎重に慎重に進めてきた経緯があると思います。黒字も出す予定だとか。8月に僕等が出掛けたときは入場者数が10万人を超えたくらいでそれほど混んでいませんでした。お昼ご飯を食べてから家を移動したため、交通は本当にすいていました。でも人気のパビリオンは結局行けませんでした。会場では外国のパビリオンで食べ歩きをして夕暮れを見てから帰りました。思い出と言えばベルギーのチョコアイスクリームは格別に美味かったことかなあ。
コメント

栗のリゾットと鮭の香草焼き

2005年09月23日 | 料理/グルメ
祝日のため本日も子供達にお昼ご飯を作る事になりました。生栗があったので「栗のリゾット」と「鮭の香草焼き」にしました。リゾットは何度も作ったことがありますが、栗のリゾットは初めて作りました。茹でた栗の皮を剥くことがこんなにも大変だとは思いませんでした。出来上がりはちょっと塩気が足らないかな?という感じで70点ぐらい。鮭のハーブはローズマリー、タイム、イタリアンパセリ、セージですが、ローズマリーだけは栽培しているフレッシュを使いました。ハーブはドライを使わずフレッシュに限るという落合氏(ラ・ベットラのオーナー)の意見は正しい。ローズマリーがあまりにもよくて他のハーブが霞んでしまいました。秋の味覚がスタートしたところです。

コメント   トラックバック (1)

名古屋 名駅 浄心家

2005年09月22日 | 料理/グルメ
名古屋で評判の「浄心家」に初めて出掛けてきました。麺類が大好物でしてラーメンには目がない性分だと自負しながら期待して行きました。期待通りいいラーメンです。醤油スープの基本的な味です。ちぢれ麺の「名古屋麺」とストレート麺の「多治見麺」の2種類から選べるという変わったお店です。今回は名古屋麺の味付けたまご入りを注文しました。麺は製麺所の名前まで公表しています。名古屋はラーメン不遇の地だと思っていましたが、昨今のラーメンブームのせいでしょうか、「驛麺通り」がオープンして牽引したのでしょうか、IT化が進んでこういった食物のナレッジベースシステムが充実したせいでしょうか、随分水準が高くなりました。裏道にあって目立たない場所ですが人気はあるようです。ネット上でも紹介が多いので、あえて評価は書きませんが、このくらい美味しいと他人にも勧めたくなるというものです。個人的にもこのタイプは好きです。○○系の味だとかスープのダシに何を使っているかとかいろいろうるさくなってきましたが、そんな精通ぶった話はともかく、ラーメン食べてほのぼのできるとわざわざ足を伸ばした甲斐があるというもの。カウンター席しかないので、待たされることがあります。うまいラーメンをどうしても食べたいとお考えの方でしたらオススメいたします。



住所
名古屋市中村区名駅5-31-1
場所
コメント

東京ばな奈「見ぃつけたっ」

2005年09月22日 | 料理/グルメ
東京へ出張しました。池袋の東京芸術劇場でセミナーがあったので参加しました。業界動向をさぐるという内容で難しい用語のオンパレードが半日続き、頭脳のモードを変換して聞いていました。疲れますね。証券アナリストの方々はいつも「もっともらしい」ことをおっしゃるので感心します。参考にさせていただきます。全部信用してはいけないけど。(笑)帰りにお土産でも買おうと思い「東京ばな奈」にしました。東京はよく訪れる街で東京駅は隅から隅まで歩き、仕事で駅長室まで入ったことがあるくらいですが、この「東京ばなな」を買ったのは初めてです。「雷おこし」とか「人形焼き」とか「草加せんべい」より今はこういうのが流行なんでしょうか。美味しいと言えば美味しい。ただ、東京となんのゆかりがあるのか?と首をかしげながら食べるのも一興かと存じます。甘いお菓子はお土産の定番でしょうね。「名物に美味い物無し」という確言はどうやらマーケットリサーチが発達して否定されつつあるようです。ちなみに我が家では好評です。



東京ばな奈
コメント

ポルチーニとしめじのパスタ~プラムのコンポート

2005年09月19日 | 料理/グルメ
三連休の最後の日、妻はお仕事で留守、上の娘は部活動で留守。下の娘の面倒をみるためお昼ご飯を作りました。イタリア料理かぶれの僕はまたしてもラ・ベットラのオーナーシェフ落合務氏の本を参考にして調理しました。久しぶりにキノコのパスタを作りたくて、本日は、「ポルチーニとしめじのスパゲティ」「目鯛のグリル」「モッツァレラチーズのサラダ」の3品です。2人用なのでいつもより楽です。4人前以上は火加減や味付けなど失敗しやすいなあと感じます。キノコのパスタはいろいろ試したけどポルチーニとしめじの組み合わせが一番お気に入りです。ポルチーニは乾燥物しか手に入らないのでちょっと残念(生だったらいくらするんだ?)とはいえ贅沢な味わいです。目鯛はシンプルに塩コショーの下味でフライパンでグリルしました。落合さんは料理本の中で焼き加減や塩加減のコツは書いてくれますが、最後は経験で学んでください。と言い切っている面白い人です。何分間焼きなさいとか何グラム塩を入れなさいとか言わない。僕はこれがとても気に入っています。だってもし書いてある通りに作ったら一流料理人と同じものができるわけないですから。料理は自分の舌で判断した方が上手になると思います。でも素人にできるようにアレンジしたレシピは助かります。白身魚のグリルは油対バターは5対1が黄金比率だそうです。レパートリーが増えました。


おやつは「プラムのコンポート」です。先日も作りましたが、簡単な割には美味しいので2回目の挑戦です。アイスクリームはハーゲンダッツの「リッチミルク」のコラボレーションです。相性は良いと思います。せっかくなのでバルコニーに持ち出して外でいただきました。風が吹けばちょっと涼しいかな。


コメント

中秋の名月

2005年09月18日 | ネイチャー/ペット
忘れてました。今日が十五夜だということを。東の空から赤い丸い月が出ているのを見つけて気付きました。最初は不気味さのある赤褐色の月でしたが、少し昇ると赤みが消えて白く光り出しました。早速、ススキと萩と団子を買ってきて飾ってみました。バルコニーに出してライトアップしてみるといい感じです。虫の声も聞こえてきます。秋は大好きな季節なので涼しくなると気分が高揚してきます。自分の生まれた季節が好きになるという話を聞いたことがありますが、秋生まれの僕は断然「秋党」です。
コメント

名古屋 大須 

2005年09月18日 | 文化/歴史/技術
名古屋の大須に立ち寄りました。ここは東京で言えば、浅草と秋葉原と中野商店街を足して3で割ったような街です。下町情緒溢れる町並みと大須漢音や万松寺の参拝者が懐かしさを漂よわせ、電化商品の店が多いことから秋葉系のオタク達も数多くいます。コメ兵に代表される中古品を取り扱う店も多く、若年層の街でもあります。古着なんか1グラム1円で積み上げられて販売されています。一人でぶらぶらするには飽きがこないので、暇があると足が向いてしまいます。B級グルメに出会うと「やったぁ!」という気分になることもできます。今回はみたらし団子で有名な「新雀本店」で1本いただきました。「たれ」と「きなこ」の2種類がありますがどちらも好きです。料金は80円。休日は行列もできるほどです。大須は通えば通うほど楽しめます。


大須商店街
コメント

サトクダマキモドキ出現

2005年09月16日 | ネイチャー/ペット
自分の住んでいるマンションの玄関ホールに「サトクダマキモドキ」というキリギリスの仲間が一匹いました。思わず子供みたいになって捕まえてしまいました。早速写真を撮ってから逃がしてやりました。最初は「クツワムシ」か?って勘違いして興奮してしまいました。図鑑やネットでよく調査するとあまり大きな声で鳴かない種類みたいです。羽を広げて静かにゆっくり飛びます。大きさは7、8センチメートルあり、大きく感じる中型昆虫でしょう。「里クダマキモドキ」がいるなら「山クダマキモドキ」もちゃんといるようです。前足が褐色であることが見分け方です。全身色が鮮やかなグリーンで植物の緑を思わせます。擬態のメカニズムは詳しく解明されていないようですが、あらためてこれが自然の驚異というか不思議の芸術だと知ることになりました。最近朝は涼しくなりました。
コメント