スケッチブック 〜写真で綴るスローライフな日々2

写真を撮りながら、日々の暮らしや旅先で感じたことを書いています。
2016年からは撮った写真をイラスト化しています。

オープンウォーター炬燵水練記 50

2013年05月30日 | スポーツ
5月ぎりぎりの今日、東スポーツセンターで水泳の練習をしてきました。早くも梅雨に突入して、昨日は久しぶりにしっかり雨が降り、じめじめと肌に湿り気を感じるような天気でした。5月のうちに泳いでおきたかったのは、スマホのアプリで水泳の練習内容を管理しているからで、月間の練習距離数もグラフで一目瞭然です。炬燵水練記のコラムも50回に達し、2年に及ぶオープンウォーターのトレーニングのログを振り返ってみました。50回の練習で泳いだ合計距離数は65475Mです。昨年は44000M。月間別では2013年に入って、1月は2レコード1900M、2月は3レコード2275M、3月は2レコード3500M、4月は4レコード6600Mでした。7月のレースに備えて徐々に距離数を上げてきているので5月は先月以上の距離数にしておき、来月6月に集中して泳ぎ込む予定です。それにしてもよく泳いできたなあと思うし、10代の頃はクラブ活動でとんでもない練習量を泳いでいたのだと痛感します。少し、遅めの入場だったためにプールに来ているスイマーの数は少なかったです。19時を過ぎるとほとんど泳いでいる人がいませんでした。空いていたので、続けて泳ぐことにしました。メニューはスイム500Mを3本。レストタイムはジャスト1分です。アップはフリースペースでラフな泳ぎで身体を慣らしておきました。ダウンは200Mで合計1700Mです。これで5月の総距離数は7200Mになりました。3000Mのレースを想定すると、たかが1500Mくらい、わけはないと思えるくらいのコンディションが必要です。果たしてそこまでの実力がついたのか?と自問自答しています。スイム500Mを3本泳いだ感想を書けば、1本目が一番腕が重たく感じ、段々と調子が上がり、3本目が楽でした。残り200Mでペースを上げて、残り50Mではスパートがかけられる程です。つまり自信はあまりないけど、余力を残しながら挑めば何とか完泳はできるだろう。という感触です。怪我や病気さえなければ残り一ヶ月くらいで調整できそうです。練習後に無料のマッサージチェアを利用しました。練習直後に使えば効果が高いと実感しますね。多少筋肉が張っていたけど、ケロッと無くなりました。ところで今回の写真の解説です。これは地下鉄ナゴヤドーム矢田駅から地上に抜ける吹き抜けの天井です。曇り空。
コメント (4)

本醸造 初霜

2013年05月25日 | 料理/グルメ
家で酒を飲む時は、大体ワインかビールになりました。ビールはほとんどヱビスビールで他の銘柄を買って来ることはあまりありません。ヱビスがなければサッポロかな。ワインは特に決めていないけど、安くて美味しいワインを見つけることが楽しみです。外で飲む場合は相手に合わせて何でも飲むタイプです。その中で日本酒が美味しいことは十分に承知しているつもりですが、我が家に日本酒のストックはありません。何か一つ飲んでやろうと前から思っていました。先日、岐阜県池田町へ行った時に道の駅でみつけたのが地酒の本醸造初霜です。初霜は岐阜で作られているお米の種類です。ハツシモの名で売られているので馴染みがありますが、ここ数年亡くなった義理の父の縁で秋には新米が手に入るようになりました。自分で精米して炊くとお米の本来の味を楽しめるので、すっかりハツシモ米のファンになってしまったのです。そのお米から作られる日本酒があるのですから思わず手が伸びます。お店の人に聞くと、食用のお米を使った日本酒はあまりないようです。そう言われるとそうですね。ハツシモの日本酒はいろいろ商品開発されていて、女性向けの飲み易いものだったり、純米吟醸などが美味しいんだろうなあと想像しながら、結局買ったのは本醸造の初霜でした。新聞風の包装紙に包まれて置いてありました。日本酒のことは深く知りませんが、大吟醸が高くて美味いとか、純米吟醸、本醸造の順で値段が下がっていいくことは知っています。本醸造は多分、ワイルドな味なんだろうと思って購入しました。冷蔵庫で冷やして冷やでいただきました。今日の晩ご飯は豚テキだったので、肉料理と合わせることになりました。家で日本酒を飲む時は檜のおちょこに入れて飲みます。枡ではないです。檜の枡だったら飲んべえらしくできますね。ちびちびやるならおちょこ。さて、お味の方ですが、このお酒は香りはあまり強くありません。檜の香りが助けてくれるような感じです。辛口で思った通り力強さを感じます。後味もしっかり残る男性的なお酒でした。日本酒は魚が合うというのが定番ですが、タレで食べる豚テキのような濃い味の料理の方が良いくらいの日本酒ではないでしょうか。何口も飲んでいると、口当たりに慣れが出てきて、ついもう一杯いきたくなるのが日本酒の悪いところです。いや、訂正、良ところ。飲み過ぎないようにストップかけました。僕の父親は、毎日、日本酒を飲んでいた酒好きですが、遺伝なのかなあ。
コメント (2)

オープンウォーター炬燵水練記 49

2013年05月22日 | スポーツ
すっかり暖かくなりました。そして日も長くなりました。仕事帰りにプールに向かうと日が落ちていないために街は昼のように明るいです。公園の植木は新緑がぐんぐん伸びて青々としてしています。今日は枇杷島スポーツセンターで水泳のトレーニングをしてきました。そろそろコンディションが整う時期なんですが、今年はちょっと仕上がりが思うように進んでいません。基準がないので何がどうだと説明はできませんけど、何となく・・もう少し調子が上がっても・・いいのではないか・・と感じているということです。最近、朝起きると肩が痛いので肩の疲労が治まることがないのかも知れませんし、筋力が不足しているのかも知れません。一つだけ自信があるのはスタミナのことです。体力が続かずペースダウンをしなければならないようなことはありません。心肺機能は何とか維持できているようです。夜間の枇杷島スポーツセンターのプールは、健康志向の年配スイマー達がたくさん来ていました。遊泳コースは一方通行で2コースだけなので混んでいました。自分のペースで泳げる状態ではありません。イージーで500Mを泳いだ後にレストタイム1分でスイム500Mを1本泳ぎました。最初の500Mは身体が硬いのか違和感がありました。2本目でようやく腕が楽になってきました。休憩を挟んでスイム500Mを1本泳ぎました。この時になってやっと調子が出てきました。1000M泳がないと身体が動かないなんてコンディション悪いですねえ。クールダウンは300M泳ぎ、合計1800Mで終了しました。今年3000Mレースの出場を心に決めていますが、まだ申し込みをしていません。本当に泳ぎ切る実力があるのか?と自問自答しながら練習して、確信が持てたらと思っているうちに5月が終わろうとしています。ちょっと焦りが出てきました。半分の1500Mくらいなら何の問題もありません。今すぐでもレースに出ることができます。海で3000Mなら一時間はかかるよなあ。と空想しても実感がありません。500M区切りで泳ぐことが多いので、500Mはどのくらいの距離なのかしっかり掴めます。それが6本。うーん。どうなんでしょう?ランナーズハイのようにスイミングでもハイにはなれます。ハイになれば気持ちは楽です。多分。
コメント

甲賀 天下一品 上朝宮店

2013年05月21日 | 料理/グルメ
本当はラーメンを食べる気がなかったのですが、車で滋賀へ移動中に古民家を改装した天下一品の支店があると知って急遽ハンドルを切りました。場所は狸の焼き物で有名な信楽町。昔話の民話を連想する山の中にあります。蕎麦の黒田園のすぐ近くにあります。元々は和食の料亭だったそうで、一軒家のラーメン屋です。このミスマッチとも思える組み合わせが面白くて足を運びました。天下一品のラーメンは京都白川の本店に限ると僕は思っているので、本店の味だけを舌に覚えさせるためにしばらく通ったほど好きなラーメンです。「テンイチ」と呼んでいます。こってり派とあっさり派に分かれると言われますが、断然こってり派です。しかしながらしばらく「テンイチ」のラーメンを食べていませんでした。こんなスペシャルなお店があるのなら、ファンとして一度経験しておかなくてはいけないと思うのです。ちょうどお昼時だったのでお客さんは結構いました。看板があるので近くまでくれば辿り着けます。しかし、門構えも堂々とした古民家ですからね。見る限りここがラーメン屋だとは思えません。玄関で靴を脱いであがると大きな花が出迎えてくれます。蕎麦屋なら理解できる。だけどラーメン屋?とやっぱり違和感があります。さすがに卓はテーブルと椅子なので食べにくいことはありません。掛け軸などインテリアは純和風でした。メニューもこのお店オリジナルがいくつかあります。当然、天下一品のマストメニューもあります。しばらく悩んで、時間もないこともあり、つけ麺(880円)にしました。初めていただきまます。他にもスタミナ中華そば、辛コクラーメン、白ネギアサリラーメンなどがあり、支店と言えども別格の扱いを受けていることがメニューから分かります。つけ麺はあのオリジナル麺ではなく、つけ麺専用の麺のようです。太くて堅めの麺です。スウプは辛味と酸味を強調した濃い味ですが、それでもこってりスウプよりはあっさりしているので、つけ麺としては淡麗気味でした。チャーシュー、メンマ、茹で卵などのトッピングもさっぱり系です。夏向けメニューなのか麺は冷水でしめてあるので、自動的に「冷や熱つ」になります。マストメニューを注文しなかったので本店と比べることはできませんでしたが、なかなか美味しいつけ麺でした。だけどこの空間で「テンイチ」を食するのは異次元です。イリュージョンです。



天下一品 公式サイト
コメント (2)

一宮 ステーキ&シーフード HONJIN

2013年05月19日 | 料理/グルメ
何が食べたいと妻に聞いたら肉でした。意外な返事でした。明確な回答が簡潔に出たことにも少々戸惑いました。先週の週末は妻の誕生日にも関わらず忙しかったのでほとんど家にいませんでした。一週間後にお祝いをするよ。というのが僕側の口約束だったのですが、ちゃんと検討していたみたいです。肉と言ってもいろいろあります。妻の所望はステーキでした。鰻じゃ駄目かな?と聞き返しても返事は同じでした。そこで選んだお店がHONJINです。昨年、法要で会食をして気に入ったお店で、またいつか行ってみたいと思っていました。お昼のランチはかなりお得なコースなので、しっかり堪能してそのコストパフォーマンスを紹介したいと思います。月替わりのお昼の懐石を注文しました。一品目は「シュリンプトースト スィートチリ風味マヨネーズ」これはエビ煎餅ですね。ソース付きは贅沢。二品目「和野菜のミネストローネ」でちょっとお腹の準備をする感じです。薄味でくどくなかったです。三品目「タラとそら豆のしんじょ 柚子餡」は京風料亭感覚。鉄板焼きのコースには珍しいかなと思います。四品目「太刀魚のポワレ ラタトゥイユ」から目の前の鉄板で焼いてくれます。トマト味で焼き魚もいい相性だと思いました。メインへ移る前にシャーベットで口直しをして、単品で頼んだフォアグラの鉄板焼きをいただきました。五品目のヒレステーキの焼き加減はレアを指定しました。分厚い国産牛を熱々の鉄板で焼く。お肉はこれに限りますね。家庭では出せない味です。レア焼きは高い温度で素早く焼かなければならないので、ガスコンロとフライパンでは難しい料理なんですねえ。タレではなく対馬の塩だけで食べるのが最高に美味しいと僕は思います。ご飯と漬け物とお味噌汁で食事にしたら、残るはコーヒーとスイーツです。「炎のべイクドアイス ココナッツムース パイナップルのゼリー トロピカルフルーツ添え」は目の前で盛り付けてくれるので楽しいです。アイスクリームをさっと焼いてブランデーでフランベするところなんかちょっと興奮します。このスイーツ盛り合わせだけでもお高いのでは?とお値打ち感が倍増します。フォアグラ(350円)は別にして、コース料理これ全部でなんと2100円!嘘でしょ!と言いたくなるくらいビックリ価格。お勧めのお店です。予約しないと入れないかも。ソムリエもいるのでワインが飲みたかった。



ステーキ&シーフードHONJIN 公式サイト
コメント (2)

宇陀 八咫烏神社

2013年05月17日 | 文化/歴史/技術
チョコボールのキョロちゃんだ!あれ?頭の上に何か載ってる・・・。Jリーグが発足して20年が経ちました。サッカーファンの僕には、当時は夢のような出来事で胸の高まりが抑え切れない思いでした。ジーコのプレーを観てワールドクラスのサッカーに触れたため、ジーコの来日、現役復帰も信じられないことでした。プレシーズンマッチでグランパスとグレミオが長良川で対戦した時は、リネカーの数少ないゴールも間近で観ました。日本サッカー協会のシンボルマークは八咫烏がモチーフです。三本足のカラスは想像上の生物ですが、伝説では熊野国から大和国へ神武天皇の道案内をしたとされています。光り輝く金のトビはまた別の話だそうで、この辺りがややこしいですね。サッカー協会との縁は、創設者の出身が那智だったために地元の熊野本宮大社にちなんでデザインを拝借したとされています。三本足の生物は、進化の過程では、前カンブリア紀を除いて対象、放射、または螺旋の造形を組み合わせたボディを持つものであるはずなので、どうして三本足なのか謎が深まります。大和の地に八咫烏(やたがらす)神社があるというので、車で移動中に参拝してきました。山と山をくぐるような曲がりくねった道を行くとその傍らにあります。小さな山の麓にとても殺風景な境内だったためにあっけにとられる神社でした。特に拝殿(そうなんだろうなあ。)は賽銭箱と鈴と屋根しかありません。その横に小さな八咫烏の像があるのですが、どうみても後から取って付けた感じがします。デフォルメが強過ぎてマンガになっています。ヘディングとリフティングの違いが分からないみたいで、サッカーボールを足下ではなく頭に載せるところをみると、サッカーのことも歴史のこともよく知らない人が監修したような気がします。この神社、歴史は相当古いですが社殿が建てられたのは江戸時代で、その後皇紀2600年に改築されたそうです。そしてJリーグができて・・・。本殿は拝殿の裏にある階段を登ったところに小さいけどありました。門の向こうに千木が見えました。多分、大神神社のように、山か石を崇める場所で、アニミズムを色濃く残していた聖地だったのだろうと思われます。もうちょっと大事にしてもいいような気がする神社でした。

コメント

高崎 いやしの里 さくらの湯

2013年05月15日 | 温泉
群馬は温泉処でいい温泉がいっぱいあるようです。とは言え、時間の都合上それほど奥には行けない状況なので比較的交通の便が良い温泉に立ち寄って帰ることにしました。交通の便の良い温泉とは国道17号線からすぐのところで、高崎市内の住宅街の中にある「さくらの湯」です。ここは「高崎温泉 不動かくれの湯」という名前で営業していたそうですが、リニューアルして営業を再開した温泉です。実は、まさかこんな場所にあるとは思わなかったので目の前を数回車で素通りしてしまったほどです。門構えのある古い家のような造りで、佇まいを表現するなら下町の銭湯だと思っていただいてちょうど良いと思います。時間の制限も無しで年中無休。入泉料500円は安いと思います。観光客はほとんどいないようでした。客は地元の常連ではないかと思います。出迎えてくれた女将らしき人の愛想がよく、帰りは後ろ髪を引かれる気分にもなりました。本日の男風呂は不動明王の湯です。タイルの内風呂で洗い場の様子などは銭湯そのものではありますが、湯は正真正銘の源泉かけ流しの温泉でとても良い湯です。少し乳白色で滑らかな肌障りは良質な美人の湯です。ちょっと熱いので半身浴ができる浅い湯船で堪能しました。ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩温泉と表示がありますが、塩っぱくありませんでした。日によって泉質も変わるみたいなので、今日のはどのくらいだったんだろう?蛇口やタイルの腐食からして成分は強いはずです。ですが、肌に優しいというか、穏やかな性質のお湯で心まで落ち着くような気がします。こじんまりしている割に時間の流れが遅く感じるので静謐さは折り紙を付けたいところです。子供がいないからでしょうか。何だろう?無言で入っている他のお客もその雰囲気の一部なんでしょう。どこか湯治にでも来たような感じにもなりました。景色を楽しむ中庭や露天風呂がなくても十分満足できる温泉じゃないかな。温泉はやっぱり湯が良くないと駄目だなと改めて思いました。食事も用意できるみたいで、メニューを見るとどれもリーズナブル。ビールでも飲んで後はひっくり返りたくなります。ですが、ここは出先のついでに寄っただけ。車の運転もあります。我慢。我慢。

高崎温泉 さくらの湯 公式サイト
コメント

オープンウォーター炬燵水練記 48

2013年05月14日 | スポーツ
出張へ行っても水泳のトレーニングは忘れません。シーズンに入ってきたので泳ぐ距離数を稼ぎながらトレーニングに励んでいます。今日は、さいたま新都心駅の近くにあるラフレさいたまに宿泊して、ここにあるフィットネス&クアのプールを利用して泳いできました。二度目の利用です。もともとは、かんぽの宿として建設されたもので、皆さんご存知のように運用のあり方などが見直されて、通りすがりの僕のような者でも受け入れてくれるようになりました。ホテルはごく普通の施設ですが、フィットネス&クアは贅沢だと思います。ロッカーは会員制のスポーツクラブのようです。浴室もあります。ジムを利用しなければ、宿泊者は600円で利用できるのでお得です。ガラス張りで見晴らしの良い25Mプールの他に温泉ウォーキング専用プール、屋外ジェットバス、サウナ、日焼けカプセルまであります。決してゴージャスでキラキラしてはいませんが、バブルの頃の設計なので空間にゆとりがあるので気分は優雅になれます。当然人気があるので平日の午後でも大勢の人がいました。更に今日は子供の水泳教室も開催していたのでコースは混んでいました。当初はイージーで500Mを3本泳ぐつもりでしたが、結局調子に乗ってスイム500Mを3本泳ぐことになりました。でも疲れが残っているのと関節の痛みなどあるので無理はしないようにしています。3本目は、残り50Mでスパートをかけました。それ以外は特にメリハリをつけることはしませんでした。人が多いと泳ぎにくいけれど、オープンウォーターは波と人をかき分けながら泳ぐ競技ですから、むしろ良い練習になると思って泳いでいました。ダウンは200M。合計1700Mで終了しました。ちょっとコンディションが下がっているような気がします。身体が軽くないというか。筋肉疲労みたいなのが残っている感じです。ストレッチは泳ぐ前にするけど泳いだ後もしたほうがいいかなあ。やっていないものね。せっかく立派な施設を使うことになったので屋外のジェットバスにも入ってきました。循環、加熱、加水、消毒されてはいますが温泉です。高層ビルを眺めながら水着で温泉に浸かるのもオツではあります。近くにあったらいいなあと思えるところでした。
コメント

サワラのソテー ソースアンチョビ風味 ~サーモンのマリネ デイル風味

2013年05月11日 | 料理/グルメ
五月晴れ。だったら良かったんでしょうが今日はあいにくの雨模様です。すっかり春になって本日のフランス料理教室は、古田祐二シェフが五月晴れに良く似合うさっぱりしたメニューを考案してくれました。「サワラのソテー ソースアンチョビ風味」と「サーモンのマリネ デイル風味」です。アンチョビのソースは二種類用意したので華やかさがあるし、マリネにはバルサミコ酢を煮詰めたソースをかけて一味違う料理になりました。サワラは切り身を使い、塩・コショーで下味をつけて白ワインをふってオイルバターでソテーします。ソースはまず、黒オリーブの実とアンチョビをエクストラ・ヴァージン・オリーブオイルをミキサーにかけたものを作ります。もう一つは生クリームにアンチョビを混ぜてしばらく煮詰めたものです。簡単ですね。ガロニはいっぱい作りました。カボチャのスライスはオイルバターでソテーしたもの。トマトは湯剥きをして種を取り去りコンカッセにカットしたもの。シメジはバターソテーしたもの。スナックエンドウは塩茹でしたものです。盛り付けにレモンのスライスも入れました。アンチョビのソースは食べ合わせを選ばないようでパンにもよく合います。サーモンのマリネは簡単に言うならカルパッチョ。サーモンを薄くスライスして塩・コショーをふりバットに並べます。エクストラ・ヴァージン・オリーブオイルを全体にかけ、デイルの葉をちぎってまんべんなく散らし、クルミをみじん切りしたものも一緒に散らします。その後バットごと冷蔵庫に入れて冷やして寝かせます。盛り付けにはオニオンのスライスを水でさらしたもの。トマトは湯剥きして種を取り去りコンカッセにしたもの。セロリは皮を剥いて拍子切りにして水にさらしたもの。キュウリを拍子切りにして水にさらしたものを皿に敷いてみました。そしてバルサミコ酢のソースは市販のリーズナブルなバルサミコ酢を使い鍋で三分の一の量になるまで煮詰め、黒蜜を足してとろみとコクを出したものです。これが素晴らしい。僕はいつも失敗してきたソースですが、古田シェフから美味しくなる作り方を教授していただきました。残りはメンバーが取り合ったとだけ記しておきます。

コメント (2)

オープンウォーター炬燵水練記 47

2013年05月08日 | スポーツ
5月に入りました。レースまであと2ヶ月と少し。ギアを上げてトレーニングに励むように自分を鼓舞していかなきゃ。仕事をしているとトレーングの時間を確保するのも大変ですが、トップシーズンが始まった以上気合いを入れて泳ぎます。そんな勢いの良いことを書きながら、実は身体の調子が今一つです。連休ではゆっくりできたはずなんですが。 無理はするまいと思いながら、選んだプールは日本ガイシプールです。(入り口のモニュメントはイルカなんだんろうなあ。)長水路の温水プールがあるのでロングの練習にはもってこいの環境です。・・・とプールの割り振りを確認するとアフターファイブは3コースが専用で貸切でした。それでもフリースペース以外に遊泳できる3コースが確保されているので大丈夫だろうと判断して行ってみると、地元高校の水家部が専用コースを使い、一般コースでも別の学校(多分大学)の水泳部が本格的な練習をしていました。(うげー)さすがトップシーズンですね。スプリンターとは練習のサイクルが合わないので僕は邪魔だろうと思うのだけれど、僕だってお金払っているんだから泳ぐ権利はあります。なるべく邪魔にならないようにコースロープぎりぎりに沿って泳ぐことにしました。練習メニューですがスイムで1000Mを2本です。合計2000M。それだけ。長水路は数え易くていいですね。往復して100M。それを10本泳げば1000M。今日の練習はレースを意識してみました。あちこち身体の痛みがある状態だったけど、泳ぎ始めると調子が出てくるものです。調子に乗って2本目はほとんどレストなしにスタートしました。当初は2本目も1000M泳ぐつもりではなかったのですが、この際だからやっちゃえと思って泳ぎ続けました。そうしたら、残り300Mくらいで身体に異変が起きてきました。まず、左足。キックは左足の方を強く打つ癖があるのでふくらはぎが張ってきました。ヤバいなあ。と感じていたら今度は左の肩。僕はブレスが右側なので左の肩が沈みがちです。負担の積み重ねで傷みが発生しました。更に背筋にも傷みが始まりました。泳ぎ疲れてストリームラインが崩れているに違いありません。実戦でこんなじゃ駄目ですねえ。どうしても自信をつけて終わりたかったのでラスト50Mは思い切ってスパートをかけてやりました。息にも心拍数にも無理にないままゴールできましたが、股関節までガタガタになってプールから上がるもの一苦労しました。レースモードは身体に負担がありますねえ。練習後、ストレッチをする代わりにマッサージ機で身体をほぐしてやりました。日本ガイシにもこの春導入されたんです!練習直後のマッサージ椅子は効果あります!痛いところがほとんど消えました!

コメント