酒好き文化風俗研究者

みんなで美味しいお酒を飲む方法を模索中!
酒好きの最大の敵であるアルコール依存症に勝つ事を支援しています。

第三次世界大戦は父権的なのか、母権的か、それとも・・・。

2015-07-14 | 社会問題
日々、私達の日常的な生活習慣である「道徳的な生き方」には、おのずと限界があるように、

第一次、第二次世界大戦がまき散らした民族同士の敵対と言う道徳観念の限界は、「女」によってブレイクスルーされるものである。

「女」によって世界の固定観念をチェンジ出来るのなら、男女にとって最高の突破だ。

なぜかと言うと、世界大戦の根底には、労働搾取とプロレタリアートとの対立が引き起こした戦争であり、

市民の解放が労働者解放運動に繋がり、民族の解放が民主主義へと発展した事実だからだ。

問題なのは、その解放運動に道徳的手段である思想や理想がなく、ただ行動と必要があるだけである。

確かに、必要は「生みの母」だが、その肝心な「母権制」が忘れ去られているのである。

事実、現実の男社会には限界があるが、愛と思想の世界は無限で、道徳観念は必要不可欠な要素であるが、

そこに夢やロマンが無ければ、誰も受け継いではくれないように、道徳は手段であって目的ではなく、こそに共感が必要になる。

なるほど、確かに共感が持てる女性社会では共存社会が生まれてくるし、それは聡明感があって可憐、感謝の世界だと思われるから、これはいける。

世界統一が道徳家の主観的判断だけではなく、人間性の客観的法則の上に樹立させるように、男たちは主観的な理由による、客観的な正当性との上に樹立させるべきである。

つまり、ただの支配主義では道徳違反であり、犠牲による破滅への代価となりかねない。

安心と安全を望む社会にとって道徳の象徴化の主張は間違いなく善いおこないであるし、

不安と苦痛から回避する方法として道徳を説くのは大切だが、現実には、そう上手くいっていない。

人間には生まれつき「良心」が備わっていて、創造主が何よりも合理的なのだから奇跡を信じる前に、天分よりも経験値のほうが重要となる。

したがって正しさ、あるいは正しいと考えられているものが「力」によって実在するよりも共感の方が正しさが優先される。

ゆえに、男女との共存共生に訴えかける方法が真理について利用できるという意味では、第一に有用なものであるように思えるし、男女関係の自尊心も満たされるのである。

実際、男社会が誤った行動を取るのは女性や道徳を忘れたからではなく、欲望が強すぎるからでもない。良心が弱いからである。

強い衝動と弱い良心とのあいだには何の自然的なつながりは無い。自然的な繋がりはむしろ逆である。

多くの男性による迷惑行為は無くならないかもしれないが、より確実に多くの女性たちの活躍する場が認められてそこに集中する事が第三次世界大戦からの脱却となる。

女性が社会を平和にするのは何よりもその人物の体質によるものであり、生まれ持った考え方であり、自己の規制が道徳の使命ならば、欲望の節制が未来に命じられた使命である。

男性社会にはおのずと限界があるから、女性社会と偶然とは理由なきものではなくして、原因と結果に導かれた意図である。

私達、現代人はグリーンでクリーンな生き様を選択しなければ、子供達や孫は我々の世代を決して許してはくれないだろう。

『社会』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 救世主のテーゼ。 | トップ | 私達の社会性の根本には、人... »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
「フリーメーソンと廃仏毀釈伊藤博文偽士族人脈スパイに告ぐ」 (通りがけ)
2015-07-15 08:41:54
Imagine there's no heaven 【日本国憲法】

【衆生無辺誓願度 煩悩無尽誓願断 法門無量誓願学 仏道無上誓願成】

「常識・金・法・戦争・宗教・選挙などはすべて「地球を未来永劫統治するシステム」の為の「支配者層」にとっての道具にすぎません」さゆふらっとまうんどのブログhttp://nueq.exblog.jp/24579535/
>一生滅びない世界統治システムです

支配者と奴隷の構図が一神教カルトの妄想です。すなわち万物を作った全能の神とはそのまま悪魔であり悪魔の妄想です。一神教すなわち邪宗外道です。
この邪宗外道においては人間以下の生物はすべて神にはなれません。神の生け贄として血を流して死なばその魂を天国という楽園を装った牢獄に入れてやるというのがすべての一神教の秘儀です。すなわち魂を持って生まれた者は皆、万物の造物主唯一絶対神すなわち悪魔の餌なのです。死後の復活と不死の契約とはまずこの世で死ぬことが前提なのです。
宗教とは人間が如何に生きれば幸福を得られるか、この世の真理を教えるものです。神のために死せよと教え神を信じぬ異教徒を殺せと教えるならそれは真理ではありません。不幸へ導く邪宗外道の教えです。

仏法では人間はすべて仏陀になる可能性を持っており釈尊が説き示した方法によってのみ成道成仏して宇宙の無上の真理そのものに成る、すなわち涅槃に入ることができる。

仏陀釈尊に帰依することは父母から縁に依って授かった得がたく尊い命を自ら固く決意してこの世でより善(よ)く生きることです。善く生きることによってのみ成仏という仏果すなわち幸福を得ることができる。これに反して邪宗外道カルト一神教に帰依すれば、父母の恩によって生まれた尊い我が唯一無二の命を神父や牧師や巫覡(ふげき)者という霊詐欺師に騙されて悪魔の生け贄として捧げられ、不幸のうちに徒に死ぬことしかできません。そしてその死後に得られるものは不幸にして天国と称する己が父母に無縁なる無限牢獄入りです。

日本は釈尊生誕以前の悠久の大昔から先祖代々仏法に帰依する地球唯一の菩薩国です。日本人はこの世の親が赤子に施す慈愛の躾により親に孝行他者に親切な忘己利他菩薩行を三つ子の魂のうちから性得し人生を努め暮らすのであり、自分の身を露惜しまぬ親孝行と他への親切、これこそが日本人の日本人たる最根源的民族特質となるのです。すなわち、親孝行でかつ人に親切なのが大和民族であり、行いの儀に於いてこのふたつのうち一つでも欠く者は、大いに謙譲なる和の心を懐く日本人にとって廉恥に悖る人非人の如く思われ、日本人同朋として至極恥ずかしい者であると感ぜられるのです。親孝行でない者や他人に対して酷薄非道にふるまう者は一人前の伝統の日本人ではない、と断定できるまでに。

この地球上で過去現在未来において悪魔一神教カルトがつねに仏法という宇宙の真理に対して下克上叛逆を仕掛けているのですが、悪魔は常に敗れ去ります。何故ならこの宇宙の鬼神の世界も人間界も畜生界もすべて宇宙の真理不生不滅の仏法に包含されるから、滅ぶべき万物の創造主という地球の小なる一神教カルトがそれを包含する無辺大なる滅びぬ宇宙の真理すなわち仏法を越えることは未来永劫ありません。これが仏法を教え給うた釈尊が人天の師と呼ばれる所以です。

そして邪宗外道カルトによる仏陀仏法への叛逆、これは地球のことだけではなくこの宇宙のすべての場所で常に起こっていることなのです。と、釈尊が2600年前にこの世に露明らかにお教え給いました。nueq.exblog.jp/24579535/
_____________

「天に代わりて不義を伐つ」

★高田延彦の安倍・安保法制批判ツイッターが話題! 元スポーツ選手には珍しい反権力姿勢(リテラ)阿修羅♪
http://www.asyura2.com/15/senkyo188/msg/497.html#c23

人の上に立つべき人は有徳者をもって第一とし、有徳者は仁義礼智忠信孝悌にもとづいて政治を行わねばならない。

血筋は関係ない。親がたまたま政治家だったと言うだけで躾も礼儀も学問も武勇もまったく具有(そな)えない出来損ないが私利私欲で不正選挙に出馬して他人を欺き金と暴力で総理大臣位を簒奪するなどもってのほかである。よっく聞け、【安倍晋三よ、おまえのことだ。】

この人品卑しい嘘つきのチンピラ似非総理が、没義道にもよその国の人を武器で殺してその財産を強奪したいがために、一神教悪魔カルトイスラエルユダヤフリーメーソンの治外法権を利用して日本国憲法に違反する集団的自衛権行使をかってに決議しても、日本人は親に孝行他人に親切だから、たとえ心賤しき匹夫下郎似非総理によって徴兵され武器を持たされ強制的に海外へ送り込まれようとも、何の怨みも無い外国の人たちをその人の親兄弟の悲しみを無視して武器で殺傷するなど、義を尊び和を貴ぶ仁智勇伝統仏心日本人は断じて斯様な無道残虐略奪をやりません。

今日7月15日憲法違反安倍晋三匹夫下郎総理が憲法違反の国会決議を行うそうだが、どうぞおやりなさい。地位協定や外交官治外法権を使って日本国内で何の罪にも問われないのは外国籍外交官と米軍人軍属だけであるから、日本国籍を有する日本政府公務員の治外法権行使は全員が日本国憲法最高法規99条違反内乱を犯行することになる。内乱罪は無期懲役以上死刑まである。

犯罪者を現行犯逮捕執行することは社会正義を実行することだから誰にでも許された権利である。日本国籍憲法違反内乱罪お尋ね者不義不忠公務員は全員この極刑逮捕をよっく覚悟しておくように。

24. 2015年7月14日 19:29:22 : rWn9PLlcps

日本国憲法に於いて日本国を統治する国権を持つ君主は、天皇ではなく主権者国民である。そしてすべての公務員は主権者国民というご主君に忠義を尽くして奉公する下僕である。
よってご主君である我々主権者国民を騙してその財産を盗み命を奪う日本政府匹夫下郎公僕公務員は不義不忠の盗賊に他ならず、日本国憲法最高法規99条に背き内乱クーデターテロリスト犯罪者となる。

われわれ伝統の仁智勇慈悲仏心日本人が不義不忠の匹夫下郎を義をもって捕り押さえることはまさに天の命ずるところであり、これぞ【天に代わりて不義を討つ】。
而して後、天の命ずるところに従って世に正しく政道を敷き、この慈悲仏心忘己利他菩薩常民国を主権者国民みずから和をもって治めるべし。【五箇条ご誓文の主語を天皇ではなく我々国民と変改すればよい】

コメントを投稿

社会問題」カテゴリの最新記事