酒好き文化風俗研究者

みんなで美味しいお酒を飲む方法を模索中!
酒好きの最大の敵であるアルコール依存症に勝つ事を支援しています。

老人社会にフィードバック。

2017-05-28 | 日記
 5月28日 日曜日

こんばんは。 酒好きの思想家です。


誰からも叱られないと終わりですから、

老人に対して次の世代からフィードバックを一つ。


現代世代は確かに甘やかされているかもしれないが、

老人たちも甘やかされているかもしれません。

なぜなら、

1、どうやって死ぬつもりか考えていない。

2、自分のことだけで精一杯だと感じる。

3、先人たちから何も学んでいないのか。感情論だけである。

4、次世代に何を託したいのか。希望を奪うつもりなのか。

5、老後を楽して生きられると本気で思っているのか。

6、老人だからという言い訳を上手く使いこなしているだけではないのか。

7、今まで生きてきたのは自分の力だけだと思っているのか。

8、老人社会は感謝の社会ではないのか。

9、若者が何を思っているか考えたことはあるのか。

10、老人現象を良い方向にもっていく方法はないのか。


老人たちは若者たちに対して「もって老人を労われ」と言うが、

その老人たちに感謝がなければ次世代が老人に感謝するわけがない。

まして、老人たちが自分のことしか考えていなければ、当然、

若者たちも自分のことしか考えなくなるに決まっている。


もう一つだけ言わせて下さい。

もし仮にです。

天皇陛下が癌になられた場合、もちろん治療し完治するわけですが、

では一体、天皇陛下は何をもって死に至るのですか。

なにも長生きを問題視しているのではなく、何をもって死ぬのかが問題です。

癌を放置して死ぬのは自殺ですか?

蘇生器を自分で外すことは自殺? 安楽死を希望することは?


思い返せば30年前、まだ私が十代だった頃、

よく大人たちに「お前は不良だ!不良品だ!不良人間だ!」と言われたことを思い出します。

今こそ、その世代を代表して言い返してやる。

「お前たち老人こそが不良だ!不良品だ!不良老人だ!」 と。






  つづく。






コメント

二流と一流の違いとは。

2017-05-26 | 日記
 5月26日 金曜日

 こんばんは。 酒好きの思想家です。


一流と二流について考えてみたいと思います。

1、無中になって想起する者が一流。 我欲に囚われ衝動的な行動をする者を二流。

2、内なる神と大いなる神とを融合させることが出来る者を一流。 神頼みで心ここに非ずが二流。

3、社会貢献に命を懸けられる者は一流。 現実から逃げ出す言い訳を思いつく者が二流。

なぜかと言うと、

偉大な功績とは自らの力だけでは成し得ず、到達できないものだからである。

芸術にせよ、一流のスポーツ選手にせよ、大企業にせよ、

一流の人たちはみな、自らの力を超えた何かの力によって幸運を得ていると気づいている者だからである。

したがって、独りよがりであっては何事も上手くは行かないし、準備不足と言う訳である。

私たちの長所とは、自らを助ける為にあるのではなく、多くの人に貢献する為にある。

実際、短所では多くの人を同時には助けられないからである。

長所というものは、自らを放れなければ得られないという、なんと合理的なシステムだろうか。神業である。

だから、どんなに頑張って自分探しを続けていても長所がいつまでたっても見いだせないのは、自らのことしか考えられない子供だからである。

テロ行為も同様、二流の行動と言える。一流は自らよりも弱い者を無差別に殺したりはしないからだ。

もし仮にテロを企てるのなら、自らよりも強い者を標的にする。例えば鬼退治に行くなどがよい例だ。巨人ゴリアテの右足にしがみ付くのがよい例だ。

なぜ、テロが起きるか考えてみると、

現実があまい社会、現代があまい世界だからと考えられる。

なぜなら、現実が厳しければテロどころの話ではないからだ。つまり社会のバランスである。

このバランスが乱れると悪事が多発すると考えるのである。

では、どうすればいいのか。

この世が地獄だと認識すれば全ての問題のカギが見えてくる。

私たちは地獄に堕ちていると気づけば全ての理不尽も謎が解ける。

世界中のインテリたちの頭の中もスッキリすることだろう。

現実から目を逸らさない者が一流。見たいものしか見ない者が二流。






   つづく。









コメント

酒好き思想家の「思いついた日が吉日」ブログ。

2017-05-22 | 日記
 5月22日 月曜日

 おはようございます。 酒好きの思想家です。


現在の日本人のレベルでは憲法改正ができない。

なぜなら、国民の声は、

1、老人大国では、「今のままでいいよ。無理して変えないで!」

2、お花畑国民では、「憲改?なにそれ?めんどくさい!」

3、在日社会では、「日本は弱い状態がベストだ!」

これで、憲法改正できます? 国民が分断するだけです。 

他に良い方法がありますよ。


次に移ります。

女性宮家についてです。

おすすめは、外国人との友好関係を築く宮家がお勧めです。

なぜなら、日本人の血が濃すぎるからです。

このままでは、二千年続いた天皇制が維持できなくなる可能性があるからです。

世界の王室との関係を存続させる方法の一つでもあると考えます。


次です。

最近の世界情勢の流行は、米ロ対立です。

これはトランプ大統領を引きずり下ろそうとする手口かな?

まあ、トランプ氏が大統領に固執していないのなら、それもまた良しですが。

トランプ大統領へのおすすめは、ISテロの全滅です。なぜなら、

後世の社会は、「トランプ大統領にしか出来なかった。」 と、評価するからです。

北朝鮮も同様です。「トランプ大統領にしか出来なかった。」 と。


次です。

老人たちは一体、何で死ぬつもりなのかな?疑問です。

ただ単に、感情論で現実の死から逃げているだけじゃないの?

寿命を守らないと天国へは逝けなくなりますよ。

現在の社会問題の多くは老人現象だから、その老人が解決しないと天国へは逝けないし、

まして、現世の若者に嫌われては当然の因果関係だ。

そう考えると、おすすめは、

大いなる連鎖が鍵を握る。次の世代に受け継がせることが出来ればウィン・ウィンだ。

生きている時には感謝されないが、死後感謝されるものだからだ。 幸運を!


次です。

2020年を目標に進む都市開発の不動産バブルですが、気を付けて。

東京オリンピック後に、はじける危険性があるからです。

今が買い時ではなく、売り時ですから。

不動産とは不動のものではなく、まして目引きが激しい日本においては不動産が安心・安定などとは夢にも思わない方がいい。

おすすめは、東京オリンピック後、老人減少が始まったそのあとに、外資や在日が買い漁るから、チャンスと問題はここだ!


次です。

日本人の 「真面目」 についてです。

外国人が疑問に思う日本人の「まじめ」を説明します。

一言で表現すれば日本人の真面目な姿勢とは、 「修行僧」 なのです。

「まじめ」とは「修行」であって、お坊さんから生まれた思想なのです。

人生とは重き荷を背負って遠き道を行くが如し。我々は修行中なのです。

だから、テーブルをまじめに拭いているのではなく、

テーブルを磨くと同時に自らの心を磨いているのです。「まじめ・まじめ・まじめ」というふうに。

世のお母さんは言います。「まじめにしなさい。」と・・・・・・・・。


次です。

なにかと悪もの扱いされがちの「お米文化」ですが、

最終的には、その土地の物を食べることが理に適っていることになる。

確かに、お米を食べるとすぐに太るかもしれないが、反面、すぐに痩せもする。立派なエネルギー源だ。

最近、そのお米が各銘柄別に小売りされていますが、これはお中元にいいかも!

お米の食べ方ですが、炊き立てはそのままいただき、お昼はカレーや丼物で、夜は雑炊。これどうなの?


次です。

日本人の精神年齢は? 一緒に考えて。

1、日本人同士ではずいぶんと偉そうに見えますが、いざ、外人を前にすると急に「シュンと小さくなる」のは何故?

2、アホとプライドの高さは比例する。なぜなら、単細胞生物は刺激を受けると直ぐに興奮する感情動物だからだ。

3、大都会を見て思うことは、見栄と欲の塊にも見て取れます。元々そこにあった春夏秋冬と比べてどちらが美しい?

4、人生ゲームの勝敗は、楽をすればゲームオーバーだ。ナマケモノには用はない。

 以上。







本日も好き勝手な事ばかり。ちょっと反省も必要ですね。

それではさようなら。 「バーイ、ホナー。」
  





  つづく。


コメント

日本国憲法に足りないものは「自立と責任」である。

2017-05-16 | 社会問題
 5月16日 火曜日

 おはようございます。 酒好きの思想家です。



 新憲法を考える時に重要な事柄は、

それがこの世の法則に適しているかどうかが重要であるように、

したがって、間違が判明すればすぐに改善することが正しい選択ですが、

お花畑の日本人と未熟な在日社会とでは、おのずと問題が深刻化するように、

100年も同じ憲法を存続させるには、国民の思考を停止させるか、

さもなくば、悪用する以外に現憲法は守れない。

その良い例が、憲法9条である。

憲法9条は他国によって押し付けられたルールかもしれないが、

70年の長きに亘って、国民がとても大切に思うようになったルールだから、

その国民の望みは、戦争を繰り返さないことが何よりも重要なように、

いつしか「憲法9条を守ってほしい。」という声に変化したなら、

守るべき憲法は「9条」と言うことだ。

したがって憲法改正には、「憲法9条の強化」 を訴えれば反日たちもさぞ喜ぶことだろう。


ここで一度、世界憲法について考えてみようと思います。

小さな憲法の見方だけでは大局に押し潰されて身動きが利きませんから。

一流のみなさんも一緒に世界憲法を考えてください。


では、始めます。


何事もシンプル・イズ・ベスト、単純の中に真理があるから、

一つ目の世界憲法は、「生きる目的が明確であること」 が重要。

具体的には、「自立と責任」 です。

人はどこから来て、どこに向かうのか? そのカギは「自立」にあります。

その自立に強さを与えるのが責任です。臆病者では役に立たないし、

同様に、怠け者にも用は無いのです。


二つ目は、「世界憲法を守らない人に人権と自由は与えられない」 です。

犯罪者に人権と自由を与えるのは地獄だけです。確かにこの世は楽園ではありませんが、

この世を更に地獄化しないのが世界憲法の意義であり価値であり目的であるから、

人権問題と同じく、社会ルールを守れない人間には人権保護はないのです。

実際、人権団体の顔ぶれを見れば判るように、羊の仮面を掲げたエゴイストのようにも見えなくもない・・・。


三つ目は、「悪の存在を明確にすること。」 です。

具体的には、「この世が地獄であることを世界基準にすること」 です。

悪のないことろに正義はないように、正義を維持したければ必要悪を明確に出来れば上手く行くし、

我々が地獄に堕ちていると判れば搾取やテロ、嫉妬や殺戮もかわいいものです。

なまじ、この世が楽園だと勘違いしているから憲法を改正しなくてはならない訳です。


四つ目は、

当たり前ですが、女性がとても重要だということです。

安い労働者としてではなく、優秀な管理者として。

今後も男性主導社会を続けていけば間違いなく、世界は終末を迎えるから、

グレイト・マザーの存在が何よりも重要であり、世界を見守る人物は女性が妥当だと考えます。


五つ目は、

AI人工知能にも世界憲法を適用させる必要があるから、

そのAIの方向性は、 「安い労働力」 ではなく、 「格差是正」 にある。

現在の格差社会はこの 「安い労働者」 の一言に尽きるからだ。

AI人工知能の存在価値とその目的は、

一握りの拝金主義者を喜ばす為にあるのではなく、労働者の為にあるのだから、

仕事が無くなるのは労働者の方ではなく、格差を喜んで搾取する怠け者たちである。




今日のところはこんな感じで。

今後も一流人と一緒に世界憲法について考えを深めていけばきっと、

世界は独りでに統一するかもしれません。

テーマは 「憲法は誰のもの?」 です。



それと、

2020年に憲法改正は今の日本人では無理じゃないのかな?


それよりもいい方法があります。

2020年までに、受信料の無料化を国民投票で問う。これです。

それにより内閣支持率を70%越えして一気に・・・、あまい。


もう一つ。

日本国の永世中立国家宣言ですが、2020年に併せてやりますか?

それにより内閣支持率が80%越えして一気に・・・。

どちらでも構いません。何なら、私の死後でも構いませんよ。 




  つづく。





コメント

酒好き思想家の独り言。

2017-05-16 | 日記
 5月16日 火曜日

 おはようございます。 酒好きの思想家です。


 アマゾンと出版社がバイヤーを介さず直接取引。 いいね!

日販と東販に嫌われると本が売れないと言っていた在日の松本君の言葉を思い出す。

私も次に書く本はアマゾン出版でお願いしよう。



あっ、森友問題。

去年の暮に、滋賀県八日市市にファースト・レディーが講演を行ったのが事の発端でしょう?

八日市は在日がいっぱい。半径2キロ以内に薬局が8店舗もある在日達の流行の最先端だ。

そういえば、薬局の売り上げが百貨店を超えたらしいね。国はしっかり税金を取りなよ。

それでも私は八日市が大好き。美人も多いし、隠里だからね。



次です。

一度、自分が地球だったら、何を思うだろうか? その地球の声を聞いてみたいと思います。

・・・・・・・・・・。人生50年は正しいね。

質問があります。 老死って何? 人間と動物どちらが天国に逝けるの? 

まさかと思いますが、人間だけが天国に逝けると信じているの?

そう考えると、私も50歳過ぎて癌で死ぬのがやっぱり正しい死に方ですね。

なぜ、この世に癌が存在するのか。それは人間が癌だからでしょうね。

この世に不要なものは何もありませんから。

癌もまた必然で必要という訳です。



次です。

「あなたの脳は何脳ですか?」

毎日、テレビばかり見ていれば人は誰でもテレビ脳になるように、

毎日ゲームばかりでは、それはゲーム脳である。

脳は自分が考えているよりも天才である。 だから、

自らの脳を 「何脳」 にするかによって自らが覚醒するのだ。

ちなみに私の脳は、「活字脳」 です。

漫画と映像を見ると頭が痛くなり、活字を読んでいると時間が止まったように感じます。


あなたの脳は 「何脳」 ですか?

あなたが付き合う相手は 「何脳」 かな?



次です。

2020年東京オリンピックは、NHK受信料の無料化を目標に 「がんばれニッポン!」。




   つづく。


コメント

NHK受信料が原因のお花畑現象。

2017-05-01 | 社会問題
 5月1日 月曜日

 おはようございます。 酒好きの思想家です。


なぜ、いつから日本人がお花畑になったのか?

どうしたら、日本人をお花畑に出来るのか?

また、日本人をお花畑から守るにはどうすれば良いか?

を、考えてみたいと思います。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・、解りました。

NHK受信料がお花畑の原因だと判明致しました。

理由は、TVが義務付けされているからです。


仮に毎月、図書カード3,000円購入を義務付けると、

国民は嫌でも本を買わざるを得ないから馬鹿ではいられませんが、

毎月受信料を支払ってTVを見るよう強制すれば嫌でも馬鹿になるように、

いっそのこと、国民をTV依存やTV中毒に陥るならば素晴らしいお花畑の完成だ。

強制や義務が国民をダメにしているなら、それは間違いなく政府の責任だから、

勤労、教育、納税の三大義務の足を引っ張るTV依存では、

いつしか国民がお花畑呼ばわりされるように、

解決策はこれしかない。 「受信料の強制、義務を無くして、国民を救え!」  である。


NHKがこの世から消えても国民は困らないように、

受信料がこの世から消えても国民は困らない。

それどころか、NHK存在価値に対する支持率はうなぎ上りだ。


やり方は簡単だ。国民投票で決めればいい。

なぜなら、国民の義務は国民が決めるべきであるからだ。

間違っても、賄賂欲しさの受信料であってはならない。


このまま、国民を馬鹿にし続けたいのか、それとも

国民の義務を神聖なものと尊重するのか。

心ある日本国民ならばどうしたい?

我々の世代で改革するか?

それとも次の世代に任せるか?

さあ、どうする?  日本国民?















  つづく。
























コメント