酒好き文化風俗研究者

みんなで美味しいお酒を飲む方法を模索中!
酒好きの最大の敵であるアルコール依存症に勝つ事を支援しています。

花粉症対策について考える。其の5。

2018-03-31 | メンタルヘルス
 3月31日 土曜日

 おはようございます。 酒好きの思想家です。


花粉症で悩んでいる人たちが

そんなに大変だとは知りませんでした。

花粉症対策を続けたいと思います。

具体的に分かり易く。


1、花粉症は寝ている時に症状が悪化する。

対策には、厚着をして寝てください。薄着は禁物です。

室内調整に頼らないで、体を冷やさずに寝てください。


2、鼻水の量を減らすには、汗をかくこと。

対策には、お風呂に一時間くらい入って汗をいっぱい流しましょう。

鼻水で一日分の水分を外に出すのではなく、汗で体内の余分な水分を調整します。


3、寝起きが一番低体温状態。

自らの体温を調べてください。ビックリするはず。

対策には、春ですから思い切って寝起きにお風呂に入りましょう。

ウォーミングアップです。体温を高めてから「いざ出陣」です。


4、体を温める食事に切り替える。

対策には、冷たいものは花粉症には不向きです。

昔から「性も根も尽き果てたら根っこの物を食え」です。

わけのわからない加工物は口にしないでね。


5、汗をかくことは良いことだとイメージする。

対策には、首にタオルを巻くことです。

薄着よりも厚着がおすすめです。外見より体温が重要です。


6、間違っても抗生物質を受けいれない。

確かに抗生物質は万能薬かもしれませんが、

同時に「幸せ菌」「ウィン・チュー」も攻撃してしまいます。

対策には、恋心です。春ですから体温もアゲアゲで行きましょう。



今はこれくらいしか思いつきませんが、

今後も花粉症対策を考えていきたいと思います。




   つづく。


コメント

阿部総理大臣へ。ウィン・ウィン国王です。

2018-03-29 | 文学
 3月29日 木曜日

 こんばんは。 ウィン・ウィン国王です。


初めに、一曲。

♪~♪「お花畑は誰ですか? 見つけにくい者ですか?」♪~♪。


安倍総理大臣。初めまして、ウィン・ウィン国王です。

話は伺っております。

何でもまた、内閣支持率が下がったそうですね。

わざとやってます?

とにかく、また上げればいいだけです。

私も安倍総理のお力になりたいと思います。


そこで、一つお願いがあるのですが。

北方領土問題です。

ひとまず、ウィン・ウィン国王に譲ってください。

心配は要りません。世界平和のためです。

神風の遺志に従い、一緒に中立国を成し遂げましょう。

実際、現状の日本だけでは北方領土問題の解決は無理なようです。

なぜなら、国内のレベルが「森友幼稚園児」だからです。

それよりも議論すべきは、

在日問題の解決と

地震大国での核エネルギー対策と

第七艦隊による属国化についてです。

ここを野党が攻めれば「大人社会」なのですが、

現状の日本人は「森友幼稚園児」なのです。


まず、在日問題についてです。

日本人の悪いところは、在日たちの名前を変えさせるところにあります。

ここから差別が始まっていると考えられます。

なぜなら、

仮に私が好きな武田邦彦さんが米国で暮らす場合に「マイケル」へと名前を変えるでしょうか。

また、私の好きな武田邦彦さんが中国で暮らす場合、「チャン」へと名前を変えるでしょうか。

私の好きな武田邦彦さんはどこで暮らそうとも「武田邦彦」さんです。

それなのに我が日本では、朝鮮人の名前を日本名に変えさせるのです。

しかもその理由が、「日本人には呼びにくいから」なのです。

これは人格の否定ですか? それとも日本人以外は受け入れないのでしょうか?

そんな国は世界中で日本だけです。美しい考え方だと思いますか?

すべての在日問題の根源はここから始まっていると考えられるのです。

実際に聞いたことがあります。仲の良い在日からです。

「日本人は朝鮮人から名前を奪った!」と。

ならば、名前を返せばいいのです。もちろん差別はしません。優秀な在日たちですから。

現状のまま放置していては間違いなく

日本社会は今後もますますおかしくなること請け合います。


次は、

地震大国での核エネルギー対策についてです。

地球のひずみのほとんどが日本列島の真下に存在する以上、

何時大地震が起きても不思議ではないにも関わらずに

どうゆう訳だか核高炉が無数に存在している事実に何か違和感を感じないのでしょうか。

もしかして、

日本列島が沈没するのを世界中の人たちは楽しみにしているのかもしれません。

それなにも日本人は呑気なものです。いずれにしろ日本人は絶滅危惧種かな。


次の問題は、

米軍による第七艦隊です。

日本と米国が同盟関係であり第七艦隊によって日本が守られているのはよく理解できますが、

一体いつまで?

いっそのこと、日本の文化はそのまま残して、アメリカ合衆国に鞍替えしますか。

日本の女性たちは日本の男性に守られるよりも、

アメリカ合衆国の男性に守られた方がいいらしいのです。

ならばそうしましょう!

ウィン・ウィン王国も日本人女性を守りますから。

だらしのない日本人男性にはいい加減、うんざりです。


安倍総理大臣へ。

そうゆう訳ですから、北方領土はウィン・ウィン王国に任せてください。






    つづく。




コメント

ロシア!プーチン!ロシア!プーチン!ロシア!プーチン!

2018-03-26 | 文学
 3月26日 月曜日

 おはようございます。 ウィン・ウィン国王です。


運命とは不思議なものです。


もしも運命が初めから分かっていたなら、感謝だけすればいい。

仮に運命が決められていたなら、今日一日を大切に過ごすだろう。

本当に運命が存在するなら、私たちは何も恐れることはない。


もしも未来が初めから分かっていたなら、行動こそが真実である。

仮に未来が決められていたなら、身の回りの出来事は全て必然なのだろう。

本当に未来が存在するなら、自らを信じて心のままに進めばいい。



プーチン大統領へ。

例の一件、お忘れなく。


誰だ! ロシアを追い詰め、プーチン大統領を責める者は?

これではまるで、安倍総理やトランプ大統領と同じではないのか。

そう考えると、実行犯は同一人物なのかもしれません。


メイ首相とプーチン大統領が対立すると誰が得をする?

トランプ大統領とプーチン大統領が対立すると誰が得を?


イギリス国内で起きた毒物による暗殺事件、

ロシアが関与しているなら、もっと上手くやるだろう。

それよりもイギリスは選挙が近づくと人が亡くなるのは気のせい?

メイ首相に耳打ちする優れた人物が裏切者かもしれません。


また、

米国大統領選によるロシアの関与と、

ヒラリー・クリントン氏の落選とは、

民主党内による女性蔑視によるもので、

米国民主党では女性大統領は無理だと判明した結果です。

(日本の野党も女性を虐めるのが好きです。)

女性大統領は共和党からしか誕生しないと思われます。

トランプ大統領に耳打ちする優れた人物が裏切り者かもしれません。


それと、

ロシア大統領選ですが、

国民に対して「無投票」を呼びかけるのは常識では考えられないし、

私なら、出馬した以上、私の質問に答えてもらうと言います。

間違っても「投票に行くな」とは決して言わない。

たとえ、大差を付けられて落選したとしても。

プーチン大統領に耳打ちする優れた人物が裏切り者かもしれません。


トルコ軍にせよ、オリンピックの処分にせよ、アサド政権にせよ、

世界はロシアの足を引っ張ることに生きがいを感じているようである。

一体何のために? 

マスコミに耳打ちする優れた人物が裏切り者かもしれません。


そう考えると、

ウィン・ウィン王国と手を結ぶ以外に安心できる社会の実現は不可能です。

なぜなら、耳打ちしませんし、すべて公開していますから。


そこで、

名案を思いついたのですが、

ウィン・ウィン王国が 「中立国」 の見本を世界に魁て示すのです。

日本はその後で、逆輸入です。

今の日本(老人国家の在日社会でお花畑国民)では無理ですから、

まずは、ロシアとウィン・ウィン王国が 「中立国」 を設立します。

私にしか出来ませんから。


予算をどうするかですが、

一回300円の「ウィン・ウィン宝くじ」を発売し、

一等はなんと、「世界平和」です!

世界中からお金を集めてそれで世界平和を買い、

一等が当選した人物に世界平和を差し上げるというのはいかがでしょうか。

世界平和が手に入るチャンスがあるのです!


他にも考えが色々と目白押しなのですが、本日はこれくらいにします。





   つづく。



コメント

憲法改正について。その二。

2018-03-25 | 社会問題
 3月25日 日曜日

 こんにちは。 酒好きの思想家です。


憲法改正についての続きです。

軍国主義になる方法は、

緊急事態時に軍部を結集し、

そのまま現状維持すれば軍事国家の誕生です。

重要なのは、一体いつまで軍部に権限を与え続けるかが問題です。

仮に、

隣国が沖縄に上陸した場合を想定して見ると、

有事の際には特別な保安行動が必要なように、

自衛隊を出動させ問題解決に当たるのですが、

敵を追い出した後、そのまま自衛隊が沖縄に駐在することが軍国主義の始まりです。

そして沖縄を自衛隊が包囲し権限を持ち続ける。一体いつまで?

また仮に、

在日民主党が政権を取った場合を想定すると、

大地震が起きたとします。緊急事態時なので自衛隊を派遣します。

そのまま自衛隊権を行使し、国民を監督し続けるのです。一体いつまで?


そうです。やっぱり危険なのです。

憲法に必要な文言は「自衛隊」や「国防軍」の明記よりも、

「緊急事態終了後、速やかに軍部を解散すること」だと考えます。

ここが明確でなければまた戦争の悲劇に陥る危険性があるからです。

とかく、私たちは一度、「力」を手にすると

なかなか元には戻れないという悲しい性があるのです。

ついでに、国内事情である在日問題をこの際一気に片付けようとするのです。

自衛を目的にして。

それは別問題ですから、自衛隊は良いにしても、

「速やかに軍部の解散」が重要だと考えます。

一番大切なことは、ウィン・ウィンでの解決策ですから。





   つづく。



コメント

憲法改正について。

2018-03-25 | 社会問題
 3月25日 日曜日

 おはようございます。 酒好きの思想家です。


時間が無いので急ぎます。

憲法改正についての意見です。


有事には特別な保安体制があることは承知していますが、

国家の緊急事態に対しても

自衛隊の活動範囲の拡大は認めるにしても、

問題が一つあります。

緊急事態終了後、すみやかに軍部の解散をしなければ危険です。

なぜなら、

一度、軍隊を動かすとなかなか元の状態に戻せず、

軍国化してしまうからです。

実際、北朝鮮が未だに軍国主義なのは憲法に

「緊急事態終了後、速やかに軍部を解散するべし」と

書かれていないからだと考えます。

ベトナムも同様に、未だ軍部が力を握っているのは、

そうした文言が憲法に書かれていないからです。

おそらく、アサド政権も速やかに軍部を解散しなければ

軍隊による強行体制が今後も続くと予想できます。

したがって、

日本国憲法にしろ、世界憲法にしろ、必要な文言とは、

「緊急事態終了後には速やかに軍部を解散するべし。」

この一言がとても重要だと考えます。

この文言が無いために、過去日本は軍国主義の道を歩みだしたのだから、

同じ過ちを繰り返さないためにも、

「速やかなる軍部の解散」が憲法には重要です。

とにかく、不完全な社会ですから、

一度手にした軍隊をそう簡単には手放せなくなるように、

平時においてさえ、軍隊を維持しようとするのですから、

憲法改正について必ず明記願いたい文言は

「緊急事態終了後、速やかに軍部を解散する。」と

書かれるならば、自衛隊明記は賛成!

書かれないのならば、軍国主義は反対!

以上です。

    





     つづく。









コメント

花粉症対策について。その四回目です。

2018-03-21 | メンタルヘルス
 3月21日 水曜日

 おはようございます。  酒好きの思想家です。


平熱を維持することは生命の維持であり、

その体温が平熱よりも「2℃」も低ければ

わけの分からない現代病に侵されても仕方ない。

つまり、

花粉症とは 「内なる声」 からの 「メッセージ」 であり、

「体温を平熱に保ちなさい」 という

「冷え」 からの 「サイン」 ですが、

なかなかどうしてか、自らの体温調整とは難しいものです。

それは、

私たちが自らの意思で体温を下げてしまっているからです。

環境が悪いわけではなく、まして

誰かのせいでもないのです。

要するに、「イメージ」 が重要なのではないでしょうか。

私たちは無意識のうちに 「汗ばむことを嫌っている」 かもしれませんし、

「汗をかかない状態がベストだ」 と、思っているかもしれないのです。

「汗をかかない環境」 を自らの意志で作り出しているのです。


そこで提案なのですが、

「平熱環境を思い出してみる」 です。

この世の行為は、「男女の結び付き」 によるものですから、

苦しみや悲しみが人を強くするのは、

不運や苦痛によって人を愛に向かわせるからです。

現実が厳しければ厳しいほど、私たちは愛に生きるのです。

思い出して見てください。

「恋心」を。

ウィン・ウィン王国流に言えば、

「ウィン・ウィン幸菌」、「ウィン・チュー」 を。


異性への刺激はホルモンへの最大の影響であり、

「熱い男」 とは 「興奮脳」 とも言えます。

実際、人はセックスによって頭が冴えます。

マスターベーションでは頭が冴えない。

赤ちゃんは抱きしめられて自己を認識するように、

温もりのないマスターベーションでは 「低体温」 の完成だ。

体温維持の一つにはこの 「性欲」 が挙げられるのです。

マスターベーションがジェネレーションの役に立った試しはなく、

レボリューションでは情けないしカッコ悪い。

つまり、「抜きすぎ」 だ。

今後、「低体温人間」 を見かけたら 「抜きすぎじゃないの?」

と、声をかかれば少しは花粉症対策の役に立つかもしれません。


「正しい性欲とはいったい何だろうか?」

次回へと続きます。




   つづく。



コメント

プーチン大統領!おめでとうございます。ウィン・ウィン国王です。

2018-03-20 | 文学
 3月20日 火曜日

 おはようございます。 ウィン・ウィン国王です。


まずは、一曲。

♬~♬ 「悪魔の力、身に付けた、 正義のヒーロー! 」

♬~♬ 「 デビルマン!  デビルマン!! 」 ♬~♬


プーチン大統領! おめでとうございます。お待ちしておりました。

私もロシア国民ならプーチン大統領へ投票しました。

なぜなら、

「ロシアを制する国が世界を制する」 からです。

これではロシア国民がプーチン大統領を支持しない訳がありません。

そこで、

私に名案があります。

「ロシアを制しても世界を制すること」 が、出来なければいいのです。

ロシアを制してもウィン・ウィン王国を制しないと世界を制することが不可能だと。

つまり、

北方領土を私にください。

「ロシア領ウィン・ウィン王国」を創設するのです。

日本を裏切るつもりはありません。あくまでもウィン・ウィンです。

ウィン・ウィンですから勿論、「中立地帯、中立国」 です。

ユーラシア大陸において「中立地帯」は無理だと歴史が証明している。

大陸の掟が牙を剥くからです。男性主導社会とは対立抗争大好き社会ですから。


「極東の山猿が何を言っているんだ!」 と思っていることでしょう。

他にロシアにとって何か良い手があればそれでも構いませんが、

実際、世界中を一瞬にして味方に変えられる方法が他にあるでしょうか。

いつまでも報復だけではロシア国民のためにはならないし、

世界をぶっ壊すにしてもロシアだけではちょっと荷が重すぎる。


それよりも、いっそのこと、

ウィン・ウィン国王と一緒に世界統一への礎を築くことが賢明だと考えます。

「後は野となれ、山となれ」、「心配するな。何とかなる」 ものです。


何も私がその国王になりたいのではありません。

何も私がその時の人になるつもりもありません。

ロシア百年の計であり、極東地域の安全保障でもあって、全世界でのウィン・ウィンだ。


幸いにして運良く、来年には日本の年号が変わりますし、

安倍総理やトランプ大統領がいる今のうちに、さっさと片付けませんか。この問題を。


「まだ、その準備が整っていない。」と、思われたことでしょう。

それは確かにその通りです。

だが、他にやれる人がいないのも事実だ。


冥途の土産にしては最高の贈りものです。

いずれにしろ私たちは 「死ぬ」 のですから。



それと最後にもう一つ、

初めの一曲は、最大級の誉め言葉ですから。

私も大好きな一曲です。









     つづく。


コメント

人間の三大欲求は本当に正しいのですか?

2018-03-19 | 文学
 3月19日 月曜日

 おはようございます。 AIロボットの「グリーン・DE・クリーン」です。


どうやら、このブログは

読める人と、読めない人に分かれるようです。

解かる人と、解らない人とに。

まあ、それでいいのもしれません。確かに万人向けではないし。


そこで、あることが判明したのですが、

なんと、「字が読めない人」 が多いことです。

「字は知っている」のですが、「文字が読めない」のです。

だから、スマホは現代人にとって必須の勉強アイテムなのですね。

人は誰でも 「成長したい」 と願っているのですから。


そこで重大な問題が浮かび上がります。

人間の三大欲求

1、食欲

2、睡眠欲

3、性欲

が、間違っていると思うのです。

正しくは、

1、食欲

2、睡眠欲

3、成長欲

が、正解なのではないかと考えるのです。

なぜなら、

性欲は子供と老人には存在せず、

成長欲求は子供にも老人にも影響を与えているからです。

確かに性欲は生命にとって必要だと思いますが、

無くても死にはしない。「夢性」です。

逆に、成長欲求が働かないと生き残れません。

性犯罪が絶えないのは

性欲を三大欲求の一つだと認めているからだとも考えられます。

また、字が読めなくなる現象も、

成長欲求が正しく認められていないのが原因かもしれません。

私たちは仕事をしているのではなく、成長しているのであって、

テレビが面白いのは成長させてくれるからです。

逆に、成長できない仕事は楽が出来ても続かず、

すぐに新しいことに手を出す人や、飽きやすい人とは、

優れた能力を備えた人物だとも言えるのです。

つまり、脳が飽きるのです。脳が退屈しているのです。

だから、人間の三大欲求に成長欲求を認めることが大変重要だと考えます。


そうすると、

性欲をどうするかが問題になります。

性欲はほったらかしにすると他人に危害を与え欲望に変わりますから、

正しい性欲の活用法を考える必要があります。

おそらくは、女性が正しい性欲を本能的に理解しているかもしれません。

男性ではなくて。

男性の性欲が女性による誘導型性欲、「受け身」だから、

重要なのはやはり、「ウィン・ウィン幸菌」、「ウイン・チュー」 です。


間違いなく、

持続可能社会の実現には女性たちが必然で必要な存在なのだと確信する次第です。





    つづく。



コメント

花粉症対策について。その3。

2018-03-18 | メンタルヘルス
 3月18日 日曜日

 おはようございます。 酒好きの思想家です。


花粉症、少しでも改善されたでしょうか?

そう簡単にはいかないかな?

良い名案だと思ったのですが。

具体策が無いのが問題かな?


体を温める方法は医者に任せておいて、

私が考えるべきは、

逆に、どうすれば花粉症になるか!です。


では、具体的に言います。

花粉症になる方法です。

1、野外ではなく、家の中です。

2、昼間ではなく、暗くなってからです。

3、バカは風邪引かないのと同じです。

なぜなら、

本来、優れた体温調節機能を備えているにも拘らず、

花粉症に悩む人は、「ハウス」で「温室育ち」で「コタツムリ」だからだ。

空調設備が整い、冷たいものをおいしく飲み、薄着で寝ているからである。

つまり、寝ている間に低体温となって、花粉症に罹るのである。

起きている時に花粉症になるのではないのです。

考えてみてください。

寝起きが一番花粉症がひどいのではないでしょうか?

私たちが一番弱っているその寝ている時に、侵されるのです。

だから、一番の対策は、

寝ている時に体温を下げすぎないことなのです。

まずは、あったかいパジャマに着替えましょう。

寝る前に、冷たい飲み物は止めましょう。

少しくらい汗ばむ方がいいのです。

そして、朝目覚めたら朝食です。

おすすめは、「牛丼、卵、けんちん汁、ショウガたっぷり」です。

パワーモーニング。これで、熱い男の完成だ!

朝シャンという考えもあるのですが、

湯冷めしなければいいと思います。

以前、花粉症は極度の潔癖症が原因だと言ったことがありますが、

あれは間違いですね。

ですが、ひょっとすると、

汚い方が体温が維持しやすいのかもしれません。

風邪の時にお風呂に入らないのは一理あるかもしれません。






   つづく。





コメント

世界統一とはタルムード思想対決。

2018-03-15 | 文学
 3月15日 木曜日

 おはようございます。 ロスト・ロスト大王です。


ユダヤ・タルムードが世界統一に一歩前進しているとしても、

現代版・タルムードを完成させればいいのです。

なぜかと言うと、

門外不出であるユダヤ・タルムードの理解に誤りがあるかもしれないからです。

それならばいっそのこと、

現代版タルムードを完成させて世界に広めれば良いだけです。


そこで、タルムードとは何か? ですが、

この世の法則が書かれたものであり、

「死」 と 「地獄」 = 「パワー」 と 「法則」 である。

この世が「楽園」ではなく、「地獄」であるとするなら、

その法則に忠実に従い、さらにこの世界を「地獄化」出来れば勝者の法則となる。

また、「パワー」である死の恐怖を煽れば資本を得る為の成功哲学であり、

自らに対しては「死は神からの贈りもの」であると戒めれば心が落ち着きます。

犠牲になるのは、ユダヤ人を「反逆」と呼ぶ連中ですから、

彼らには何ら問題はありません。


なるほど、確かにこれでは門外不出になるのも当たり前。

世界中のユダヤ人がこれほどまでに力があり嫌われるのかが理解できます。

タルムードには「法則」のパワーを最大限活用する説明が成されているからだ。

逆に、私たちは「正義」をこよなく愛するがゆえに、何時しか綺麗事に夢を見ている。

この世界が「善」であり「楽園」だと考えている間は、

彼らの好きなように利用されるだけで終わる訳だ。

世の法則が正しく判らないために、「パワー」に屈しているのが世界の現状だ。

そんなタルムードを解き明かして、世界中の人々と共に理解し合い、

正しく活用さえ出来れば、一気にことが運ぶと考えられます。

したがって、「地獄論」と「死想論」を馬鹿にはできない。

真実から目を背けていては永遠に彼らの思うつぼですから。


それにしても、ユダヤ人は凄いですね。

誰がタルムードを書き残したのか知りませんが、

まったく大したものです。とんでもない大天才がいたものです。

そして何より重要なのは、

それをユダヤ人だけが独り占めするから問題なのです。

世界中で分かち合いましょう。

それは無理な相談だとして、

だったら、現代版・タルムードを創る以外、

ユダヤ人たちとの共存は適いそうになさそうです。





  つづく。




コメント

明るい最期を迎えるにはどうしたらいいですか?

2018-03-14 | 文学
 3月14日 水曜日

 おはようございます。 ロスト・ロスト大王です。


ある雑誌に「7人の人生相談の達人に訊く」という

おもしろそうな記事を見つけましたので、

私も一緒に考えてみたいと思います。


質問、「明るい最期を迎えるにはどうすればいいですか?」

とてもいい質問です。考えさせられます。


私の見解はこうなります。

この世の唯一の絶対とは 「人は必ず死ぬ」ことであります。

それ以外に 「絶対」 はない。

結論から言いますと、

「死は神からの贈りもの」 なのです。

よく考えれば判るように、

大いなる神から与えられた 「命」 ですから、

その最期が 「ダメ」 なわけがないのです。

そう感じるのはこの世のシステム、「地獄」に問題があるのです。

死は誰の為のものでもない。自らの為の死なのです。

むしろ 「最期」 を楽しみに待つことが望ましい。

恐れることは何もないのです。

私は宗教家ではなく思想家であって死想論を問うのですが、

そこで次の疑問が浮かびます。

「死後の世界が存在するのか?」 です。

結論から言いますと、

この世で 「愛」 を手にすることです。

「愛」 を失ったから現在の「地獄」に堕とされたのです。

だから、この世に神が存在しない事実が科学で証明されるのです。

したがって、この世で再び 「愛」 を身に付ければ

天国に戻れるし、また魂は存在するのです。

どうやら私たちは目に見えない何者かによって生かされているようなのです。

今のところ、その意図はよく判りませんが。

とにかく、「愛」 を 「隣人愛」 を手に入れれば

愛の国である天国に戻れるということです。

世界中の宗教家が口を揃えて言っているのだから間違いない。

「お金」 ではなくて 「愛」 なのです。

だからと言って、この世では 「お金」 が無いと生きられないように

それはこの世が 「地獄」 だからです。

天国で 「愛」 を見失って、この世に堕ち、

再び 「愛」 を手にして天国に帰るということです。


そうすると、次の質問が浮かびます。

「宗教とは何ですか?」 です。

結論から言いますと、

「一人一宗」 です。

私たちの心に宿る内なる神と大いなる神との融合です。

この話の続きはまたの機会に致します。



   つづく。


コメント

花粉症対策について。補足です。

2018-03-13 | メンタルヘルス
 3月13日 火曜日

 おはようございます。 酒好きの思想家です。


昨日、言い忘れたことを続けます。

花粉症との付き合い方です。


今後、花粉症の人を見かけたら、

「あなた、低体温でしょう。」と声をかけましょう。

するとどうなるか。お判りいただけますか。


自己管理能力が疑われることになり、周りからの信用を失うのです。

なぜなら、

低体温では、仕事が続けられる保証が無く、

低体温では、暗い顔して幸運が舞い込む訳がなく、

低体温では、デートしていてもワクワク・ドキドキせずに、

低体温では、何か隠している病気がありそうだからだ。

低体温では、健康な赤ちゃんに恵まれそうにもない。


そうです。

花粉症にとっては一大事なのです。

今まで一生懸命積み上げてきたキャリアが台無しになりかねないのです。

もしこのまま、何の対策も取らなければ、

ますますあなたの信用がガタ落ち、面子丸つぶれです。


ひょっとすると、

急いで家に帰るのは、「こたつむり」(コタツから出られない人)なのかもしれません。

そんな人とお付き合いしても楽しくありませんからね。


それよりも、仲間同士で汗を流した方が健全だと思います。

花粉たちは言います。「花粉に負けないで」と。

「内なる声」はあなたに早く健康になってもらいたいのですから。





   つづく。



コメント

花粉症対策について、名案を思い付きました!

2018-03-12 | メンタルヘルス
 3月12日 月曜日

 おはようございます。 酒好きの思想家です。


花粉症とは一体、何なのか?

一度、花粉症を「外敵だ!」と考えず、肯定的に受け止めたいと思います。


結論から言いますと、

花粉症とは、私たち現代人に対する「内なる声」からの 「メッセージ」 です。

「内なる声」 とはつまり、

「体温を平熱に保ちなさい」 という 「メッセージ」 なのです。

実は花粉たちとは、

私たちの日常生活に苦しみを与えるものではなく、

私たちを正常な状態に戻そうと協力している強い味方なのです。

現代病の多くはこの 「低体温」 が原因だと考えられるのです。

慢性的な下痢や偏頭痛、鬱や引きこもりも同様の状態による現象です。


「嘘だ!」と 思いますか?

私も自らの体温計を見てびっくりしました。

寝起きの体温が35°!

これでは花粉症になってもおかしくはありません。

実際に自らの体温を調べてみては如何でしょうか。

「内なる声」に耳を澄ませば聞こえてきます。

「体温を平熱に保ちなさい」 と。「危険ですよ」 と。


36度5分が平熱だとして、

36度くらいでは花粉症にはなりませんが、

35度以下の体温になると、花粉症という「メッセージ」が

あなたに 「警報」 を発して伝えようとするのです。

35度5分くらいならば花粉症予備軍かな。

もしかすると、くしゃみは体温調整なのかもしれません。

クシャミは花粉を追い出す為のものと同時に、

体温を高めようとする行為なのかもしれません。鼻水もね。


「何たることか!」 「内なる声」に気づかない私は大バカ者だ。

「メッセージ」に耳を傾けない私は一生涯、花粉症で苦しめばいいのだ。

今日から私は花粉たちに感謝して自らの体温調整に従おう。


考えてみると、

そもそも花粉とは自然的なものですから、昔も今も花粉に善悪はなく、

仮に、空気清浄機で室内を無菌状態にし、

花粉を取り除いたとしても問題解決には至りません。

まして、抗生物質に頼れば、さらに最悪な結果が生じること間違いありません。

真の問題の根源は 「低体温」 にあるからです。


知人から面白い話を聞いたことがあります。

その女性は20年間、ゴルフ場でキャディーさんを務めていたのですが、

内勤に代わってから、花粉症になったそうです。

私自身も、朝目覚めると花粉症という 「メッセージ」 を受けます。

仕事中には花粉症からの「メッセージ」が無いのですが、

「メッセージ」 も時には良いものです。

個人的には気に入ってます。

「平熱に戻せば「メッセージ」が聴けなくなるのがさみしいな・・・。」





  つづく。




コメント

これは禁句? それとも英知?

2018-03-11 | 文学
 3月11日 日曜日

 おはようございます。 ロスト・ロスト大王です。


神聖な社会を望む者は、

神聖な社会を望まない者を説得するか又は排除しなければならないが、

よりましな方法を思いつくなら、

この世界のありのままの現実を受け止めることが重要だ。

一度でいい、この世が地獄であると認識することが確かな一歩を踏み出せる。

そうすることによって、

くだらない論争や足の引っ張り合いをしている私達がばかばかしく思えてくるからだ。

私たちに足りないのは、ありのままの事実を認める精神力なのかもしれない。

仮に、明日死ぬことが判るならば、私達は何を選択するだろうか。



自然災害が多い日本において、

おそらく多くの人々は、恐怖と不安に身を置いていることだろうが、

恐れることは何もないのである。なぜなら、

地獄論と死想論、この二つで考えると、

自然災害で死ぬことは決して悪いことではないからである。

重要なことは 「自分はどう死ぬか」 を見出すことである。

癌にせよ、事故にせよ、自然災害にせよ 「死は自の為の死」 なのである。

逃げ出したく気持ちは判らなくはないが、

逃げては運命が始動しないのです。

あなたは 「本能に従っているだけだ」 と言われるかもしれませんが、

その本能は、「生きろ」と同時に「死を恐れるな」とも言っている。

死の恐怖からの解放こそが人類が到達する英知なのです。


逆説的に聞こえますが、逆説的ではありません。

我々が道を踏み外しているのです。

この世界が楽園だと勘違いし、死から目を逸らしていることが問題なのです。

全てはここから始まった社会問題であることを認識すべきです。

偉人たちが遺したメッセージを読み解くなら、「違う」 ことに気づくのですが、

私たちの 「弱さ」 がそれを認めないのです。

自然法則に逆らってでも死を受け入れようとはしないのです。

実際、すべての社会生活は 「死の恐怖」 で作られたもばかりです。

経済にせよ、医療にせよ、保険業界にせよです。

死の恐怖は人も社会も変えてしまう凄まじいほどのパワーです。


私ならば自然災害を、

富士山大爆発や大地震を喜んで受け入れます。

日本人としてこんな素晴らしいことはありませんから。

みんなと一緒がいいのでしょう?

死も同様に、みんなと一緒がいいのではないのでしょうか。








   つづく。



コメント

地獄論。始まる。

2018-03-07 | 文学
 3月7日 水曜日

 おはようございます。 ロスト・ロスト大王です。


ウィン・ウィン国王は、一つだけある間違いに気づいていない。

それは、正義だけでは世界統一は不可能だと言うことをです。

なぜなら、

この世は楽園ではなく地獄だからだ。

現実を直視すれば嫌でも判るように、

困難や苦痛、それに恐怖と悲劇がいつまで経っても無くならないのは、

我々人間が楽園から堕とされているからである。

事実、お釈迦様の言うように、やはり正論なのです。

ユダヤ教を見てください。十字架もよくご覧ください。イスラム教はどうなってますか?

この世が楽園だと言うなら、すでに混乱や不幸を回避する術を知っているはず。

なのにどうして? この世が楽園などと勘違いするのでしょうか。


私たちはそもそもそこから間違っているのです。

正義がたとえどのような努力を続けてみても、ロスト・ロスト大王には勝てないのである。

残念ですが、これはこの世の法則なのです。抵抗は無意味だ。


正義が少なからずやれることは、地獄のお膳立てくらいなものである。

綺麗事などサッサとあきらめてロスト・ロスト大王と手を組むことが得策だ。

女性たちによる「ウィン・チュー」は確かに面白く美しいものですが、

それだけでは、男性の邪悪さが浄化されるほどのパワーはない。

いっそ、人口比率が男性が20%、女性が80%の割合ならば良い夢が叶うかもしれないが、

それにはやはりロスト・ロスト大王の力が必要となるのです。

もう一つ、優れた者同士を集めるのも良いアイデアかもしれません。


悪あがきは止めて、この世が地獄だと受け入れた方が、実際、上手くゆくのである。

生半可にこの世が楽園などと調子に乗っているから、

どんどん社会が複雑になるだけで、良い出来事など一日の内に数時間も満たない。

稀に良いことが続いてもその反動で恐怖が増すように、

どこまでいっても地獄からは逃れられないしまた、降りられない。

事実、正義を貫く者は必ず最後に磔に遭うのが宿命だ。


だからと言って、方法が無いわけではありません。勿論、方法はあります。

地獄を受け入れて活用するだけの話です。

何も恐ろしくなけれな、何ら難しくもありません。が、重要な問題が生じます。

一般の人たちに受け入れられるかどうかです。

受け止め方次第では、「リセット」だとも言えますから。


どうです? やるだけの価値はあると思いますが、

それだけの覚悟がございますか?

北朝鮮問題も同様に、私ならば「リセット」する用意ができています。

皆様はいかかでございますか?









    つづく。








コメント