酒好き文化風俗研究者

みんなで美味しいお酒を飲む方法を模索中!
酒好きの最大の敵であるアルコール依存症に勝つ事を支援しています。

幸せと料理との関係。

2018-02-28 | グルメ
 2月28日 水曜日

 おはようございます。 酒好きの思想家です。


B級グルメで思い出しましたが、

私も料理が趣味です。料理中に良いアイデアが浮かぶ時もある。

どのくらい料理が好きかというと、

育てたフライパン3つ、鍋が大小合わせて5つ、大き目の圧力なべもある。

お米は自分が炊くご飯が世界一旨いと思っていますし、

出刃包丁一本あれば何でもできる自信もあります。(みんなも一緒かな?)



話をテーマに移して、幸せと料理との関係についてです。


相関関係があればそこに因果関係を見出せるかもしれないし、

相関関係だけではやはり因果関係を導くことは難しい。


人は食物を火で料理するようになってから、

強い体と優れた脳をもつ種に進化した。

人とサルとの違いは、火を使って食事をするかだ。

もし、サルたちが火を使って料理を始めたら

サルたちもブログを書き始めるに違いない。「酒好きのサルたち」と・・・。


幸せと不幸は表裏一体である。

不幸の無いところに幸せはない。

善悪も同様に、悪のいない正義は存在できない。

従って、まず先に不幸が必要になる。

なぜ、不幸が先なのかはこの世が楽園ではないからだ。

因果関係と相関関係だから受け入れることが適切だ。


だから、喜びに比例した努力を続ける必要が生じてくる。

まず、買い物に行き重い荷物を運ぶことが重要だ。

そして絶え間ない研究と創意工夫で食事を仕上げる。

自らのためではない。他人のためだ。

旨い目玉焼きとは、他人に与えられた目玉焼きでは決してない。

自らが試行錯誤し悪戦苦闘した目玉焼きこそが世界一だ。

料理をしない人は料理をする人よりチョットだけ損をしているかもしれません。


また、圧力鍋はローリスク・ハイリターンだ。

活用すればするほどに利益を生む。時間とガス代を節約できるからだ。

たしかに購入する時は抵抗もするし反対をも押し切らなければならないが、

半年、一年もすると「なぜ、もっと早く買わなかったのか」と後悔する。

圧力鍋が重たいのも因果関係と相関関係の成せる業だ。


忘れられないのが、「おふくろの味」である。

「おふくろの味」がなぜ旨いのかは、それは何度も温めなおすからであり、

何度も何度も繰り返し火を入れなおす程、味が染み込み深味が増す。

これが「おふくろの味」の真相である。

自らのためではない。家族のためにである。


幸せはどこにあるのか?

勘の良いヤツは気づけよ。





   つづく。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

B級グルメって何?

2018-02-27 | グルメ
 2月27日 火曜日

 おはようございます。 酒好きの思想家です。


東京オリンピック応援ブログです。


B級グルメがオリンピックにはなくてはならないものかは分かりますが、

じゃあいったいB級グルメって何をもってB級グルメなのか。

考えてみると、

その土地に根付いた生活の知恵であり、

それがいつしか地域社会の食文化となり、人を喜ばせるものをB級グルメという。

一品、500円のグルメを楽しめない者に、

一品、5,000円のグルメの価値が分からないように、

B級グルメの価値とは、知恵と工夫と独創性にある。

例えるなら、

真夏に食べる「そうめん」とは、

味もなければ栄養もなく、見た目にもインパクトが欠けはするが、

日本人は「そうめん」を食べているのではなく、

「日本の夏」を「春夏秋冬」を味わっているのである。

「たこやき」も同様、「たこやき」でご飯が食べられるのは

それは「大阪食文化」を感じて味わっているからである。

ただの「たこやき」ではないのだ。

「広島焼」は広島文化と歴史を味わい、

「なごやめし」も「味噌好き」だけではないのです。

「江戸前寿司」もまた世界に誇る下町食文化なのである。

つまりB級グルメとは、ただ美味しいだけではなく、

その土地の伝統、文化、人々の知恵やユーモアの詰め合わせなのである。


その土地で暮らす者はその土地の物をいただくことが正しい食生活であるように

旅先で出会うB級グルメもまた旅行の醍醐味のひとつである。それが

いつしかマクドナルドを買い、コンビニ弁当で済ませるのでは

あまりにも「もったいない」。

私たち日本人は

「食文化」を通じて多くの人と分かり合えると信じているのです。

東京オリンピックでは仲間同士、

おいしいB級グルメを楽しみましょう。




   つづく。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

食中毒が気になる季節です。

2016-06-01 | グルメ
 6月1日 水曜日

 こんにちは、 酒好きの思想家です。


今日は軽めのブログです。

食中毒について

です。


酒好き思想家の考えでは、

食中毒を引き起こす細菌は、

 「光っている」 と考えます。

なぜなら、

目立たなければ増殖出来ないからです。

ひょっとすると、細菌たちは、

臭いだけではなく、音も発しているかもしれません?。
(進化する食中毒菌たち。)


実際、ボイルしたイカが腐りだすと、

 「緑色」 に光っているように、

その「緑に輝く」光が、食中毒菌ですね。
(勝手な推測)

細菌の増殖を防ぐのと同時に、

食中毒菌が人間の目に見えるようになれば、さらに安心です。


しかし、ちょっとまってください。

この考えには根拠がまったくありません。

なんの科学的な証拠もありません。

イカ好きの思想家が勝手に考えているだけです。
(腹を壊さない為にね)


ちなみに、私が考える最高のイカ料理は、

「クリームチーズ」に「イカの塩辛」を乗せて食べる手作り料理です。
(手作りと言えるのかな?)

体に悪そうですが、一度食べたら「やみつき」間違いなしです。



  つづく。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

卵かけごはん & のりたまふりかけ。

2015-03-31 | グルメ
卵料理の美味しいお店は他に何を食べても美味しいお店ですが、その中でも卵かけご飯がめちゃくちゃ美味しくて、のりたまふりかけがサービスなら一生の思い出になるのは私だけでしょうか?

世界中で卵かけご飯が食べられるのは日本だけですが、卵かけご飯と海苔との相性は最強。それをふりかけにしてくれたのが「のりたま」だ。

日本人の食文化は奥が深い。高級料理だけが和食ではないように、庶民の味方であってこそ和を食するものである。

なぜ、卵かけご飯の話をするかと言うと、ダイエット中だからです。

ダイエットで気づいたことは食べることに対して初心に戻れることのようです。

私にとってその初心が卵かけご飯と「のりたま」なのです。

忙しさとストレスでどうやら感謝を忘れていたようです・・・。反省します。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ラーメン好きな人達はいい人が多い理由

2014-10-04 | グルメ

ラーメンの人気は美味しさにあるのは勿論のこと、その秘密は食べにくさ、苦痛にあります。

丼の重さと丼の熱さは危険を味わっているのです。
麺の長さは食べにくいほど集中し、スープは溢れるほどに美味しく見えます。

箸での食べにくさは天下一品であり、能書きの多さがラーメンを一層味わい深く、その美味しさを引き立たせているのです。

ラーメンファンの多くは並んででも食べようとします。まさに自己犠牲的な風景ですね。
ラーメン好きな人達はいい人が多いのもうなずけます。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加