酒好き文化風俗研究者

みんなで美味しいお酒を飲む方法を模索中!
酒好きの最大の敵であるアルコール依存症に勝つ事を支援しています。

メリークリスマスをあなたに。

2017-12-25 | 
 12月25日 月曜日

 おはようございます。 酒好きの思想家です。


「クリスマスプレゼントは何がいい?」 と聞かれたら

「逆境」 と答えるのが望ましい。

なぜなら、

イエス様は一人ですべての罪を背負ったからである。

なのに私たちは誰も罪を背負うことなど考えていない。

それどころかこともあろうに「クリスマスプレゼント」だと言う。

せめてほんの少しでもイエス様が背負った罪を分担すべきである。

クリスマスとはイエス様の「愛」と「一体」になる聖夜ですから、

もしもイエス様が現代に蘇ったのならば、きっとこう言うだろう。

「私の身にもなりなさい」と・・・・・・・・・・。

「あの神は素晴らしい」だとか「あの神は良くない」だとか

我々はずいぶんと偉くなったものである。


イエス様と言えば「愛」ですが、

はたして現代日本人にその「愛」があるのだろうか?

ホテルが満室?・・・それは動物愛。

仲間とパーティー?・・・それは自己愛だ。

人間と動物との違いは、理性愛つまり隣人愛で判断されるように、

イエス様が言われるのだから間違いない。

その隣人愛である大人愛が現代日本人に感じられないのが大問題だ。

実際、クリスマス商戦は経済効果の一環であることに誰も疑う者はいないし、

クリスマスプレゼントは確かに隣人愛と言えなくもないのだが、

そこに「愛」がなければ「下心」がいっぱいだ。

たしかに、「日本人にはクリスマスが判らない」のも理解できるが、

それでもやはり「愛」のないクリスマスは神への冒涜と思われてもしかたがない。

ギスギスした社会の原因の一つには「愛」の欠如が関係しているのではなかろうか。

この現象も云わば「実験の国」である「無宗教化」の結果なのかもしれません。

「愛」の話を口にすれば、すぐに笑われる日本社会において

一体何を語り合えば、みんなに笑われないクリスマスになるのでしょうか?



もう一度だけ、お聞きしたいと思います。


「クリスマスプレゼントは何がいい?」。









    つづく。






ジャンル:
文化
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 「家、最高!」これが若者た... | トップ | 達人への道 (其の二) »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
はじめまして。 (花咲あさひ)
2017-12-25 07:53:26
こんにちは。
酒!この言葉に微笑みを浮かべながらコメント書かせて頂いております。
私は日本酒が大好きな者なのです。
初めて日本酒を飲んだのが,神社で戴く御神酒と云う御酒で,御神酒を飲んだ瞬間,世の中にこんな美味い飲み物があるのかと驚いたことを記憶しています。

ちなみに,私が好きな日本酒の蔵元は菊姫酒造さんです!東北地方の「南部美人生しぼり」もこの時期,蔵出しされていますが最高に美味しいです。

これからも宜しくお願い致します。

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事