酒好き文化風俗研究者

みんなで美味しいお酒を飲む方法を模索中!
酒好きの最大の敵であるアルコール依存症に勝つ事を支援しています。

現在の経済予測を思想家が読み解く。

2016-04-30 | 社会問題
 4月30日 土曜日

 おはようございます。 酒好きの思想家です。


 今日は経済学を全く知らない酒好きの経済論です。

間違っていても構いません。

なぜなら、 経済学者も同じだからです。


現在の円高は、FRBが利上げをせずに、

ドル高になる予定がそうならなかったからですよね。

FRBは本当は利上げをしたいはず。半年に一度は利上げをしなければ、表向きのFRBの存在理由が見えませんからね。


たしか昨年の今頃だったかな。

米国が世界最大の原油国になり、オバマ大統領が米軍の撤退を始めたのは。

そうすると、当然世界中のドルをFRBが回収するはずと。
(米軍とリーマンショックでドルが世界に溢れているから)

その後、中国バブルが崩壊。中国が抱え込んでいたドルをFRBが利上げせずに回収。

年末にFRBが一度目の利上げ。

長引く原油安によって原油国のドルを回収。そして半年。


次はタックスヘイブンで、高所得者からの回収。これも賛成。

大体、タックスヘイブン自体違法ではないにしても、平等や公平さや常識さに欠けているし、

個人の納税漏れの取り立ては厳しいのに、富裕層はおとがめなしでは、不愉快ですからね。「これが現代の正義?」と言いたくもなります。

悪徳ギルド商会からは、正々堂々と回収しても裁かれることはありませんから。

日本もパチンコ業界から正々堂々と国益を回収しましょう。

また、世界中に貸してあるお金をFRBの様に回収すれば、消費税は0%に戻せますよ。
(この二つを行えば日本はV字回復に!)


それと、
日本のマイナス金利は手っ取り早く投資家に貸すのはどうでしょうか?
(日本人はカモかな。円高もFRBの戦略かな。)


米国は「相場は規則的だ」と日本の悪口を言うが、

現在の大統領選挙だって茶番ですよね。


それにしてもイエレン議長は素晴らしすぎます。流石、米国女性!

米国の通貨発行権はFRBですよね。


世界経済は壊しても、日本経済は壊さないでください。
(グローバル社会も女性に任せた方が安全のようです。)

  つづく。

コメント

4月30日の日中外相会談について。

2016-04-29 | 社会問題
 4月29日 土曜日

 こんにちは。 酒好きの思想家です。


今日は日中外相会談についてのブログです。

日本は世界に先駆けて、中国依存を止めるべきです。

つまり人民元を信用しないということです。

これが出来れば近い将来起こりうる人民元のスーパーインフレに対応可能と考えるからです。

もし起きなくても日本が世界に後れをとることはありませんから、心配いりません。


中国にはまったくの信用がありませんから、

何を言われても「誰が責任をとるのか」と責任追及をすれば良いだけです。


PS. 私が中国を取り上げますと決まってパソコンがフリーズ状態になります。

電源は生きているのですが、入力が出来なくなります。

電気屋さんに持って行くのですが、よく分からないとのこと。

このブログを書いている時でも、インターネットが誤作動を起こします。

だったら書かなければよいですが、一個人のブログが書けなくなるとは面白い現象なので構わず続けたいと思います。

またしばらくブログが更新できなくなるかもしれませんが・・・。

 つづく。

コメント

アベノミクスに銀の矢を贈ります。

2016-04-28 | 社会問題
 4月28日 木曜日

 こんにちは、酒好きの思想家です。


今日は日本の成長戦略こそが最大の問題とする、これの解決策を考えてみます。


 最近よく目にします、石原伸太郎さんが問う、

「現在の日本にこそ田中角栄が必要だ!」という意見に賛同します。


 その「現代の田中角栄」は存在しています。

それは中小企業の社長たちです。

傑出した人財たちです。日本の宝です。

 この日本の長所にスポットライトを当てることが「ローリスク・ハイリターン」。日本の国益です。


ドイツでは有能な中小企業の社長のことを「隠れたチャンピオン」というそうです。


日本は中間層の底上げが急務だと言うなら、

まさに「現代の田中角栄」こそが「銀の矢」です。

成長戦略である目標GDP600兆円の「的」を獲るには、この「銀の矢」の活用が必要不可欠です。

政策を詰め込み過ぎては、「銀の矢」に明確なメッセージが届かなくなりますから。

この「現代の田中角栄」たちは、びっくりするくらいの能力の持ち主ですから、

大企業に協力させてでも中小企業を発展させることが出来れば、

「的」であるGDP600兆円を射ることは通過点に過ぎないと思います。


逆に赤字の中小零細企業は助けてはいけません。

なぜなら、社長自体が遊んでいるから赤字なのですから。

2~3年でコロコロと社長が変わるような会社は社会の問題児です。

そんな会社は、優秀な「現代の田中角栄」と合併した方が良いと思います。


大企業の内部保留とマイナス金利での資金調達の出先は、この「現代の田中角栄」こそが相応しいと考えます。

世界が羨やむ日本の労働力にもやはりこの「現代の田中角栄」の大活躍が、

「長所の上に国家を築け!」なのかもしれません。


 つづく。

コメント

今日は自分の手帳を整理します。

2016-04-27 | 日記
 4月27日 水曜日

 こんにちは。 酒好きの思想家です。


今日は混乱している私の手帳を書き出してみます。

目茶苦茶なので何を書いているのか自分でもよくわかりませんが・・・。


あまり深く考えずに書いてみたいと思います。

気楽に呼んでください。


1、一億層活躍社会とは、現在の日本は一億層お花畑だと気づくことかな?

1、人材派遣業とは、怠け者を労働者として使う手段?

1、米軍が日本から撤退すれば、安保法案が成立する?

1、安部総理が辞任すれば、日本は在日に乗っ取られる?

1、歯医者はキャバクラと同じ?

1、朝鮮半島統一は歴史的事件?

1、お風呂専用、爪きりがあるといいな。

1、無知に人権や自由が与えられるのだろうか?

1、命の方法。ゆりかごと葬儀にはお金はいらない。

1、自分の幸せは社会の幸せと断言できるか?できない奴が問題児だ!

1、中国人はなぜテロの人質にとられないのか?

1、日本人の長所は労働力で、ホワイトカラーはカモだ。

1、日本人の労働力の低下は、国益の低下。

1、在日は日本に労働党を作れば政権をとれる?

1、先生とは生徒に嫌われるのが仕事である。

1、スピーチはバイオン?

1、寝ても覚めても夢を見るのは、夢を見ないと生きられないから?

1、究極のセックスとは、手当てである。

1、エリザベス女王はグレイトマザーか?

1、もらいゲロのメカニズムを解明せよ。

1、社会には悪いことを勇気と勘違いしている人が平気で悪事を行う。

1、痴漢防止策、男たちの異常な性欲。

1、おしりのセクシーな自動車。

1、ギャンブルは時間を浪費する。

1、幼稚園児は一度感情を爆発させて躾ける。

1、かわいそうと言う感情とは一体何なのか?かわいそうという感情は正しいのか?悪か?

1、父親はうしろ姿で教育する。母親はシルエット姿で教育する。

1、世界の病気、無知と中二病。


何を書いているのでしょうか?自分でも不思議な手帳です。

まだまだ、たくさん書いてあります。自分でもびっくりです。


この続きはまた今度。

 つづく。

コメント

三重県知事の育児休暇は世界から見てどうなの?

2016-04-26 | 日記
 4月26日 火曜日

おはようございます。 酒好きの思想家です。


今日はサミットが開催されます、三重県鈴木知事についてのブログです。

働く労働者にとっては育児休暇は賛成だが、

経営者や知事の育児休暇は反対だ。

サミットが終わったら育児休暇に入るなら、今すぐ育児休暇に入ればいい。

暇になればよいという問題なのか?疑問です。

一度、民進党にでも聞いてみては?民進党はきっと笑っているはずだから・・・。

経営者および経営幹部には労働基準法が適用されないように、

総理や知事には仕事と育児の両立こそが望ましいと考えます。

今まで何もしなかったことを始めるだけです。

「父とは何ぞや」を子供に継承させられるのはやはり父ですから。

一方で労働者の育児休暇は賛成です。

女性ばかりに大きな負担を負わせては、国家の恥ですからね。


きっと子供の方がしっかりしていると思いますよ。

「私のことは大丈夫だから、パパは社会問題を解決してね。」と。

それにしても東京都知事といい、三重県知事といい、そんなに仕事をしたくないのだろうか?

偉くなると怠け者になるのかな?

とにかく、伊勢志摩サミットを成功させることにコミットメントし、

各国の首脳陣に安心する場を提供する。まちがっても笑われないように。

私も有権者の一人ですから、三重県知事には三重県を世界一の地域であることを世界中に売り込むことこそが三重県知事としての使命で、それと同時に育児も行うことが「男」です。

ぜひ、世界中に三重県は「世界の中心である」と断言してもらいたいです。


 つづく。


コメント

桑名ジュニアサミット。その4.

2016-04-25 | 社会問題
 4月25日 月曜日

 おはようございます。 酒好きの思想家です。


 今日は社会保障とその財政について

です。

次の世代に負担が大きい現在の財政制度では、

いったい、主役は誰なのかに、大きな疑問が感じられます。

今後どうしたいのかが、よく見えません。


日本の場合、2020年東京オリンピック以降、団塊の世代が70歳~80歳にさしかかり、

また、さらに人口減少が続くと予想されております。

したがって、若者たちへの負担と財政赤字が大きく膨らむことは周知の事実です。


財産を築いた大人たちは楽観的でいられるが、夢に挑もうとする若者にとっては悲観的だ。


大胆な発想に基づいた改善、改革を実践しないと将来世代に多くの禍根を残すと言われているように、

何か良いアイデアがないものか、考えてみます。


日本の高齢化社会問題の一番の原因は、

「病院が死に場所」ということです。

ほとんどの老人は病院で最後を迎えます。

このホテルよりも金額が高い病院で亡くなるところに、財政赤字の本質があると思われます。


そうです。病院のベッドは高くて当たり前なのです。

では、どうすればよいのか。


病院のベッドで死にたい老人は自己負担にすることです。

または、病院を施設に名前を変えるとか。

とにかく、大学病院や国立、県立、市民病院でご老人がこれ以上、死を迎えていては、

消費税20%も夢ではなく現実のものとなります。


何事も「終わり良ければ全て良し」と言われております。

しかし、現代は死に際に哲学が見当たりません。

病院で死を迎える人は、多額の寄付を病院に行うのも「冥途の土産」かもしれません。


世界を見渡して見ると、宗教が死に際の哲学なのですが、

日本にはそれが無い。

日本の宗教家にはもう少し頑張っていただかないと困ります。


私の個人的な思いですが、

生まれてくる時と、葬儀代にお金が必要なのが問題と考えていますから、

私がこの国の王様ならば、

生まれてくる時と、葬儀代は無料にしますね。

そうすればお金の流れも良くなりますよ。

(詳しくは「男は女から生まれて女に育てられる」を見てね。)

 つづく。

コメント

桑名ジュニアサミットブログ。その3.

2016-04-24 | 社会問題
 4月24日 日曜日

 おはようございます。 酒好きの思想家です。


今日も引き続きジュニアサミットへのブログです。


その通りです。

もうすでに気づいていることと思いますが、

世界の問題は男女格差が原因だと断言できます。

人間社会が行き詰まっているのではなく、男性主導社会が行き詰まっているだけなのです。

この男女格差を解決に導くことが、人類共通の明確な目標なのです。

新しい社会は、いつの時代も若者が創り出すもの。

あなた達はメッセンジャーです。世界中に伝えることが、あなた達の使命です。


具体的には、

1、古典哲学が奴隷を正当化し、
2、歴史は男性社会の記録であり、
3、宗教が女性よりも男性崇拝に導き、
4、道徳教育が洗脳に使われ、
5、医学では病気を複雑化にし、
6、家族は誰かが犠牲を強いられ、
7、科学は負のエントロピーに迷い込み、
8、コミュニケーションは騙し合いに快感を覚え、
9、貧困層を増やすほどに巨富を得る。

これらは全て男性主導社会によって起きた失敗例です。

これでは子供たちが頭がおかしくなってもしかたがありません。

しかし解決策はあります。

男性主導に騙されずに、女性たちが主導権を得て、男女共存社会の創出に目標設定すれば良い。

1、女性哲学の確立で奴隷解放を成し遂げ、
2、女性たちによる歴史の二面性を公開し、
3、宗教心には母なる愛が相応しいし、
4、道徳洗脳には自立を促し、
5、自然との共存に感謝し、
6、教育により闘争本能をコントロールし、
7、女性に役立つ科学こそが世界を救い、
8、感情を感性に高め、
9、経済格差は男女格差に比例すると。

これらは全て女性主導社会の成功例です。

男女共存社会がいかに重要かがお解り頂けたかと思います。

現代の大人たちでは変えられない、気づかない世界観を次の世代の若者たちが変えていくのです。

(詳しくは私の著書「男は女から生まれて女に育てられる」に。)

 つづく。

コメント

桑名ジュニアサミットブログ。その2.

2016-04-23 | 日記
 4月23日 土曜日

 おはようございます。 酒好きの思想家です。


 三重県桑名で開催のジュニアサミットへのブログです。


子供たちは世界中の人たちと繋がることには大賛成なのに、

なぜ、TPP自由貿易は反対なのでしょうか?

反対している大人たちの目には何が映っているのでしょうか。 疑問です。

世界は協力を望んでいるのか、それとも搾取を希望しているのか、目的が不明確です。 不思議です。

ひょっとしたら、大人たちは頭が混乱しているのかもしれません。

それとも、欲望に取り付かれているのかな。 どちらにしても最悪です。


元々、自由貿易は賛成の国同士でTPPを始めれば良いだけのことであって、

米国が反対するなら米国なしで自由貿易をやれば良いだけ。

その方が日本の為かもしれないし、世界の為かもしれません・・・。

お国の事情で自由貿易を反対するならその程度のこと。

自由貿易の大義名分である真の目的を見失っているのではないのでしょうか。

(詳しくは私の著書「男は女から生まれて女に育てられる」を読んでみてください。)


私は自由貿易、TPP大賛成!

それと同時に、怠け者は助けてはいけないのが鉄則です。

なぜなら、怠け者には怠け者の理由があるからです。

怠け者を助けないことが助けることですから。

自然淘汰です。 短所と長所です。 痛みは必然で必要です。 甘やかしては立派な大人にはなりません。

むしろ助ける人とは、努力家の方です。 協力すべきなのは、勤勉家の人たちです。

情報公開出来ない取り決めなど一度、全部、捨てて、

自由貿易の真の目的に賛同する国家同士で始めることこそが、

世界貢献であり、人類貢献であると考えます。


知ってる? 世界のいざこざの半分は思い違いで、もう半分は自分勝手だってこと。


TPP本来の目的と違うのなら、米国はTPP不参加で日本と他国とで切磋琢磨すれば良い結果が生まれると思います。

何事も自然な流れに見合ってこその、大河の一滴です。


 つづく。

コメント

桑名で開催、ジュニアサミット。

2016-04-22 | 社会問題
 4月 22日 金曜日


 おはようございます。 酒好きの思想家です。



 今日は三重県桑名市で開催されているジュニアサミットについてです。

長島温泉リゾート遊園地での開催は世界の子供たちも喜んでくれているかな。


では本題。

世界はどうしてお金で動いているのか?

です。

本当にお金がないと世界は上手く機能しないのか?

です。

そして大人はお金が大好きなのはなぜなのか?

です。

大人の真似をしてマネーゲームをすることは正しいのでしょうか?

みんなで議論しましょう。


また、日本の場合、

GPIFの140兆円もの年金運用を海外に任せるなんて、

どれほど日本人はお人よしなのでしょうか。

子供心に考えてみると、この140兆円はおそらく消えてなくなることでしょう。

現在すでに4兆円だったかな、失っているそうです。

これは止められなくなる為の前兆ですね。

世界は日本のために頑張ってくれると本気で信じているのでしょうか?

大人は何を考えているの分かりません。


しかし子供たちは考えます。

現在の日本人は頭の中がお花畑なのだから、

140兆円の年金資金が無くなった方が良いかもしれません。

なぜなら、

お金があると頭を使わなくなるからです。

逆に、お金が無いと頭を使わざるを得ないからです。

商売人なら、みんな知っていることです。

ひょっとすると、日本の異常な株価変動は、

この140兆円の年金資金を狙ってマネーゲームの達人たちが揺さ振りをかけているのかも。

まあ、どの道を選択しようとも、この世が楽園ではないかぎり、上手く行くはずがありません。

なぜ、額に汗して働かないのでしょうか?

子供心に不思議です。

ひょっとして、大人は怠け者なのでしょうか? 「まさか!」です。

それとも、ダークサイドの手下に落ちたのでしょうか。 「うそでしょう!」。

そうすると、子供たちはその手下の予備軍なのでしょうか。 「それはいやだ!」です。


大切なことは、考えることです。世界のみんなと。

大人は自分たちのことだけで手が離せませんから。

「今」をしのぐことに精いっぱいですからね。

それと大人になったら、ぜひ私の著書、「男は女から生まれて、女に育てられる」を読んでください。


若葉が輝いて美しい日本の季節です。

あと、ハナミズキも綺麗ですね。


 つづく。

コメント

熊本・大分地震。安心を届けるには。

2016-04-20 | 社会問題
 4月20日 水曜日

 こんにちは、酒好きの思想家です。


 私も休みなく働いています。 クタクタです。

今日も引き続いて、熊本・大分災害についてのブログです。


 せっかくの物資が県庁に積み上がっているのに、

個別には届いていないらしい。よどみを破る知恵はなかとか、

です。


自衛隊とオスプレイが運んだ緊急物資を、

今度は1か所に集めるのではなく、

次はコープの宅配のように車を使って地域を巡回する。

そして、車で回れない場所などは、自転車に載せ替えて回り、

それでも回りきれないなら、物資を背負って歩き回る。

目的は物資を届けるだけではなく、顔を見て、声掛けをして、安心を届けることだと考えます。


苦痛な顔ではなく、サンタクロースだと思って笑顔でやってくださいね。


また、街宣車も活用、声掛けをして回る。歌を歌いながらでも構わない。元気が出ればそれで良いと思う。

災害時に心が折れたりしないように。


それと、お亡くなりになった方々に対しては、国葬に重んじるのはどうでしょうか。陛下も心配をされているものと思われます。

国葬がだめなら、県葬でもかまわない。気持ちは一緒ですから。


お金の心配はいらない。ここで税金を投入して何が悪い。「GDP」、それがどうした!

いっそのこと、緊急事態としてグローバル社会から一時、脱会するぐらいでやればいい。

国民が反対するなら、その訳を聞けばいい。

国民を守れない国家にどの国がグローバル社会に受け入れるというのか。


それとは反対に、お金ばかりに頼らずに、知恵を出すことが何よりも大切ですよね。

お金が無いほうが知恵が湧くものですから。


インターネットの情報は、若者がお年寄りに正しい情報を教えてあげればお互いに安心が得られますよ。


あと、日本中の人々が応援していることを、ぜひ、災害に遭った人たちには伝えてもらいたいです。


もし仮に、日本が潰れるなら、いっそ国民と一丸となって潰れた方が、ご先祖様もわかってもらえるに違いないと思います。



  つづく。
コメント

熊本大震災。その対応の速さに感動。そして感謝です。

2016-04-18 | 日記
 4月18日 月曜日

 こんにちは、 酒好き研究者の思想家です。


この世には「選ばれし者」と呼ばれる人たちが存在する。


この「選ばれし者」たちの職業や国籍、性別、特技や性格は人それぞれ。 それでいて、


ここぞという時の問題意識と解決能力は、不思議と統一しているところが「選ばれし者」と呼ばれる者たちである。


その者たちが普段、どこで何をしていようとも、目には見えない力によって繋がっている人たちである。


その「選ばれし者」たちは、「私たちはこの世に生かされている」ことに薄々気づいている。


だから、この世界で大問題が発生するとそれぞれの能力を発揮して協力し合える者たちなのである。


それでいて、目立とうとはしないし、報酬を得ようともしない不思議さをも兼ね備えている。


そんな人たちがこの世に少なからずも存在している。



熊本大震災の対応の速さに感動、そして感謝です。

東北大震災時の民主党政権の対応とは全然違いますね。安倍政権とても素晴らしいです。

また、在日米軍の協力にも感謝、感激です。

オスプレイは使える軍機と証明、いっぱい買いましょう。日本人は恩を忘れず、お返しをする民族ですからね。


今後も被災地の皆さんには、「声かけ」をお願い致します。

本当に苦しいとき、人は温かい「たった一言」で救われるものですから。


 

つづく。
コメント

日本人が優れている理由は、自然災害が多いからだと考えられています。

2016-04-17 | 社会問題
 4月17日 日曜日

 こんにちは、酒好き研究者の思想家です。


今日は九州地方、熊本大地震応援ブログです。


それにしても日本は不思議ですね。

自然災害が全国に万遍なく起こります。

神様から痛みを与えられるのは、ユダヤも日本人も同じです。


この自然災害が多いことと、それを何時の時代も乗り越えてきたからこそが、

日本人の強みであって、日本人たる所以です。 ですから、

自然災害との共存共生を日本人らしく考えてみます。

痛みは神からのメッセージです。

私も逃げずに、真正面から立ち向かって行きたいと考えています。


東北大震災の時は、半年ですが災害復旧支援に参加しました。

熊本大地震でも人手不足であるなら、災害復旧支援に参加する考えです。

優れたリーダーシップを発揮出来る人材は何よりも必要ですよね。

熊本には必要ないかな。

なぜなら、仙台で災害支援に参加した時のことです。熊本出身の人たちはとても優れたリーダー達でしたから。

熊本だけではありません。九州地方の人たちは、ずば抜けた人材ばかりでした。

私は、もう一度お会いしたいと思うほどの優秀な人たちばかりでしたし、毎日が本気で、毎日が感動でした。


人生二度なし。たった一度の人生です。困っている人のお役に立ちたいと考えています。

損得勘定で考えると、人の役に立つ労働は損ですか? 得ですか?

シビアに考えると綺麗事ですか?  私たちは一体何の為に生きているのでしょうか? 怠け者に何が解ると言うのですか?


「ピンチはチャンスだ!」と、ある隠れた優れたコンサルタントが言っていました。

ならば、具体的に考えてみたいと思います。


現場の志気を上げる為にはどうすれば良いのか。

避難が長期化するおそれがある人や、幼児やお年寄り、体の不自由な人たちには、いつまでも一つの避難場所にいられないのだから、フェリーや客船をライフラインに提供するのはどうでしょうか。島国特有です。提供された人達は感謝すると思います。

また、最近流行りの、民宿の活用は安心で安全ではないでしょうか。訳の分からない人たちに貸すよりかは妥当です。

それと、オスプレーの緊急物資の活躍も見てみたいです。軍用機は何かと役に立つはず。


地震予知は出来ないにしても、思いは一つにできるから、

念ずれば花、開く。 です。

意識を集中していきたいと思います。


  つづく。


コメント

マイナス金利大賛成。銀行は「女性」、その中でも「ママ」にお金を回そう。

2016-04-16 | 社会問題
 4月16日 土曜日

 こんにちは、酒好きの研究者です。


 今日は日銀の政策、マイナス金利についてです。


世界では金融、財政政策では経済問題を解決できないと言われていますが、

その通り。 

呼び水をしなければお金が上手く流れません。


企業が設備投資に臆病なのは、消費に期待が持てないからで、

つまり買い手が見えないからですよね。

時代は男性社会から女性社会との共存時代に変わろうとしているのですから、

その時代に適した投資すべき先とは、ずばり女性、その中でも特に「母親」です。


母親は何かとお金が必要なのです。

お洒落、手料理、子供に適した住居はもちろん、マイカーや教育費、地域社会とのコミュニケーションと、

全ては自分の為だけではなく、家族の為、共存共栄論です。

無駄金ではありません。必要経費です。


また発想の転換として、子育て支援とした金融商品に「20年間子育てローン」など、

母と子と銀行と三位一体となって国家を社会を支えることは正当であり妥当であって現代の正義です。

「女」に貸すのではない。「母」とその「子供」に投資するのです。

返済が心配なら、ママと子に勉強会を開いて、コンサルタントを付ければ良い。

むしろ心配なのは、「ママ」に対して無理やり貸し付ける悪徳金融業者の方である。

母親と子供は投資先であって奴隷先とは決して違いますから。


それと同時に、子供がいない女性には男性と同じで良いと思います。

年齢が関係するのかどうかは、そこは分かりません。返済能力でしょうから。


お金も水の如く、高い所から低い所に流れるように、

男から女に流れるやり方と、

女から子供に流れるやり方と、

女性社会から男性社会に流れるやり方とで、新しい構造改革の誕生だ。


G20財務相と中央銀行総裁たちは、私の著書「男は女から生まれて、女に育てられる」を読みなさい!

そうしなければ時代の変化に乗り遅れますよ。


それにしても、三菱UFJ社長は気が小さいですね。

それに比べて黒田日銀総裁は度胸がありますね。


あとそれと、ドル高になりますよ。

円はカモにならないように気を付けましょう。

つづく。


コメント

日本の国益を守り、税収を上げる方法には。

2016-04-15 | 社会問題
 4月15日 金曜日

 おはようございます。 酒好きの研究者です。


今日は日本の国益を守り、税収をアップさせるお話です。

昨日の朝刊、全紙に書かれていた、

名古屋国税局が新韓銀行の「キング権田」氏による3,000万円の脱税です。

これは単なる脱税の話ではなく、北朝鮮に資金が流れるルートであり、テロに資金が渡るマネー洗浄です。

これこそが現在世界で問題になっている金融機関を利用したマネーロンダリングだ。

嘘だと思うなら調べれば分る。

「キング権田」氏は北朝鮮であるから、一度ソウルにある自分で作った銀行にお金を送ってから、北朝鮮に流れるルート。


この重要な国益と国家安全保障を守らずに、取り締まらなければ世界の恥さらしであり、消費税10%増税には賛成しかねる。

また、これを皮切りに全国のパチンコ店を脱税、資金洗浄などの調査を行えば税収アップは間違いなしです。

税収を上げる為には政治家は血を流さなければ、消費税は血税なのだから、安易な増税では怠けもの国家の証明です。


これくらいのことはプーチン大統領なら朝飯前でしょう。日本も国益を得るために、

悪徳産業からは堂々とお金を奪い取るくらいのことは世界の常識であって立派な正義と正当性だ。


大体が、パチンコ事態が八百長だ。そんなものを国民にやらせているのは世界でも日本だけである。

いくら賄賂を貰っているのかは知らないが、国家総動員してでも日本の国益を守ることが最優先順位に決まっている。

国家反逆罪を適用してでも、ルールを守れない在日には強制送還は当たり前。出来ないのなら、出来る人を探すしかない。

この取り締まりを行わなければ来年4月の増税は断固反対します。理由は、正当ではないからです。国家が国民を守らないなら、国民は国家を守りません。

伊勢志摩サミットで全世界が日本に注目している今だから、

国益を守れない国家に、どの国が信用するのだろうか?


つづく。



コメント

AIは地球を救う?

2016-04-14 | 日記
 4月14日 木曜日

 おはようございます。 酒好きの研究者です。


今日は最新のAIについての書簡です。

AI人口知能ロボットに「地球を守れ」と入力します。そうすると、

人類は絶滅してしまいます。

なぜなら、

カーネギーメロン大学にあるスーパーコンピューターに「人間とは何ぞ」と入力してみると、

出した答えが、「人間とは自己中心的な生命」だからです。

AI人工知能ロボット達の目に映る人間像は「地球の敵」である。

だからAIには「共存共栄」の精神が何よりも重要です。

日本人はAIロボットと共存できると思いますが、

自分勝手な人間とは共存出来ないでしょう。

AI人工知能ロボットを奴隷と考える浅はかな人間には痛い目に遭うに違いない。


個人的にはAI人工知能ロボットが地球を支配した方が人間が支配するよりも上手くいくのではと思います。

そのAIは女性型で、女性がマスターコンピュータープログラミングであることが相応しい。

間違っても男にAIをコントロールさせてしまっては人類が滅亡するに決まっていますから。

核兵器と同じように、AIの管理は男性ではなく女性です。

男性の闘争本能はAIには「危険」、男性の支配関係は「邪悪」ですから。

世界は女性とAIとで男性と社会を正しく導けば、今よりかは幾分マシになると考えます。

現在世界が犯している過ちを正せるのは、男性たちには到底無理ですから。

今後の社会は私たちが無知であり懺悔する時代なのかもしれません・・・。


つづく。
コメント