酒好き文化風俗研究者

みんなで美味しいお酒を飲む方法を模索中!
酒好きの最大の敵であるアルコール依存症に勝つ事を支援しています。

株主と犯罪者はよく似ている。どちらもファジーであり暇人である。

2017-11-29 | 社会問題
 11月29日 水曜日

 おはようございます。 酒好きの思想家です。


人生は楽しむためにある。

時には言い訳でも目標と同じく脳が与えた一つの心理である。

一流とは如何なる状況下であっても楽しむことが出来る能力のことをいう。

お酒を飲まなければ楽しくなれないのは二流の酒好きだ。

また、一流とは快適な環境よりも逆境を好むものである。

快適な空間であっては優れた脳が退屈するからだ。

時々、退屈した一流たちを見かけるのだが、

くだらない物を集め出してマニアぶり自慢する姿である。

実際、元兵士が社会復帰出来ないのは脳が退屈だからであり、

幸せを手に入れても不幸な環境に逆戻りするのは脳が退屈だからである。

だから、らくな道を選択し居心地のいい空間に身を置いては脳がダメになる。


ひょっとすると、株式投資とは退屈した一流が脳を楽しませる為の行為なのかもしれません。

そう考えると、株主とは暇人かな?

仮にそうだとして、相場が乱れて荒い値動きの方が充実した毎日になるのだから、

平穏な株式市場では一流の脳に飽きられることになる。株屋の腕の見せ所だ。


幸せと不幸は表裏一体である。

おそらく不幸が幸福より先だと思うが、とにかく不幸の無いところに幸福も無い。

解りやすく順番に並べて見ると、

不幸・幸福・不幸・幸福・不幸・幸福、不幸・幸福、これが理想、

現実は、不幸・不幸・幸福・不幸・不幸・不幸・不幸・幸福、これが一般的。

幸福・幸福・不幸・幸福・幸福・幸福が続くことはあり得ない。

それは一つ前の幸福を不幸に変えているだけの話である。
(詳しくは幸せのメカニズムを読んでください)

だから一流はできるだけ小さな苦痛と損切りを積み重ねて利益の最大化を目指すローリスク・ハイリターンだ。

逆に、危険なのは退屈がしばらく続いた株式市場である。

なぜなら、ファジーな株主と犯罪者の多くは無職の暇人だからだ。

悪徳への道は退屈な脳によって導かれるように、

したがって、株主を暇人にしては株価大暴落の引き金になる可能性も考えられるのである・・・。


犯罪者を増やす方法は簡単だ。失業率を高めればいい。

同様に投資家に仕事を与えなければどうなるか。予想は難しい。

一流だから犯罪を犯さないにしても、社会を複雑にすることくらいは容易なはずだ。

快適でシンプルな暮らしだけでは退屈で暇を持て余すからである。


そうすると、北朝鮮情勢はまんざらでもないのかもしれません・・・。









     つづく。


コメント

「ネタ・ネタ・ネタ」

2017-11-20 | 日記
 11月20日 月曜日

 おはようございます。 酒好きの思想家です。


 いつも私のブログを読んでいただき感謝いたします。

今日は何か役立つネタを書きたいと思います。
 (役に立たないかもしれませんが。)


1、上下関係とは・・・上司や先輩達は、私よりか遥かに多くの苦労をしているから偉く尊敬されるのであって、怠け者であってはタメ口でも仕方ない。

2、成果主義とは・・・代わる変わる咲く花である。一年中咲くのは成果とは言えず花とも言えない。

3、働き方改革とは・・・学者がコメンテーターを兼ねたり、医者がタレントをやったり、作家が現場仕事を好んだり、みんなやってる働き方改革。

4、デフレ脱却とは・・・お父さんのお小遣いをアップ出来ないならば、せめてステーキやワインを安くして欲しいですね。お小遣いは残らないから。

5、感情人間は敵だ・・・目の前に感情人間が現れたら、更に感情を刺激して自己破滅に陥れよ。感情人間に臆してバカ丸出しなのはあなたの方である。

6、老後とは・・・老人は一人一冊の本を書き残さなければウィン・ウィンではなく、単なるエゴだ。腰が曲がっていた昔のおばあちゃんは偉かったですね。

7、自衛隊とは・・・世界中の軍隊が自衛隊ならば戦争は起きない。自衛だから戦争に行きたくても行けないからである。

8、世界平和とは・・・女性社会である。男性社会での野蛮さには、「もう、うんざり」だ。 宇宙にでも出て行って戦争してくれ。

9、兄弟喧嘩とは・・・この世に仲の良い兄弟はいない。カインとアベルである。感情が激しいと対立が始まる歴史である。

10、世界進出とは・・・日本の政治の欠点は引きこもり政策にある。日本企業も世界に打って出るなら勝機が有り。日本食も同様に世界中に受け入れられる自信有り。

11、在日の欠点・・・必ず逃げる。この地で骨を埋める覚悟がないのです。あるのは感情論による裏切り、韓国は感酷かな。

12、健康法とは・・・なぜ私達は歩いたりジムに通ったりするのか。歩いた方が楽であり、汗を流す方が汗を流さないよりも楽だからです。仕事をしないと息苦しくて病気になるからです。

13、恐怖の民主化運動・・・民主主義には何でもないことでも、そうではない国家には恐怖だ。なぜなら、嘘が暴かれてハッタリが通用しなくなるからだ。実力の無い国家にとって恐怖だ。

14、北方四島問題・・・素直に日本へ返還してもつまらないから、この地を永世中立国家としてユダヤ教徒に任せるのはどうでしょうか?みんなハッピーウィン・ウィンだ。

15、グローバル社会とは・・・国民主体による日本国民とアメリカ国民とのウィン・ウィンこそがグローバルスタンダードであって、国益や感情対立による負のエントロピーであっては大政奉還は厳しい。

16、リセットとは・・・血が流れることである。それは自然環境にせよ戦争にせよ大恐慌にせよ、血が流れたら買いだ。みんなが得するのがリセットなんですけど。

17、後片付けが上手い・・・後片付けが出来ますか。得意ですか。やったらやりっぱなし、問題が生じても知らん顔。本当に学習能力が高いのかな。子供の教育って何ですか?

18、差別とは・・・クレーマーが来たら日本人ではないと思え。町一番の美女を見かけたら日本人ではないと思え。松本さんが居たら日本人ではないと思え。これは差別か。区別だな。

19、新米の美味しい季節です・・・ヤバ過ぎ。つや姫に青天の霹靂。ななつ星を送りたい。

20、財源確保とは・・・携帯電話税やパチンコ税も良いのですが、間接税である消費税に問題がある。一般消費者は必ず消費税を支払いますが、肝心の商売人や会社が消費税を支払っていない現実なのです。

21、民進党分裂・・・歴史・文化・伝統の無い移民集団であっては政治主導は無理だと確定。今さえ良ければ的な政策では国家を持つどころか何が正しいのか解からず辛いのです。

22、一帯一路とは・・・一帯一路は賛成。AIIBは反対。なぜなら、どちらも失敗に終わるから。その時、助けなければならないのが一帯一路。中国が積木を崩して日本が片付ける感じかな。

23、夢の新薬・・・癌は治療するな。癌を克服しても幸せには生きられず迷惑である。癌で死を迎えないなら一体何で死ぬのか聞きたいものです。癌が怖いのではなく、死ぬのが怖いのでしょう?

24、和風スーツ・・・この和風スーツいいね。お年寄りだけにせず、若者の礼服に使えたらいいね。これ欲しいな。







「本日はこれまで。 バーイ・ホナー。」






       つづく。









コメント

酒好きのニュース解決。

2017-11-13 | 社会問題
 11月13日 月曜日


 おはようございます。 酒好きの思想家です。


本日はちょっと視点を変えたニュース解決です。


ニュースには大きく三つに分けられます。

1、事実確認

2、ニュース解説

3、ニュース解決

この三つを上手くまとめるメディアが一流のマスコミである。

したがって、

1、取材をせずに

2、感情ニュースで

3、社会混乱させる

情報の乱れが社会の乱れの原因だと言えるのです。


なぜ情報が乱れるのか?

1、平凡が退屈だから。

2、お金が欲しいから。

3、何を書いて良いのか解らないから。


情報を得る側にも責任があるかもしれない。

欲望や感情を刺激されるとすぐに興奮するように、

他人の評価や分析結果だけではつまらない。


ではどうすればいいのか?

次から次へと問題や障害が巻き起こる厳しい現実社会の中であっては、

常に解決策が早急に求められているのだから、

様々な解決策、面白い解決策などを提示することが

自他ともに認められる一流のマスコミだ。



メディアに質問します。

一度、自問自答してみてはどうだろうか。

自らが一流なのか、それとも二流なのか。

仮に、国民が二流だからそれに合わせているのだとしたら、

その国民を一流にレベルアップすることが大義名分、一流メディアの目的だ。

社会が不安定なのはマスコミが感情的な国民世論に合わせているからで、

誰も見たくない不都合な現実を直視させるのもマスコミの務めだと考えます。


そうすると未来ニュースの方向性は、

1、現実を直視する。

2、複数の解決策を提示する。

3、国民に選択と責任を促す。

これなら誰も文句は言わないだろう。


反対に、悪魔による情報機関とは、

1、事実を捻じ曲げ、コントロールする。

2、恐怖と不安を煽って、お金を稼ぐ。

3、社会混乱と自己破滅が待つ。


私たちの情報社会はどちらに向かうのでしょうか?

間違っても人間同士が殺し合う社会は望みません。

しかし現実は、

どうも悪い方向に進んでいるように感じるのは気のせいでしょうか?

一体、誰が悪いのでしょうか。

現時点ではマスコミかな・・・・・・・・。






   つづく。










コメント

トランプ大統領の発言は予測不可能らしいです。

2017-11-05 | 文学
 11月5日 日曜日

 おはようございます。 酒好きの思想家です。



お願いがあります! トランプ大統領!! 国民を助けて下さい!!!。



トランプ大統領の信念である、アメリカ・ファーストとは、

アメリカの国益、つまりアメリカ国民への国益であるから、

日本国民の国益を守ることは、アメリカ国民の国益にも適います。

なぜなら、

政治手腕によるWIN・WINではなく、国民同士のWIN・WINだからです。

私たちの社会システムや社会正義に足りないものは、

国民同士によるウィン・ウィンだと言えるのです。


歴代のアメリカ大統領による外交成果は、

この国民同士による各国の国益こそがアメリカ・ファースト、

トランプ大統領の固い決意です。



具体的には、

1、米国産牛肉輸入のセーフガードの解除。

2、パチンコ業界による北朝鮮への資金援助の停止。

です。


焼肉文化をステーキ文化に変えることは双方の国益、ウィン・ウィンです。

何時になれば日本国民はビフテキを腹いっぱい食べられる日が来るのでしょうか。

それなのに、政府は国民生活よりも業界重視の政策です。

北朝鮮問題も同様に、世界各国が最大限の制裁を重要視しているにも拘らずに、

日本だけが何もしていないのが現状です。

実際、パチンコ業界は八百長なのにも関わらずに・・・。


方法ですが、やり方は単純が良いと思います。

脅せばいいのです。

目的がWIN・WINならば、結果良ければ全て良しです。


日本は閉鎖的で、殿様社会、

何を行うにせよ時間が掛かって身動きが取れない状況です。

出る杭は打ち、足の引っ張り合いを日課とし、

感情主体で善悪の判断がつかず、みんなが正しいを言えばそれに従う。

米人から見ると、日本人は永遠の幼稚園児の様です。

そんな幼稚園児だからこそ、アメリカ大統領の恫喝に弱い。

「守ってやらないぞ。」の一言ですから。


今度のトランプ大統領による日本訪問を心待ちにしていました。

最後に一言。

「私は貴方の味方です。メディアとは違います。」





    つづく。









コメント

ドゥテルテ大統領。ウィン・ウィン国王です。

2017-11-02 | 文学
 11月2日 木曜日

 おはようございます。 ウィン・ウィン国王です。


ISからのフィリピン守護。素晴らしいですね。

世界中のマスコミを敵に回してでも国民を守り抜く姿はフィリピンの英雄です。


おそらく、誰もドゥテルテ大統領と共に祈ってくれる人がいないと思うので、

一緒に祈りを捧げましょう。

自らの心に宿る神と、大いなる神とを融合させて。


「国民を守るためならば、いかなる犠牲も惜しみません。」

「国民を守るためならば、死をも恐れず立ち向かいます。」

「国民を守るためならば、責任を引き受ける覚悟があります。」

「国民を守るためならば、名誉や報酬・命さえも必要ありません。」

「ただ、国民を守りたいのです。ただ、それだけです。」


署名
ウィン・ウィン国王。ロスト・ロスト大王。酒好き思想家。





     つづく。






コメント