酒好き文化風俗研究者

みんなで美味しいお酒を飲む方法を模索中!
酒好きの最大の敵であるアルコール依存症に勝つ事を支援しています。

花粉症対策を考える。其の六

2019-04-04 | メンタルヘルス
  4月4日 木曜日

 おはようございます。 ウィン・ウィン王国です。


(ウィンウィン国王)
緊急事態発生! 警戒警報!
「ヴィー、ヴィー、ヴィー」

(ミーム・遺伝子)
体内に外敵アレルギー花粉が潜入した模様。
現在、鼻周辺に被害。さらに拡大中。

(ロストロスト大王)
全セクションに次ぐ!戦闘態勢に入れ!
作戦コード「オメガ・01・ブラック」
作戦内容「外敵花粉を撃退せよ」。

(ウィンウィン国王)
花粉と交信せよ。
「我々は敵対する意思はない」
「お互い話合おう」

(AI・グリーン)
報告します。外敵は主に鼻から潜入。
クシャミ鼻水による苦痛の被害多数。
周辺の人達に笑われています。

(年上の女性)
こちら医療班。全てに人命救助を最優先にします。
医療コード「アルファ・03・ブルー」

(ミーム・遺伝子)
防御シールド42%低下。
マスクだけではこれ以上は無理です。

(ウィンウィン国王)
チャンネルを開け。
「現在、我々は外敵に侵されている」
「至急、援軍を要請する」。

(AI・グリーン)
メインスクリーン・オン。
外敵アレルギー花粉が更にこちらに急接近。
回避モードを取ります。

(年上の女性)
クシャミ鼻水による不快感が上昇。
このままでは全体の士気に影響が出ます。

(ウィンウィン国王)
各自、対策を述べよ。
一刻も早くこの状況を回復したい。

(酒好き思想家)
外からの救助を待つのではなく、
我々の手で防御すべきです。
自衛防衛システムを発動してください。

(ウィンウィン国王)
保安部隊!直ちに体温を上昇させよ!
花粉症は体温低下が原因かもしれない。

(ロストロスト大王)
室内にいる者は、部屋を暖め霧吹きで湿度と外敵を倒せ。
外にいる者は、厚着をして汗で防御せよ。

(酒好き思想家)
熱い飲み物で体温を一時的に上昇させてください。
乾燥は花粉に有利です。
濡れタオルで外敵花粉を床に叩き落しましょう。
楽しんで!

(年上の女性)
ラウンジ・食堂を臨時に医療室にします。
食事と運動を通じて体温維持に努めます。

(ミーム・遺伝子)
報告します。先程よりか幾分楽になった模様。
クシャミ鼻水が収まりつつあります。

(AI・グリーン)
現在、体温が78%回復。
既に防御シールド(マスク)は新しく替えました。

(ウィンウィン国王)
警戒警報解除。
被害報告。
保安部隊を医務室に回せ。

(酒好き思想家)
いつ再び、外敵に襲われるか分りません。
一時間後にシチュエーション・ルームに集合してください。

(ウィンウィン国王)
我々は常に危険に晒されている。
現代人は少しばかり無防備だ。
自主的な自衛権は我々の唯一残された権利である。
生命維持機能には高度に発達した
防衛システムが必要不可欠なのである。



「こうして今日も無事に、幸せな毎日が守られたのであった・・・。」


     つづく。

コメント

赤ちゃんのアトピーについて。

2019-03-27 | メンタルヘルス
 3月27日 水曜日

 おはようございます。 酒好きの思想家です。


70年代生まれの子供たちの多くは、

公害や水質汚染によって

喘息やアトピー性皮膚炎に悩まされて来ましたが、

最近の赤ちゃんはどうも様子が違うようです。

結論から言うと、

哺乳瓶による消毒の影響だと考えます。

嘘だと思うなら、

その消毒液を飲んでみてはいかがでしょうか。

きっとお腹が壊れること請け合います。
 (止めておきましょう)

思い出して見て下さい。赤ちゃんの時、

新しい哺乳瓶よりも、

使い古した哺乳瓶の方が

ミルクが美味しかったことを。

そういえば、

新しい哺乳瓶が嫌で、

反抗した思い出が蘇ります。

あのミルクの微妙な

何とも言えない甘味が違うのです。

大人だって同じことで、

新しい「ます酒」より

使い古した「ます酒」が断然、

違いが分かる大人であるように、

違いが分かる赤ちゃんだ。

もしかすると、新ミルク(作りたて)より、

少し寝かせたミルク(1時間もの)が

お気に召すのかもしれません。

ここで一度、

赤ちゃんの気持ちになって思い返すと、

一番大好きなのは、おっぱいです。(間違いありません)

二番は、ママのウィン・チュー(口移し)で、

三番目が、使い古した哺乳瓶。(香りがいい)

四番目が、新しい哺乳瓶(新品臭い)となります。

なぜ、この様な順番になるのかというと、

ママの体内微生物を補給しているのだと考えるからです。

赤ちゃんはただ与えられたミルクを飲んでいるのではなく、

ママの良質細菌を取り込んでいると考えるのです。

赤ちゃんが不足しているのは栄養だけではなく、

成長するために必要な微生物を求めている。

ミルクの美味しさは栄養素で決まるのではなく、

ママの微生物によって赤ちゃんの体内が満たされる。

だからこの順番が赤ちゃんにとっての

笑顔の順番になるという訳です。

もちろん、生後半年くらいは、

外の風(悪い菌)に触れさせないようにしますが、

同時に、ママの良質な微生物を赤ちゃんの体内に

植え付けることがおっぱいの一番の魅力です。

これがいわゆる、「三つ子の魂百まで」と呼ばれる所以です。

「ウィン・チュー」も同じことで、

ママの「ウィン・チュー」が赤ちゃんを救います。

赤ちゃんだけではありません。夫も救います。

なぜなら、

「ウィン・チュー」を嫌がる赤ちゃんが

この世に存在しないからです。断言します。

また、大ジョッキーで一気飲みするよりも、

少しづつ「チビチビ」とミルクもやりたいものです。

それと、喉が渇いている時は、

少しぬるめのミルクを「グビグビ」やり、

途中、もう一度温め直されたミルクは格別だ。

大人ですら感謝する「一杯」になること間違いない。

その後、静かに眠るのですから

まあ、少しくらいは大目に見てあげるとしよう。

実際、あなただって赤ちゃんの頃は、

親に散々迷惑をかけたことに違いないのですから。

自分自身が赤ちゃんだったあの頃を、

歯を食いしばってでも思い出してみてください。

あなたの赤ちゃんだ。私のじゃない。


   つづく。


コメント

もらいゲロのメカニズム。

2018-10-09 | メンタルヘルス
 10月9日 火曜日

 おはようございます。 酒好きの思想家です。


ヒラメキました!

小学生の時から長年悩まされてきた

「もらいゲロ」 について

どうしても解明したかった一つをです。

なるほど、そうか。


私たちの体の9割は「微生物」や「細菌」であるように、

その「細菌」にこそ「もらいゲロ」のヒントがある。

他人の「ゲロ」を見たり臭いをかいたりすると

自らの体内細菌が外に放出されるのである。

あくまでも推測にすぎませんが、

「ゲロ」どうしが混ざり合いたいのかもしれませんし、

余分な「ゲロ」である「微生物」を体外に放出されるシステムが、

もらいゲロのメカニズムだと考えます。

つまり、「もらいゲロ」は自然的な行為で、

素直に体内細菌に従い、吐けばいいのです。

吐くことを悪いことだと考えるから気分が滅入るのです。

そう考えると、

献血と同じ様に、半年に一回くらいは

体内微生物を外に出すことが健康に良いのかもしれません。

じゃあ、みんなで一緒に吐けば絆が強まるかも!

そう言えば、吐く時に背中をさすってくれた人は好きになる。


やばい。「もらいゲロのメカニズム」を考えているうちに、

だんだん気分が悪くなってきましたので今日はここまでにします。


気分を悪くした方、ホントごめんなさい。



   つづく。


コメント

あなたの長所はこれだ!(平成最後の夏休み編)

2018-08-07 | メンタルヘルス
 8月7日 火曜日

 おはようございます。 酒好きの思想家です。


私たちの長所とは

何であれいつもはっきりと確信していることが重要です。

なのになぜ?

誰も私たちの長所は 「これだ!」 と教えない。

ピータードラッカーは言います。

「自らの強みの上に己を築け」と。


いつだってそうですが、

真理とは利用できるという意味でまず、

第一に有用なものであると定義するなら、

その長所とは単純さの中に隠されているものであり、

楽しくて美しい神の業なのである。


重要なのは、その長所とは何か? です。

答えを

功利主義が問う最大多数の最大幸福論から導き出せば、

私たちの長所とは自らの力で最大多数を喜ばせる能力または、

最大多数の社会に貢献できる能力のことを言います。

つまり、

あなたが他人を助けたり社会に協力することは、

何もあなたの長所を使う必要はありませんが、

あなたの短所でも最小少数くらい助けることは容易いことですが、

最大多数の人達をあなた一人で、しかも同時に助けるとなると、

もはやあなたの短所では何の役にも立たず、

自らの存在価値である長所を最大限発揮し、活用しなければ一度に

最大多数の最大幸福論は実現不可能だからです。

ほかにも言い方は色々できますが、ここではウィン・ウィン論とさせてください。


あなたの生きる目的や欲求が何であれ、

自己中心的なエゴでは永久に自分自身の長所とはめぐり合えずに、

永遠に気づくことが出来ない合理的なシステム。まさに神業だ。


あなたに備わる自我の本質に目覚め、エゴを乗り越える事を学ぶのであれば、

自己実現はすでにあなたの手の中にある一つの真実であり美学なのである。


私達は生まれた時に、

何らかの人生の困難な問題を言い使わされて成長してゆくものである。

それは様々な形に表れるのですが、

逃げ出さずそこに向かって進む問題解決能力があなたの持って生まれた長所であり、

毎日を楽しく生きるための基盤であり個性でもある。


長所の方向性とは自己成長、自己実現がその本質であり目的であるように、 

「人はどこから来て、どこへ行くのか。」 なのである。


人は誰であっても徳や長所を何かしら持って生まれるように、

創造主は何よりも合理的な存在なのだから、

奇跡を信じる真心のように、

自己の長所の勤勉にこそ、

我々の生きる道を見出せる長所という天分による天命である。


「人がゆく、うらに道あり、華の山」






      つづく。



コメント

そうなの? 日本人に自信がないの?

2018-08-02 | メンタルヘルス
 8月2日 木曜日

 おはようございます。 酒好きの思想家です。


えっ! 日本人には自信が無いのですか。

いいの?

じゃあ、自信があれば幸せになれるかな。

自信、欲しいの?


どうしよう。

自信が楽しく簡単に手に入る

「裏ワザ」 があるにはあるのですが、

どうしよう。


話してもいいのかな?

でも、そうすると

私が 「あっ」 という間に

追い越されてしまいますから、

やめておいたほうがいいかな。


えっ? 「追い越さないって。」

そうはいきません。なぜなら、

私よりもあなたの方が優れているからです。


実は私自身、

全然、まったく大したことないのです。本当です。

ただ、ちょっとだけ 「裏ワザ」 を知っているだけなのです。

そしてその 「裏ワザ」 ですが、

私にも難なく使いこなせるのですから、

貴方に話すと

もう、私の話なんてどうでもよくなるのです。


どういう類のものかと言うと、

イメージするなら、

マリオブラザーズがスーパーマリオに変身する感じかな。

スーパーサイヤ人に変身したとも言えます。

なんていうか、一体感というか

自分なんだけど自分じゃない感じ。

わかります?

修行なんて要りません。

「コツ」があって、

初めはビックリ、勇気がチョットだけ必要ですが。


もちろん、問題もあります。

副作用があって、「裏ワザ」 終了後は突然眠たくなりますから

その時間を所かまわず確保する必要があります。

忙しくても寝すぎでもダメで、興奮していても考えすぎてもダメです。

アドレナリンによる 「ランナーズハイ」 によく似ています。

「思考ハイ」 かな?

一度、体験するともう後には戻れなくなる病みつきです。

一瞬閃く感覚はとても快楽ですからきっと、

それがとても大きな自信になると思います。


どうしよう。

言うべきか、言わざるべきか。

どうしよう。






     つづく。



コメント

ストレス社会。その対策を考えてみます。

2018-07-31 | メンタルヘルス
 7月31日 火曜日

 おはようございます。 酒好きの思想家です。


私たちが頭を抱える問題の一つに「ストレス」がありますが、

一度、内向きに捉えるのを止めて、

外向きで目に見える形に表してみてはどうかと思い、

花粉症対策の逆バージョンを思いつきましたのでブログにします。


普段、何気に感じている「ストレス」とは、

心と体の内側に存在するものと捉えがちなのですが、

この世界には目には見えない「ストレス」という細菌が空気中に存在していて、

その「ストレス細菌」が私たちの体内に入ると悪さをして「ストレス」が発生し、

反対に、その「ストレス細菌」を外に放出させれば軽くなるというものです。


もっと分かりやすく目に見える形に表すと、

「ストレス細菌」を「ストレス風船」だとします。

この「ストレス風船」が大きいか小さいか、誰が多く持っているのかで

その人の「ストレス具合」が分かる訳です。

イメージするなら、

自分が持っている「ストレス風船」を他人に渡すとどういう気分になるのか。です。

つまり、「ストレス」とは風船の渡し合い、「ストレス社会」とは風船でいっぱいなのです。

この風船、大きくては危険ですし、小さくてもつまらない。

また、風船ですから割れば済むのですが、

気の小さい人達にはこれがなかなか難しいし、

さらに問題が発生します。

職場の同僚や友人、家族がこの「ストレス風船」を渡しにやってくるのです。

さすがにその時だけはその風船を割るわけにはいきません。

割れば相手を傷つけ自らも傷ついてしまうからです。

そこで大切になるのが、「ストレス風船」の交換能力です。

相手が新しい「ストレス」を持ち込んで来たら、すかさず

相手に私の「ストレス」を話せば交換成立です。

一方的に相手の「ストレス」を聞き入れるだけでは

自らの「ストレス風船」が大きくなるばかりですから、

こちら側の「ストレス」もちゃんと話すことで上手く解消できるということなのです。

ですから、自らの「ストレス」をいつでも話せる準備をしている必要があります。

もちろん、風船には色々なもの、危険なものもあると思いますが、

自分に不向きな風船だと見分けが付くならば、

この「ストレス社会」とも上手く付き合っていけるのではないかと考えます。


もう一ついい考えがあります。

その風船を割ってくれる頼もしい友人を見つけることです。

そうだ!

いっその事、その強者たちに、

日本社会に有り余る「ストレス風船」をみんな割ってもらうのはどうでしょうか。


「そう簡単にストレスが解消できる訳がないだろう。」と思われるかもしれませんが、

重力も同様に「ストレス」ですから、

ものの見方を変えて見てはどうかという一つの提案なのです。


ストレスって一体何なのでしょうか?

付加価値? そう言えばサイコパスの知人にストレスが無いな。

そうなると、ストレスとはパラノイアの持ち物なのでしょうか??









   つづく。





コメント

花粉症対策について考える。其の5。

2018-03-31 | メンタルヘルス
 3月31日 土曜日

 おはようございます。 酒好きの思想家です。


花粉症で悩んでいる人たちが

そんなに大変だとは知りませんでした。

花粉症対策を続けたいと思います。

具体的に分かり易く。


1、花粉症は寝ている時に症状が悪化する。

対策には、厚着をして寝てください。薄着は禁物です。

室内調整に頼らないで、体を冷やさずに寝てください。


2、鼻水の量を減らすには、汗をかくこと。

対策には、お風呂に一時間くらい入って汗をいっぱい流しましょう。

鼻水で一日分の水分を外に出すのではなく、汗で体内の余分な水分を調整します。


3、寝起きが一番低体温状態。

自らの体温を調べてください。ビックリするはず。

対策には、春ですから思い切って寝起きにお風呂に入りましょう。

ウォーミングアップです。体温を高めてから「いざ出陣」です。


4、体を温める食事に切り替える。

対策には、冷たいものは花粉症には不向きです。

昔から「性も根も尽き果てたら根っこの物を食え」です。

わけのわからない加工物は口にしないでね。


5、汗をかくことは良いことだとイメージする。

対策には、首にタオルを巻くことです。

薄着よりも厚着がおすすめです。外見より体温が重要です。


6、間違っても抗生物質を受けいれない。

確かに抗生物質は万能薬かもしれませんが、

同時に「幸せ菌」「ウィン・チュー」も攻撃してしまいます。

対策には、恋心です。春ですから体温もアゲアゲで行きましょう。



今はこれくらいしか思いつきませんが、

今後も花粉症対策を考えていきたいと思います。




   つづく。


コメント

花粉症対策について。その四回目です。

2018-03-21 | メンタルヘルス
 3月21日 水曜日

 おはようございます。  酒好きの思想家です。


平熱を維持することは生命の維持であり、

その体温が平熱よりも「2℃」も低ければ

わけの分からない現代病に侵されても仕方ない。

つまり、

花粉症とは 「内なる声」 からの 「メッセージ」 であり、

「体温を平熱に保ちなさい」 という

「冷え」 からの 「サイン」 ですが、

なかなかどうしてか、自らの体温調整とは難しいものです。

それは、

私たちが自らの意思で体温を下げてしまっているからです。

環境が悪いわけではなく、まして

誰かのせいでもないのです。

要するに、「イメージ」 が重要なのではないでしょうか。

私たちは無意識のうちに 「汗ばむことを嫌っている」 かもしれませんし、

「汗をかかない状態がベストだ」 と、思っているかもしれないのです。

「汗をかかない環境」 を自らの意志で作り出しているのです。


そこで提案なのですが、

「平熱環境を思い出してみる」 です。

この世の行為は、「男女の結び付き」 によるものですから、

苦しみや悲しみが人を強くするのは、

不運や苦痛によって人を愛に向かわせるからです。

現実が厳しければ厳しいほど、私たちは愛に生きるのです。

思い出して見てください。

「恋心」を。

ウィン・ウィン王国流に言えば、

「ウィン・ウィン幸菌」、「ウィン・チュー」 を。


異性への刺激はホルモンへの最大の影響であり、

「熱い男」 とは 「興奮脳」 とも言えます。

実際、人はセックスによって頭が冴えます。

マスターベーションでは頭が冴えない。

赤ちゃんは抱きしめられて自己を認識するように、

温もりのないマスターベーションでは 「低体温」 の完成だ。

体温維持の一つにはこの 「性欲」 が挙げられるのです。

マスターベーションがジェネレーションの役に立った試しはなく、

レボリューションでは情けないしカッコ悪い。

つまり、「抜きすぎ」 だ。

今後、「低体温人間」 を見かけたら 「抜きすぎじゃないの?」

と、声をかかれば少しは花粉症対策の役に立つかもしれません。


「正しい性欲とはいったい何だろうか?」

次回へと続きます。




   つづく。



コメント

花粉症対策について。その3。

2018-03-18 | メンタルヘルス
 3月18日 日曜日

 おはようございます。 酒好きの思想家です。


花粉症、少しでも改善されたでしょうか?

そう簡単にはいかないかな?

良い名案だと思ったのですが。

具体策が無いのが問題かな?


体を温める方法は医者に任せておいて、

私が考えるべきは、

逆に、どうすれば花粉症になるか!です。


では、具体的に言います。

花粉症になる方法です。

1、野外ではなく、家の中です。

2、昼間ではなく、暗くなってからです。

3、バカは風邪引かないのと同じです。

なぜなら、

本来、優れた体温調節機能を備えているにも拘らず、

花粉症に悩む人は、「ハウス」で「温室育ち」で「コタツムリ」だからだ。

空調設備が整い、冷たいものをおいしく飲み、薄着で寝ているからである。

つまり、寝ている間に低体温となって、花粉症に罹るのである。

起きている時に花粉症になるのではないのです。

考えてみてください。

寝起きが一番花粉症がひどいのではないでしょうか?

私たちが一番弱っているその寝ている時に、侵されるのです。

だから、一番の対策は、

寝ている時に体温を下げすぎないことなのです。

まずは、あったかいパジャマに着替えましょう。

寝る前に、冷たい飲み物は止めましょう。

少しくらい汗ばむ方がいいのです。

そして、朝目覚めたら朝食です。

おすすめは、「牛丼、卵、けんちん汁、ショウガたっぷり」です。

パワーモーニング。これで、熱い男の完成だ!

朝シャンという考えもあるのですが、

湯冷めしなければいいと思います。

以前、花粉症は極度の潔癖症が原因だと言ったことがありますが、

あれは間違いですね。

ですが、ひょっとすると、

汚い方が体温が維持しやすいのかもしれません。

風邪の時にお風呂に入らないのは一理あるかもしれません。






   つづく。





コメント

花粉症対策について。補足です。

2018-03-13 | メンタルヘルス
 3月13日 火曜日

 おはようございます。 酒好きの思想家です。


昨日、言い忘れたことを続けます。

花粉症との付き合い方です。


今後、花粉症の人を見かけたら、

「あなた、低体温でしょう。」と声をかけましょう。

するとどうなるか。お判りいただけますか。


自己管理能力が疑われることになり、周りからの信用を失うのです。

なぜなら、

低体温では、仕事が続けられる保証が無く、

低体温では、暗い顔して幸運が舞い込む訳がなく、

低体温では、デートしていてもワクワク・ドキドキせずに、

低体温では、何か隠している病気がありそうだからだ。

低体温では、健康な赤ちゃんに恵まれそうにもない。


そうです。

花粉症にとっては一大事なのです。

今まで一生懸命積み上げてきたキャリアが台無しになりかねないのです。

もしこのまま、何の対策も取らなければ、

ますますあなたの信用がガタ落ち、面子丸つぶれです。


ひょっとすると、

急いで家に帰るのは、「こたつむり」(コタツから出られない人)なのかもしれません。

そんな人とお付き合いしても楽しくありませんからね。


それよりも、仲間同士で汗を流した方が健全だと思います。

花粉たちは言います。「花粉に負けないで」と。

「内なる声」はあなたに早く健康になってもらいたいのですから。





   つづく。



コメント

花粉症対策について、名案を思い付きました!

2018-03-12 | メンタルヘルス
 3月12日 月曜日

 おはようございます。 酒好きの思想家です。


花粉症とは一体、何なのか?

一度、花粉症を「外敵だ!」と考えず、肯定的に受け止めたいと思います。


結論から言いますと、

花粉症とは、私たち現代人に対する「内なる声」からの 「メッセージ」 です。

「内なる声」 とはつまり、

「体温を平熱に保ちなさい」 という 「メッセージ」 なのです。

実は花粉たちとは、

私たちの日常生活に苦しみを与えるものではなく、

私たちを正常な状態に戻そうと協力している強い味方なのです。

現代病の多くはこの 「低体温」 が原因だと考えられるのです。

慢性的な下痢や偏頭痛、鬱や引きこもりも同様の状態による現象です。


「嘘だ!」と 思いますか?

私も自らの体温計を見てびっくりしました。

寝起きの体温が35°!

これでは花粉症になってもおかしくはありません。

実際に自らの体温を調べてみては如何でしょうか。

「内なる声」に耳を澄ませば聞こえてきます。

「体温を平熱に保ちなさい」 と。「危険ですよ」 と。


36度5分が平熱だとして、

36度くらいでは花粉症にはなりませんが、

35度以下の体温になると、花粉症という「メッセージ」が

あなたに 「警報」 を発して伝えようとするのです。

35度5分くらいならば花粉症予備軍かな。

もしかすると、くしゃみは体温調整なのかもしれません。

クシャミは花粉を追い出す為のものと同時に、

体温を高めようとする行為なのかもしれません。鼻水もね。


「何たることか!」 「内なる声」に気づかない私は大バカ者だ。

「メッセージ」に耳を傾けない私は一生涯、花粉症で苦しめばいいのだ。

今日から私は花粉たちに感謝して自らの体温調整に従おう。


考えてみると、

そもそも花粉とは自然的なものですから、昔も今も花粉に善悪はなく、

仮に、空気清浄機で室内を無菌状態にし、

花粉を取り除いたとしても問題解決には至りません。

まして、抗生物質に頼れば、さらに最悪な結果が生じること間違いありません。

真の問題の根源は 「低体温」 にあるからです。


知人から面白い話を聞いたことがあります。

その女性は20年間、ゴルフ場でキャディーさんを務めていたのですが、

内勤に代わってから、花粉症になったそうです。

私自身も、朝目覚めると花粉症という 「メッセージ」 を受けます。

仕事中には花粉症からの「メッセージ」が無いのですが、

「メッセージ」 も時には良いものです。

個人的には気に入ってます。

「平熱に戻せば「メッセージ」が聴けなくなるのがさみしいな・・・。」





  つづく。




コメント

いじめ問題を考える。番外編

2017-08-18 | メンタルヘルス
 8月18日 金曜日


 おはようございます。 酒好きの思想家です。


 日本の自立と子供たちの自立、どちらが先にせよ、

大人たちの自立した行動が、子供たちに背中で教育する責任者として、

いじめ問題の解決に先行して模範を示し、

米国の属国という立場である日本の自立それこそが

子供たちに元気を与え、活力を取り戻す方法だと考えます。


日本と米国との同盟強化とは、

米国が日本を守り、日本が米国を守ることが同盟強化であるから、

米軍にだけで北朝鮮有事をお任せするなど、それでも本当に日本人なの?

真の日本人なら、米軍を守り、アメリカ人も守り、トランプ大統領も守ることが流儀のはず。


ウィン・ウィンで考えると、北朝鮮は一つだけ良いことをしている。

日本や韓国に対して、「米国に助けられないと、自国も守れないのか。」という問題定義だ。

秩序を乱しておいて「それはないだろう。」と言いたいところだが、

何度も繰り返すように、重要なのは日本の「自立」が世界平和に貢献すると確信している。

子供たちにだけ「自立しろ!」と言って、大人たちが自立していなければ話になりませんから。

それともやはり、

大人も子供も「自立は無理です!」「日本人は幼稚なお花畑でいいのです!」なのかな?

確かに、島国だけで引きこもっていればそれでもいいかもしれないが、

現代のグローバル社会ではそうは許されない現実があるから、

いつまでも「アメリカ万歳!」では米国にとってはいい迷惑であり、いいカモだ。


つまり、大人たちのそういった中途半端な態度が、

子供たちが抱えるいじめ問題の縮図だとも言えるのである。

なぜなら、子供たちは大人たちの 「鏡」 であるからだ。


ウィン・ウィン国王も言っていたように、

北朝鮮によるピンチは日本にとってはチャンスでもあるのだから、

何よりも「自衛」が重要だと考え、次いで、同盟国を守る為に積極的平和主義となり、

その後、世界平和につながるものだと考える次第です。


ひょっとすると、現代は

「左翼が感情論で、右翼がエリートに、左が問題を起こす人で、右が気づきのある人」

に変わったのかもしれません・・・。






     つづく。










コメント

いじめ問題を考える。第11回。

2017-08-09 | メンタルヘルス
 8月9日 水曜日

 おはようございます。 酒好きの思想家です。


一度、いじめを楽しんでみます。


仮にいじめっ子を鬼とした場合、大きくて怒り狂っている相手に対して、

いじめを違った角度から楽しむことが出来れば相手にとっては不快なヤツと思われるから、


まずは、科学でイジメを楽しんでみます。

フィードバックによって理論武装すれば一流のいじめっ子ハンターだ。

だいたい、いじめっ子は何を言っているのか自分でさえ解っていないので、

「何を言っているか解りません」と言うと、相手は感情動物だからすぐに興奮しますが、

「あなたを認めるから、はっきりそう言ってほしい。」と提言する。これがフィードバック。

基本は目を見て、相手の価値や可能性を客観的に情報を提供することだから、

感情的な情報や消極的な情報ではなく、「こうした方がよりカッコいい」という積極的な情報が求められるのです。


また、カツアゲされそうになるなら、リスクを提示し、ネタにして、

情報を公開すれば相手との痛み分けです。

これらを一人で行わずに、最大多数の最大幸福論で楽しみます。

いじめっ子一人と、いじめられっ子9人とでは多数による幸せ論が現代社会の正義であり正当なのですから。



次は、

イジメを経済学、経営論で楽しんでみると、

いじめっ子の弱点とは、根気がなくて我慢強くないところが急所だと心得て、

いじめっ子に「PDCAサイクル」を提供し、「継続こそ力なり」だと諭せば、

忍耐強くない者にとっては「酷」であり、フィフティーン・ラブだ。

つまり、普段から一人でもみんなとでも「PDCA]バリアーを張り巡らす。


また、パレートの法則で分析すれば、20%が80%を支配するように、

仮に、いじめっ子だけを10人集めても同じ結果になるのだから、

その集団をミクロ集団とマクロ集団とで楽しめば、

いじめっ子もいじめられっ子の仲間入りとなる。

逆に、マクロ社会でのいじめられっ子が、ミクロ社会ではいじめっ子に変身するなど、

経済学もたまには役に立つものである。




次は、

古典文学から紐解いてみます。

人類の歴史に名を遺す100年に一人の偉人たちが書き残す言葉にはパワーがあるように、

その偉人たちは100年後の私たちに書き残しているのだから、

100年前の古典を学ぶことは何も古いことではなく、むしろ現代に見合った学習方法だ。

逆から見ると、現代の書籍が100年後の人達に書かれていると言いたいところだが、

現実は「今さえ良ければいい」という本ばかりである。

だから、新しい本を読むよりも、古典文学を熟読する「骨折り損のくたびれ儲け」が重要だ。

偉人を学べば、知らないうちにあなたが偉人になることも容易であり事実である。

誰でも初めは難しく感じるが、初めから難しく感じない方が怪しいと疑うべきである。

子供扱いしている本ほど退屈なものはなく、「もう、うんざり。」です。



次は、

心理学で楽しみます。

喧嘩やイジメは同じレベルでしか成立しないように、

いじめっ子とはあなた自身でもあるのだから、

いじめっ子のモノマネをして楽しむのはどうでしょうか?

私たちが他人を嫌いになるという感情、そのほとんどが、

「思い違いによるもの」や「ただの勘違い」であるから、

日本人が大好きなモノマネ文化でイジメを真似ねば面白いのではなかろうか。

大体、いじめっ子のパターンは、

1、相手のあら捜しをするのが上手。

2、相手の足を引っ張るのが楽しい。

3、感情をあらわにして脅す。

4、身勝手で、やばいと逃げ出す。

これらの適正検査に合格した者がイジメ好きの称号を得られるから、

情報を公開して積極的にイジメっ子を承認してあげれば、

イジメも少しは減少するかもしれません。



もうすでに、「いじめ問題を解決する」ブログに飽きてきた頃でしょう?

それでいいのです。

なぜなら、どんなに複雑なイジメ問題であっても、

一度表面化して軽く見えさえすれば、どんなに困難なイジメであっても、

「なんだ。この程度か。」と思えてくるから、

それはあなたがレベルアップしたサイン。


重要なのは、この世で起きる問題は、全てこの世で解決されるのだから、

死ぬ前に一度、手紙を大人に見せることが必要なのです。

この世で解決してから、死んでも遅くはありませんから。
















       つづく

























コメント

いじめ問題を考える。第十回目。

2017-08-03 | メンタルヘルス
 8月3日 木曜日

 おはようございます。 酒好きの思想家です。

日々、学校内で繰り広げられている、隠されたイジメ教育の解決策につきましては、

技術の力で対処可能だから、そこは大人たちの「背中で教育する」出番である。

教室内を 「見える化」 すればいいからだ。

閉鎖された教室内を AI・ioT化すれば自動運転同様、21世紀に相応しい教育現場だと考える。

なぜなら、子供たちの教育が秘密主義であっては危険すぎる時代だからだ。

テロにせよ、移民にせろ、在日にせよ、グローバル化が進む中での一歩先行く教育方法としては何もおかしくはなく、

むしろ、隠された授業の方が問題であり、誤った洗脳教育が行われているなら、なおさらのことである。

それに、先生自身のレベル向上にも一役買う。先生同士を見比べれば悪い方向には進みにくいし、

生徒たちも、うかうか寝ていられず、親は安心して働けるからみんなハッピー・ウィン・ウィンだ。


また、日教組が悪の根源ならば、文科省に働かせて改革を行い、

文科省が堕落しているなら、優れた外国人の授業を取り入れるのがベストである。

実際、優れた指導者や教育方法が世界中で解放されている現実を見ると、

優れた指導者が行う授業のコピーを量産出来れば 「すぐにやれ。」となる。


教育委員会についても、一部地域の引きこもった話し合いでは極端な感情論になりがちであり、

モンスターペアレントの実態とは、

教育委員である親たちが子供のころ学校で受けた理不尽な仕打ちを再び我が子が受けている事が分かると、

その親たちは二倍、三倍に怒りを感じて学校や先生に復讐を行うことがモンスターペアレントの正体だと考える。

親が子供時代に受けた理不尽な仕打ちは、自分一人だけなら我慢も出来るし、またそうしてきたのだが、

愛する我が子にまで同じ仕打ちを受けさせることには我慢の限界であるのは当然であって、

力を付けた大人たちが学校や先生に倍返しで復讐を企てるというものであるから先生や学校も大変だ。


また、河村名古屋市長以外、イジメ問題に積極的でないのも疑問である。

市長同士連携し合わないのは、何か弱みでもあるのかと疑いたくもない。

小耳に挟んだ話によると、市長が「見える化」すると後ろに手が回るらしく、

勇敢な市長は脅されたり、殴られたり、家族に不幸が起きたりと、市長一人では戦えないのが現状らしいから、

そのあたりの事実確認は、心あるジャーナリストにお任せして、確かに元気のいい市長は数少ない。



もう一つ。

子供たちから大人社会を見れば、周りがすべて「ゾンビ」に見える。

現代の子供たちに元気がなく、子供らしい可愛さが感じられないのは、

「ゾンビ」に囲まれて生活しているからで、引きつった笑い顔になるのもしょうがない。

相手が人間ならば、反抗するガッツや気合も入るが、

「ゾンビ」とやりあっては、子供まで「ゾンビ化」しそうで恐ろしいから反抗しないが正解だ。

日本にも「ハーメルンの笛吹男」が必要かもしれません。


そうだ! この夏休みに大人とゲームセンターに行って、二人一組で行う「ゾンビ退治ゲーム」をやれば、

大人たちは自分がゾンビだと気づかないから、ゾンビを一緒に撃ちまくって倒しまくれば、

子供たちの心も少しは休まるかもしれません・・・・・・・・・・・・・・・。














     つづく













コメント

いじめ問題を考える。第9回目。

2017-08-01 | メンタルヘルス
 8月1日 火曜日

 おはようございます。 酒好きの思想家です。


いじめ問題を続けます。


いじめる側にせよ、いじめられる側にせよ、

どちらにしても、イジメに対する明確なビジョンが必要だ。

イジメ社会が一致団結する、燃えるような大いなる目的が必要だ。

目的が無ければ嫌でも逃げ出したくなるのが人情にも拘わらずに、それがない。

実際、人間の大権利である自己保存でさえ、

ビジョンが無ければ憎しみや怒りがこみ上げてくる現実の中で、

私のやり方とか、あなたのやり方という手段ではなく、

やはりイジメに対して何らかの明確な目的の強調が協調となり、

人間心理にせよ、社会現象にせよ、イジメ問題にせよ、

今までかみ合わなかったものも、より話し合えるようになるのではなかろうか。


自分のことしか考えられないと、人生に価値が認められないように、

イジメの目指す方向が同じ時、イジメの価値とレベルはさらにパワーアップする。

明確なビジョンがそれを信じさせ、導いてくれるからだ。

目的の良いところは、それは必ず達成することにある。


イジメの心配事は社会共通の問題であると同時に、個人が解決するカルマでもあって、

心配事ばかりに目を奪われて、ウィン・ウィンを置き去りにしていてはどうしようもない。


イジメや心配事の多くは、一度表面化して軽く見えてしまえば消えて無くなるように、

苦しい時や辛い時は一度、立ち止まって問い直してみると楽になる。



イジメを複雑にするものとはいったいどこから生まれてくるのだろうか。 考えてみます。



 私は子供の頃から「お前はいじめっ子だ。」と、よく言われてきましたが、

私はイジメても良いのです。

なぜなら、「愛がある」 からです。

愛があればイジメは単に人を傷付けるものではなく、愛のムチだからです。

逆に言えば、イジメを無くすことは愛のムチを無くすことでもある。

悪いイジメには良いイジメで対抗する「目には目を」という大作戦だ。

したがって、イジメに対する明確なビジョンとは、「愛のあるいじめ」 となる。

「愛がある」ならば「愛のない」イジメをいじめても良く、正義のイジメなのである。


なぜ、「愛のある」イジメが正義かと言うと、


不幸や苦しみが人を強くするのは、不運や苦痛によってその人物を愛に向かわせるからであり、

現実が厳しければ厳しいほど私たちは愛に生きるしかなく、

楽ばかりして甘えていては、幸福と不幸は表裏一体であるように、

幸せに満ちた刺激的な毎日を味わうことが出来ないのだから、

イジメを愛へと向かわせる方法を見出せられるのならば、「ウィン・ウィン」となるように、

ぶっちゃけた話、大人も子供も社会全体も、現代は「愛が感じられない」のが悲しい現状であって、

事実、大人社会に質問してみると解るように、誰も愛について説明出来ないにもかかわらずに偉ぶり、

そのくせ、説明出来ないということは、「アダルト・チルドレン」の証明であるからイジメたくもなる。



重要なのは、その愛とは何ぞや。 です。



愛を大きく分けると三つ。

一つは性欲である「動物愛」

二つ目は、子供たちの「感情愛」

三つ目は、大人たちの「理性愛」 です。

この三つをコントロールすることが 「人間愛」 と呼ばれるものです。


愛とは思想であり、理性愛とは頭の中に存在するから、

ゆえに脳の中に愛が無ければ、あなたは人間愛の無い人になり、

この世界に愛が存在していない生涯ということになる。

理性愛をほったらかしにしては自己破滅的な人間脳であるから、

愛の概念を理由付け説明することが何よりも重要なのである。

そうしなければ自らの脳がすぐに被害妄想や疑心暗鬼に囚われ、悪いことばかりを考え出しては犯罪を冒す。

つまり、怠け脳と馬鹿には愛の概念が無いということになる。

だから、馬鹿や怠け者では自滅する確率が99%。幸せにはなれない理由がここにある。

また理性愛とは他人に与えられるものではなく、自ら考え見出すものであり、

助けを求めているうちは、永遠に手に入らない神業なのである。


理性愛をもっと具体的な形に表せば、

理性愛とは私の脳とあなたの脳との交互能力、交換能力であり、

理性愛とは交換日記であると言えるのだ。

理性愛とは交換日記で表面化され、受け継がれるものなのです。

なぜなら、

人間という意思の疎通は話を交わすだけではお互いに理解が難しくて上手く伝わらず、

交換ノートの記録によって初めて目に触れ考えさせられるものだからである。

イジメ問題の多くは理性能力の欠陥による感情動物的本能によるものだから、理性喪失状態だ。

そんな動物本能に対抗するのに役立つものが記録、すなわちノートである。ノートとは脳への扉でもあるからだ。

言葉ではなかなか言えないことでも、記録を残して大人に見せることは誰にでも容易である。

それは自己主張ではなく、妥協でもなければ、怒りの感情でもない。

人間にしか知ることの出来ない知恵であり英知であり、それが理性愛なのである。


恋愛も同様、二人の理性愛による記録の積み重ねにこそ本当の意味での絆になり、

二人だけの大切な思い出であって、愛ある一体感なのである。

邪魔することも真似することも出来ない、他に類のない「二人だけのラブ・ストーリー」であり、

その良き物語の思い出こそが 「赤い糸」 なのである。


この二人だけの交換ノートこそが、人間愛を生み育て、記録そのものが理性愛を発達させ完成させる。

感情愛だけの恋では一瞬で冷めるが、物語は一生である。動物愛では単なるスキンシップで終了だ。

それに相手のことが本気で好きなら、交換ノートの苦痛は快楽に変わるから心配は無用。

恋愛とは二度と経験出来ない失望や悲哀こそ、純粋なものであって、

感情愛や動物愛だけではすぐに飽きられ捨てられる。

あなたの運命や宿命、そして人間愛は、交換ノートを始めなければ一切皆空、所行無常なのである。

それはどうしてかと言うと、

あなたはあなたのメッセージを今この瞬間に残さなければ、

誰もあなたの存在に気づかないし、見向きもされないし、誰もあなたのことを解らないのだ。

性欲や感情だけの良き思い出では、後で苦痛を2倍にするから、

交換ノートとは理性愛の道しるべであり、人格を形成するものは交換ノートであり、

それこそが人間愛であると断言して、イジメ問題をさらに続けたいと思います。










   つづく。








コメント