酒好き文化風俗研究者

みんなで美味しいお酒を飲む方法を模索中!
酒好きの最大の敵であるアルコール依存症に勝つ事を支援しています。

肩身の狭い日本国民。

2017-02-27 | 社会問題
 2月27日 月曜日


 おはようございます。 酒好きの思想家です。


願書。

・・・・・・・。

夢を見ました。

きれいに咲いているお花畑に、ピンクのゾウが楽しそうに走り回る姿を。


あべそうり大臣へ。

「周りに流されて、明日が見えません。見えるようにしてください。お願いします。」


答えは 「見える化」 にあります。

時間とは、全てを覆い隠して暴露する、その繰り返しであるから、

何も隠さずに事実をありのまま曝け出すことはとても勇気が必要ですし、

何も知らないまま死に絶えるのも一つの見えざる手かもしれませんが、

私たち最後の日本人(ラスト・ジャパニーズ)としてはそれではあまりにも無責任。先祖に合わす顔がありません。


ではいったい、どうすればいいでしょうか。

チャレンジ・「見える化」が明日へのテーマだと考えます。

具体的には、在日たちに名前を返しましょう。在日たちもそれを望んでいるのだから。

そうすればお互いにスッキリします。新しい明日への一歩が始まるからです。

お金で解決しようとすると、財源が足りなくなるのだから、

お金を一円も使わずに頭を使って解決する方法を見出します。

現在の内閣支持率の高さはお金の力で得たのでは決してなく、知恵と行動で得たものです。

この支持率を90%以上にするには在日たちとの関係の 「見える化」 以外に方法が見えない。

実際、アベノミクスはどんなに頑張ったとしても失敗に終わる。

なぜなら、在日との関係が上手く行っていないからだ。

それだけではない。国内の社会現象の因果関係は在日たちとのギクシャクした中で生まれ育った必然だからだ。


答えは明確で、方法も目の前にある。

問題なのは、 「やるのか、やらないのか」 だけである。


あべそうり大臣へ。お願いがあります。

「社会を見えるようにしてください。そうしないと道を間違えて危険ですから。そのあとは国民が責任を取ります。」




  つづく。





コメント

我が国における不法移民問題。

2017-02-21 | 社会問題
 2月21日 火曜日

 おはようございます。 酒好きの思想家です。


先進国共通である不法移民問題について考えてみたいと思います。


日本において在日問題は深刻な問題であり、かつ素早く解決しなければならない最重要課題であるにも関わらずに、

日本政府は 「見ざる、聞かざる、言わざる」 の先送り作戦一点張りだが、

その結果は厳粛に受け止めなければならない。

財政赤字にせよ、アベノミクスにせよ、日本人絶滅論にせよ、

総ての根源はこの在日問題の先送りにあるからだ。

この問題を解決しなければ日本に未来はない。

いつまでも 「お金で」 解決できる問題ではないからだ。

マスメディアもどうやら在日問題には触れてはならない因果関係があるようだ。


ならば、私がウィン・ウィンでの解決策を考える。


それにしても、イギリス国民、アメリカ国民はすぐさま行動に移しました。流石です。

日本も英国、米国を見習うべきです。

イギリスにしろ、アメリカにしろ、日本にしろ、

長年、見てみない振りを続けてきたツケがいよいよ回ってきた訳ですが、

我が国においても深刻な状況であるにも関わらずに、さも 「禁句」 のような状態であっては、

結局のところ、日本人自体がだらしないから在日たちもどうしていいのか解らないゆえに、

日本を 「ピンクの国旗」 に変えようとするシナリオが着々と現実化して行くのである。

その時、天皇制を守れるのかがとても気がかりだ。


問題とは、一度表面化すれば消えて無くなるように、

隠されていることが暴露されればゲームオーバー、終了だから、

リセットすれば再びやり直すことが可能になるには違いないが、

重要なのは、リセット後の関係が双方にとってウィン・ウィンかどうかである。

在日だけが悪いとは到底思えないからだ。


私は子供の時から常に在日が私のライバルでした。

日本人ではライバルにならないから、私は在日と仲が良かった。

在日はとても優秀で見た目もよく、カラオケ好きで上手。

よく飲み屋ではカラオケで一緒になって盛り上がる。今でも大の仲良しだ。

その友人が酔って私にこう言い張ります。

「日本人は私たちから名前を奪った!」 と真剣に言うのです。

なるほど、そいつは名案だ。

ならばいっそのこと、在日たちに 「名前」 を返せばウィン・ウィンだ。

なぜなら、 「見える化」 だからである。

これからは、「中国系日本人」、「朝鮮系日本人」、「日系アメリカ人」 で呼び合えばいいことになる。


問題なのは、この 「中国系日本人」、「朝鮮系日本人」 を差別してはならないところにある。

差別どころかむしろ誇りに思えるような関係を見出さなければ 「共に勝つ状態」 であるとは言えない。


その方法とは。

在日たちの 「ブランド化」 である。

どういうことかと言うと、

在日たちは本当に優秀だ。はっきり言って日本人よりも優秀なのです。

どうやら、日本人とのハーフは見た目も美しく能力も高く、エネルギッシュである。

この事実は日本人にとって誇りでもあるのです。

ひっとすると、日本人は少しばかり、「血」が濃すぎるのかもしれません。

実際、テレビで活躍しているタレントはみな 「ハーフ」 日本人離れした顔付きだ。

タレントだけではない。スポーツの世界も同様に、ビジネス界でも一流だ。

そんな優れた 「中国系日本人」、「朝鮮系日本人」 はやはり自慢の種だと言えるのです。


もう一つ重要なことがあります。

それは 「日本人絶滅」 後に、残された日本人の 「血」 を受け継いでもらう為です。

そのためにも日本人との混血人の 「ブランド化」 が重要となるのです。


日本人が絶滅しないなどと夢など見ずに現実を直視する勇気を持てば少しは今よりかは幾分マシになるかもしれませんが・・・。












   つづく。












コメント

日本人絶滅論。

2017-02-19 | 社会問題
 2月19日 日曜日


 こんにちは。 酒好きの思想家です。


国内情勢の総てをAIスーパーコンピューターに入力し、

そして、はじき出されるそのショッキングな答えは、

「日本人絶滅!」なのです。

嘘だと思うなら、試してみてください。事実です。

しかもです。

この絶滅からは逃れられないのです。

私たちが最後の日本人(ラスト・ジャパニーズ)なのです。


引き延ばすことは可能かもしれないが、絶滅は確定的だ。

自然の法則、エントロピーには逆らえない。これもまた必然で必要である。


ならば、どの様に絶滅するかを考えてみます。

生物の90%はすでに絶滅に瀕しているのだから、

一度、絶滅を受け止めたとしても、やはり

「鶴のおんがえし」のように綺麗に絶滅したいものです。(終わり良ければ・・・です)

では、

「日本人のおんがえし」とは何ぞや、です。

最先端技術提供はやった方ががいい。世界に工場を移転することは遺産造りの一つである。

外国人と結婚してその国で暮らすことも大賛成だ。日本人が絶滅しても「血」がブランドになるからだ。

日本国土はどうするか?

最後の日本人(ラスト・ジャパニーズ)に相応しい芸術遺産を本国に創造する。

それは世界貢献であり、平和のシンボルであって、神風の遺志である。

それこそが、日本人の遺された最後の使命、「永世中立国」の創造である。


この三つが最後の日本人(ラスト・ジャパニーズ)が背負った責任なのだと言えるのです。

なぜなら、

日本人の「血」を受け継いだ混血人をブランド化し、語り続がれる物語となるからだ。

絶滅した後は物語の記憶の中で魂を宿すというわけである。


これ以外には、AI人工知能に日本人の記憶を入力する方法もあるにはあるのですが、

魂が返る場所は、多い方がいいですからね。


なぜ、日本人が絶滅するか?

それは、知らずに絶滅した方が幸せかもしれませんから言わずに措きます。

















   つづく。









コメント

フィードバック。

2017-02-18 | 社会問題
 2月18日 土曜日


 こんにちは。 酒好きの思想家です。


ハード・ラブです。


団塊の世代とそのベビーブーマーたちがいなくなった後の日本の姿を想像してほしい。

そこには「ピンクの象」、違いました、

日本の国旗が「ピンク」に変わっています。(カンのいいヤツは気づけよ)

その時、天皇陛下をどのようにお守りするのか、天皇継承問題の最重要課題です。

韓国人は「天皇の血筋を根絶やしにしたのは日本人」だと未だに怒っていますからね。

そんなことよりも重要なことは、

日本人が在日よりか優れていると勘違いしているところにあります。

残念な結果なのですが、必ず在日が勝ちます。

どう、あがいても無理です。

必死に生きている在日と、お花畑日本人とでは勝負は見えています。

抵抗は無意味です。(カンのいいヤツは気づけよ)

きっと、救世主が助けてくれる?

救世主は怠け者の味方はしません。

いっそ、鶴の恩返しのように綺麗に絶滅した方が日本人物語として語り継がれるかもしれません・・・。

おそらく、2020年東京オリンピックが日本人の頂点かな?(カンのいいヤツは気づけよ)

違う見方をすればこうなります。

「グッバイ・ラスト・ジャパニーズ」。

今後は、日本人の血を引き付いた朝鮮人や中国人が人種のブランドになるやもしれません。








     つづく。






コメント

ヤフーだめだ!グーグルありがとう!

2017-02-15 | 社会問題
 2月15日 水曜日


 こんにちは。酒好きの思想家です。



昨日のブログは途中で回線が途切れ、その後、使えなくなりました。

やっぱ、あれですよ。あれだ。

I₀T時代は大反対です。

特にヤフー、ソフトバンクはヤバい! 間違いないよ。

中国のブログを書くと、パソコンが動かなくなり、

在日のブログを書くと、送信が途絶える。

これ事実です。

一度や二度の話ではありませんから。

そう考えると、全てのパソコンを繋ごうとするI₀T時代には危機感を強く覚えます。

まして企業が管理するのだから、不利益と思えば消されるに違いない。

その点、グーグルはなぜか障害が起きない不思議。

やっぱり、グーグルに感謝です。

これからもよろしくお願いします。

(ちなみに、この一年間、自分のパソコンは使用しておりません。)




  つづく。





コメント

お花畑検定、一級、二級。

2017-02-14 | 社会問題
 2月14日 火曜日


 おはようございます。 酒好きの思想家です。


日本国内の最重要問題である、在日について語る前に、

日本人としての現状認識を改めたいと思います。


日本を一度、明確化すればこうなります。

 「老人国家と在日社会」

です。

在日に問題があると考える前に、

日本人の問題意識が間違っているのではないかとも考えられる訳です。


それでは、あなたの気づかない「お花畑度チェック」を始めます。

お花畑検定、三級からです。


「最近、せっちのない世の中になったと感じる時がある。」

「町内の治安が少し悪くなっている気がする。」

「繁華街の彼方此方で日本人以外の人をよく見かけるようになった。」

「日本人よりも外国人の方が裕福に思える。」

「派遣や肉体労働の現場に在日は一人もいない。」

「在日は禁句だという空気に見て見ないふりを続けている。」


お花畑検定、二級です。

「国会で暴れている議員は、あれでも日本人なのか?」

「グリコ・森永未解決事件に感動する本が15万部売れている。」

「朝日新聞の部数×4人=最低在日数。」

「米軍基地に対して日本人が過激な活動を行う訳がない。」

「新宿、池袋、赤坂が在日で賑わっているので行かなくなった。」

「とんねるずの石橋が嫌いなタレントNO1になる理由。」


お花畑検定、一級です。

「在日が騒げば政府からお金が援助されるシステム。」

「長引くデフレで儲けたのは在日企業だけ。」

「パチンコ業界は北朝鮮の資金源になっているのに協力的な日本人。」

「労働組合は在日たちのパワーの源、心のよりどころとなっている。」

「日教組が在日で賑わっているから子供が自殺する現実。」

「移民問題になると急に気が小さくなり他力本願に陥る日本人。」



問題発生!このブログが消される前にアップします!

















コメント

バレンタインを大成功に導く方法。

2017-02-12 | 
 2月12日 日曜日


 おはようございます。 酒好きの思想家です。


寒い季節に 「ホット」 するお話です。

毎年のことながら、この時期になるとチョコレートが食べたくなります。

と、いうことで、今日はバレンタインを盛り上げるブログです。


女性の長所であることに間違いない 「おっぱい」 について、

 「おっぱいとは何ぞや」 です。


世の男性たちが 「おっぱい」 に魅了されるのは、

大きいからではなく、まして形が絶妙だからでもなければ、やわらかさでもない。

 「おっぱい」 はロマンだからだ。


巨乳だから必ずしも好い訳にはならないし、

 「ぺちゃぱい」 だからといって落ち込む必要もなにもない。

大切なことはロマンを感じさせることにある。


世の男性たちの視線が 「おっぱい」 に集中するのは必ずしも 「エッチなだけ」 ではなく、

 「エッチ」 のその先にあるロマンに見とれているのである。

つまり、 「おっぱい」 はロマンにある。


女性にとって長所である 「おっぱい」 を最大限生かすことは、

知的な女性たちにとって男性に対する責任でもあるのだが、

知的な 「おっぱい」 とは 「エッチ」 とはかけ離れた 「ロマン」 の与え方にその成果が隠されている。

なぜなら、世の男性たちはみな 「ロマン主義」 だからだ。おっぱい星人とはロマン派である。


だから、世の女性たちは、

 「ロマンを感じさせるおっぱい」、 「ロマンを与えるおっぱい」 の探求にこそ

男性の幸せは女性の幸せであり、女性の幸せは男性の幸せである、ウィン・ウィンだ。


これでバレンタインは大成功間違いないと言い切れます。

なぜなら、

 「おっぱい」 に良い悪いなどない。あるのは 「ロマン」 なのだから。














  つづく。







コメント

酒好きのニュース解決。

2017-02-05 | 社会問題
 2月5日 日曜日

 おはようございます。 酒好きの思想家です。


今年から始めました、月に一度の酒好きによるニュース解決?

です。

日経新聞さん VS 酒好き達による社会問題解決です。

楽しんで世直しを考えたいと思います。(私は日経新聞の購読者の一人です。)


始めに、

天皇継承についてです。

現代の日本国民が天皇制をどのように守り抜くのかが最大の問題点ですから、

一部の有識者会議はあくまでも補足であって、国民が天皇を守り抜く覚悟を明記することが重要だと考えます。

天皇陛下のお気持ちの言葉には、国民に対する信頼が感じられるからです。

たとえ在日に日本が滅茶苦茶にされても、ここだけは一歩も譲れない最後の砦であると考えます。


次です。

カジノ解禁について。

日本においてはカジノは賛成です。

なぜなら、すでにパチンコで洗脳されているからです。

そしてパチンコ業界を締め出せないでいる。賄賂によって。

ならば、ギャンブルの多様化による競争力を高める為には、カジノは「もってこい」だ。

ギャンブル対策も本格化するしね。

世界で日本だけですよ。パチンコを取り締まらずに放置しているのは。

このパチンコ問題を解決するためにもカジノ解禁は賛成です。


次のニュースです。

米国によるTPP不参加の表明はトランプ大統領に感謝です。

なぜなら、ISDS条項や企業が政府規制によって訴える条項など、日本に不利な条件が多かったからです。

今後は米国なしで、TPPを完成させましょう。一度目の失敗にはチャンスが隠されているように。

日本人は世界で一番信用の高い国民性ですから、自信をもってTPPを進めるべきだと考えます。

そして共に勝ちましょう!


次は、

8.3兆円の財政赤字です。

未だに、消費税引き上げを主張する人がいますが、

私たち消費者は間違いなく消費税を支払って生活しているのには違いないが、

問題なのは、商売人たちがその間接税を納めていないから消費税は悪税なのです。

だから、消費税を20%にしたところで、何も税収は変わらないし、消費が落ち込むだけで終了。

解決策は、ズバリ「在日商売を本気で取り締まること」。これで長引くデフレも解決すること請け合いです。

驚くかもしれませんが、財政赤字の原因は日本人ではないのです。当たり前です。


次は、外国人労働者100万人についてです。

中国、韓国以外の外国人労働者は大賛成です。

なぜなら、平和ボケした日本人には他人の血が必要だからです。

日本人はガラパゴスと呼ばれるように、

良くも悪くも血が濃すぎるように感じます。

実際、優秀な国民には何故かハーフが多いように、米国がその証拠なのですから、

強い種を残す方法の一つには、外国人との子供を授かれば、きっとその子が将来日本を救うかもしれません。


最後は、沖縄と「ニュース女子」問題です。

沖縄基地反対運動ですが、テロです。国家反逆罪です。

世界はテロという共通の敵によって一致団結可能ですから、

沖縄テロと認定し、世界からテロの脅威を撲滅するため全世界の協力の下、

沖縄テロ問題を速やかに解決したいと考えます。何を恐れているのですか?

方法は、強制送還です。世界との共通認識の一致です。

本物の日本人がアメリカ軍に盾突く訳がないでしょう。



では、本日はこれにて「バーイ・ホナー」






   つづく。







コメント

日経よく読む。

2017-02-04 | 社会問題
 2月4日 土曜日


 こんばんわ。 酒好きの思想家です。


私が日本経済新聞の購読者であることは日本経済新聞の人達は薄々気づいていると思いますが、その通りで、毎朝、楽しい時間を共有しております。(経済が好きと言う訳ではありませんが。)

よく日経を読んでいると、他人に「インテリ新聞だ。」と言われることがあるのですが、「適当なことも書いてあるよ。」と返しています。

実際、TPP反対が賛成に、安部批判が安部一強に、など、個人的にはお気に入り新聞なのですけどね。(他社も読みますよ。)


ところで、先週のブログですが、

大暴落が起きる可能性があると書いたのですが、

どうやら日経さんは「余計なことを言うな。」と、お考えのご様子なので、

もう一度、はっきり言いたいと思います。(トランプ大統領も聞いてください。)


米国の政権交代時には、必ず戦争や何らかの大問題が起きる!

何もない政権交代など、米国はそれほど甘い国家ではないと思うからです。

私が考えるには、FRBの利上げ、原油国世界1位、トランプ大統領の大政策を餌に飢えた狼を集めて一気に落とせば気分爽快?


日本経済が他国の二番煎じであっては「いいカモ」でしか見えないように、

「いいカモ」だと認識していれば、見えないものも見えてくる、云わば「最悪を想定して最善を行え」である。

大衆の心理によると、みんなの後について行っては破滅するのが必然なのだから、

破滅への道は、みんなの善行によって導かれて行く。

だから、日本経済は他国の轍に囚われてはいけないことになる。

英国を見習うと、

ヨーロッパ諸国が大陸にかまけている時代には海に出て、七つの海を支配し、

EU連合に行き詰まりを感じれば、離脱するように、

日本もリーダーシップを発揮してTPPを米国なしで自由貿易を行う。

日本経済はマネーゲームがしたいのか、世界平和に貢献したいのか、中途半端な状態であっては、日本は世界の「いいカモ」確定だ。

現在は全て、お金でしか問題解決出来ないようだから、政治と経済が切り離せないのは理解できますが、

問題なのは、

大恐慌をトランプ大統領の責任にしようとするところにあります。冗談じゃありません。

悪徳は一体誰なのか。なぜ、NY株2万ドル?日経株2万円? その理由が解ければ日本経済新聞の信用はウナギ昇り確定だ。

そうなれば、日本経済新聞は大暴落を救う救世者になる。

世界を逆手にとって日本経済を復活させるか、

世界のご機嫌取りで満足するのか。日経の未来はどちらだ。







    つづく。












コメント