酒好き文化風俗研究者

みんなで美味しいお酒を飲む方法を模索中!
酒好きの最大の敵であるアルコール依存症に勝つ事を支援しています。

ロシア最高指導者プーチン大統領に告ぐ!

2016-11-27 | 社会問題
 11月27日 日曜日


 こんにちは。 酒好きの思想家です。


ロシアに質問します。

「いつまで、戦力闘争が続く?」


きっとこのように答えます。

「永遠にだ。 二千年続いた島国には解らないだろうが、大陸の掟は弱ければ酷い目に遭うからだ」と。


なるほど。 それでは創めます。




結論から言います。


北方領土を永世中立地帯に日本と共同で行うことをプーチン氏が唇を切る。

日本が中立国に相応しいことを安部総理が日本国民に説明し、

ロシア国民を世界の歴史舞台に立たせることがプーチン大統領の残された使命である。

そして全世界に平和条約の締結は「こうすべきだ」と宣言する。

ロシアは戦後秩序の創造者であり、日本は敗戦を未来志向で解決する。

70年以上に渡って、平和条約が締結されていないこの異常な状況には訳がある。


共産主義の敗退、ソ連崩壊、ロシア経済の混迷、国際社会での孤立など

アイデンティティーを失ったロシア国民を再び世界の歴史舞台に登場するには日本との協力以外に方法はない。

これは日本とロシアだけの問題でもなければ、両者引き分けでも痛み分けでも決してちがう。


日本とロシアの友好条約は世界の幸福であり、世界の幸福は日本とロシアの幸福である。だから、日本とロシアは自国の幸福を追求する。

八方塞がりのロシア国民に纏わり付く不のイメージから解き放つ方法が、北方領土による世界初、共同特区による永世中立地帯の誕生だ。


日本国においての中立国家論は以前ブログに書きましたので、

後は安部総理が国民と全世界を説得する大儀名文だけですから問題ないとして、

ロシアは大陸民族の代表として安息の地など大陸感情では有り得ないのだから、北方領土の重要性を全世界に先駆けて説明する。


最終的なイメージです。

和平への一滴は、プーチン氏の一言で始まりますが、

その流れは、日本全土が米国から独立し、中立国家を宣言、

勢いは、東南アジアの島国連合が中立地帯の設立という大河です。



そこで、疑問が発生します。

なぜ、プーチン大統領なのかと。


もちろん理由があります。


それはまた次の機会にします。




   つづく。






コメント

トランプショック! 抵抗は無意味だ‼

2016-11-19 | 社会問題
 11月19日 土曜日

 こんばんは。 酒好きの思想家です。


 安部総理の方が一足早くて、

私が出遅れた感がいたしますが、

トランプフィーバー成るか? 本日のブログです。


「強い米国を取り戻す!」 「臆病者には用はない!」

口には出さないが、有能で力強い国家はどの国も不法移民に苦しんでいる。

口には出さないが、強いリーダーシップの元、不法移民を片付けてくれと考えている。

お花畑日本人も例外ではない。

50歳以下の在日の人口は5人に1人の割合だ。

それでいて、ほとんどの日本人はこの事実に気づいていない・・・・・・・。


不法移民の強制送還。 大賛成!

やろうよ! 

日本は米国の属国だから従うしかないでしょう。

「抵抗は無意味だ!」



 TPP 自由貿易についても同じことが言えます。

米国人が、米国人が作った物を買い、米国人同士でお金を回して、

米国人同士が共に繁栄することを米国人が望んでいるのだから、

日本・中国・韓国から安価な物が流れてくることに疑問を感じても致し方ない。

実際、日本も米国と同じである。

長引くデフレスパイラルの根源は、在日たちによる安価な品物の横流しにある。

これに課税するすることは米国にとっても

もちろん日本にとっても素晴らしい選択と責任だ。

国内の国民をも守れずに、なにが強い米国か理解できない。


また、

極東地域から米軍を撤退させることにも大賛成だ!

世界の警察? なにそれ? 意味解らない?


なぜかというと、

戦争は最大のビジネスチャンスだからである。

不動産王トランプ氏ならば、こんなおいしい話はない。

事実、アラスカを買い取った資金源は第一次世界大戦だ。

他にもあります。

不法移民に戦場で戦うか、祖国に逃げ帰るかを決めさせるやり方も極論かもしれない。

戦争は格差社会、とりわけ富裕層と貧困層を均等に平等に戻してもくれます。

「シンプル・イズ・ベスト」だ。



まずは、何から始めましょうか?

おすすめするのは、朝鮮半島による代理戦争。

真の目的はその奥にあるのですが・・・。


日本人の目も覚めることでしょう。

日本国が志す永世中立論の実現には、

一度、日本人をビビらせてからしか達成出来ない事実かもしれませんから。



  つつく。






コメント

世界を動揺させる男。

2016-11-13 | 社会問題
 11月13日 日曜日

 こんにちは。 酒好きの思想家です。


全世界を動揺させる男、トランプ大統領誕生!

考えすぎじゃないの?


もう少し、世界の不安げな眼差しを見てみたい気もするけど、

「ブログは?」 と言う声に応えます。


 それにしても不思議だ。

大統領に成りたい人が敗北し、

大統領に成らなくても構わない人が勝利する。

本人が一番ビックリしているはずです。

これで当分、ゴルフ三昧は無理そうだし、

好きなビジネス展開にも遠ざかるし・・・。


なるほど、社会は一度破壊してから創り直す必要があるように、

破壊する方法は「自然にまかせて」おけば善いにしても、

それでは時間があまりにも掛かり過ぎるから、

手段として選ばれたトランプ大統領の必然とその使命は、

社会問題を暴露することあると考える。

なぜなら、

問題は一度表面化すれば消えて無くなるからだ。

これ以外にトランプ大統領の得意技はないと思われる。

今後4年間、米国民が望むのはそれだ。


民主主義は擁護者を失ったと言うが、

民主主義はトランプ大統領を受け入れる。

米国では「トランプ」は切り札かもしれないが、

日本には「ワイルドカード」が存在するからね。


世界が、社会が

金持ちと労働者との対立にあるとするならば、

トランプ社長が自ら不利になることを発言すれば国民の支持を得られる訳である。

リベラルな国際秩序は、単に経済的な活力と軍事力だけで築かれているのでは決してない。

社会の秩序は普遍的な魅力を持つ一連の価値観に支えられて今日まできた。

自由と解放・法の正義・人間の尊厳・寛容と調和・多元的集合体。

それら一つ一つを的確にかつ愉快に指摘さえすればきっと楽しい4年間になるだろう。

何も現在存在する社会問題を必ずトランプ大統領が解決しなければならない理由はどこにもないからだ。


ヒトラーが言っていたように、

「社会は一度、破壊してから創り直される」

ものなのかもしれません。


重要なのは、

不法移民の強制送還です。

日本も

米国と世界と同調して不法在日たちを強制送還しましょう。

トランプ大統領、大賛成だ!




  つづく。





コメント