酒好き文化風俗研究者

みんなで美味しいお酒を飲む方法を模索中!
酒好きの最大の敵であるアルコール依存症に勝つ事を支援しています。

在日について考えてみる。

2014-11-30 | 日記
私は日本人だが子供の時から在日日本人とは親友が多い。

みな非常に優れた才能を持っている。その能力は日本人以上だ。

どうやら日本人との混血は優れているらしい。

現代、日本で活躍しているその多くは混血だ。

考えてみると、アメリカ人に優秀な人が多いのはやはり混血だからではないだろうか。

そうすると、今後の日本人は自ら進んで混血を目指すべきかもしれない。
もちろん、純血も存在した方が面白い。

コスモポリタンである中国人や海洋民族、また港町から文化がもたらされるのもうなずける。

問題なのは、日本人も在日も中途半端な状態では根っこの部分が弱く、ちょっとした事で腐ってしまうから、お互いの為になっていない。つまり不完全だ。ハッキリしていない。

私の友人の在日は頭が良く、金儲けも上手いが、お酒を飲むと日本人に対して文句ばかり言っているが、何を言いたいのか良く解らない。

つまり、目的の明確さが必要なのではなかろうか。目的を混乱しているのではないだろうか。目的から目を逸らしているのではないのか。
日本人も在日もここからは逃げられない。逃げればますます混乱が増すばかりだからだ。考える時は来ている。

今後の日本は平和的憲法によって東アジア諸国の安全を守る使命が待つのだから、その為にも国内の在日問題を解決する事が何よりも重要だ。

一度問題を引き起こして解決するやり方はあまり好きではないが、問題が起きなければ何もしないのでは問題が大きくなってもしかたがない。

現在の日本は平和ボケをしていると言われるように、脳は退屈させると犯罪を引き起こすように、在日問題を正面から向き合って解決した方が良いのではないのか。






コメント

今の日本にはアベノミクスの強化が先決だ。

2014-11-23 | 日記
日本の政治を前に進める為にはアベノミクスの強化しか今の日本には政策がない。

反対するのは簡単だが、それに変わる目標も無ければ、目的も無く、やる気もない。

次の選挙は自民党の圧勝で終わると思いますが、
問題なのは、その後の自民党の政策です。

GDPとGNPを回復させる事と、諸外国の脅威を感じている現在では、
軍事産業に力を入れて日本ブランドを海外に輸出するか、
また、日本の新たな軍備を整える事が一番の秘策でしょうが、
その為の国家的大義名分が必要です。

それと、国内需要を考えますと、在日問題が上げられます。
現在は日本も在日もどちらも中途半端な状態で何がしたいのか良く解りません。
ハッキリとスッキリさせるべきだと考えます。

労働と報酬については、労働者が何を望んでいるのかを調べて、それが働けば手に入るシステムを「見えざる手」に任せて置くのではなく、責任者の強化によって現場は活気付くのではなかろうか。

消費税率を10%に上げる前に、日本のレベルを10%、上げるべきだと考えます。





コメント

日本人ほど自然法がしっくりと感じられます。

2014-11-23 | 日記
私達の毎日はなぜだか解らないが、楽しいことばかりは続かない。
楽しい事を引き延ばすには苦痛を道ずれにしなければならない。

時間は絶え間なく流れるように、悩みや苦しみがそれ自体、無くなる事は一瞬でしかなく、
そのほとんどがストア派の言う通り一切皆苦、ブッタと同じだ。

望む事とは正反対の現象が起こるこの世界で、幸せを追いかるほど、困難が増し、苦しみを受け入れればさらに苦しくなる現実では、いつしか人間は不安定になり、無常の真っただ中に陥ってしまう。
そうなった時にこそ「初心忘れべからず」つまり自然法だ。

自然とは習慣であり、習慣は第二の天性であり、忙しくて心を亡くした大人達の心の故郷だ。
休日に自然と同化する遊びに人気があるのは当然ですね。

また、日本人ほど異質な労働観念や、運命共同体の情緒、自然への感謝を持った民族はいないと思われます。
なぜなら、
我が国は、地震や台風といった自然環境の厳しい、春夏秋冬の四季が美しく、連帯性のある感性と、独自の文化と伝統を持った異国情緒ある国だからです。

思うに、日本人が目指す目的とその方向性は自然的なものとの一体感のある自然法がより相応しく日本人には同意しやすいのではなかろうかと思うのです。

世紀末とは、自然に感謝を忘れた時に訪れる人間の驕りかもしれません。






コメント

人間というこわれやすいもの。

2014-11-20 | メンタルヘルス
私達の失敗の要素は、外から与えられるものよりも、むしろ自らが自滅する選択を自らが犯している。

その自滅する原因は自分自身の中にある不安定要素が大きく関与しているようである。

酒好き達は現状維持では勝ち目がない。
幸せを常に拡大し続けなければ幸福は存続出来ない。
なぜなら、
私達は自己の破滅を自ら目指して努力する負のエントロピーだからです。

熱力学の三大法則を言い換えるとこうなります。
「勝ち目はない。どうやっても負けるだけ。しかも勝負から降りられない」と。

成熟防御と環境対処が出来ない者は必ず最後に失敗するように出来ている。

実際、実力よりも、ほとんどの人は自滅で勝敗が決まっている。

幸せになるには才能はいらない。

それよりも、自滅的遺伝子を選択しない成熟した親子関係や人間関係が必要なのです。

人間は生来、信じやすくて、疑り深く、臆病で、向こう見ずなものですから。



コメント

愛の概念がない人は、愛のない人になります。

2014-11-16 | メンタルヘルス
愛とは概念だから、愛を語らなければ人間愛では無くて、動物愛になる。
つまり下等生物だ。

動物愛だけでは下等動物と同じで非人間的だから、思わせ振りな恰好をした裸の猿になります。

実際、ブログを始めてから沢山の事に気づきましたが、その中でも一番気になったのが、愛についてのブログには一切コメントが無い事です。

みんな愛について関心がなのだろうか。

ブロガーの人達はレベルの高い人が多いですから、反応があると思っていたのにそれが無い。

ブロガー以外の友人に聞いてみても笑われるだけで話が続かない。

これは日本人には愛がないと言うことなのか。

動物愛の下ネタは敏感に反応するが、人間愛はさっぱり。

動物愛では子供が出来たら終わりじゃないの。

男性はそれでもいいかもしれませんが、女性はどうなのだろか。

しばらく愛について思索してみようと思います。




コメント

一度メタボになる方法を考えてみる。

2014-11-15 | メンタルヘルス
メタボになるには、大きなエネルギーが必要ですから、食べずにエネルギーを消費すればメタボにはなれません。

エネルギー保存則をメタボに当てはめて考えてみますと、人は負のエントロピーを食べて生きていることになります。

つまり、逃れる事が出来ない運命と言うことです。

逆に痩せている人の事を考えてみると、痩せた人の大食いは正しいエネルギー消費量です。
目標はここにイメージすることですね。

お腹一杯食べる事が問題なのではなく、食べた分だけ働けば良い事になります。
従って、食べた後すぐに寝てしまうからメタボになる訳です。

一度得たエネルギーは消えないように、一度放たれたエネルギーも戻っては来ませんから、どの道、私達は無意識のレベルで好きなように食べていては破滅することになります。

では、正しい選択とは何か。
自らの過ちに責任を取る以外に誰も答えが出せないのが現状のようです。

メタボはいつから始まったのでしょうか。
メタボと肥満は違うものですか。
メタボは他人に迷惑を掛けるものなのでしょうか。
メタボは怠けものなのでしょうか。





コメント

ダイアモンドを知らない者はガラス細工のおもちゃで満足する。

2014-11-14 | メンタルヘルス
ポアンカレ著書「事実と幻想」にはこう書かれています。

「事実は過酷なものであり、幻想が時に心を休ませてくれる。
私達に信頼を与えているものとは、実は幻想に他ならない。
しかし、幻想は消え去る。
そしてその時に人は希望を持ち続けて行動し続けることは出来ない」と。

私達の本当の不幸は自らの被害妄想と勘違いによる思い込み以外のなにものでもないが、
事実は予想を裏切り、人は幻想なくしては生きられないのです。

確かに本来、失敗と言う概念は無い。失敗を自ら認めなければ失敗は存在しないことになる。

いらない想像をすることが多すぎて、混乱し、自ら墓穴を掘る。

未来は恐怖を、過去は怒りを連れてくるように、
苦しむことを恐れる人は、既に恐れることを苦しんでいる。
その恐れと怒りの原因の95%は思い違いであるが、残り5%はエゴやわがままです。

本当の敵は全て自らの中にあるのだから、この呪縛を解く方法は感謝しかなさそうです。





コメント

目標は日本ブログ村を首都にする事がみんなの誇りだ。

2014-11-13 | 日記
10年とは独立の為の礎ですから、100万人を超えれば、より大きな目標が必要です。

医学生も10年で医者になり、
のれん分けは10年経てば独立です。
タクシーの運転手も10年で個人タクシーになり、
ホテルの従業員も10年間、一つのホテルで頑張ればスカウトが来ます。
アナウンサーは10年でフリーに転向し、
ビジネスの世界の成功者も10年経てば、経営者に成り、
経営者もまた、会社が10年続けば一流の証です。
ブログ村も当然のように、10年過ぎればブログたちの統領です。

そしてその次は合併で、合併の次は共和国の独立ですね。わくわくします。

ブログを経験すると、すぐ解る事があるように、
それはブロガー達が一般の人と比べてレベルの高い人が多いように、文字離れが進む現代の日本あっては、ブログは活字離れの最後の生命線であり、未来への懸け橋となります。世紀末での救世主のようです。平和と知恵の守護神です。

最後に一言だけ。
レオナルド・ダ・ビンチはこう言っています。
「書け!書くのだ!世界の歴史に名を残した偉人達は何をしたと思う?そう。書き残したのだ!」と。

















コメント

現在の外交では平和への決意が感じられない。

2014-11-12 | 日記
外交には力が必要ならば、その力は正義であり、正義は悪魔でもあります。

外交の目的が平和活動ならば国旗はいらないが、各国の利益の為なら応援団が必要だ。

かつては、戦争も外交手段の一つであったように、いっそ隠し事なしで公開してみては外交の意味が代わって良いのではなかろうか。

うその無い、すがすがしい外交には面白味が欠けるかもしれないが、各国に偽りが無いと自信になる。

私達の人間性は二千年前から何も変わっていないと言われるように、つまり不完全なのだから、人は間違ったことしかしないものです。

正しさが解らないから、力が正義になるわけで、そこに問題がある。
実際、過ちから逃れれば、過ちを追い、過ちを認めれば、さらに過ちを繰り返すように、悪いものが良いものの数を上回っているのも現実です。

だから、ハッキリ言えばいいのです。
「この世に正義も無ければ悪もない」と。
「世界は一部の者が支配するのであって、市民は善き犠牲者である」と。
そして「平和の実現は不可能なのだ」と。

外交に信念は無い。あるのは利権だ。
だから、外交に責任は与えられない。行う事は敗者の創出だからです。
私達の考えとは裏腹な外交です。

本来は、問題解決能力の高い外交が理想ですが、世界では正しい事を行えば殺さるように、
また、民主主義では多数派に力があれば、中国やインドの未来は明るいものとなるはずが、そうではないように、人は争うことが大好きです。

この世が楽園ならば、争いを利用する事も出来ますが、事実は悪徳の方に勝敗が明確です。
事実は良ければ良いほど、悪くなりますから。
外交で世界が平和になるのであれば、二千年前にすでに平和になってはずですから、大事な事は目的の明確さの統一だと考えます。








コメント

群れからはぐれたトドは死を意味するのか?

2014-11-11 | 日記
時々、動物は群れを守るために自らを犠牲にして群れから外れるように、人間も同じです。

家族を守るために兄弟は別れ、会社を守る為にリストラ要員となる。
学校では集団教育に就いていけない者を弾き出して、集団の中に居場所が無くなると事件を起こす。

集団からはぐれた動物は生きられないように、トドも早く故郷に帰るか、ペットにするかのどちらかです。

動物哲学によると、生物の死はそれほど悪いものではないらしい。
むしろ生きながらえる方が問題だ。

長寿は幸福論の一つだが、役に立たないと生きた心地がしないものですから、このトドにも集合体に対して役立つ事をしなければ生きられなくなるはず。

どの道、死ぬ訳ですが、役に立って長生きするか、すぐ死ぬかのどちらかにしても、トドにはその選択をする動物権があります。

仮に、人間が食べるとしたらどうなるでしょうか。

生命の維持の為に食するなら、正論ですが、グルメの為では最悪です。
では、クジラやイルカはどうでしょうか。

かつて日本は食べる物がなく、餓死する状態では正論ですが、現在の自給率では正論でしょうか。

せっかくトドが来てくれたので無駄にはせずに、トドの事を思い考える事は、きっとトドも喜んでくれることでしょう。






コメント

日本に永世中立国家を宣言しよう。

2014-11-10 | 日記
新しい概念とは驚きの中に隠されているもので、逆に驚かない常識では役に立たないものです。

テレビや新聞の報道は事実に基づき闇を暴くものであって、その後に続く者はいつの時代も若者です。

老人国家の現在では、闇の部分には事欠かないとして、若者には次の世代を担う使命が待っています。

私が生まれたその年に、宇宙飛行士「ニール・アームストロング」が月に最初の一歩を踏み出した時、
その偉業を陰で支えた技術者たちの平均年齢は26歳です。
ケネディ大統領が人類を月に送ると発表し、後にこの計画に参加した技術者は大統領の言葉を聞いた時は18歳だった事になります。

明治維新の立役者である幕末の志士たちの平均年齢も二十代後半です。
いつの時代も革命は若者が起こすものです。

今ある憲法を厳守し、国民感情を無視してはいけませんから、安倍総理大臣が発言したように、国家のアイデンティティーは自然的で、偶然的で、運命的な特殊な意志を持ち、世界も同様、オリジナリティーに溢れた価値の高い国家の創造を望んでいるのです。

一国の存在価値とは、目に見えないものとの協力の下に行われる芸術なのです。
それは、人為の力に及ぼすところよりも、天為によって強く影響されています。
過去、日本の存続は共同体による奇跡に似たものであって、私達の理解を遥かに超えたもののように見えるからです。

日本に永世中立国の創造は日本の取るべき道であり、神風たちの遺志であって国家千年の計であります。











コメント

引きこもりは低体温による冬眠状態。

2014-11-09 | メンタルヘルス
熱い男に引きこもりはいないように、それはジッとしていられないだけです。

外に飛び出して暴れるくらいなら、部屋で長い冬が明けるのを待つのも一つの手段ですが、引きこもりも10年続けば病気になります。

実際、何をやっても上手く行かない時があります。
何もかもが裏目裏目に出てしまい、生きる事に価値が感じられずに死にたくなることだってあるはずです。

幸運や不幸とは一体何を意味するものであるのか。絶対的確信を持って断言出来る者は結局のところ誰もいません。

オタクでも良いと言う考えもあります。
他人に迷惑を掛けずに、自らの好きな事に人生を懸けて追及するのであれば、それはノーベル学者と同じですから何の問題もありません。
ノーベル学者も初めから自らの研究が社会の為になるなどと考えていないからです。

また、コミュニケーションが下手な人ほど成果が大きかったりしますから、無理に人に合わせずに、他人に気を使わせることもなく、時間を無駄にしないで、熱いものを食べて、熱い人になることです。

熱くなるには、牛丼屋さんがおすすめです。
なぜなら、
牛丼屋さんで引きこもりのお客さんを見たことがないからです。
牛丼に卵、ショウガをたっぷり乗せて、熱いけんちん汁、これです。

この世は臆病者と怠け者には用はないのです。

人はどこから生まれて、どこに行くのか。そのカギは自立にあるのだから。










コメント

TPPが始まれば自給自足が恋しくなる。

2014-11-08 | 日記
自然法に従うと、
自然と一体感を感じる事は都市化が進む過程で、より自然的であるが、自由貿易が発達した後でも自給自足は不滅の哲学です。

資本主義だけでは、食べ物を運んで自らが餓死するように、全ては中庸が肝心です。

美味しいものを食べる秘訣は、不味いものを食べなければならないように、自らが額に汗して作り出した食べ物には感謝が付いてまわります。

豊かな社会を実現する為の機会を全ての人に公平に与えることは善き社会の一つの側面です。
しかし、公平さが全てではありません。
より大きな意志を持つ公共生活の渇望がそれによって満たされることはなく、公平さによって社会統一というシステムが個人を超えた共通善に関わりたいという人々の願望と結び付けられることはないからです。

よりグローバル化された社会やTPPによる整備された環境の中では、いつしか工夫する楽しみを忘れてヤル気を失い、地方の活性化や個人の自立が奪われる可能性があります。

収入や利益は社会に役立つ努力やスキルを引き出すものですが、それ以上に私達は何を継続するのかが自給自足論の基準となります。

正しい決意を持った人達による公共生活への貢献と、その逆に位置する自給自足はバランスの取れた幸福論です。

コメント

愛は役立つ人を愛するから、自己犠牲的な献身は愛に当たる。

2014-11-07 | メンタルヘルス
私達は生かされているのだから、そこからしか自己犠牲的な態度が正当であるということが理解できないものです。

現代人に不足しているものは自己犠牲です。

生命の根源は自己保存にあるが、自己保存だけでは強いものだけが生き残れば後は何でも許されてしまい、それでは単細胞生物と何も違わず、そんな事を自然界は望んでいない。

自己犠牲と言えば苦痛を想像しますが、苦痛と快楽は表裏一体ですから、苦しみの解らない者に幸福が解らなのと同じです。

ギブ&テイクだけでは相手に見返りを与えなければ、すぐに関係がストップしてしまうから、お互いが自らを離れることによってこそ、愛は解放されるものです。

人生は刺激的だ。それも他人の為に生きる時が一番刺激的だ。

愛は痛みでもあり、痛みである愛は神からのメッセージです。

何かを得るには何かを差し出すのがこの世の道理であるから、与えなければ得られないのが愛なのです。

自己犠牲はエゴで生きている人達には受け入れがたいものであり、素直さが要求されるものです。
どちらにせよ、自己犠牲を避けることは、自己犠牲へと導かれる。それは避けては通れないのです。

人間のカルマとは自らの犠牲によって社会問題を解決する事が、解脱となるように、
命と命には本気で応えなければ見えない感動や成果が沢山あるように、
愛には愛でしか見えない世界が隠されているのです。

EUではこれを知らない者は生きているとは言わない。生きながらえているのである。中途半端な愛ほど、苦しいだけで終わるものだからです。

シェイクスピアはこう言います。
「苦悩の深手が眠れる快楽を甦えらせる」と。














コメント

他人の健康を考えると自分が健康になれる。

2014-11-06 | メンタルヘルス
自分の健康を考えると病気になり、他人が病気になると自分まで病気になると言うこの世の掟では、他人の健康を考えると自分が健康になれるという不思議な現象が日常的に当たり前になっています。

ストレスが無い人はいないように、ストレスの解消法を自分流に考えた方が一番良さそうです。

酒好きたちのストレス解消法。

ちょっとした悪であるお酒は、時に善になる。
なぜなら、
それは人間に備わっている隷属である以上、使わなければいっそう過激な方向に走る危険が含まれており、不満やストレスにはこの悪でもある、お酒が毎日の生活を潤すものなのです。

私達が生きるこの世界にはお酒という、ちょっとした悪を用意する必要が高まり、そのちょっとした悪が、毒であって、薬であり、健康を保つバロメーターとなるのです。

モンテスキューはこう言っています。
「人には、ほんのちょっとした悪徳を用意する必要がある」と。

人はお酒を飲んでいない時に陰謀家になって行くのです。

酒好き達の具体的なストレス解決法は、
1、汗を流してスッキリし、次の一杯に備える。
2、ソサエティーに参加し、精神を安定させる。
3、他人の健康を考えてお酒を飲む。
4、わざと、騙されて見る。笑われて見る。聴き手に回って見る。
5、カラオケを唄う。異性と一緒に盛り上がる。
6、気風良くして男を磨く。女性は男性の支払いに男を感じる。







コメント