Blog版一言日記

私、雑音領(ざつね・りょう)の一言日記です。

ぼくは今、夢を見ているんだ2020

2020年06月20日 21時33分53秒 | 日記(アニメ感想含み)
(2019年版はこちら)
(2018年版はこちら)
まぁ、筆者にとって本格的な今年の録画消化が始まったばかり、と言うことで一つ。
(TOKYO-MXの"仮面ライダー(第一作)"を塩漬けにしていることから眼をそらしつつ……)

そうだ
これは夢なんだ
ぼくは今、夢を見ているんだ
目が覚めたとき、
今はまだ令和二年初頭
一月二月の仕事での修羅場をかいくぐって三月になったら、
アルビレックス新潟の大改革
(初のスペイン人監督としてアルベルト監督が就任し、ゼネラルマネージャー職を新設した)
が「吉」と出てJ1復帰の為に怒濤の快進撃を繰り広げて、
東京五輪とW杯アジア二次予選に向けて森保監督が大車輪の働きをするんだ。
って、
まさか三年続いてこのネタが出る状況になるとはorz……。
(新型コロナウイルス性肺炎禍でJ2リーグは一節目を消化した時点で延期し、6月末にようやく再開し、東京五輪は中止含みの開催延期)

・"ライフル・イズ・ビューティフル"#11「シューティング・イズ・ドリーム」
団体戦終わる。
戦い終わって日が暮れて、余韻残して余興をやって、そしていよいよ個人戦へ。

・"ルパン三世 PART III"#1「金塊はルパンを呼ぶ」
キャラクターデザインが独特すぎることで有名なPART IIIの開幕編。
……なのは良いけれど、
第一話が尻切れトンボとはこれ如何に!?
(変にひねらずにお宝を手に入れたことを示唆する終わりなんだろうけど)

・"空挺ドラゴンズ"#1「クイン・ザザ号」
世界観解説編。
でもって、クイン・ザザ号が「厄介者」と紙一重(捕竜船がドラゴンを連れてくる、的な縁起の悪さを嫌がる地上の住人達もいることもさることながら、クイン・ザザ号がモグリの捕竜船なことも原因)の扱いを受けているんだなぁ。
(だからこそ、タキタのような新入りや、ミカのようなあくの強い人物も引き受けているんだろうけど)

・"仮面ライダーゼロワン"#17「ワタシこそが社長で仮面ライダー」
天津社長、まさに「1000%」な完全勝利。
(「ZAIAスペックを装着した華道の家元」で「生け花の知識を学んだ花屋仕様ヒューマギア・一輪サクヨ」とのお仕事対決に勝利し、原理は不明だが一輪サクヨを民間人の生け花審査員の前で暴走させて「ヒューマギアの危険性」を周知させ、「仮面ライダーサウザー」に変身して「仮面ライダーゼロワン」を圧倒した)
或人はここから巻き返せるのか?
(それ以上に迅(*1)が再生産されて暗躍していることの方がよっぽど問題なんじゃ)
*1 ラストシーンでプログライズキーを強奪したフード姿はどう見ても…… 

・"ゾイドワイルドZERO"#13「漆黒の魔獣!ドライパンサー!」
ギレル中尉、帝国軍人としての職務と上官(コリンズ准将)の汚名返上の折り合いのために立つ。
(ディアス中佐の陣地に投降し、鹵獲機という名目でスナイプテラを「ジェノスピノは無敵だが、ライダーにかかる負荷が大きすぎる」と言う情報と共にディアス中佐に貸し出した)
一方でシーガル准将とランド博士(今回、サリーとの関係を示唆する描写がある)の不協和音も発覚して……。
(ランド博士が指揮権行使を持ち出す直前でシーガル准将が折れた格好になったが、元々科学者と軍人の価値観の違いがあり、ここでそれがもろに出た)
Zi-ジェネレーター端末の発動がワイルドライガーにさらなる力を与える、のは良いのだが、状況がそれを許してくれるのか?
(シーガル准将が折れてZi-ジェネレーター奪取のため出撃させたドライパンサーが厄介)

コメント   この記事についてブログを書く
« サイトを更新しました(令和二... | トップ | 月曜日(令和2年6月22日)の仕... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日記(アニメ感想含み)」カテゴリの最新記事