ふんでノート ~ちいきづくり・まちづくりと日本語教育

ちいきづくり・まちづくりと日本語教育をつなぐことを,「場づくり・人づくり」から進めていきたいと思ってつらつら書くノート

自覚

2009年11月04日 00時23分48秒 | いろいろ
外国人に対する日本語教育にしても外国人政策にしても何にしてもリアリティが大切だと思う。

政策レベルで形に出てくるものにリアリティがかけているのは多少はやむを得ないにしても。それにしても具体的にどういった人がどういった形で元気になるのか、それが当事者の想いとどこまでちかいものなのかということを、どこまでイメージできるかが勝負なんだろうなと思う。

...最近、リアリティが自分の中から少しずつ薄れてきているなと感じます。仕事、職場がらどうしようもない部分もあるのだろうけど。薄れてきているということを自覚しながら仕事をしないといけないんだろうな。
コメント