ふんでノート ~ちいきづくり・まちづくりと日本語教育

ちいきづくり・まちづくりと日本語教育をつなぐことを,「場づくり・人づくり」から進めていきたいと思ってつらつら書くノート

絶え絶え

2016年09月30日 10時14分31秒 | いろいろ
ひさびさに息絶え絶え。

何とか生きてるか。まったく手付かずのものが減ると、少し気分的に楽になる。もちろん、手をつけてから終わるまで長いけど!
コメント

2016年09月29日 17時24分28秒 | いろいろ
今の職場に来てから一番の山場?忙しさのピークかも。

終わる気がしないけど、仕事ばかり増えていく。やばめのものも多いし。

踏ん張りどころやなとは思うけど、うまく取捨選択せんとあかんやろな。どこまで何を捨てれるか、妥協できるかやな。

…って、今日一個捨てた。それでどれぐらい回るようになるかは微妙やけど。いけるっていう気持ちの維持もせんとあかんし、その一方であれもやらんかった、これもやらんかったってなると、それはそれでテンション下がるし、難しいな。
コメント

喜ぶ

2016年09月28日 00時55分45秒 | いろいろ


作ると言って、作ってくれたもの。
フィリピンの料理。2ヶ月経ち、3ヶ月経ち、ようやく自分の場所になり始めたのかなと感じた。

やりたいことをやれるのはいいこと。

安心できる居場所じゃないと、自分をさらけ出して学ぶなんてできない。勉強が分からないということを聞くまでも同じくらい時間がかかった。

つくづく思う。

めっちゃすっぱうまいごはんに、いつも理屈だの筋だの言ってるけど、普通にうれしく思った。
コメント

飛び込みの営業

2016年09月28日 00時14分49秒 | いろいろ
飛び込みで地域の民生委員の家を回って、事業のチラシを配る。出てくれない家も多い中、一人だけ話を聞いてくれる。最初は本当に怪しまれたけど、丁寧に話をして、もしかしたら信じてもらえたかなぁと。自治会の集まりで言っておいてあげるって言われたときに、「もし、必要だったら説明に伺います」と言ったものの、そのあと連絡もなく、なくなったかなと思ってたら。

急転直下。急に校区の自治会の人の集まりで説明させてもらえる、しかも、自治会の全班にチラシを撒いてもらえる(回覧板で回してもらえる)、さらに自治会の掲示板にも貼ってもらえる…なんてことに。

これまで地域の自治会はそこまで…と思っていたけど、こんなに強いのかと改めて感じた。地域によって強さに差はあるんやけど。

小さなこと、地道なことでも、そこから広げていくって大事やな。広がらないかもしれないけど、でも、やれることを丁寧にやるって大事やなって思った。

ちょっとうれしかった。
コメント

距離

2016年09月27日 23時29分07秒 | いろいろ
うちの職場には外国人がたくさんいる。国際結婚もいる。

当たり前だけど、みんなそれぞれ背景も状況も違う。スタンスも違う。

時々、話をしていて違うということがわっと立ち現れる。それは単に文化や考え方や習慣などが違う、でも、違うのっていいよね…ってレベルの話ではなく、「外国人のことを分かっていると思っていたけど。全然分かっていなかったことがわっと立ち現れる。そこに壁や断絶があると思っていなかったところに壁や断絶があるということに気づく。それが見えるか、見えないかで全然…」

なんて言うのかな、いろいろなことを意識したり、気にしたりせずに生きることができる、つまりマジョリティだったし、今もマジョリティだということに気がつくということ。


何となく、はっとして焦るような気持ちになるけど、とても大事なこと、大事な瞬間なんだろうと思う。
コメント

大したことではない

2016年09月26日 01時18分45秒 | いろいろ
今の職場に来たのは、信じられる仲間と仕事をしたかった、現場で喜怒哀楽のある仕事・人と接する仕事をしたかった、やり残したと思っていたことにチャレンジしたかった、現場でどこまで何がやれるのか試してみたかった、もう無理だと思った…そんなところかな。

何だろう、ふと急にそんなことを考えた。なんてことないことばかり。
コメント

自尊

2016年09月25日 22時48分24秒 | いろいろ
最近、自分の自尊心が割と低いなぁーと思う。何があるわけやないけど。

いろんなこと変えようと思い、まずは足取り軽く、人と話すことから。

大人も子供もいろんな人たちと話をして、いろんな思いを感じて、よくわからんけど、そこから頑張ろうと。

小さなことやけど、それぐらいのことからしか始められへんからな。少しずつ。
コメント

お飾り

2016年09月25日 00時11分04秒 | いろいろ
昨日、話をした人はお父さんが海外出身。イスラム。今は離婚していて一人親だけど、別に一緒に暮らしているわけではなく、兄弟だけで暮らしている。毎日早朝から夜までバイトで、仕事を休ませてももらえない。

楽しかったり、安心できるわけではないけど、暇だから来ている。時間つぶせるし。

そのほかにもたくさん。


決して、マジョリティが期待する話ではない。でも、そんなもんでしょ。そこまでつきあってらんないし、そういう付き合い方をせんとあかんと思われていないということを良かったって思うべきなんかな。

「そうやんな」って思った。支援を希望する人のお飾りは変や。
コメント

問われること

2016年09月25日 00時04分56秒 | いろいろ
自分の限られた範囲の経験で語ると、ジェンダーについて研究している人たちは、とても権力構造に敏感で、クリティカルだなと思うことが多い。また、ポジショナリティを問題とすることも多い。だから、男性であり、日本人である自分が、いろいろな壁や社会の矛盾、ゆがみが生じないところで生きてきたことを痛感したり、問われることが多い。それは問われている気がするということではなく、実際に問われることもある。

試されていると感じることもとても多い。それは自分がそう思っているだけなのかもしれないけど。

…とても萎縮するし、どう立ち回っていいのか分からないことも多い。

これは勝手な想像と思いつつ、でも、思うこと。きっと、それはマイノリティが社会の中で生きるということそのものなのかもしれないと思う。

問われることもない自分と問われる自分、説明が求められる自分、説明したにも関わらずスルーされたり、さらっと流されたりする自分。望むと望まざるとに関わらず、説明が求められる、返事を求められる…等々。

やっぱり当たり前やけど、社会はフラットではない。
コメント

公共性

2016年09月24日 23時53分01秒 | いろいろ
昨日は公共性に関して議論。公的な、共通の、開かれた…等々、いろいろな意味で公共性が用いられ、議論されたりするけど。

今の仕事に照らして言うと、外国人・外国につながる人々のエンパワメントのための環境整備は…どうしても事業の対象が限られてくる。また、構造的なしんどさや制度的な不備などが壁として立ちはだかる場合、どうしても「敵を見つけて闘う」的な発想になってしまうことが多い。

それをどうやって乗り越えるかということは、ずっと課題となっている。

…細かく見たら、偏っているけど、全体としてみればバランスが取れている…そんな方法が必要なのかもしれないな。


よくある話やけど、ヘイトスピーチをする人との間に多文化共生・共存は成り立つのかみたいな話は、例は極論やけど、そんな状況に陥ることは多々ある。どうやっていろんな課題を開かれたものとして整理していくかって難しい。

何となく整理したいと思っていること
 公的な…権力、正義、判断基準
 共通の…葛藤、矛盾
 開かれた…対話、共生、共存

いずれに関しても排除と自由、構築過程は大事かな。とにかく、よー分からん。
コメント

再発見

2016年09月24日 23時13分13秒 | いろいろ
自分がどういうところで萎縮するか、何が苦手かということを改めて発見した日。

それは決してうれしい?ことではないんかもしれんけど。でも、人を介してしかわからないこともたくさんあるなぁと、つくづく思う。

いろんなところが足らん自分をそのままですきになれるほど、自分は懐深くないけど、でも、そう簡単には変わらんやろうし、どうしようなぁーと思う。
コメント

素朴に

2016年09月23日 22時38分35秒 | いろいろ
話してて楽しい、もっと話したい、がちでやりたいと思える人と会えてうれしい。

コメント

恵まれてるのかな

2016年09月23日 22時35分16秒 | いろいろ
久々に勉強会。

賢いやつもおるし、強いやつも、しぶといやつも。

学ぶことがたくさんでありごたいという以上に、分かることも分からないことも含めて、全く何も意識せずに思ったことをそのまま話せるのはうれしい。

話したいと思ってたことを話せるのはうれしい。

コメント

地域に入って

2016年09月22日 01時06分19秒 | いろいろ
国流のアピール?自分のアピールは何をしたらいいのかわからん。みんな、上手にやりよるんかな。

むかしからずっとにがてて今もずっと苦手。チャンスはいっぱいあんねんけどなぁ、どないしたらええんやろな。

とにかく、苦手やわ。
コメント

仕事

2016年09月21日 00時21分45秒 | いろいろ
今の職場に来て、いろんなことを前向きに信じようと思ったし、迷ったら信じるようにしてる。

今日、職員に対して面談して…というか、面談を始めて、やりがい、仕事の楽しさ、おもしろいと思いながら仕事をしていると聞いて、もちろん、言えないこともあるのかなと思ったけど。いや、これはまじや、でも、十分な待遇ではないのは確かやから、それを何とかしたい…と強く思った。

そこを大事にせんと、人と人が働くのは大変やって思った。

牧歌的すぎるかもしれんけど、そう思った。

仕事は搾取や疲弊や命令からはできるだけ遠く、希望ややりがい、喜びや時に悲しみなんかに近くないとあかんなと思った。

ありがとうございます。
コメント