ふんでノート ~ちいきづくり・まちづくりと日本語教育

ちいきづくり・まちづくりと日本語教育をつなぐことを,「場づくり・人づくり」から進めていきたいと思ってつらつら書くノート

ぼく。

2006年10月30日 02時04分26秒 | もろもろのこと
先週から新聞を二紙取り始めた。読んでるとすごく面白い。取り上げる記事が違うというのがあるし、取り上げ方ももちろん違う。

最近ぼくが目にする研究では、構築主義的な観点から言説がどのように構築されるかというプロダクトあるいはプロダクトの過程に視点が置かれることがわりと多いのかなという気がするんだけど。最近、過程も興味があるけど、プロダクトの視点にすごく興味がある。ある視点からものが書かれるからこそ、逆にプロダクトされなかったものがあるわけで。こういうのってnew ethnographyの領域においては結構議論されてるのかな。

ま、それはさておき、視点の違いを出してくると、完全な相対主義になってしまいそうな気がするけど。事実がどうかなんて分からないし、視点が無数にとり方があるように事実の捉え方も無数にあるはず。おそらく事実という概念そのものに対する態度を保留する戦略なんだろうと思うし、そんなことは結論が出ないんだろうなという気がする。むしろ、じっくりと見ないといけないのはどうしてその視点が取られたのかというところなんだろうな。

そうなると何日か前のブログでも取り上げたけど、やっぱり杉原達雄の一言が気になる。

「ここでおさえておくべきは、植民地支配の結果として故郷を離れることを余儀なくされるという『客観的な背景』が、島を出ようとする人々の主観にあっては、所得や文明なるものを求めてという形での『主観的選択』として表出せざるを得ないという落差の構造である。その意味をこそ、掘り下げねばならないであろう」

こういったことを考えると、結局、実践にしても研究にしても自分のよってたつ立場、自分をじっくりと振り返らないとだめなんだなということを痛感する。ぼくはどこのどいつ何やろな...。改めて振り返るとするか。
コメント

ごっつシンプル

2006年10月29日 20時27分12秒 | 人づくり・場づくり
大学で教えはじめて1年目に教えてた学生からこの間メールがあった。「最近何してるんですか?」「国際交流協会で働いてて、ボランティア活動の組織とか運営のお手伝い、外国人のための居場所つくりとか生活のサポートをしてる」って返事をしたら、「会社と家だけで生活するのが辛い。わたしもボランティアできますか?」って。「もちろん」ってことで、今日、初めて参加してくれた。

たまたま彼女の母語を話せる人もいて。母語で思いっきりしゃべって。もちろん、日本語でもいろいろとお手伝いをしてくれて。

じっくりとは話せなかったけど、すごく表情が生き生きとしていたし、活動が終わった後もしばらく楽しそうに今日出会った人と話し込んでた。

めっちゃええ表情で「先生、また次も来ます!」「先生はやめような。やまきゅうでいこう」「ははは、慣れるまで時間かかるかもしれないけど。また来ます」って帰ってった。

ボランティアって自分が相手に貢献するってイメージがあるけど、種類によっては相互に得るものがあるということを再確認した。

そうやってみんな生き生きできるような活動、場所、町を作りたいと思った。目指すものはシンプルやね。
コメント

ほっと一息

2006年10月27日 22時45分41秒 | 人づくり・場づくり
今日、事業評価が終了。とりあえず、ろくすっぽ寝られない、寝たとしても起きた時に「あ~あ、寝てしまった」という日が今日で終了。

とりあえずほっとした。ひさしぶりに飲んだ。
コメント

声を刻む

2006年10月25日 22時36分49秒 | 人づくり・場づくり
中村一成『声を刻む 在日無年金訴訟をめぐる人々』という本を読んだ。6月ごろに話を聞く機会があったんだけど、本は読む時間がなくって。在日コリアンの歴史を知らないということだけでなく、いわゆるニューカマーと呼ばれている人たちも結局「日本」に同じように扱われ、同じような道をたどりつつあるんじゃないかってことを感じた。細かい部分での違いはあるけど、何か本質的には同じ部分が多いと思う。

それから、もう一つ思ったこと。国の圧力、同化の圧力、それを知らない側にいるぼくは精一杯の想像力を働かさないと気が付かないうちに同じ側に回ってしまうんだろうなということを強く感じた。他者のリアリティを追求しつつ、でも、決して理解できるとは思わないこと。大事にしたいと思った。

あと、もう一つ、本の中で杉原達雄の『越境する民』が引用されていたんだけど、それがすごく心に響いた。

「ここでおさえておくべきは、植民地支配の結果として故郷を離れることを余儀なくされるという『客観的な背景』が、島を出ようとする人々の主観にあっては、所得や文明なるものを求めてという形での『主観的選択』として表出せざるを得ないという落差の構造である。その意味をこそ、掘り下げねばならないであろう」

すとんと落ちた。
コメント

多文化子育て支援ボランティア養成講座

2006年10月24日 19時37分08秒 | 人づくり・場づくり
明後日から多文化子育て支援ボランティア養成講座がスタート。親子参加型の日本語活動と多文化保育に関わるボランティアを養成するための講座。今回、初めて講座の企画、講師との交渉、募集をやったんだけど(もちろん、周りにもたくさん助けてもらったけど)、なかなか難しいというのが実感。4回連続なんだけど、それが終わった後に「やるぞ」って感じでどれだけの人が思ってもらえるかどきどき半分、不安半分。

毎年、春にやってるのが今年は秋になって、それで人の集まりがいまいちなんだけど、ええ人が来てくれるように、また講座でいい出会いがあるように祈るような気持ちやわ。祈るだけじゃなくって、ちゃんと最後の最後まで準備せなあかんねんけどね(苦笑)
コメント

マジョリティの鈍感さ

2006年10月23日 16時21分58秒 | 人づくり・場づくり
日本で生活してる外国人って思った以上にビザだったり、制度に存在が左右される。

日本人はそんなの関係なしに日本で生活できる。犯罪が起きたり、国際社会からの圧力一つでビザの条件とかが変更されたりする。研修生とかの制度もなくそうなんて動きがあるし。今、日本で外国人労働力が失われたら回らないことくらい分かっているのに、「単純労働を認めていない」なんていう日本政府は何を見てるのかなって思う。

とにかく、政府の考え一つで生活の基盤や人生設計が大きく揺り動かされる人たちがたくさんいるってことに敏感にならないと、多文化共生を目指した活動はできないし、やってたとしても「ただのええ人」「ええ人やねんけど、大事なことは何も知らん人」で終わってしまうんだろうな。

自分が日本人として生きてきた感覚で安穏と生活するのではなく、常に社会の動きに敏感にというのが今のぼくの課題。ぼ~っとしてたら、すぐに置いていかれるな。
コメント

自分の場所

2006年10月21日 00時31分41秒 | 人づくり・場づくり
今日は明日の祭りの準備。机や応接セットの移動、パネルの準備など。ふだん、うちのセンターで活動しているボランティアが手伝ってくれたんだけど、ボランティアの傍若無人ぷりったらありゃしない(もちろん、一部だけど)。

我がもの顔で相談業務などのお手伝いに来てくれていた行政書士を追い出したり、相談で少しだけ部屋を貸してほしいという話を「わたしたちのお祭りですから、どいてもらうのが当然」とばかりに、つっかかってくる。ふだん、「わたちたちは多文化共生のために活動しているんです!」って大声で話してる人たちがこれか...と思うと腹が立った。

なんてことを他のボランティアと話してたら、ぽつりと一言。「あの傍若無人さがあったからこそ、日本ってここまで発展できたんでしょうね」。

...う~ん、考えさせられる。今の自分の立ち位置を改めて考えることってきっと必要なんだろうな。視野の広い狭いや実際に今どこにいるかとかじゃなく、自分の今いるところって町中で、日本で、北で...と。いろんなものを踏み付けて成り立っているのかもしれないなって「はっ」とさせられた一言でした。

コメント

エスニックマップ

2006年10月20日 03時47分09秒 | 人づくり・場づくり
これから事業の一つで市内のエスニックマップを作成する予定。お店に取材に行き、エスニック料理、エスニック料理で使うような食材を売っているところ、外国人の働いているところなどを毎月少しずつ取り上げて、協会の催し案内や協会で作る地図に載せていく予定。

地図とかお店と提携してってのは神奈川県の国際交流協会がすでにやってるんだけど。もう一歩踏み込んでということで考えてます。具体的にどう進めていくかということは、またちょっとずつ形になり次第、随時報告ということで。多文化共生の町づくりの一歩、地域日本語活動の新たな展開の第一歩になるように楽しみながら、ぼちぼちと頑張ります。

コメント

外国人ママの交流会。

2006年10月19日 21時31分06秒 | いろいろ
今日は市役所の子育て関係の部署に連絡。で、来月する外国人ママの交流会に保育士を二人依頼。これまで何度か一緒に仕事してるので話もスムーズに。

ふるさとと日本の子育ての違い、制度の違い、結構知らずに過ごしてる人も多いもんなぁ。一緒に仕事をしているスタッフは昔、予防接種について詳しく知らなかった知り合いが同じのを2回受けたとか何とかで。結局、子供は植物人間状態に。ただ単に知らないんじゃなくって、知らないことすら知らないのって恐いよなぁとつくづく思う。言葉の壁もあるだろうけど、制度が違うことで全く何を知らないといけないのかってことも知らない人がたくさんいるし。

子どもがいないどころか、まだ結婚もしてないけど、最近子育てのことについてはかなり詳しくなってきたかも(笑)。ま、百聞は一見にしかずって感じで、やっぱ子育てしてる人には全然かなわないけど、子育て経験なしの部類ではそこそこ上位に入るかもな。
コメント (2)

構え。

2006年10月17日 22時47分17秒 | 人づくり・場づくり
今日、今度する講座で講師を担当してくれる人との打ち合わせで平野に。何かのんびりしとった。ちょっと早く着いたので時間を潰そうと思ったんだけど、カフェも喫茶店もなかなか見つからない。ようやく見つけた喫茶店に入ると、で~んとインベーダーゲームが置いてあった。30年くらい内装いっさいいじってませんって感じで、それはそれでええ感じでした。

今回は多文化子育てに関わるボランティアの養成講座やねんけど、「多文化共生だとか多文化保育とかって言葉を聞いてしまうと身構えてしまうことが多い、それってどうなんやろ」って話が出てきて。...確かに。身構えた時点で普通の近所付き合いってできへんもんな。外国人も日本人も普通に肩の力を抜いて生活できる地域が作れればええな。

今、別のプロジェクトで課題となっているのが、いかに地域とつながるか、いかに地域を巻き込むかということ。なかなか一筋縄ではいかないけど、方向性が見えてきたところ。地域日本語活動、日本語教育っていうか、多文化共生を目指した活動が町づくりとつながるとおもしろい!
コメント (4)