おりおん日記

電車に揺られて、会社への往き帰りの読書日記 & ミーハー文楽鑑賞記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「クジラの彼」 有川浩

2010年07月04日 | あ行の作家
「クジラの彼」 有川浩著  角川書店

 「有川浩にしか書けない」というか…「有川浩しか思いつかない」作品ではある。潜水艦乗りを恋人にすると、長期潜航、電話もつながらずひたすら待つしかない辛い恋。戦闘機を受注するメーカーの若手女子社員が、自衛隊員に恋しちゃう。戦闘機のパイロットを妻に持つと…。

 そんなマニアックな設定って、普通は思い付かないよなぁ。というところには、素直に敬意を表しつつ、でも、中身の恋愛は、相当、ベタな感じの、高校生が喜びそうな(今時の高校生はこんなんじゃよろこばないかもしれないけど)ピュアで、我ままで、純粋すぎる恋だなぁ。

 と思っていたら、後書きでご本人が「いい年した大人が活字でベタ甘ラブロマ好きで何が悪い!」と開き直っていらっしゃいました。 まあ、そんな作品です。 ベタ甘ですが、たまにはこういうのもいいんじゃないでしょうか…。
 

コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 「深川黄表紙掛取り貼」  ... | トップ | 「東京バンドワゴン」 小路幸也 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (日月)
2010-07-07 21:07:11
恋ゴコロが遠くなった年より世代にもグッときます。有川浩のベタ甘はある意味ビタミン剤よりもアンチエイジング機能をもっているので。読むとドキドキや切なさなど、最近体験していない気持ちを思い出させてもらいます。
アンチエイジング!? (おりおん。)
2010-07-08 08:00:23
日月さん! コメント有難うございます。有川浩ベタ甘小説は、私にとっては、ちょっと気恥ずかしいぐらい忘れちゃった感覚なんですが、確かにアンチエイジング効果と言われると…そんな気がします。 願わくば、本当に、若返って、そんな気持ちになりたいなぁ…。

コメントを投稿

あ行の作家」カテゴリの最新記事

トラックバック

「クジラの彼」 有川 浩 (日々の書付)
「クジラの彼」を読むと、自衛官と恋をしたくなる(かも) 真面目で真摯で時にやんちゃな自衛官達が繰り広げる 普通の恋愛(?)を、糖度高めに描く自衛隊員ベタ甘恋愛小説 それにしても有川先生の「活字でベタ甘」は一度ハマると癖になります。(^^;) クジラ...