今日もFun to ride!

自転車を中心にした内容を綴ります

ニューバイク投入

2020-09-27 16:04:37 | 日記
構想1年。ついにニューバイクを投入しました!
スペシャライズドのSWORKSターマックSL7です。

昨年のシマノ鈴鹿ロードレースで、「勝つためには、新しい武器が必要」と思い、どんなバイクがいいのか、あれこれ迷いました。
所有していたTIME ZXRSに勝るバイクはなかなか登場せず、あっという間に1年が経過。
その間、今年の春頃にヴェンジという一人勝ちのバイクがあることを知り、購入を検討したところ、適正サイズが完売。
夏に2020年モデルが出るのかなあと思い待っていると、6月にはエモンダという良さそうなバイクが登場。
「これがいいなあ」と思っているところに、今度はターマックが登場。
ターマックは全く構想になく、インプレ情報からは自分の脚質には合わないと思っていました。
ところが、これがすごい評価で、このターマックのトバッチリか、ヴェンジが廃盤に。
とにかく、いろんな方のインプレを読みあさりました。
一番参考になったのは、IT技術者さんのブログと、パックchさんのユーチューブ。
自分には固くて踏めないと思っていたターマックですが、このお二人の情報から、なんとななりそうな気がしました。
そして、「所詮は、自分で乗ってみないと分からない」と結論付けました。
そんな時、Brestの金髪社長から、54サイズの赤黒モデルが1台入荷すると教えてもらいました。しかも、世界的なヒットで、メーカー完売状態とのこと。
そして、ダメ押しのように金髪社長から、「スペシャライズドは、カズさんのためにターマックを作ったらしいです」と、心憎い連絡をいただきました。
どうやら社長、私が購入することも想定して、発注していたのかもしれません(笑)
これは、天から降ってきたようなタイミング。これを逃したら、スーパーバイクはもう手に入らないだろう。
寛大な嫁から許可をもらい、愛車2台を涙ながらに手放し、昨年のアバンギャルド10周年パーティーでもらった新車購入券を使って、8年ぶりにめでたくバイク購入となりました。

これが最後のレーシングバイクと思っています。
仮にまた8年後に買い替えるとしたら還暦を超えているので、体に優しいバイクでしょう。
金髪社長は、「8年前もそう言ってZXRSを買った」と言ってましたケド(汗)

本日は、機材紹介とし、少し乗り込んでからインプレすることにします。
ちなみに、これまで実走3日の約250キロ走行。今は「すごい」という言葉しか思いつきません(笑)

メーターなし、ボトルゲージ2、ペダル、メーターマウント込みで実測7.05kgです。
まずは、ヘッドからトップチューブとダウンチューブ。
造形美は感じませんが、シンプルなこのデザインが空気を切り裂きます!

シートステーの接合部。ヴェンジに似ているらしいです。

このハンドル、すごくいいです!上ハンに手を乗せても滑りません。

スペーサーは3枚入れています。エアロポジションはだんだんキツくなる年齢なので(悲)

このカバーの下に、シート高を調整するネジが隠れています。

サドルの下に、Di2の充電ポートがあり充電しやすいです。
部品の名前を忘れましたが、アプリでシンクロシフトの調整ができるパーツを仕込んでもらいました。それはハンドルあたりに格納されているのかな?

初めての新型デュラエース。4iiiiのパワーメーターが搭載されています。
完成車に付属しているこのクランク長は、172.5です。
このサイズは、カンパを使っていた頃に一度試しましたが、しっくりいかなかったので、170に戻した経緯があります。
金髪社長からは、ZXRSからクランクだけ載せ替えを打診されましたが、このパーツだけ旧式は嫌だったので、172.5サイズに再挑戦することにしました。

リアディレーラーは、シャドウとか言うのかな。あんまりよく分かっておらず、「豚に真珠」状態です(^^;

ホイールは、ロバールのラピーデCLX。このホイールが恐ろしく進みます!
今までいろんなホイールを使いましたが、ここまでビックリするのは初めて。
過去に使ったホイールの中では、カンパのボーラ50が万能の素晴らしいホイールでしたが、ラピーデの方が数枚上手って感じです。
SBCの紺野選手が「このホイールは慣れるまでスピードを出しちゃダメ」とおっしゃっていましたが、そのとおりです。速すぎますわ。

機材情報は、これくらいにしておきます。
気づいたことは、またボチボチ書きます。
できれば、来週くらいに、ファーストインプレッション予定です(^^)
コメント (2)

3週連続のロングライド

2020-09-06 16:25:54 | 日記
今朝起きてLINEを見ると、いこライドの情報が!
時すでに遅し。集合時刻に間に合わないので、本日もソロです。
超大型の台風がやってくるようですが、朝は晴れ間もありました。
ということで、ロングライド(100キロ程度はロングと呼べるのか微妙ですが)目指してゴー!

先日、職場で旧花園村の話題が出たので、久しぶりに行ってみました。
地蔵峠への道がかなりきれいになっていました。
ヨロヨロでトンネルまで。
そこから色気が出て、旧道で峠まで行きました。
かなり道が荒れているし、結構距離が長いです(トンネルから3.5キロ)。
栗のイガイガがいっぱい落ちているので、パンクしないように気をつけて走行。
やっと峠に到着。ここでポツポツと雨。
小降りだったので、少し迷った挙句、有田川方面に下ることにしました。
下り基調ですが、あんまりペースは上がらず。
昨日は完全休養でしたが(珍しく休日出勤)、脚は回復していませんでした(悲)

あらぎ島で撮影して、小休憩。

饅頭を2つ食べて、金屋目指して走ります。
だんだん暑くなってくるので、体に水をかけながら。
金屋に到着し、コンビニで小休憩。
どこから帰ろうか思案し、最も勾配が緩い黒沢峠に向かいました。
工事中で時々信号にかかるので、ちょうどいい休憩です。
熱中症に気をつけて、ゆっくり走ります。
というより、スピードが出ません。
かなり時間がかかって、やっと黒沢峠に到着。
ここで、雨が本降りになりました。
下りは慎重に走行。
ブレーキを握る手が痛くなります、こういう時はディスクが有利ですね。
全身ズブ濡れですが、熱中症の心配はなし(笑)
やっと自宅に到着しました。

最近、腰回りの痛みが抜けないので、シャワーを浴びて脚から入念にマッサージ。
こういうことをサボっているから、疲労が溜まるのだろうか・・・
めちゃめちゃ疲れましたが、3週連続で100キロ走。
実はこれ、「Z号ありがとうライド」です。
帰宅後もしっかり洗車しておきました、いいバイクです!
来週は、嫁に頼んでいた「芋掘り体験」があるので、自転車ライドは未定。
そろそろランを始めるライミングかなあ。

今日の走行距離:111キロ、走行時間:5時間10分、平均出力:113w
コメント

涼を求めて走る

2020-08-30 16:49:20 | 日記
本来なら、昨日・今日はシマノ鈴鹿ロードレースの日だったかな?
今年は、初の表彰台を狙って練習したけれど、コロナ禍には勝てず。
すっかりモチベーションは下がってしまいましたが、体力作りも兼ねて、せっせと走っています。今月は久々に月間走行距離が700キロを越えました。

さてさて、猛暑は相変わらずなので、少しでも涼しさを求めて高野山に行きました。
熱中症にならないよう、ゆっくりペース。
でも、脚はなんだかだるく、頭と体のリズムが一致しません。
1時間くらい走ってやっと、頭の方がゆっくりペースを認識した感じ(笑)

矢立峠で水分補給し、そこから大門までの7キロは32分くらいかけて上りました。
距離調整のため、中の橋まで行って引き返し。
木陰が多く、走っていて気持ちいい!
自宅からこのコースは、美里を越えた辺りから気温が下がり、走りやすくなります。
ちなみに、高野山は24℃でした。

帰路は下界に近づくにつれアスファルトからの照り返しが厳しくなります。
体に水をかけて体温を下げながら、ちょうどお昼頃自宅に到着。
摂取した水分は約2.5Lほどでしたが、体重は1キロ減っていました。
この分は、夜にビールで補填します(笑)
暑いけど、今日も元気に走れて、幸せな1日に感謝!

今日の走行距離:101キロ、走行時間:4時間12分、平均出力:124w
コメント

真夏の100キロライド

2020-08-23 17:25:16 | 日記
久しぶりに、大雨の降った昨日。
気化熱効果で地表が冷やされ、夕方頃に猛暑から解放されました。
一転、本日は晴予報。
しかし、午前中なら昨日の冷却効果が残っているだろうと、プチロングライドをしてみました。
最近は、涼を求めて花坂方面ばかりで、ちょっとコースが短調になりがち。
そこで、紀の川サイクリングロードを使って、川沿いを走ることにしました。
雑賀崎を通って青岸からサイクリングロードへ。
激しい運動は熱中症になりそうなので、紀の川大橋下から川辺橋下までを、テンポ走風に走行。
だいたい、AV35km/hの150Wくらいのペースでした。
このペースで、所要時間は20分、距離は10キロです。
持続できるちょうどよいコースでした。
そこからは、まったりペースで、岩出〜桃山〜粉河とサイクリングロードを走り、粉河から北上。
粉河加太線を通って、ブレストさんで小休止。
自転車情報をグッチョンからゲットして、川辺あたりからまたまたサイクリングロード。
往路と全く同じコースでマリーナあたりまで走り、そこから帰宅しました。
本日のコースでは、暑さ対策もかねて、打田・大浦街道・自宅近くでコンビニ休憩3回。
無理しないペースを終始守ったので、ダメージは少なかったです。

真夏の炎天下の中、自転車で走ると「夏やなあ」って気分になります。
まだまだ暑い日は続きそうですが、もう少ししたら夏も終わり。
今年は、シマノ鈴鹿という夏の一大イベントがないので、寂しいかぎりです。
どうもモチベーションが上がりませんが、来年のWMGを目指して、地道に頑張ろう!

今日の走行距離:101キロ、走行時間:4時間、平均出力:104W
コメント

いこライドに参加

2020-08-09 14:48:52 | 日記
今年は、お盆休みは1日しか取れず、暑い中でもこまめに自転車に乗りたいところ。
本日は、年末のパーティーでくらいしか合えないMISAKIさん、ひがっさんがいこライドに参加されるとのことで、私も出撃しました。

AGさんには10名くらいが集合しており、九度山に向かって出発。
ライングループの書き込みでは、まったり走るとのことでしたが、先導役の三澤さんが早くも時速30キロくらいでグイグイ引いてくれます。
途中離脱された後は、社長が引継ぎ、これまた手頃なナイスペース。
その結果、予定よりも早く、桃山ローソンに到着しました。
ここで集合するAGerを待ちながら、いろいろ自転車談笑。
やっぱり、自転車関連の話をしている時は、メチャメチャ楽しいですね!

しばし休憩後、九度山を目指します。
今日は、山を避けて旧道を利用。
平地を生かし、ひがっさんがハイペースで先導してくれます。
ゴッついTTバイクの本領発揮です。
これに対応できたのは、社長、山Pと私。
後ろについていると、吸い込まれるようにくっついていけます。

麻生津を越えたあたりで、ひがっさんのバイクより唯一アドバンテージがあるのは上りと、
渾身のアタックを炸裂させました。
登り終えてもハイペースを維持し、ここで独走に持ち込みました。
こういうのが決まると、気持ちいいですね(^^)
思ったよりハイペース維持ができないところが弱点ですが。。。。。。。

かつらぎのセブンイレブンで、全員集合し、私はここで皆さんとお別れ。
やっぱり、今回もお約束のように、完全まったり走とはいかず、後続を疲弊させてしまいましたが、こういう場面もある方が、私には楽しいです。

ここからは、向かい風の中、ゆっくり走ってブレストさんにピットイン。
ぐっちょん、ぐっさん、AGerさんといろいろ話し、コーヒーとシュークリームをご馳走になりました。
今日のいこライドでは写真を撮り忘れたので、飾ってあったターマックを撮影。
サガンモデルだそうで、見る角度によってグリーンが変化する、まるでカナブンのような綺麗な色です。
クランクには、4iiiのパワーメーターが付いています。


ターマックは私の脚力では踏めないだろうと思っていましたが、やっぱりカッコいいし、
今日のいこライドのような走り方には、まさにターマックがぴったりのように思いました。

ブレストからは、ニューバイクの妄想をしながら、灼熱の中を熱中症に気をつけて、矢田峠を通って帰宅。
本日は、ボトルのドリンク込みで、約2.5Lほど水分摂取をしました。

メーターの充電切れで正確な走行距離が分かりませんが、80キロくらいは走ったかも。
さあ、ニューバイク、何がいいんやろ。。。。。
コメント (2)