Reflections of Tomorrow

シンガーソングライターを中心に、知られざる未CD化レコードを紹介していくページです

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

桐ヶ谷俊博

2011-10-23 | Japan
■桐ヶ谷俊博 / 秋・あなたに■

  秋・・・いくつかのハーフトーンの中に すんだハイトーンが映える。

  これはレコードの帯に書かれたキャッチコピー。 紅葉が徐々に始まりだしたこの季節にぴったりなアルバムを取り出してみました。 桐ヶ谷俊博が 1979 年、22 歳のときに発表した唯一のアルバムです。 桐ヶ谷俊博は、当時すでにデビューしていた桐ヶ谷仁の弟。同時代の松任谷由実のアルバムに Buzz の二人とともにコーラスでクレジットされていることでも知られています。 
  そんな桐ヶ谷俊博の最大の魅力はキャッチコピーにもあるとおりのハイトーンボイスです。 その声は小田和正でもなく細坪基佳でもない繊細さと気品高さを兼ね備えており、国立音大で学んだというプロフィールからか、クラシカルな佇まいも感じさせます。 その彼の声が唯一味わえるのこの「秋・あなたに」なのです。

   アルバムは何と言ってもシングルとなった「ひとりで海に」の素晴らしさに圧倒されます。 ♪ひとみをとじてしまえば~♪で始まるサビのスケール感とセンチメンタリズムは弱冠22歳の男子が作り出したものとは思えません。もちろん全編にわたってアレンジを行った後藤次利のサポートがあってのサウンドだとは思いますが、この曲だけでもこのアルバムを持っている意味があります。 動画サイトで検索すると出てきますので、興味あるかたはチェックしてみてください。 A 面の次点は純粋さが前面に出たワルツ「手紙」でしょう。 「立ち話」はアップな曲調が彼の声に合わない気がしますし、「夢」のような和風な作品は「ふきのとう」に軍配があがります。 「大人になると」はスタジオ・ミュージシャンがちょっと出しゃばりすぎでしょう。
  B 面は、リラックスした気分の「パリアッチョ(道化師)」でスタート。 爽やかなポップ感が個人的には気に入っています。 以降もクオリティーの高い曲が並び、流れとしてはA面よりもスムースです。 当時のシティ・ポップス感あふれる「改札口」、ピアノをバックにしたシンプルなバラード「夢多き旅人よ」、一転してギターのみの「おやすみ」もゆったりしたワルツ。 兄の桐ヶ谷仁的なワールドです。 そしてラストの「秋・あなたに」へ。 この曲が「ひとりで海に」に優るとも劣らない素晴らしさです。 アルバムのラストに相応しいメランコリックなイントロ&アウトロ、そして秋のうろこ雲を見上げているかのような壮大なメロディーは、完ぺきに近い楽曲となりました。 欲を言えば、サビをもう一度リピートしてほしかったところですが、それはリスナーの勝手なわがままでしょう。 「ひとりで海に」とともに、この曲は布施明などの歌唱力のあるシンガーにカバーしてもおかしくありません。 

   桐ヶ谷仁のオリジナルアルバムは、4枚目の「バーミリオン」以外は CD 化されましたが、このアルバムは未だに CD 化されていません。 「ひとりで海に」や「秋・あなたに」を秋の海辺で聴いて、その世界にどっぷり浸かっみたいので、早く CD になって欲しいものです。

  ♪うなずくだけのやさしさと秋をあなたに返して閉じる♪  ~ 「秋・あなたに」

■桐ヶ谷俊博 / 秋・あなたに■

Side 1
ひとりで海に
立ち話
手紙

大人になると

Side 2
パリアッチョ(道化師)
改札口
夢多き旅人よ
おやすみ
秋・あなたに

Produced by 末弘厳彦
Directed by 木崎純久
Arranger by 後藤次利

Electric guitar : 松原正樹、土方隆行
Acoustic guitar : 笛吹利明
Bass : 後藤次利
Keyboard : 佐藤準、田代真紀子、桐ヶ谷俊博
Drums : 林立夫、田中清司
Latin : 斉藤伸、穴井忠臣
Harmonica : 八木伸郎
Horns : Jake H. Concepcion、斉藤清、衛藤幸雄、数原晋、新井淑之
Percussion : 渋井博
Strings : 加藤グループ
Chorus : 岡崎広志、尾形道子、伊集加代子、門司肇、桐ヶ谷俊博

SMS Records SM-25-5039
『音楽(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント (3)   この記事についてブログを書く
« Stone House | トップ | Ragnarok »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
はじめまして〓 (〓はる〓)
2011-12-06 13:05:14
突然のコメ…すみません〓
この歌を紹介してもらって嬉しくて思わず書き込みしてしまいました〓
秋になると無性に聴きたくなる歌です
YouTubeで繰り返し観て涙出そうになります
増田敏郎のYokohamaも大好きな懐かしい一曲です…

突然のコメで申し訳ありません…
またいろんな歌を紹介して下さい

おじゃましました〓
訂正します〓 (〓はる〓)
2011-12-06 13:09:00
敏郎 ではなくて 俊郎でしたね…
青春 (ウッチー)
2014-06-04 23:12:03
桐ヶ谷俊博さんは、高校時代に文化放送が新宿、若葉町に有った時の公開録画で知り合いました。
その後、下北沢のライブや渋谷のライブ、ヤクルトホール等々、私の青春時代を彩って下さいました。
その透明な声質に魅了されながらも、結婚、子育てに追われ、ようやく「自分」を取り戻す中に桐ヶ谷俊博、がいました。
久々に昔のレコード引っ張りだしましたが、レコード針が最悪....ライブ有ったら聞きに行きたいなー

コメントを投稿

Japan」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事