緑の館絵画を楽しむ会 (医療・介護の現場に癒しの絵画展示)

ようこそ!
緑の館絵画の世界
ようこそ!
緑の館創造の世界
ようこそ!
緑の館仙台 絵画展示室



未来への提案 (地震対策が生と死を分ける)No.236

2019年04月22日 | 未来への提案

  

未曾有の大災害は、予期しない規模で起こる。

近い将来、大地震が起こる可能性がある。

阪神大震災のように、都市の真下にあると大きな揺れになる。

巨大津波を伴う東日本大震災と関東大震災によるプレート境界型の地震に備える必要がある。

大地震による災害を軽減するには事前の備えによる減災への取り組みが大切になる。

南海トラフ地震の対策は、身近な危機を想定して迅速に対応する準備が必要になる。

土壌によっては、液状化する可能性がある。

揺れとともに、液状化がビルを倒してしまう恐れがある。

土砂と水が分離して家々に襲ってくる。

竜巻のような炎が火災旋風となって瞬時に襲って来る。

大洪水が起こり、最終的にどこに逃げたかによって生と死の何れかに別れてしまう。

普段から、大津波・大洪水・大火災が起きた際にどう逃げるかを考えておく必要がある。

ハザードマップを元に様々な局面のシュミレーションを繰り返して具体的な対策をする必要がある。

夜間に、大地震が起こり大津波が襲ってきた際に時間的に家族が逃げ切れないと恐怖を感じるなら転居も選択の1つになる。

いつ起こるか分からない巨大地震に、大切な命を守るための万全の準備をしておく必要がある。

「緑の館絵画を楽しむ会」はこちらです


(緑の館絵画と音楽の集い) 2019年4月21日開催 No.235

2019年04月17日 | 緑の館仙台・絵画展示室

 

 ピアニスト浅野純子さん

第9回癒しのピアノコンサート

(日時) 

2019年4月21日(日)

14時~15時50分 

(開催場所) 

緑の館仙台 絵画展示室 

(入場料)

無料 予約制

 

(プログラム)

セラピードッグチャリティー

感謝の集い

ピアノ 浅野純子

2つのアヴェマリア

ショパンのノクターンより

 

~感謝と感動の音楽と絵画~

 美しい絵を見ると脳の血流量が増加して活性化されます。

脳が活性化されると心の扉が開いてきます。

心の扉が開いてくると大自然への感謝と感動を表現する音楽が生まれてきます。

 

 「緑の館絵画を楽しむ会」はこちらです

 


福島県 大熊町復興へ 「おおちゃん小法師」No.234

2019年04月10日 | 国際交流

庭のこぶしの花も咲き始める

  福島県大熊町は2019年4月10日に一部地域で8年ぶりに避難指示解除になった。

大熊町は復興に向けて一歩を踏み出した。

大熊町には「おおちゃん小法師」がある。

会津地方の起き上がり小法師と町のキャラクターのおおちゃんが融合して誕生した。

2019年5月12日に仙台国際ハーフマラソン大会がある。

その日の午後5時以降に江陽グランドホテルで仙台姉妹都市交流会が開催される。

仙台姉妹8都市に記念品として「おおちゃん小法師」が贈られることになった。

その記念品準備のために、郡山市の大熊町中通り連絡事務所に「おおちやん小法師」を受取りに行った。

会津若松支所企画調整課と大熊町中通り連絡事務所の職員の連携による親切な対応で準備ができた。

大熊町役場は5月7日に新庁舎で業務を再開する。

住民が戻る準備をしている。

緑の館絵画を楽しむ会は仙台の特別養護老人ホーム等に絵画を展示している。

おおちゃん小法師を仙台の特別養護老人ホーム等で絵画と共に展示していく。

昨年、ファッションデザイナーの高田賢三さんが大熊町に住んでいた住民と「おおちゃん小法師」を一緒に絵付けしている姿がNHKニュースウオッチ9で放送された。

高田賢三さんは、松島から福島に向かう車中で自分が役に立つ事はないかと尋ねてきた。

福島県は風評被害が問題になっていると答えた。

福島の起き上がりこぼしを世界に伝える試みは復興の証になる。

 「緑の館絵画を楽しむ会」はこちらです


新元号【令和】Reiwa 発表 No.233

2019年04月01日 | 緑の館 心の世界

新元号【令和】Reiwa

「Beautitful Harmony」

歴史的な発表になりました。

新しい元号は【令和】です。

日本の未来を切り開く道標になります。

天皇陛下は430日に退位され、平成31年で幕を閉じます。

51日に新天皇が即位され新しい元号になります。

広い視野と長い時間軸で捉えられた新元号【令和】の発表になりました。

日本最古の万葉集から【令和】の新元号が選定されました。

「緑の館絵画を楽しむ会」はこちらです