緑の館絵画を楽しむ会 (医療・介護の現場に癒しの絵画の展示)

ようこそ!
緑の館絵画の世界
ようこそ!
緑の館創造の世界
ようこそ!
緑の館仙台 絵画展示室



絵の魅力 連載No.39

2012年09月30日 | 緑の館 絵画の世界

 

Cimg1327

(大自然の広がり)

価値を見い出す喜びがブームを生み出します。


我々は捨てる選択をして新たな価値を見い出しています。


価値は人間が見い出しています。


空気や光がなかったら生きていけるでしようか。


大自然の恵みは最大の価値があります。


空気や光を感じる絵画に出会う事があります。

どうして絵の価値が天と地ほどの開きが出てくるのでしよう。


人によってそれぞれの価値は違って見えるから面白いのです。


生きているから様々な価値を見い出す事ができるのです。


生命力を表現することが価値を見出す事につながります。

 

「緑の館絵画を楽しむ会」はこちらです

どうぞご覧下さい


世界アートの旅 連載No.38

2012年09月25日 | 緑の館 創造の世界

 

Cimg1123

アートの世界

アートの旅をしたいと思いませんか。


それぞれの国にはそれぞれの文化があります。

 

それぞれの文化を楽しみたいと思いませんか。

アートの旅は芸術作品を鑑賞する旅でもあります。

好きな作者の出身地を訪ねて見たくなるのがアートの旅なのかも知れません。

それぞれの国の国境を越していきます。

雲は国境を超えて自由に流れていきます。

刻々と変わる雲の流れのようにアートを楽しみました。

知らなかった事を知ろうと手掛りを探して更なるアートの旅を続けていきました。

アートの世界は知れば知るほど面白くなつていきます。

緑の館絵画を楽しむ会のブログは一連の流れがありますので継続して見て頂ければ幸いです。

 

 「緑の館絵画を楽しむ会」はこちらです

どうぞご覧下さい


楽しみのセレナーデ 連載No.37

2012年09月20日 | 楽しむ会 (絵画と音楽の集い)

 

Cimg6535  Cimg6990 

(ダンスの練習)(アムール会の絵画鑑賞)

70歳を越しても80歳を越してもダンスの練習は続きます。

大和氏は自分の夢を叶えるため宮城県蔵王町にカラオケ・ダンスホールを開店させました。

私も仲間に加わって楽しんでいます。

仲間と一緒に楽しむ事ができることを取り入れていくとワクワクすることができます。


917日にアムール会の会員と緑の館絵画を楽しむ会が合同で老人介護施設萩の風と老人介護施設パルシアに展示している絵画を見学に行きました。

アムール会員は自分が描いた絵画が入所者の癒しになっていることを実感する事ができて創作意欲が湧いてきたとのことです。

講師の相澤忠雄先生は会員の絵画を誉めていました。

絵画も音楽もダンスもボランティアもよしやってみようから始まります。

すべて練習と訓練の繰り返しで何度も何度も失敗を繰り返します。

やり抜くことはとても根気のいる事です。

ダンスもうまく踊れなくてもいいのです。

絵画も上手く描けなくてもいいのです。

音楽も上手く出来なくていいのです。

出来ない事が時間をかけて少しずっ出来るようになるから楽しいのです。

簡単に出来ない事が出来るようになったら楽しいと思いませんか。

何とかやっている内に夢は広がり希望の光が見えてきます。

緑の館絵画を楽しむ会のブログは一連の流れがありますので継続して見て頂ければ幸いです。

Cimg6988  Cimg6826

(アムール会のパステル画展示)

 フオートアルバムを参考にして下さい。

「緑の館絵画を楽しむ会」はこちらです
どうぞご覧下さい


緑の館の世界 愛犬レオと一緒に 連載No.36

2012年09月14日 | 緑の館 心の世界

 

私の家にはミニチュア ダックス(愛称 レオ)がいます。

出会った当時を振り返って見たいと思います。

私は9年前に自宅近くのペット店で仔犬や仔猫のしぐさを見て楽しんでいました。

その中に横たわって黒い目でこちらを見ている仔犬がいました。

とても弱々しくグッタリとしていたのです。

とても心配になったので仔犬の健康状態を店員に尋ねてみました。

この仔犬は病気にかかっており長くは生きられないかも知れないので購入する事はお勧め出来ないとのことでした。

仔犬を助けるためには即断即決で購入するしかないと思いました。

直ぐに入院治療をしましたが2週間は危険な状態が続きました。

退院後は順調に育って今日に至っています。

レオは家族に擦り傷や虫刺されがあると消毒代わりに舐めてくれます。

とてもとても優しい愛犬です。

私が犬語でウ---と話すとウ--と話してきます。

最近レオの目頭は涙目になっています。

レオを見ていると少しずつ老化が進んでいるのがわかります。

人には、描きたくとも描ききれない大切な思い出があります。

レオとの思い出もその一っです。

どんなに愛おしく思っても何れは夜空の星になって戻ってこれなくなるのかも知れません。

どんな時でも、レオと家族の心の絆は永遠です。

レオ !


緑の館絵画を楽しむ会のブログは一連の流れがありますので継続して見て頂ければ幸いです。

  (現在のレオ)


「緑の館絵画を楽しむ会」はこちらです


絵画の見方と楽しみ方 連載No.35

2012年09月10日 | 緑の館 絵画の世界

 

(夜の風のささやき)


人は楽しく生きたいと思っています。


気分を明るくしたいと思っています。

知らず知らずに否定的な言葉を慢性的に使っていませんか。

もう時間がない  もうダメだ  どうしようもないといった言葉です。

この様な否定的な言葉を口癖にしているとツキから見放されてしまいます。

心の中でつぶやいたとしても同じことです。

これらの悪い口癖を使うのを止めてしまうことをお勧めします。


ありがとう 楽しい  嬉しい  やってみよう。

 

良い言葉の選択で発想までもが変わってしまいます。


気分が優れない時は絵画鑑賞を楽しんで見ることをお勧めします。

良い事だけを考えていると思いがけない幸運がやってきます。

私は絵画を見て上手だねと言って誉めています。


誉めれば誉めるほど幸福な気持ちになってくるから不思議です。

 「緑の館絵画を楽しむ会」はこちらです
どうぞご覧下さい 


介護ボランティアの底力 連載No.34

2012年09月05日 | 緑の館 絵画の世界

 

Cimg6818
(絵画鑑賞を楽しむ)

緑の館絵画を楽しむ会では介護施設の職員、家族、利用者全ての人が一緒になる場所に絵画を展示していきます。

東日本大震災の大津波の被害によって心に痛でを受けている入居者が多いようです。

特に老人介護施設では癒しの空間が必要です。


リュートによる演奏を老人介護施設パルシアでスタートする事になりまし

リュート演奏 鈴木健治氏

Cimg6811

 

 「緑の館絵画を楽しむ会」はこちらです