緑の館絵画を楽しむ会 (医療・介護の現場に癒しの絵画展示)

ようこそ!
緑の館絵画の世界
ようこそ!
緑の館創造の世界
ようこそ!
緑の館仙台 絵画展示室



日本にボランティア文化を広げる活動 No.261

2020年02月25日 | 緑の館仙台・絵画展示室

 緑の館仙台の絵画展示室にて「日本にボランティア文化」の増補版の内容が話し合われた。

 NPO法人仙台敬老奉仕会 吉永馨理事長・日本認知症予防学会東京支部 二宮英温事務局長・看護師 大津陽子CIMネット理事が参加された。


 編集者の二宮英温氏が2013年に吉永馨先生のNHKのラジオ深夜便を聞かれた事が「寄り添いボランティア」を知るキッカケになる。

 二宮英温氏は、地域の医療・介護・福祉をつなぐ事を理念として編集活動をされている。


「日本にボランティア文化を」の本を出版された経緯は「緑の館絵画を楽しむ会」のブログ「市民が支える高齢化社会」No.106に記載されている。


 増補版には「寄り添いボランティア」をしている具体的な活動を追加して載せる事になる。

 NPO法人仙台敬老奉仕会の吉永馨理事長とCIMネットワークの二宮英温理事長は今後、どの様にして日本全国にボランティア文化を広げていくかの構想を「緑の円卓」で話し合われた。


 吉永馨先生は「寄り添いボランティア」を日本中に広げようと献身的な活動をされている。

仙台敬老奉仕会 鈴木和美理事

 「緑の館絵画を楽しむ会」のHPはこちらです


第28回永親会 吉永馨先生の講演 「寄り添いボランティア」の普及活動 No.260

2020年02月24日 | 仙台敬老奉仕会

 

  永親会主催の吉永馨先生による「敬老奉仕会の経緯」のテーマの講演が2020年2月22日にホテル・メトロポリタン仙台で開催された。

 

 永親会は、吉永馨先生を囲んでお祝いする会で今年度で第28回を迎えられた。

 

 吉永馨先生は91歳になられますが、寄り添いボランティアを日本に普及させるため各方面に精力的に講演活動をされている。

 

 

【スライドを使った講演内容】

 

1.従来のボランティアと欧米のボランティア

2.NPOに対する寄付額 日米の差

3.アメリカ訪問・調査

(介護ボランティアの実情)

4.介護職員の不足

5.仙台敬老奉仕会の現状

6.仙台に招待

(カナダ・オタワ病院の介護ボランティアの実情)

7.地域共生社会の実現

8.人格と品格

9.パラダイムシフト

 

仙台敬老奉仕会ホームページ

sendaikeirou.web.fc2.com

 

仙台敬老奉仕会

理事 鈴木和美

 「緑の館絵画を楽しむ会」のHPはこちらです。


未来への提案 (迫りくる親の介護の問題) No.259

2020年02月07日 | 未来への提案

 親と過ごした幼い頃を思い出す事がありませんか。

 今、世界中が認知症の家族のために献身的な介護をしています。

 日本には、親を敬う親孝行の文化があります。

 老人介護の問題には深刻な介護人不足が根底にあります。


 特別養護老人ホームに家族が頻繁に来て共に介護ができれば心がこもった介護ができます。


 多くの人が介護に来れない事情を抱えています。

 そのためには、きめ細かな優しい介護を社会全体で考えていく必要があります。


 親の介護の一助として、尊厳を重んじた「寄り添いボランティア」を普及させる事を提言します。

「緑の館絵画を楽しむ会」のHPはこちらです。


心のストレッチのswitchを自動的にON No.258

2020年02月03日 | 緑の館 心の世界

 関節は、運動をしないと硬くなってきます。

 対策として、筋力アップ・ストレッチの繰り返しがお勧めです。

 心も身体同様に柔軟に動かさないと固くなってしまいます。

 心のストレッチとは緊張した心に一定の余裕を持たせる事です。

 また、腹式呼吸も合わせて試みるのも効果的です。

 人間関係はレンガを積み重ねていくようなものです。

 先走って行動をすると摩擦が生じて悪循環が続いてしまいます。

 先走った感情は鏡のように相手には伝わります。

 自分が正しいと思える時こそ強引にならない事です。

 強引さが逆に摩擦になって負の連鎖を招く事になります。

 待ってあげるといった思いやりを持つ事によって人間関係が好転します。

 どうして必要以上に焦って行動をしてしまうのでしようか。

 交感神経が高ぶって我先に行動をしてしまうからです。

 そんな時には、心のストレッチのswitchをONに切り替える事をお勧めします。

 あえて,ゆっくりを意識して行動するのが心のストレッチです。

 極度に緊張した時には、心のストレッチのswitchが自動的にONになるような習慣をつけると心のbalanceが維持できます。

 

 「緑の館絵画を楽しむ会」のHPはこちらです。