緑の館絵画を楽しむ会 (医療・介護の現場に癒しの絵画展示)

ようこそ!
緑の館絵画の世界
ようこそ!
緑の館創造の世界
ようこそ!
緑の館仙台 絵画展示室



「目からウロコの講演&癒しのピアノコンサート」の歩み  No.242

2019年06月24日 | 緑の館仙台・絵画展示室

 

 目からウロコ講演を通して、長年に渡って研究をしてきた「心の法則」の一部を可視化しました。

 まだ、「心の法則大観」を完成させるには、道半ばです。

 完成する前に寿命が尽きる事も考えられますので「心の法則」研究の足跡を様々な分野に残しておくことにしました。

 ピアニスト浅野純子さんが子供の頃に実家でレッスンしていたピアノは、緑の館絵画展示室で蘇りました。

「目からウロコの講演と癒しのピアノコンサート」が同時進行で始まり「ピアノと緑の館絵画」が喜んでいるように思います。

 第10回の講演のテーマは、心の法則 第3章 「希望」

 第1節〜第2節 「忍耐」です。

 希望を叶えるためには、やり続ける忍耐が必要になります。

 

 第10回癒しのピアノコンサートは予定曲をサプライズで一部変更がなされました。

  今後の癒しのコンサートも、未来の変化に対応するために「創造と挑戦」を繰り返していきます。

 そのためにダイナミックに変更される事もあります。

 

バッハ パルティータ 第1番より

「プレリュード」

(ソロ 浅野 純子)

 

3つのアヴェ・マリア

シューベルト

(ソロ 浅野 純子)

カッチーニ

(ソロ 浅野 純子)

バッハ=グノー

(連弾 浅野 純子&千田 陽子)

ショパン 幻想 ポロネーズ

(ソロ 千田 陽子)

シューベルト 3つのピアノ曲より

1 (ソロ 浅野 純子)

ベートーヴェン バガテルより

(ソロ 浅野 純子)

 

コンサート終了後に演奏する希望の星(矢吹拓夢さん)

 「緑の館絵画を楽しむ会」のHPはこちらです

 


第10回・目からウロコの講演&癒しのピアノコンサート  No.241

2019年06月16日 | 緑の館仙台・絵画展示室

気持ち良く飛ぶ空間 

《第10回・目からウロコの講演

&癒しのピアノコンサート》 

(開催日時) 

2019年6月22日(土) 

午後2時~3時50分 

(場所)

緑の館仙台絵画展示室 

(入場料)

無料

 

第1部

 人・もの・金・命の大切さ

心の法則

第3章 希望

第1節~第2節 忍耐

(講師)

緑の館絵画を楽しむ会

代表鈴木和美

 

第2部

ピアニスト浅野 純子の世界 

Play&Pray    演奏と祈り~

 3つのアヴェ マリア

シューベルトとカッチーニ

バッハ=グノー

バッハ  パルティータ  第1番

シューベルト  3つのピアノ曲より『第1番』

ベートーヴェン バカデルより

ピアニスト浅野 純子

☆「闇を照らす光」を表現

絵画と音楽による総合芸術の空間

詳しくは、月刊誌りらく2019年6月号のインフォメーションをご覧ください。

 「緑の館絵画を楽しむ会」のHPはこちらです


「目からウロコの講演&コンサート」の展開 No.240

2019年06月01日 | 緑の館仙台・絵画展示室

 

 宇宙の誕生は130億年以上前に遡る。

 地球から太陽までは約1億5,000万km

 地球から月までは378,000万km

 月の直径は3,474km

 地球の直径は12,756km

 地球の一周は40,000km

 地球全体 5億1,000平方km

 海の面積36,000平方km

 海の割合71%

 日本の南北の直径は約3,000km

 日本の面積は378,000平方km

 日本の島々は6,852

 大自然は絶えず変化をしていきます。

 2018年度の目からウロコの講演は心の法則の第1章「幸福」から「愛」まで8回に分けて講演をしました。

 2019年度の目からウロコの講演は心の法則の第1章「希望」を3回に分けて講演をします。

 希望を叶えるためには「忍耐」が必要になります。

 第2部の癒しのピアノコンサートも「希望」に満ちています。

   ピアノ前奏曲は絶えず変化をしていきますのでお楽しみください。

 

  「緑の館絵画を楽しむ会」のHPはこちらです

代表 鈴木 和美