緑の館絵画を楽しむ会 (医療・介護の現場に癒しの絵画の展示)

ようこそ!
緑の館絵画の世界
ようこそ!
緑の館創造の世界
ようこそ!
緑の館仙台 絵画展示室



アートの世界 名画と共に旅をする 連載No.87

2013年05月30日 | アートの世界

 

宮城県美術館は東日本大震災以後にフェルメール展・東山魁夷展・ゴッホ展と絵画好きには有難い展示が続いています。


名画を鑑賞する機会が増えてくる事は素晴らしい事だと思います。

京都市の美術館と
宮城県美術館でフェルメールを鑑賞をしました。


この様に国内でも海外でも何度も同じ名画を様々な美術館で鑑賞していると名画と共に旅をしているような気持ちになってきます。

私は40年以上前にクロード・モネの絵画を見てから絵画好きになり原画鑑賞を楽しむようになりました。


フェルメールも東山魁夷もゴッホも生と死を超えて我々にメッセージを伝えています。

クロード・モネ、フェルメール、ゴッホのように名画となって生と死を超えて未来の人々にメッセージを伝えることは素晴らしいことです。

無名の絵画が時代の荒波を乗り越えて人々の心を揺り動かす名画として鑑賞されるようになるのが楽しみです。

数百年前の絵画が今も大切に残されている事に絵画の真髄を見る思いがします。

ゴッホの絵画は苦悩と不安の振り子が打ち続ける心の壁に一筋の光が見えてきたものをそのまま表現しています。

この一瞬のひらめきが脚光を浴び名画になったと思います。

渾身の思いで光の色彩を表現しようと追い求めたことがうかがえます。


緑の館絵画を楽しむ会のホームページのブログは一連の流れがありますので継続して見て頂ければ幸いです。

 緑の館 絵画を楽しむ会ホームページはこちらです。

どうぞご覧下さい


絵画の音楽の世界 連載No.86

2013年05月25日 | 絵画と音楽の世界

 

Cimg8217

緑の館仙台 絵画展示室にて

 

古いものから新しいものへ変わる時に違和感を持ってしまいアドバイスを拒否してしまった事はありませんか。

良い事を素直な気持ちで受け入る事が出来ると心が徐々に楽になってきます。


このような拒否感から開放されてくると思わぬ感動を味わう事が出来ます。

絵画の世界や音楽の世界を楽しんでいると心地よくなってきます。

余裕がないと思い込んでいると美しいものを見ても感動しなくなってしまいます。

感謝を味わう心が育ってくると気持ちが楽になります。

緑の館絵画を楽しむ会は絵画ボランティア活動を楽しんでいます。

暗闇に一瞬の光が差し込んで助かった事がありませんか。

緑の館絵画を楽しむ会は一瞬の光になる事を願っています。

緑の館 絵画を楽しむ会ホームページはこちらです。

どうぞご覧下さい


絵画と音楽を楽しむ集い 連載No.85

2013年05月20日 | 緑の館絵画を楽しむ会

Cimg8259     Cimg8280 

【絵画とリュートを楽しむ】 

緑の館絵画とアムール会のパステル画がブロンズ像を取り囲みそこにリュートの調べが優しく流れていきました。

絵画とリュートの演奏は調和がとれており参加者に心から喜んで頂くことができました。

米国のウイリアム ターハイ氏も楽しむ集いに参加をされました。

ウイリアム氏は帰国後にブロンズ像の作者のメイデイ モーハウスさんを尋ねて今回の絵画とリュートの集いを伝えますと言っておられました。

二日目の楽しむ集いもゆったりとした流れで絵画とリュート演奏を楽しんで頂きました。

リーフ鶴ヶ谷の特別養護老人介護施設に緑の館絵画とアムール会のパステル画が展示されます。

これらのボランティア絵画が旅立つ前に一般の人々に展示作品を見て頂いた事はとても良かったと思います。

これからはリーフ鶴ヶ谷の老人介護施設で鈴木健治氏のリュートの調べが静かに流れていくことになります。

そこにNPO法人仙台敬老奉仕会の寄り添い型のボランティアの皆様が奉仕活動をしていく事になります。

リュート演奏が終わり介護ボランティアが去った後は入居者を絵画が優しく見守ってくれます。

緑の館絵画を楽しむ会のホームページのブログは理念に沿った一連の流れがありますのでこれまでの経過が大切になってきます。
               

Cimg8239        Cimg8295


【絵画とブロンズ像とリュートの調べ】

 緑の館 絵画を楽しむ会ホームページはこちらです。

どうぞご覧下さい


第一回.緑の館絵画とリュートの集い 連載No.84

2013年05月17日 | 緑の館絵画を楽しむ会

 

【緑の館仙台 絵画展示室にて】

【緑の館絵画とリュートの集い】を平成25年5月18日(土)と平成25年5月19日(日)午後2時から午後5時に開催します。

平成25年5月20日(月)以降には仙台のリーフ鶴ヶ谷 特別養護老人介護施設にアムール会の会員の絵画と緑の館絵画を楽しむ会の絵画を合わせて貸し出す事になりました。

これらの絵画を一般に展示をする事に致しますのでお気軽にお楽しみ下さい。

詳しい案内は緑の館絵画を楽しむ会のホームページのブログの連載79に載せてあります。

米国のリバーサイド市の仙台ハーフマラソン選手団長ウイリアム・ターハイ氏がイベントを終えて緑の館絵画を楽しむ会の展示室に来られました。

長い期間 国際連合のお仕事をされていたとの事です。


ウイリアム氏はこれまで106ヶ国を訪問されておりこれからも沢山の国々を訪問されるとの事です。

オードリー・ヘップバーンの人生の後半はユニセフの親善大使をされていました。

ボランティア精神は国境を超えて伝わっていきます。


通訳は英語通訳ボランティアグループ ゴザインの朴沢さんにして頂きました。

この日は鈴木健治氏にリュート演奏の練習を兼ねて演奏をして頂きました。

私達はその優しい音色を心地よく聴き入る事が出来ました。

ウイリアム氏には、東日本大震災の大津波の状況と寄贈されたブロンズ像のいきさつと緑の館絵画を楽しむ会の活動内容を説明させて頂きました。

5月14日に政府の閣議で2015年3月に仙台市で国連防災國際会議の開催が了承された事をウイリアム氏は喜んでおられました。

Cimg8115_2

【仙台市姉妹都市交流】

緑の館 絵画を楽しむ会ホームページはこちらです。

どうぞご覧下さい 


アートの果たす役割 連載No.83

2013年05月15日 | アートの世界

 

(古代からのメッセージ)

引き寄せられるような魅力を感じてしまう芸術作品に出会った事がありませんか。


魅力を感じてしまうと無我夢中になってしまいます。

好きも嫌いも突然のキッカケによって変わってしまいます。

絵画の好みも年を重ねるごとに徐々に変わっていきます。


ゴッホの絵画のように生前は売れずに評価されなかった絵画が未来の人々の心に衝撃を与えて名画になった絵画があります。

それとは逆に魅了する絵画でありながら作者が無名と云う理由で見向きもされない絵画が多くあります。

名画のコピー作品が世界中に氾濫しています。

過去の名声を頼りにした絵画鑑賞から一歩抜け出して名画を発掘してみると面白いと思います。


芸術の果たす役割は未来の人々にメッセージを伝える事にあるのかも知れません。



緑の館 絵画を楽しむ会ホームページはこちらです。

どうぞご覧下さい


ゴッホとフエルメールの絵画の魅力 連載No.82

2013年05月10日 | 緑の館 絵画と人生

 

【小船からこちらを見ている人がいます】

水平線が目の前に広がっています。

視線が感じられます。

ゴッホとフェルメールの絵画を鑑賞しました。

ゴッホの絵画は勢いよく筆とナイフを使って激しく絵肌を表現していました。

17世紀頃のフエルメールの絵画は微妙に明暗を織り成しており独特の陰影の表現が魅惑的でした。

ゴッホとフェルメールの作品は時の流れを感じさせてくれます。

ゴッホとフェルメールの絵画はこちらを見ているような作者の視線が感じられます。


絵画の魅力 【 美を見つける喜び 】連載No.81

2013年05月05日 | 絵画の魅力

米国 リバーサイド市の市庁舎から見た風景 

【美を見つける喜び】

見えているようで見えていないのが人生です。

見えていないのに見えたかのように思い込んでしまっています。

見ようと意識しなければ見えないのが絵画の世界です。


心の窓を閉じてしまうと目の前にある絵画を見ようとせずに素通りしてしまいます。

 

心の目を開くと一瞬で闇の世界から光の世界へ変わります。

今まで見えなかったものが見えてきます。

美を意識すると描きたい対象物が次々と現れてきます。

樹木を見ていると季節の流れを感じる事が出来ます。


心の目で枯れ枝を見ると緑あふれる樹木が見えてきます。


樹木を描いていると大自然との一体感が感じられます。


様々な美を見つめることによって見えない命とのつながりが感じられます。


緑の館 絵画を楽しむ会ホームページこちらです。
どうぞご覧下さい

Cimg8050