緑の館絵画を楽しむ会 (医療・介護の現場に癒しの絵画展示)

ようこそ!
緑の館絵画の世界
ようこそ!
緑の館創造の世界
ようこそ!
緑の館仙台 絵画展示室

言葉にならない言葉 No.63

2013年01月30日 | 緑の館 心の世界

  

(緑のオアシス)

 

 人生には辛いことも悲しいことも泣きたいこともあります。

 言葉には言葉にならない言葉があります。

 励ましの言葉を表現出来ずに押し黙ってしまうことがあります。

 

 絵画は無言の言葉で話しかけてくれます。

 

 緑のオアシスによる無言の言葉が癒しになります。

 「緑の館絵画を楽しむ会」のHPはこちらです

どうぞご覧下さい


彫刻家の人間愛 No.62

2013年01月25日 | 緑の館絵画を楽しむ会

 (人間愛と絆を表現する)

 仙台市とリバーサイド市は50年以上に渡って姉妹都市提携を結んでいます。

 リバーサイド市は「風と共に去りぬ」の試写会で有名なシアターや数多くの米国大統領が宿泊したミッシヨイン・イン・ホテルがあります。

 リバーサイド市は芸術と文化の町でシトラス栽培で有名な町です。

 リバーサイド市立美術館、リバーサイド・メトロポリタン博物館、市内にはアートギャラリーが点在しています。

 リバーサイドは教育の町でカリフォルニア大学リバーサイド校をはじめリバーサイド・コミュニテイ・カレッジには総勢4万人を越える学生が通っています。

 3月11日の東日本大震災の大津波は忘れる事が出来ない衝撃となりました。

 米国彫刻家リバーサイド国際交流委員会の特別会員のメイデイ・モーハウス氏は大震災当日は東京に滞在していました。

 米国に帰ってから、大津波の悲劇を後世に伝えるために、ブロンズ像3作品を制作しました。

 メーディ モーハウス氏の作品のメツセージをお伝えします。

 第一作は子供を抱きしめて津波の激流から必死に逃げようとする母親を表現しています。

 第二作は恐ろし大津波の出来事を表現しています。

 第三作は人々が前向きに粘り強く自分たちの街を立て直そうとしている姿を表現しています。

 宮城県美術館はあっても仙台市には美術館がありません。

 ブロンズ像は仙台敬老奉仕会に寄贈され、緑の館絵画を楽しむ会が展示する事になりました。

 緑の館絵画を楽しむ会はメイデイ モーハウスさんの思いを伝えていきます。

 長年に渡ってリバーサイド市との仙台市民の交流をしてきた仙台リバーサイド交流連絡会と英語通訳ガイドグループ(ゴザイン)とリバーサイド在住のブッシュエ 洋子さんに心からのエールを送りたいと思います。

「緑の館絵画を楽しむ会」のHPはこちらです
どうぞご覧下さい


緑の館絵画と寄り添いボランティア No.61

2013年01月20日 | 緑の館 絵画の世界

 

Cimg7651_2

(廊下に癒しの絵画)

 社会福祉法人幸生会特別養護老人ホーム水泉荘は仙台敬老奉仕会の寄り添い型のボランティアを受け入れています。

 仙台敬老奉仕会のボランティアが黄色いエプロンをして奉仕活動をしていました。

 特別養護老人ホーム水泉荘では緑の館絵画を楽しむ会の絵画を展示しています。

 


 介護ボランティアが去った後も緑の館絵画が入居者の心を癒してくれます。

 

 この様に絵画ボランティアと寄り添い型のボランティアは、調和が取れています。

 2012年2月に米国の老人介護施設に視察に行った際に廊下や入居者の部屋に絵画が展示されていました。

 


 絵画を見る事によって穏やかな気持ちになってきます。

 

 これからの介護施設は絵画と音楽を楽しみながら生活していくようになります。

 特別養護老人ホームで寄り添いボランティアと共に絵画や音楽を楽しんで生活している姿が見えてきます。

 

 「緑の館絵画を楽しむ会」はこちらです


祈りの原点  No.60

2013年01月15日 | 緑の館 心の世界

 

祈り 

 

守ってもらいたい……

 

許してもらいたい……

 

分かってもらいたい……

 

信じてもらいたい……

 

助けてもらいたい……

守ってあげよう

 ↓

許してあげよう

 ↓

分かってあげよう

 ↓

信じてあげよう

 ↓

助けてあげよう

ありがとう

 

「緑の館絵画を楽しむ会」はこちらです

 




国際交流は国境を越えた心の架け橋 No.59

2013年01月10日 | 国際交流

 

 

リバーサイド市から仙台市の方向を示す

   緑の館絵画を楽しむ会の国際交流会員のブッシュエ 洋子さんが、アメリカのサンデイゴ在住のメイデイ モーハウスさん(ブロンズ彫刻家 リバーサイド国際交流委員会仙台委員会の特別会員)の作品の展示の橋渡しをして頂くことになりました。

 

 二人のパッシヨンは市民と市民の交流により世界平和を実現させようという姉妹都市交流が根本にあります。

 2011年3月11日の東日本大震災の大津波はリバーサイド市民に大きな衝撃となりました。

 東北地方の人々が、苦悩を乗り越え復興される事を願って(人間愛と勇気)を表現した作品にしたとのことです。

 東日本大震災の被災者の為にメイデイ モーハウスさんからブロンズ像3作品を寄贈して頂くことになりました。

 

 NPO法人仙台敬老奉仕会 吉永馨理事長にブロンズをお引受け頂く事になります。

 

 吉永馨先生は緑の館絵画を楽しむ会の名誉会員になって頂いております。

 間もなくメイデイ モーハウスさんから被災者の心を表現したブロンズ像が届きます。

 

 緑の館絵画を楽しむ会は東日本大震災を風化させない為にもブロンズ像を展示をしていきます。

 

 メイデイ モーハウス(ブロンズ彫刻家)の経歴をお伝えします。

 学歴 ○カリフォルニア州立ロングビーチ校にて美術士号取得 ○版画家クリシエナ・レディの元で修士研究 ○南カリフォルニア大学にて修士研究 ○カリフォルニア州立大学サンデイゴ校にて修士研究

  指導歴 ○ロングビーチ美術館にて版画制作 ○第18回芸術際 審査員(カリフォルニア州○所属団体 全米彫刻協会 ○サンディエゴ美術館芸術協会 理事 ○サンディエゴ美術協会 ○全米女性芸術家協会

 主な公共展示先 ○メトロポリタン美術館 ○グツケンハイム美術館 ○ホイットニー美術館 ○シカゴ美術館 ○連邦議会図書館 ○カブリロ美術大学 ○スクリツプス・ホスピタル基金 ○カリフォルニア州立大学美術館 その他

 

 

緑の館絵画を楽しむ会 代表 鈴木和美

「緑の館絵画を楽しむ会」はこちらです

どうぞご覧下さい


大自然を描く No.58

2013年01月05日 | 緑の館 心の世界

 

Cimg1328_2

全ての生物は見えないエネルギーによって生かされている。

大自然の絵画を描くことにより感謝の気持ちに満たされる。

「緑の館絵画を楽しむ会」はこちらです
どうぞご覧下さい