緑の館絵画を楽しむ会 (医療・介護の現場に癒しの絵画の展示)

ようこそ!
緑の館絵画の世界
ようこそ!
緑の館創造の世界
ようこそ!
緑の館仙台 絵画展示室



緑の館 愛と平和の世界へようこそ No.123

2014年10月01日 | 緑の館 絵画の世界

 《緑の館の世界へようこそ》

(緑の館の世界はどこに) 

Love and peace

緑の館の世界は愛と平和の世界です。

緑の館絵画の世界は癒しの曲が流れています。 

《 第5回  絵画とリュートを楽しむつどい》 

   

東北放送のみちのくむかしばなしのラジオ放送に長年朗読ボランティアをされている田村文子さんを特別ゲストとしてお招きします。

週末のひと時をお楽しみください。

【日時】平成26年10月18日(土)  午後2時~

【場所】 緑の館絵画を楽しむ会展示室

【入場料】無料

緑の館絵画展示室での朗読・演奏会が新たなボランティア活動のキッカケになる事を願っています。

緑の館 絵画を楽しむ会ホームページはこちらです


肖像画の世界 連載No.96

2013年07月15日 | 緑の館 絵画の世界

Cimg8550

(男の肖像画)

顔の表情は、真実を物語っています。

肖像画の左右の顔は似ていますが、よく見ると違っています。

左右の目と左右の鼻も似てはいますが微妙に違っています。

脳も左脳と右脳があって自由に行動することができます。

肺も左右があって呼吸を楽にしてくれます。

人は心身ともにバランスがとれると安定してきます。

沢山の絵画を鑑賞することによって脳の前頭葉が鍛えられます。

無名であった絵画が未来人の前頭葉を刺激して、名画になっていきます。


緑の館 絵画を楽しむ会ホームページはこちらです。

どうぞご覧下さい


言葉にならない言葉 連載No.63

2013年01月30日 | 緑の館 絵画の世界

  

(緑のオアシス)

緑の館絵画は癒しの館としての役割があるのかも知れません。

生かされている喜びと感謝の心を絵画で表現できたら素晴らしいですね。


人生には辛いことも悲しいことも泣きたいこともあります。

言葉には言葉にならない言葉があります。

励ましの言葉を表現出来ずに押し黙ってしまうことがあります。


絵画は無言の言葉で話しかけてくれます。


無言の言葉が癒しになります。

 緑の館 絵画を楽しむ会ホームページはこちらです。

どうぞご覧下さい


不思議な絵画の世界 連載No.55

2012年12月20日 | 緑の館 絵画の世界

  

    (不思議な世界)


見上げると雪が時を刻みながら無言のリズムで舞い落ちています。


雪がシンシンと降り積もっているのです。


絵画の世界にも雪が降っています。


手で握りしめた雪は解けて無くなってしまいます。


絵画の世界の雪は時が過ぎても解けて無くなりません。


絵画の世界の雪は冷たく思いますが凍えることはありません。


絵画の世界は自由に塗り替える事が出来ます。


心の動きによって変わってくるのが絵画の世界です。

大自然は不思議な世界です。


人の世も思うがままにはいかない不思議な世界です。

人の一生は良いも悪いも風の様に過ぎ去ってしまうものです。


閉じていた心を開くと見えなかった心の有り様が見えてきます。

絵画の世界は見なければ見えない不思議な世界です。


 緑の館 絵画を楽しむ会ホームページはこちらです。

どうぞご覧下さい


絵画の見方と楽しみ方 連載No.35

2012年09月10日 | 緑の館 絵画の世界

 

(夜の風のささやき)


人は楽しく生きたいと思っています。


気分を明るくしたいと思っています。

知らず知らずに否定的な言葉を慢性的に使っていませんか。

もう時間がない  もうダメだ  どうしようもないといった言葉です。

この様な否定的な言葉を口癖にしているとツキから見放されてしまいます。

心の中でつぶやいたとしても同じことです。

これらの悪い口癖を使うのを止めてしまうことをお勧めします。


ありがとう 楽しい  嬉しい  やってみよう。

 

良い言葉の選択で発想までもが変わってしまいます。


気分が優れない時は絵画鑑賞を楽しんで見ることをお勧めします。

良い事だけを考えていると思いがけない幸運がやってきます。

私は絵画を見て上手だねと言って誉めています。


誉めれば誉めるほど幸福な気持ちになってくるから不思議です。

 緑の館 絵画を楽しむ会ホームページはこちらです。
どうぞご覧下さい 


介護ボランティアの底力 連載No.34

2012年09月05日 | 緑の館 絵画の世界

 

Cimg6818
(リュート演奏と絵画鑑賞を楽しむ)

緑の館絵画を楽しむ会では介護施設の職員、家族、利用者全ての人が一緒になる場所に絵画を展示していきます。

東日本大震災の大津波の被害によって心に痛でを受けている入居者が多いようです。

特に老人介護施設では癒しの空間が必要です。


リュートによる演奏を老人介護施設パルシアでスタートする事になりました。

緑の館 絵画を楽しむ会ホームページはこちらです。
どうぞご覧下さい

リュート演奏 鈴木健治氏

Cimg6811


緑の館 絵画の世界 連載No.21

2012年07月01日 | 緑の館 絵画の世界

 緑の館 絵画を楽しむ会ホームページはこちらです。

どうぞご覧下さい

Cimg1264  


 

(絵画は世界を渡る)


絵画の世界はどんどん広がっていきます。

 

絵画の世界は見ようと意識をしないと見えない世界です。


テーマを意識して探していると見えてきます。

 

恋愛感情が生まれると意識する対象が違って見えてくるようなものです。

 

恋心とは意識すればする程に意識していないように見せかけてしまう心情です。


このように何処となく絵画鑑賞は恋心に似ているのです。

 

絵画鑑賞によって自分の心が動き出します。

 

絵画の世界では画家は別々の競合する存在であってもゴッホもピカソもルノアールもモネも仲の良い友達なのです。

 


静物 光と影 連載No.18

2012年06月15日 | 緑の館 絵画の世界

 

Cimg6306

 (静物画 日本画)


時の流れが風のようなものならば生と死も風のようなものです。

 


描かれていた野菜は原形を保つ事が出来ません。


野菜は絵画の中に現存しているのです。

 

良いも悪いも風のようなものです。