緑の館絵画を楽しむ会 (医療・介護の現場に癒しの絵画の展示)

ようこそ!
緑の館絵画の世界
ようこそ!
緑の館創造の世界
ようこそ!
緑の館仙台 絵画展示室



愛と平和の世界 ピアニストの蘇る思い出 (浅野純子さん) No.194

2018年02月17日 | 愛と平和の世界

  

  緑の館仙台に浅野純子さんが幼い頃から演奏していたピアノが本日の午後2時に搬入されました。

搬入に伴いピアニストの浅野繁さんと浅野純子さんご夫妻が緑の館仙台に来られました。

本日の搬入は、仙台市泉区館の東北高校出身の羽生結弦さんのオリンピックの金メダル獲得日時と重なりました。

記憶に残る嬉しい一日となりました。

浅野純子さんは一般財団法人・国際セラピードッグ協会をクラシックの音楽活動を通して応援してきました。

この音楽活動が緑の館仙台癒しのネットワークと結びつきました。

具体的な内容は緑の館絵画を楽しむ会のブログNo.176・No.190に詳しく載せています。

2018年5月以降に緑の館絵画展示室で浅野純子さんのピアノによる癒しのクラシックコンサートが始まる予定です。 

 緑の館 絵画を楽しむ会ホームページはこちらです。 

 



愛と平和の世界 【 オードリー・ヘップバーン 愛と平和の願い】 No.193

2018年02月12日 | 愛と平和の世界

 

 

  オードリー・ヘップバーンはローマの休日のアン王女役を演じていました。 

当時の人々はオードリー・ヘップバーンの可憐な魅力に惹かれて映画館に足を運びました。

私が「緑の館」の映画をクローズアップしたのは、この原作の特異性に気付いたからです。

特異性を紐解いていくと「愛と平和のメッセージ」が浮かび上がってきました。

緑の館絵画を楽しむ会のgoogle ブログ No.166にオードリー・ヘップバーンの歩みを時系列に載せています。

オードリー・ヘップバーンが「緑の館」の主演女優をした事と晩年にユニセフの親善大使を務めた事とは因果関係があるように思います。

オードリー・ヘップバーンがユニセフに新天地を求めたのは果たさなければならない自分の社会的役割を見出したからです。

飢餓に陥る難民の子供達を助けるためには華々しい女優の舞台から飛び降りて現場に行って行動する必要があったのです。

飢えと困難を背負った子供達はオードリー・ヘップバーンの優しい眼差しを見て「緑の森の妖精」が助けに来てくれたと感じたと思います。

緑の館の原作は熱帯林のロマンスと悲劇の物語です。

緑の館ではリーマという妖精役を魅力的に演じました。

リーマはアベルへの愛に目覚め幸せな生活を夢見ていました。

そこに忌まわしい魔女狩りの悲劇が起こったのです。

インディオはリーマを魔女と信じてリーマの登った大木の根元に枯れ枝を置き火をつけて燃やしてしまいました。

いつの世も人々は魔女を追い求めて不毛の争いを繰り返してしまいます。

当時の「緑の館の映画」は原作の特異性だけが際立ってしまい真意は伝わらずヒットはしませんでした。

オードリー・ヘップバーンは晩年になって子供達に「緑の館の精神」を伝えようとしました。

心の中に平和の象徴の妖精はいても魔女は存在しない事を子供達に伝えたかったのです。

オードリー・ヘップバーンは戦争のために飢餓や貧因が深刻になった地域を訪ねて救済しようとしました。

ユニセフを通して、争いによって生じる子供達の悲惨な状況を世界中に訴えました。

オードリー・ヘップバーンは、子供達に「愛と平和のメッセージ」を残して1993年1月に63歳で永遠の眠りにつきました。

トルストイの作品「戦争と平和」は1956年に上映され「緑の館」は1959年に上映されました。

「緑の館」には華麗な妖精を演じたオードリー・ヘップバーンの愛と平和を願う精神が宿っているのです。

「緑の館仙台」は愛と平和の願いを日々のボランティア活動を通して伝えていきたいと思います。

(癒しのボランティアネットワークの流れ)

1.緑の館仙台開業    (生命・損害保険代理店)

2.緑の館絵画を楽しむ会 開設  (絵画ボランティア)

3.NPO法人仙台敬老奉仕会  (寄り添いボランティアの支援)

4.鈴木龍郎氏(日本画家)   東日本大震災支援チャリティ

5.仙台リバーサイド交流連絡会(オレンジクラブ)

6.鈴木健治氏  (リュート演奏家)

7.Yoko Boucher  (仙台市とリバーサイド市の交流会)

8.仙台ボランティア英語通訳ガイド(gozain)

9.公益財団法人 仙台国際交流協会

10.アムール会 (介護施設にパステル画 )

11.大和 文明氏 (国際交流・ダンスホール )

12.奥村励子氏(布裂の絵研究会)

13.Maidy Morhouse氏 彫刻家 (母と子のブロンズ像)

14.斎藤玄昌實氏  (雄勝石絵画)

15.ピアニスト浅野純子氏  (セラピードッグ支援)

16.一般財団法人 国際財団法人セラピードッグ協会

17.館ムジカ(ピアノ研究所)と緑の館絵画展示室

 緑の館 絵画を楽しむ会ホームページはこちらです。 



絵画の魅力 【布裂の絵研究会 作品展】 No.192

2018年02月09日 | 絵画の魅力

 

奥村励子さんの和裂の世界 

  奥村励子布裂の絵研究会の作品展のご案内を頂きましたので本日鑑賞してきました。

開催場所は東北電力ビル グリーンプラザ1Fです。

201826()~212()まで展示しています。

奥村励子さんは緑の館絵画癒しのネットワークのパートナーです。

何気なく置かれたミニ盆栽がいいですね。

アイデアがいつぱい詰まった素晴らしい作品でした。

緑の館仙台は、ものを大切にする日本人の美意識を伝えていきたいと思います。


奥村励子 布裂の研究会の絵

 


未来への提案 (緑を大切にしよう) No.191

2018年02月01日 | 未来への提案

 

  創造の世界は宇宙の広がりそのものです。

地球は創造の世界から誕生しました。

創造の世界は創造の力が絶えず働いて形造られてきました。

地球の表面の70%は海であり残りの30%が陸地になります。

生存するためには創造の世界の法則を知らなければなりません。

創造の世界の法則に従わなければ生態系のバランスに甚大な影響が出てきてしまいます。

人口増加に伴い森林の伐採・過放牧を見過ごすと土地の砂漠化が進んでしまいます。

地球温暖化が急速に進んできくると砂漠化、異常気象、水不足が深刻化してきます。

さらに、急激な海面上昇が発生してきて農業被害や水没が多発してきます。

地球上には多くの生物が暮らしています。

森林やサンゴ礁、生物の住む場所を人類が無秩序に破壊してしまうと絶滅種が急速に増加してしまいます。

緑を失ったことによって流失した土壌は土砂として川などに流れてしまいます。

河口域では洪水が多発し甚大な被害をもたらしてしまいます。

砂漠化や土壌流失を食い止めるためには無秩序な乱開発を避ける必要があります。

森林の土壌には無機栄養食塩が含まれています。

そうした土壌が流失してしまうと森林の再生が困難になってしまいます。

地球環境を守るためには創造の世界の法則に順応して緑の森を増やしていく必要があります。

地球は生命を誕生させる創造の世界です。

全ての生物にとって地球環境は唯一無二の宝物です。

緑を増やして未来の子孫の生態系を守っていきましょう。

掛け替えのない命を育む地球環境を守っていきましょう。

緑の館絵画を楽しむ会は世界中の緑を守る事を提案します。

唯一無二の宝物を守る小さな一歩が大きな一歩になります。

 緑の館 絵画を楽しむ会ホームページはこちらです。