緑の館絵画を楽しむ会 (医療・介護の現場に癒しの絵画展示)

ようこそ!
緑の館絵画の世界
ようこそ!
緑の館創造の世界
ようこそ!
緑の館仙台 絵画展示室

館ムジカ記念コンサート 【未来への希望と輝き】 No.221

2018年11月25日 | 緑の館 愛と平和の世界

 

   喜怒哀楽によって心は大きく揺れ動きます。

 風は、いつのまにか向かい風から追い風に変わっています。

 心の「移ろい」も風向きに似ています。

 人生峠をひたすら歩き続けると、さらなる峠が見えて来ます。

 ふと、眺めると峠の向こうは輝いていました。

 

ピアノ研究所 館ムジカ5周年

Annivesary Concert

〜ニ台ピアノの祭典〜

20181123()

Yamaha Music SENDAl

開催されました。 

 

Program

 ドビュッシー

「小組曲」

駒澤 好美&只木 杏奈

 

ラヴェル

「ラ・ヴアルス」

千田 陽子&渡邉 真司

 

ミヨー

「スカラムーシュ」

伏見 姿&宮崎 紗耶子

 

ショパン

「アンダンテ・スピアナート」

華麗なる大ポロネーズ」

矢吹 拓夢&浅野 純子(昼公演)

坂本 知穂&浅野純子(夜公演)

 

モーツァルト=グリーグ

「ソナタK.545

海鋒美由紀&浅野繁

 

j.シュトラウス=S.コヴァーチ

「《こうもり》パラフレーズ」

海鋒美由紀&浅野繁

 

ー出演者ー

浅野 繁

浅野 純子

駒澤 好美

只木 杏奈

千田 陽子

渡邉 真司

伏見 姿

宮崎 紗耶子

矢吹 拓夢

坂本 知穂

海鋒 美由紀

 

 館ムジカ5周年・記念コンサートは、深く洗練された2台ピアノの演奏で大盛況でした。

 未来への希望と《輝き》を感じました。

 

 「緑の館絵画を楽しむ会」のHPはこちらです


愛の奇跡を語る「第7回・目からウロコの講演&癒しのピアノコンサート」No.220

2018年11月04日 | 緑の館絵画と音楽

 

【庭先の樹木の変化を楽しむ】

 オードリー・ヘップバーンは緑の館の映画の妖精のように去っていきました。

 そして、今も世界中の人々に感動と夢を与え続けています。

 季節が巡り秋になると樹木は紅葉してきます。

 大自然がもたらす様々な変化をどの様に感じるかが人生の醍醐味に思えます。

 風に揺れる一枚一枚の葉に、各々の人生が重ねて見えてきます。

 落葉樹に落ちない葉は一枚もありません。

 人も同じく時の流れの中で生かされ亡くなってしまいます。

 世界的なファッションデザイナーの高田賢三さんと福島県相馬市に向かう車中で率直な話しをする事ができました。

 愛の奇跡は様々に形を変えて人々の心に受け継がれていきます。

 高田賢三さんは福島県民のためにお役に立ちたいと話されていました。

 パリに帰られても「日本の美」を「ありのままの心」で伝えていかれると思います。

 高田賢三さんは、福島の「起き上がりこぼし」を通して人生そのものが七転び八起きである事を世界中の人々に伝えたいと思っているのです。

 目からウロコの講演は愛と平和の世界の物語を伝えていきます。

第7回・目からウロコの講演

&癒しのピアノコンサート

(日時) 平成30年1117日(土)

午後2時より3時40分

(場所) 緑の館仙台絵画展示室

(入場料) 無料

【前編 講演会】

(演題)

心の法則 第2章 愛

第5~第6節 奉仕の精神

(講師)

緑の館仙台

緑の館絵画を楽しむ会

代表 鈴木和美

【後編 ピアノコンサート】

〜デュオの楽しみ フランスへの憧れ〜

ピアニスト 浅野純子

ドビュッシー 小組曲 (連弾)

フォーレ:ドリー(連弾)

共演 ピアニスト 浅野繁 

広義の社会奉仕活動の一環です。

 「緑の館絵画を楽しむ会」はこちらです