緑の館絵画を楽しむ会 (医療・介護の現場に癒しの絵画の展示)

ようこそ!
緑の館絵画の世界
ようこそ!
緑の館創造の世界
ようこそ!
緑の館仙台 絵画展示室



【創造の扉】を開くNo.247

2019年10月08日 | 緑の館 創造の世界

 

  それぞれが違ったこだわりを持っています。

必要と思えば思うほど、こだわりが強くなってきます。

必要でなくなると、こだわりは無くなってしまいます。

人々が、何にこだわっているかを知る事によって、自分の心が見えて来ます。

互いのこだわりに関心を持つようになると心の扉が開いて来ます。

画家は、自分の色、構図、表現力といった自分の個性にこだわっています。

【創造の扉】は、描く側と見る側が自由に開ける【開放の扉】のように思えるのです。

創造の扉を開くと、こだわり続けて来た人生の縮図がおぼろげに見えてきました。

 「緑の館絵画を楽しむ会」はこちらです


第2の人生 リュートを楽しむ集い No.246

2019年10月06日 | 緑の館 心の世界


絵画とリュートを楽しむ集いがありました。

演奏者は、鈴木健治氏・高橋雅和氏です。

緑の館仙台絵画展示室に優しいリュートの音色が広がりました。

満席になった参加者と絵画が一体となって聴き入っているようでした。

介護施設で、リュート演奏されると人々は癒されると思います。

リュートの練習を重ねてこられた姿を思い浮かべながら聴かせて頂きました。

 

 主な演奏曲目

■ リュート独奏
シシリアーナ リチェルカーレ スパニョレッタ 白い花

■ リュート二重奏
メリームード 2つのリュートのためのトイ ダンプ ロッシニョール グリーンスリーブス

■ 19世紀ギター独奏
埴生の宿 ソルの練習曲 愛のワルツ 愛のロマンス

■ 19世紀ギター二重奏
アンダンテ ロンド アンクラージュマン

 

 過去のコンサート

☆ 第1回絵画とリュートを楽しむつどい 2013年05月18日

☆ 第2回絵画とリュートを楽しむつどい 2013年10月05日

☆ 第3回絵画とリュートを楽しむつどい 2014年05月24日

☆ 第4回絵画とリュートを楽しむつどい 2014年07月26日

☆ 第5回絵画とリュートを楽しむつどい 2014年10月18日

 

  「緑の館絵画を楽しむ会」はこちらです。

 


第11回・目からウロコの講演と癒しのピアノコンサートのお知らせ No.245

2019年09月01日 | 楽しむ会 (絵画と音楽の集い)

(動く大自然のキャンパス)


第11回

目からウロコの講演&ピアノコンサート

(日時)2019年9月21日(土)

午後2時~3時50分

(場所)

緑の館仙台絵画展示室

(入場料)

無料

詳しくは

  緑の館絵画を楽しむ会」

 

 第11回・目からウロコの講演&癒しのピアノコンサートプログラム

09月21日
(土)

第11回

人・もの・金・命の大切さ

心の法則
第3章 希望
第3節~第4節 

未来

 

様々な「愛」

 【シェア】 

~分かち合い~

モジュコフスキ 

ポーランド組曲より 

(連弾)

 浅野純子&坂本知穂

ショパン

マズルカより      

(ソロ)

 坂本知穂

シューベルト 

3つのピアノ曲より第2番

(ソロ)

 浅野純子

シューベルト

幻想曲     

(連弾) 

浅野純子&坂本知穂

 

☆「普遍的な愛」を表現


扉の向こうに見えるもの No.244

2019年08月02日 | 緑の館 心の世界

 

 

   扉を開けると、さらに向こう側に扉がありました。

扉には自由に開けられる扉と自由に開けられない二つの扉があります。

「心の扉」にも自由に開けられる扉と自由に開けられない二つの扉があります。

 

自由に開けられた扉でも恐怖を抱き心に鍵をかけてしまうと自由に開けられなくなってしまいます。

人生の岐路に立つとは、「未来の扉」の前に立つ瞬間かもしれません。

心を開くと光が射してきますが、心を閉ざしてしまうと一瞬で暗闇に戻ってしまいます。

光を求めて扉を開けると、おぼろげに未来と過去の幻想が見えてきます。

闘いの日を迎えて、「未来の扉」の前に立った先人の思いが走馬灯のように浮かんできます。

  「緑の館絵画を楽しむ会」はこちらです


創造の世界」からの贈り物 No.243

2019年07月04日 | 緑の館 創造の世界

 

 

全てを包み込んでいるのが「創造の世界」です。

 

「創造の世界」からの贈り物は樹々からこぼれ出る光のように無尽蔵に届いています。

 

当たり前のように受け取ってしまう贈り物が「創造の世界」からの贈り物です。

 

大自然と一体の気持ちになると、心が癒されます。


ありのままの気持ちになって、大自然からの贈り物を描いてみませんか。

 

  「緑の館絵画を楽しむ会」はこちらです


「目からウロコの講演&癒しのピアノコンサート」の歩み No.242

2019年06月24日 | 緑の館 心の世界

 

 目からウロコ講演を通して、長年に渡って研究をしてきた「心の法則」の一部を可視化しました。

まだ、「心の法則大観」を完成させるには、道半ばです。

完成する前に寿命が尽きる事も考えられますので「心の法則」研究の足跡を様々な分野に残しておくことにしました。

ピアニスト浅野純子さんが子供の頃に実家でレッスンしていたピアノは、緑の館絵画展示室で蘇りました。

「目からウロコの講演と癒しのピアノコンサート」が同時進行で始まり「ピアノと緑の館絵画」が喜んでいるように思います。

第10回の講演のテーマは、心の法則 第3章 「希望」 第1節〜第2節 「忍耐」です。

「希望」を叶えるためには、たゆまぬ「忍耐」が必要になります。

 

10回癒しのピアノコンサートは予定曲をサプライズで一部変更がなされました。


今後の癒しのコンサートも、「想像と挑戦」により一部変更される事もあります。

 

バッハ パルティータ 第1番より

「プレリュード」

(ソロ 浅野 純子)

 

3つのアヴェ・マリア

シューベルト

(ソロ 浅野 純子)

カッチーニ

(ソロ 浅野 純子)

バッハ=グノー

(連弾 浅野 純子&千田 陽子)

ショパン 幻想 ポロネーズ

(ソロ 千田 陽子)

シューベルト 3つのピアノ曲より

1 (ソロ 浅野 純子)

ベートーヴェン バガテルより

(ソロ 浅野 純子)

コンサート終了後に演奏する希望の星(矢吹拓夢さん)

 「緑の館絵画を楽しむ会」はこちらです

 


第10回・目からウロコの講演&癒しのピアノコンサートNo.241

2019年06月16日 | 楽しむ会 (絵画と音楽の集い)

気持ち良く飛ぶ空間 

《第10回・目からウロコの講演

&癒しのピアノコンサート》 

(開催日時) 

2019年6月22日(土) 

午後2時~3時50分 

(場所)

緑の館仙台絵画展示室 

(入場料)

無料


第1部

 人・もの・金・命の大切さ

(講師) 鈴木和美

心の法則

第3章 希望

第1節~第2節 忍耐


第2部

ピアニスト浅野 純子の世界 

Play&Pray    演奏と祈り~

 3つのアヴェ マリア

シューベルトとカッチーニ

バッハ=グノー

バッハ  パルティータ  第1番

シューベルト  3つのピアノ曲より『第1番』

ベートーヴェン バカデルより

ピアニスト浅野 純子

☆「闇を照らす光」を表現

絵画と音楽による総合芸術の空間

詳しくは、月刊誌りらく2019年6月号のインフォメーションをご覧ください。

 「緑の館絵画を楽しむ会」はこちらです


大自然と向き合う「希望の光」No.240

2019年06月01日 | 緑の館 心の世界

 

宇宙の誕生は、130億年以上前に遡る。

地球から太陽までは、約1億5,000万km

地球から月までは378,000万km

月の直径は、3,474km

地球の直径は12,756km

地球の一周は40,000km

地球全体 5億1,000平方km

海の面積36,000平方km

海の割合71%

日本の南北の直径は、約3,000km

日本の面積は378,000平方km

日本の島々は、6,852

大自然は、時の流れを経て少しづつ変化していきます。

人の一生も地球に似ています。

各々の人生も時の流れと共に少しづつ変化していきます。

変化に気がつかないと、ボタンのかけ違いをしてしまいます。

変化に気付くまでは、次のボタンのかけ違いをしてしまいます。

転ばぬ前の気づきが大切です。

2018年度・目からウロコの講演は第1章・「幸福」〜第2章「愛」まで8回に分けて講演をしました。

2019年度・目からウロコの講演は心の法則・第3章の「希望」を緑の館仙台・絵画展示室で3回に分けて講演をします。

2部のピアニスト浅野純子さんの癒しのピアノコンサートも「希望」に満ちたものになります。

希望を叶えるためには「忍耐」が必要になります。

第3章・第1節〜第2節のテーマは「忍耐」です。

人生は、良いことばかりではなく厳しい事もあります。

辛いことも悲しいことも沢山あります。

でも、ずっと歩んで来れた一本の道です。

最後まで、諦めないで頑張ると希望の光が心に差し込んできます。

【心の法則】も、数年後には、希望の光となって完成します。

 心の法則のピアノ前奏曲は人生を物語るように絶えず変化をしていきます。

 

  「緑の館絵画を楽しむ会」はこちらです

代表 鈴木 和美


富谷市地域と介護施設の支え合いモデル事業 No.239

2019年05月25日 | 仙台敬老奉仕会

 

  富谷市地域と施設の支え合いモデル事業実施に関する協定書調印式にNPO法人仙台敬老奉仕会 吉永馨理事長の祝辞の代読で参加させて頂きました。

 日時 令和元年524()

午後130~

会場 富谷市役所305会議室

次第

1.開式

2.調印

3.挨拶

富谷市 市長 若生裕俊

介護老人保健施設リブーズ

理事長 中谷 良子

富谷市社会福祉協議会

会長 草野 昭徳

4.祝辞

NPO法人仙台敬老奉仕会 理事長 吉永 馨

代読 理事 鈴木和美

5.閉式

◯ 写真撮影

 

(協定の概要)

地域と施設の協働により、入居者の自分らしい生活の実現及び施設が専門的技術を活かした質の高い介護を展開できるように支援の構築を目的として協定を集結された。

これにより、福祉施設入居者や地域住民が健やかで安心した生活ができるようにしていくことになります。

富谷市は市を上げて介護問題の強化に取り組むと決断されました。

富谷市が先頭に立ち、社会福祉協議会・各施設と協力しながら25年問題を解決していく事になります。

仙台敬老奉仕会の吉永 馨理事長は下記の祝辞を送られました。

(祝辞の内容)

1.仙台敬老奉仕会の理念と経緯

富谷市への期待

2.背景

3.初期の状況

4.経過

5.周辺の状況

6.富谷市への感謝

7.皆様へ

《介護問題の窮迫を思う時、ボランティアの活用は鍵を握ります。

ボランティアが大切な事は皆が知っています。

それを実現する方策を知らないのです。

このため、富谷市が先頭に立ち、社会福祉協議会・各施設と協力しながら、25年問題を乗り越えて頂きたい。

NPO法人仙台敬老奉仕会もできる限りの協力をします。

共に頑張っていきましょう。》

吉永馨先生の著書、「日本に ボランティア文化」を皆様にテキストとして配布させて頂きました。

(出席者)

富谷市 市長 若生 裕俊

保健福祉部 部長 中山 高子

保健福祉部長寿福祉課 課長 浅場 悟

保健福祉総合支援センター

所長 高橋 弘美

副所長 二戸映子

NPO法人仙台敬老奉仕会 理事長 吉永馨

祝辞代読 理事 鈴木和美

介護老人保健施設「リーブズ」

理事長 中谷良子

介護老人保健施設「富谷の郷」

事務長 長谷川 聡

社会福祉法人東松島福祉会 理事長 渥美 耕太郎

特別養護老人ホーム「せせらぎの里」

施設長 門馬 秀敏

地域密着型特別養護老人ホーム「成田の里」

施設長 千石 愛

特別養護老人ホーム「アルシュ富谷」

理事長 関 克彦

特別養護老人ホーム「杜の風」

園長 杉本 綾子

富谷市社会福祉協議会

会長 草野 昭徳

事務局長 安積 春美

事務局次長 佐々 利春

福祉活動専門員 佐藤 怜美 

(吉永馨理事長の祝辞の代読)



2019524()は総会終了後に第66回研修会がありました。

場所 仙台市福祉プラザ第一研修室

講師1.

仙台市老人施設協議会

会長 庄子清典

テーマ

地域の課題と地域共生社会

講師2.

仙台敬老奉仕会 理事長 吉永馨

テーマ

助け合う社会

仙台敬老奉仕会ホームページ

http://sendaikeirou.web.fc2.com

 「緑の館絵画を楽しむ会」はこちらです


仙台国際ハーフマラソン大会 国際姉妹都市等交流会 No.238

2019年05月14日 | 国際交流

  

 

2019年度 仙台国際ハーフマラソン大会 国際姉妹都市等交流会に参加をしました。

日時

2019512()17時〜19

会場

江陽グランドホテル 4階 銀河の間

【参加選手団】

リバーサイド市・レンヌ市・ミンスク市・アカプルコ市・長春市・ダラス市・光州広域市・台南市

協力

着付けの会・伊達武将隊

主催

仙台国際ハーフマラソン大会国際都市等交流会実行委員会

 

郡 和子仙台市長の挨拶があった後に選手団紹介と上位入賞者の紹介がありました。

仙台国際ハーフマラソン

エントリーの部

【男子】

47位 ミンスク市 (ベラルーン

セルゲイ・クラフチェニヤ

87位 アカプルコ市 (メキシコ

オマール・デ・ラ・クルス・バスケス

98位 長春市 (中国

リー・ヨウイー

125位 レンヌ市 (フランス

ヴァンサン・シウ

149位 台南市 (台湾

ウー・ズェンエン

184位 ダラス市 (アメリカ)

 ジェレミーキーザー

427位 光州広域市 (韓国)

 チョン スンチョル

495位 リバーサイド (アメリカ)

 フリオ・ガルシア

 

仙台国際ハーフマラソン

エントリーの部

【女子】

12位 リバーサイド市 (アメリカ)

ジョアンナ・レイヤス

19位 ミンスク市 (ベラルーン)

スヴャトラーナ・クランスカヤ

36位 長春市 (中国

ウェイ・ヤーナン

37位 レンヌ市 (フランス

エルサ・ドゥロネー

39位 ダラス市 (アメリカ)

 ジェンカ・スミス

48位 台南市 (台湾)

 クオ ペイリン

87位 アカプルコ市 (メキシコ)  

アウロラ・カフエンテス・ルカテロ

272位 光州広域市(韓国

ハン ソジャ

着付け体験・餅つき体験・伊達武将隊の演舞等があって、歓談がなされました。

福島県の大熊町のおおちゃん興き上がり小法師が記念品として8都市に贈られました。

このように、国際姉妹都市交流が長期間に渡って続いている事は素晴らしい事だと思います。

「緑の館絵画を楽しむ会」はこちらです


令和元年を迎える No,237

2019年05月01日 | 緑の館 心の世界

 

「新」元号を通して節目・節目の時代の流れを感じます。

大化の改新時に「大化」が持ち入れられたのが最初となります。

51日、天皇が代替わりし令和の日本が始まります。

大化→白雉→朱鳥→大宝→慶雲→和銅→霊亀→養老→神亀→天平→天平感宝→天平勝宝→天平宝字→天平神護→神護景曇→宝亀→天応→延暦→大同→弘仁→天長→承和→嘉祥→仁寿→斉衡→天安→貞観→元慶→仁和→寛平→昌泰→延喜→延長→承平→天慶→天暦→天徳→応和→康保→安和→天録→天延→貞元→天元→永観→寛和→永延→永祚→正暦→長徳→長保→寛弘→長和→寛仁→治安→万寿→長元→長暦→長久→寛徳→永承→天喜→康平→治暦→延久→承保→承暦→永保→応徳→寛治→嘉保→永長→承徳→康和→長治→嘉承→天仁→天永→永久→元永→保安→天治→大治→天承→長承→保延→永治→康治→天養→久安→仁平→久寿→保元→平治→永暦→応保→長寛→永万→仁安→嘉応→承安→安元→治承→養和→寿永→元暦→文治→建久→正治→建仁→元久→建永→承元→建暦→建保→承久→貞応→元仁→嘉禄→安貞→寛喜→貞永→天福→文暦→嘉禎→暦仁→延応→仁治→寛元→宝治→建長→康元→正嘉→正元→文応→弘長→文永→建治→弘安→正応→永仁→正安→乾元→嘉元→徳治→延慶→応長→正和→文保→元応→元亨→正中→嘉暦→元徳→元弘→正慶→建武→延元→興国→正平→建徳→文中→天授→弘和→元中→暦応→康永→貞和→観応→文和→延文→康安→貞治→応安→永和→康暦→永徳→至徳→嘉慶→康応→明徳→応永→正長→永亭→嘉吉→文安→宝徳→亭徳→康正→長禄→寛正→文正→応仁→文明→長亭→延徳→明応→文亀→永正→大永→亭録→天文→弘治→永禄→元亀→天正→文録→慶長→元和→寛永→正保→慶安→承応→明暦→万治→寛文→延宝→天和→貞亭→元禄→宝永→正徳→享保→元文→寛保→延享→寛延→宝暦→明和→安永→天明→寛政→享和→文化→文政→天保→弘化→嘉永→安政→万延→文久→元治→慶応→明治→大正→昭和→平成→令和

 

即位日の51日の午前0時に元号が令和に改められました。


 「緑の館絵画を楽しむ会」はこちらです


未来への提案 (地震対策が生と死を分ける)No.236

2019年04月22日 | 未来への提案

  

   様々な挑戦が未来を変えていきます。

近い将来、大地震が起こる可能性があります。

阪神大震災のように、都市の真下にあると大きな揺れになります。

巨大津波を伴う東日本大震災と関東大震災によるプレート境界型の地震に備える必要があります。

大地震による災害を軽減するには事前の備えによる減災への取り組みが大切になってきます。

南海トラフ地震の対策は、身近な危機を想定して迅速に対応する準備が必要になります。

土壌によっては、液状化する可能性があります。

揺れとともに、液状化がビルを倒してしまう恐れがあります。

土砂と水が分離して家々に襲ってきます。

都会は液状化は避けられません。

竜巻のような炎が火災旋風となって瞬時に襲って来ます。

大洪水が起こり、最終的にどこに逃げたかによって生と死の何れかに別れてしまいます。

普段から、大津波・大洪水・大火災が起きた際にどう逃げるかを考えておく必要があります。

ハザードマップを元に様々な局面のシュミレーションを繰り返して具体的な対策をする必要があります。

夜間に、大地震が起こり大津波が襲ってきた際に時間的に家族が逃げ切れないと恐怖を感じるなら転居も選択の1つになります。

いつ起こるか分からない巨大地震に、大切な命を守るための万全の準備をしておく事を提案します。


「緑の館絵画を楽しむ会」はこちらです


(緑の館絵画と音楽の集い) No.235

2019年04月17日 | 楽しむ会 (絵画と音楽の集い)

 

 ピアニスト浅野純子さん

第9回癒しのピアノコンサート

(日時) 

2019年4月21日(日)

14時~15時50分 

(開催場所) 

緑の館仙台 絵画展示室 

(入場料)

無料 予約制

 

(プログラム)

セラピードッグチャリティー

感謝の集い

ピアノ 浅野純子

2つのアヴェマリア

ショパンのノクターンより

 

~感謝と感動の音楽と絵画~

 美しい絵を見ると脳の血流量が増加して活性化されます。

脳が活性化されると心の扉が開いてきます。

心の扉が開いてくると大自然への感謝と感動を表現する音楽が生まれてきます。

 

 「緑の館絵画を楽しむ会」はこちらです

 


福島県 大熊町復興へ 「おおちゃん小法師」No.234

2019年04月10日 | 国際交流

庭のこぶしの花も咲き始める

  福島県大熊町は2019年4月10日に一部地域で8年ぶりに避難指示解除になりました。

大熊町は復興に向けて一歩を踏み出しました。

大熊町には「おおちゃん小法師」があります。

会津地方の起き上がり小法師と町のキャラクターのおおちゃんが融合して誕生したとの事です。

2019年5月12日に仙台国際ハーフマラソン大会があります。

その日の午後5時以降に江陽グランドホテルで仙台姉妹都市交流会が開催されます。

仙台姉妹8都市に記念品として「おおちゃん小法師」が贈られます。

その記念品準備のために、郡山市の大熊町中通り連絡事務所に「おおちやん小法師」を受取りに行って来ました。

会津若松支所企画調整課と大熊町中通り連絡事務所の職員の連携による親切な対応で準備ができました。

大熊町役場は5月7日に新庁舎で業務を再開します。

住民が戻る準備をしていくことになります。

緑の館絵画を楽しむ会は仙台の特別養護老人ホーム等に絵画を展示しています。

おおちゃん小法師を仙台の特別養護老人ホーム等で絵画と共に展示していくようにします。

昨年、ファッションデザイナーの高田賢三さんが大熊町に住んでいた皆さんと「おおちゃん小法師」を一緒に絵付けしている姿がNHKニュースウオッチ9で放送されました。

高田賢三さんは、松島から福島に向かう車中で自分がお役に立つ事はないかと尋ねてきました。

それが、福島の起き上がりこぼしを世界に伝える事だったのです。

その当時の詳しいエピソードは、緑の館絵画を楽しむ会のブログNo.219・No.220をご参照ください。

 「緑の館絵画を楽しむ会」はこちらです


新元号【令和】Reiwa 発表 No.233

2019年04月01日 | 緑の館 心の世界

新元号【令和】Reiwa

「Beautitful Harmony」

歴史的な発表になりました。

新しい元号は【令和】です。

日本の未来を切り開く道標になります。

天皇陛下は430日に退位され、平成31年で幕を閉じます。

51日に新天皇が即位され新しい元号になります。

広い視野と長い時間軸で捉えられた新元号【令和】の発表になりました。

日本最古の万葉集から【令和】の新元号が選定されました。

「緑の館絵画を楽しむ会」はこちらです