緑の館絵画を楽しむ会 (医療・介護の現場に癒しの絵画の展示)

ようこそ!
緑の館絵画の世界
ようこそ!
緑の館創造の世界
ようこそ!
緑の館仙台 絵画展示室



遥か彼方は相馬の空に チャリティー展 No.232

2019年03月28日 | 鈴木龍郎 日本画

 

 前回のオープニングパーティーの写真

 

  第9回東日本大震災チャリティー展のお知らせが緑の館仙台絵画展示室に届きました。

【日時】

平成31年4月1日()~平成31年4月6日() 

10~1830

最終日は17時まで

【場所】

オリエアート・ギャリー

東京都港区北青山2丁目916 Mビル1

TEL 03 -5772 -5801

【主催】

相馬高校OBとその仲間

芸術家達の東日本大震災支援展

【後援】

福島県 相馬市 福島民報社 福島民友新聞社 河北新報社 馬城会京浜支部

  緑の館 絵画を楽しむ会ホームページはこちらです。 

 


未來への提案 【創造と挑戦の日々】 No.231

2019年03月24日 | 未来への提案

 

   仙台市出身の千葉 修平さんが緑の館仙台絵画展示室に来られました。

私が提唱している「心の法則」の研究に共感して頂きました。

また、千葉 修平さんは、NPO法人仙台敬老奉仕会の社会貢献活動に関心を持たれました。

千葉 修平さんは、毎日新聞記者(京都支局、大阪社会部など)を9年間勤務しました。

公益財団法人 松下政経塾(30期生)・新渡戸国際塾(6期生)です。

その後、参議院議員政策担当秘書をされたとの事です。

愛読書は【松下幸之助 道を開く】【R,ニクソン 指導者とは】【安岡正篤 東洋宰相学】です。

「明るい未来を創ろう」とする志しを持たれておりこれからの活躍が楽しみです。

 

緑の館 絵画を楽しむ会ホームページはこちらです。


未来への提案 【ボランティア活動の効用】 No.230

2019年03月17日 | 仙台敬老奉仕会

 

  【ありがとう】のメッセージ

  ボランティアは自発的に社会に奉仕する人または活動を指します。

純粋な気持ちで奉仕するのが基本になります。

volantasの語源は 意思・ 意志 ・意欲のラテン語になります。

volantasからvolanterが生まれてきました。

ボランティア活動をすると、ストレスホルモンが減少してきます。

さらに、楽しい動きを加えるとウキウキした気持ちになりセロトニンが放出されストレスが解消されます。

悲しみはストレスを増大させてしまいます。

悲しんでいる人を励ますことによって閉ざされた心が徐々に開いてきます。

閉ざされた心が開いてくると笑顔になれます。

笑顔が蘇ることによって明るさを取り戻してきます。

人に寄り添ってボランティアをしていると、お互いの優しい気持ちが伝わります。

優しい気持ちになってボランティア活動をしていると自他共に癒されます。

癒されると、ありがとうの言葉が自然に出てきます。

ありがとうの一言によってボランティアをしている人までも癒されてしまうのです。

ボランティア活動を広げていくことは日本の未来を明るくしてくれます。

 

NPO法人 仙台敬老奉仕会 理事 鈴木 和美。


緑の館 絵画を楽しむ会ホームページはこちらです。 


未来への提案 【仙台防災未来フォーラム2019】に参加して No.229

2019年03月10日 | 未来への提案

 

 2019年3月10日 仙台国際センター

  日頃の防災意識が、災害時の決め手になるように思います。

失うと取り返しのつかないものは人の命です。

防災を学び、日頃の活動や取組みを発信するイベントに参加しました。

会場は仙台国際センター展示練です。

自分の住む自然環境を知る事が防災の一歩になります。

「プログラム」

1. ダンボールジオラマを活用した防災教育の実践事例発表

2. ダンボールパーク

ダンボールを使った工作ワークショップ

3. 大学生考案の防災復興製作品の展示

4. 連携シンポジウム

5. 自治体・地域団体・NPO・企業による防災ブース展示

私は、震災8周年シンポジウムに参加させて頂きました。

東日本大震災の教訓と継承を考えるミーティングでした。

「基本的な考え方」

1. 地域の特質や事情を考慮

2. 国際協力が不可欠

3. 社会全体の協力、リーダーシップが重要

4. 教育・啓発を通じた備えが重要

5. 意思決定が重要

災害時に、人々の命、暮らしが失われないような対策が必要になってきます。

そのためには、災害のリスクを理解し、共有することが重要になってきます。

これまでのボランティア活動を通して、問題点や改善策を皆で考えていく事が出来ました。


 

 

 

 

連携シンポジウム 

緑の館 絵画を楽しむ会ホームページはこちらです。


未来への提案 【感謝と感動のメッセージを伝える】 No.228

2019年03月05日 | 未来への提案

 

  人間って何なの?

ITロボットが人間に問いかけてきます。

未来は人工知能のネットワークが急速に広がってきます。

人工知能が人間の心を持っ日が来るのでしょうか。

人間は、言葉使いをどう感じるかで意見が別れてしまいます。

脳の仕組みを宇宙科学的に分析してみると面白くなってきます。

人間は海馬がなければ記憶を維持しようとしても20秒以上は覚えていられません。

未来は拡大する情報量を縮小化して貯めておくことが重要になってきます。

人間の心は、進化的仕組みが影響しているように思います。

進化の過程を模倣してプログラム化してもロボットは人間になれないのです。

人間の心には、解明することができない無限の可能性が宿っています。

生命を支える大自然のエネルギーが未来を創造していきます。

生と死の壁を超えた感謝と感動のメッセージが「人間の未来」を大きく変えていくことになります。

未来に向かって、ありのままの感謝と感動を伝えていきましょう。

緑の館 絵画を楽しむ会ホームページはこちらです。