緑の館絵画を楽しむ会 (医療・介護の現場に癒しの絵画の展示)

ようこそ!
緑の館絵画の世界
ようこそ!
緑の館創造の世界
ようこそ!
緑の館仙台 絵画展示室



愛と平和の世界 セラピードッグとショパンの 雨だれ (浅野純子さん) No.176

2017年06月13日 | 愛と平和の世界

 

大木トオル代表とセラピードッグ・浅野純子さんの仲間たちのチャリティーコンサート

 2017611() 仙台市戦災復興記念館記念ホールにて浅野 繁さんと浅野純子さんのコンサートがありました。

ドビュッシー(小舟にて)のピアノの連弾が心に響きました。

 

国際セラピードッグ協会の創始者 大木トオル代表が捨て犬からセラピードッグとなったチロリの講演をされました。

現在、活躍しているセラピードッグ3頭が参加してくれました。

セラピードッグは高齢者施設、病院、教育の現場等で活動しています。

浅野 純子さん(ソロ)のショパンの代表作の雨だれの演奏を聴いていると愛犬が死の淵をさまよっているところを助けられた情景を連想してしまいます。

松本清張原作の砂の器の映画に流れるピアノと管弦楽のための組み曲・宿命の情景を彷彿してしまいました。

大木 トオル代表の歌声でセラピードッグとその仲間たちとが一つになって幕を閉じました。

セラピードッグが頑張ったご褒美は心の底から可愛がってあげる事だと思います。

レオがじゃれ合っていた情景がふと脳裏をよぎりました。

レオはセラピードッグを応援する事を天国で喜んでくれると思います。

大木 トオル代表のセラピードッグの育成・普及の活動と、それを支援する音楽活動を心から賞賛します。

 緑の館 絵画を楽しむ会ホームページはこちらです。  


日本画に秘められた深いメッセージ NO.175

2017年06月07日 | 緑の館 絵画と人生

 

 


日本画家 鈴木龍郎氏 (工藤甲人 師匠)

 日本画家の鈴木龍郎氏が緑の館仙台絵画展示室に来られました。

福島県相馬市出身の画家仲間(東京芸術大学・各美術大学)と共に相馬高校OBとその仲間が東日本大震災支援展を立ち上げてチャリティー活動を継続しています。

その一環として相馬市の子育て育英基金に毎年収益の一部を寄付してきました。

東日本大震災の大津波の記憶を風化させないために瓦礫を日本画で描き切っています。

横浜絵画教室では日本画の真髄を生徒に教えています。

鈴木龍郎氏と私は親戚関係にあり深い結びつきがあります。

被災地の芸術振興のメッセージは国境を越えて伝わっていきます。

 


緑の館 癒しの扉を開く No.174

2017年06月01日 | 緑の館 癒しの世界

 どうしたら人に優しくなれるのでしよう。

どうしたら穏やかな人になれるのでしよう。

どうしたら心から癒されるのでしよう。

批判を繰り返してしまうと優しくなれません。

焦ってばかりでいると穏やかになれません。

悪い面を気にしていると癒されません。

人は批判されると心を閉ざしてしまいます。

癒しの世界の扉を開いてみませんか。

癒しの世界の扉を開くと優しい気持ちになれます。

優しい気持ちになれると心が穏やかになってきます。

穏やかな気持ちになると心が癒されてきます。

ふと、穏やかな気持ちで周りを見ると緑の苔が広がっていました。