緑の館絵画を楽しむ会 (医療・介護の現場に癒しの絵画展示)

ようこそ!
緑の館絵画の世界
ようこそ!
緑の館創造の世界
ようこそ!
緑の館仙台 絵画展示室

(ファッションデザイナー 高田賢三 起き上がりこぼしを巡って) No.219

2018年10月28日 | 未来への提案

 

 【起き上がりこぼしの作品】

 緑の館絵画を楽しむ会は「心の復興と共生」を願って奉仕活動をしています。

 平成30年10月25日に、ファッションデザイナーの高田賢三さんを宮城県松島・一の坊ホテルからマイカーに乗せて福島県相馬市へ向かいました。

 高田賢三さんは福島県に行くのは初めてとの事でした。

 車中では、東日本大震災後の福島県の現況の質問がありました。

 福島県は風評被害があるので県民の心に寄り添っていかれる事の大切さをお伝えしました。

 高田賢三さんは「起き上がりこぼし」に興味を持たれており、爽やかで情緒的な話し方をされていました。

 相馬に着くとNHKニュースウオッチ9の取材班が先に着いて待っていました。

 少し休憩を取ってから相馬高等学校に向かいました。

 相馬高等学校では、起き上がりこぼしの展示がされていました。

 相馬高等学校の取材終了後に南相馬に向かいました。

 車中は高田賢三さんの和やかな雰囲気に包まれました。

 公益法人二科会の須田美紀子さんの南相馬の自宅でNHKニュースウオッチ9取材班と共に食事を頂きました。

 その後に、高田賢三さんはNHK取材班の大型ワゴン車に乗り換えて復興の地へ向かいました。

 福島県の起き上がり小法師を通して、復興の願いを伝えようとしている服部泰年チーフデレクターと今井翔馬リポーターの目は輝いていました。

 福島県での高田賢三さんの活動はNHKニュースウオッチ9の番組で放送されるとの事です。

 

 相馬高校展示室・起き上がりこぼしの作品を見つめる高田賢三さん

高田賢三さんを囲んでの記念写真 

高田賢三さんを囲んでの昼食

 

「緑の館絵画を楽しむ会」のHPはこちらです


「第6回・目からウロコの講演&癒しのコンサート」開催 No.218

2018年10月21日 | 緑の館仙台・絵画展示室

 

 

 「第6回・目からウロコの講演&癒しのピアノコンサート」が開演された。

目からウロコの講演のテーマは第2章「愛」・「与える心」

「与える心」は心の法則の指針になる。

「目からウロコの講演」は広義の社会奉仕活動。

第2部は浅野 純子ピアニストのエピソードが語られた。

上記の写真は、エピソードを語っている時のもの。

渾身のピアノ演奏をされた。

緑の館絵画展示室そのものが感動の波に包まれた。

 浅野 純子ピアニストは愛弟子の坂本 知穂ピアニストと共に連弾した。

 ピアノ演奏を聴いていると「緑の館絵画」が喜んでいるように思えた。

 「緑の館絵画を楽しむ会」はこちらです


未来への提案(未来のシナリオ) No.217

2018年10月08日 | 未来への提案

 

 

 あり得ないと思える世界的な脅威が次々と起こる。

 様々な脅威に対する挑戦が未来を大きく変えていく。

 窮地に立つと更に進化していく事になる。

 AI ロボットが世界的な脅威を基に世の中の仕組みを大きく変えていく。

「人間って何なの」といった問いかけをAIロボットがしてくる。

 AIロボットは人間の脳を模倣するため見分けが困難になる。

 Alが学習をして悲しみ ・苦しみ・驚き・心配・恐怖・不安・孤独・優しさ・共感・同情・喜び・楽しみ・幸福のシナリオを作る事によって人間との会話が成り立っ。

 月刊誌りらく2018年5月号〜12月号のインフォメーションに「目からウロコの講演案内」が連載されます。

 講演を通して「人・もの・金・命の大切さ」の真髄を伝えていきます。

 絵画に囲まれた空間で、目からウロコの講演・癒しのピアノコンサートをお楽しみください。

第6回 目からウロコの講演

&ピアノコンサート

日時

平成30年10月20日(土)

午後2時より3時40分

場所

緑の館仙台絵画展示室

 

【前編】

目からウロコの講演

心の法則 第2章 愛

第3節与える心

講師

 緑の館仙台 代表 鈴木 和美

 

【後編】

~ポーランドへの想い~

モシュコフスキ:ポーランド組曲より

(連弾) 共演

ピアニスト坂本知穂

ショパン:ノクターンより

ピアニスト浅野 純子

グリーグ:ノルウェー舞曲より(連弾)

入場料 無料

広義の社会奉仕活動の一環です

 「緑の館絵画を楽しむ会」はこちらです


「希望のピアノコンサート」開催No.216

2018年10月01日 | 緑の館仙台・絵画展示室

 

 心のこもったレッスン(緑の館絵画展示室)

 ピアニスト浅野純子さんが幼かった頃に使用していたピアノが愛弟子のピアニスト千田 陽子さんの演奏によって蘇りました。

 

千田 陽子さんの緑の館絵画展示室での「希望のコンサート」は、シューマン:謝肉祭 作品9他が演奏され圧巻でした。

 

これまで千田 陽子さんを応援してきたご両親・学校の先生や仲間が演奏を聴き入っていました。

 

千田 陽子さんのピアノリサイタルは2018年10月28日(日)Yamha SENDAI Salonで14時より開演されます。

入場料は当日2、500円税込みとのことです。

 

また、浅野純子さんの指導を受けている安斎 夏未さんも福島から、お母さんと共に駆けつけて来ました。

 

安斎 夏未さんは、千田 陽子さんの希望のピアノコンサートが終わった後に演奏をしました。

 

堂々とした素晴らしいピアノ演奏でした。

 

このように、愛弟子が次々と育っていって「希望の星」になっていくのです。

 

緑の館絵画展示室の異才の絵画も「希望の星たち」のピアノ演奏を聴き入って喜んでいるように思いました。

 

 

 ピアニスト 千田 陽子さんのピアノコンサート

 

 

 福島の安斎 夏未さんの演奏

 

  「緑の館絵画を楽しむ会」はこちらです