緑の館絵画を楽しむ会 (医療・介護の現場に癒しの絵画展示)

ようこそ!
緑の館絵画の世界
ようこそ!
緑の館創造の世界
ようこそ!
緑の館仙台 絵画展示室

絵画の魅力を伝える No.102

2013年08月19日 | 緑の館 絵画の世界

 

 Cimg8595   Cimg8750      

 緑の館絵画のボランティアのページを継続していきます。

 さらに緑の館絵画の魅力のページが加わります。

 人生は楽しい事・苦しい事・嬉しい事・悲しい事の連続です。

 子供の絵を見る機会があると思います。

 子供の絵を誉めてあげて欲しいのです。

 大人の目が輝くのを見て子供の目は輝きます。

 「緑の館絵画を楽しむ会」はこちらです

どうぞご覧下さい


絵画の世界を旅する No.101

2013年08月13日 | 緑の館 創造の世界

絵画の世界を旅する

 

     絵画の世界はドンドン広がっています。

 芸術を愛する世界には国境がありません。

 ミケランジェロも、フェルメールも、モネも、ゴッホも、ピカソも絵画の世界では時を超えて繋がっています。

 無名の絵画も名画もその時代の役割を担っていく事になります。

 芸術家の願いも私達の願いも繋がっています。

  

 

 「緑の館絵画を楽しむ会」はこちらです
どうぞご覧下さい 


芸術振興の旅路を楽しむ No.100

2013年08月05日 | 緑の館絵画を楽しむ会

  Cimg8663

(布裂の絵とリュート演奏)

 布裂の絵を描く奥村励子さんが緑の館仙台絵画展示室に来られました。


 緑の館仙台展示室では鈴木健治氏のリュートの調べが優しく流れていきました。

 同日、金子奈々さんが米国のリバーサイド市から緑の館仙台展示室に来られました。

 金子さんは民族音楽を専攻しているニューヨーク大学の大学院生で日本に来られるのは2度目との事です。

 

 金子さんは、展示している布裂の絵とメイデイ・モーハウスさんのブロンズ像に、強い関心を持たれました。

 
 また同日、アートリバイバルコネクション東北所属の千田優太とリュート演奏の鈴木健治氏と芸術振興について話し合いをしました。

 

Cimg8694  Cimg8693

 【アートリバイバルコネクション東北のお知らせ掲示板】

  「緑の館絵画を楽しむ会」のHPはこちらです

どうぞご覧下さい