緑の館絵画を楽しむ会 (医療・介護の現場に癒しの絵画展示)

ようこそ!
緑の館絵画の世界
ようこそ!
緑の館創造の世界
ようこそ!
緑の館仙台 絵画展示室

自然を育む奇跡の大気 No.389

2024年04月01日 | 緑の館 創造の世界

雪が雨に変わる春の訪れ

あるがままに流れ出る雲も時の流れの中

見えない力で動く地球の風と波は、まるで生き物のよう

自然に湧き出る水も生命の源泉そのもの

大気に万物が包み込まれていきながら息を吸う

人は、大自然の恩恵に只々、手を合わせる


心の扉 No.385

2023年12月01日 | 緑の館 創造の世界

 

 

 一滴の雨が荘厳な音を次々と生み出しては消えていく

100万年前と現代の隔たりを全く感じさせない天上界のリズム

心の扉を開けて、天上界のリズムを聴くと光・雨・風・波・炎・雷・水・雪・氷の大自然がもたらす脅威と恩恵が見えてくる

喜び・悲しみの竜飛鳳舞も悠久の時の流れを経て現代によみがえる。

「緑の館絵画を楽しむ会」のHPはこちらです。


大自然と共に生きる喜び No.383

2023年11月01日 | 緑の館 創造の世界

十和田湖

  喜びも悲しみも大自然のパノラマも時の流れの中にある

人の心も大自然と共にあって変わらざるを得ない 

生命の源泉は天に繋がり見えない愛が命を育む

一瞬 一瞬に創造力が働き 天からの恵みと化す

「緑の館絵画を楽しむ会」のHPはこちらです。


驚きと感動のネットワークの広がり No.382

2023年10月01日 | 緑の館 創造の世界

 

 どうして、こうなんだろうと視点を意識的に変えると、予期せぬ発見があります。

視点を移す変化そのものが驚きと感動に繋がっていきます。

更に、驚きと感動の方向に心の視線を移すと新しい事に挑戦したくなってきます。

こうして、驚きと感動のネットワークは広がっていくのです。

「緑の館絵画を楽しむ会」のHPはこちらです。


創造の世界と共に我もあり  No.374

2023年06月23日 | 緑の館 創造の世界

 大自然を超える術は無し

 全てが、あるがままに調和して天上の美と化す

 生命誕生の物語も流れゆく雲海のよう

 創造の世界と共に我もあり、只々喜びに浸る

「緑の館絵画を楽しむ会」のHPはこちらです。


大自然のコントラストを楽しむ No.371

2023年06月01日 | 緑の館 創造の世界

 大自然のコントラストを眺めていると、生きる喜びが雲のように湧き出る。

 葉が樹木から離れ去るように、人も、変わって行かざるを得ない。

 秋去れば冬 冬去れば春 

 風景の静寂を見つめると描く色彩も深味が増してくる。

「緑の館絵画を楽しむ会」のHPはこちらです。


生命の輝き No368

2023年05月03日 | 緑の館 創造の世界

 

 

 一粒の種が風に舞い生命の物語を形造る 

 雨が止み一筋の光が大地を照らす

 喜びも悲しみも大自然と共にある 

 大自然の息吹を観じると心が癒されていく

「緑の館絵画を楽しむ会」のHPはこちらです。


あるがままの美 「天上美」 No.361

2023年03月01日 | 緑の館 創造の世界

 

 奇想天外な事が日々、起こっている。

描いても描ききれないものに大自然の息吹きがある。 

今日も風が白髪を揺らし、光が幾何学的に綾をなす 

あるがままの天上美の囁きに只々、心が躍る。 

 

大自然の「あるがままの美」を天上美と名付ける

 

「緑の館絵画を楽しむ会」のHPはこちらです。


栄光は文化遺産となって語り継がれる No.360

2023年02月01日 | 緑の館 創造の世界

京都 金閣寺 

 世界遺産の中でも文化遺産は、建築物・絵画・彫刻となって語り継がれる。

 大自然と人間の共同作品は世代を越えて魅了される。

 過去も現在も未来も永遠の時の流れにある。

 移りゆく創造の世界を懸命に生き抜いた先人に栄光あれ。

「緑の館絵画を楽しむ会」のHPはこちらです。


ひらめきは一滴の雨 No.359

2023年01月22日 | 緑の館 創造の世界

 

青空の真ん中に見えるもの それは!

木々が光と風を運び鳥が飛び立つ

ふと青空を見上げると一滴の雨が頬に落ちる

アツ! そうか そうか そうか

心の水源にも光の波紋が揺らぐ

 

「緑の館絵画を楽しむ会」のHPはこちらです。


価値を見いだす No.353

2022年11月01日 | 緑の館 創造の世界

 

 あるものを生かす

 価値あるものに変える

 なくてはならないものに変える

 価値を見いだす人生は、そこはかとなく楽しい

「緑の館絵画を楽しむ会」のHPはこちらです。


苔石の世界 No.350

2022年09月30日 | 緑の館 創造の世界

 庭にあった苔石が無人島のように見えてきた。

 イタズラ心で苔石を器に入れてみると不可思議な世界観に満たされた。

 そばにあった小さな白熊の置物を苔石に、そっと乗せてみた。

 見過ごしてしまう日々の変化の中に創造の世界がポッカリと映し出されている。

「緑の館絵画を楽しむ会」のHPはこちらです。


ちょっとした違い No344

2022年07月07日 | 緑の館 創造の世界

 

 ほんの1秒に満たない変化であってもその違いは大きい

 蟻から見ると人間は大きく、人間から見ると蟻は小さい

 蟻として生まれたのか、人間として生まれたかの違いは限りなく大きい

 大自然が齎らす、些細な変化であっても、その違いは大きい

「緑の館絵画を楽しむ会」のHPはこちらです


大自然がもたらす癒やしの効果 No.336

2022年05月03日 | 緑の館 創造の世界

 

 大自然には、全てを包み込んでしまう脅威がある

 その、全てを包み込む大自然が癒やしをもたらす

 

「緑の館絵画を楽しむ会」のHPはこちらです。


創造の世界 No.329

2022年03月11日 | 緑の館 創造の世界

 

 物事は点から始まっていく。

 横に移動すると二次元の世界、更にこの面が上から下に移動してしまうと三次元の立体になっていく。

 宇宙は無から生まれたとすると「点」の大きさは神秘なものに見えてくる。

 宇宙空間は創造の世界そのものであって、存在と非存在が揺らいで見えるのかも知れない・・・

「緑の館絵画を楽しむ会」のHPはこちらです。