緑の館絵画を楽しむ会 (医療・介護の現場に癒しの絵画の展示)

ようこそ!
緑の館絵画の世界
ようこそ!
緑の館創造の世界
ようこそ!
緑の館仙台 絵画展示室



創造の世界 (旅する喜び) No.212

2018年08月13日 | 創造の世界

 

  絵画を描く事によって「創造の世界」を垣間見ることができます。 

描いた当時の作者の思いが伝わってきます。

悪い事を想像すると辛くなってきます。

良い事を想像すると嬉しくなってきます。

いつの世も、良いも悪いも風のように過ぎ去ってしまいます。

人生舞台は、始まりがあり終わりがあります。 

「創造の世界」から様々な価値を見出しているのです。

「創造の世界」には始まりがなく終わりがないのかも知れません。

「創造の世界」は、宇宙を超えて無限に広がっているように思えるのです。

創造の世界を旅してみませんか。

 

 「緑の館絵画を楽しむ会」はこちらです


創造の世界 A Merry Christmas No.187

2017年12月24日 | 創造の世界

 

 A Merry Christmas to you

 緑の館 愛と平和の世界を画像とブログでお楽しみください。

 

  「緑の館絵画を楽しむ会」はこちらです


創造の世界 セミの一生 No.182

2017年11月11日 | 創造の世界

 

 枯葉にしがみついていたセミの脱け殻が北風によって庭石に落ちてしまいました。

セミの抜け殻が石に染み込んでいきます。

創造の世界は時の流れを止めることができません。

全ての生き物は限られた寿命が約束されています。

宇宙の推定年齢は137憶年

太陽系の推定年齢は46憶年

地球の推定年齢は46憶年

地球はあと55憶年で寿命が尽きると言われています。

太陽は地球より1000万年~2000万年前に誕生したと推定されます。

過去は変えることはできません。

人の一生もセミの一生も地球と同じように悠久の時の流れの中にあります。

 

 

 


鳥の巣箱とセミの脱け殻

  「緑の館絵画を楽しむ会」はこちらです


創造の世界 【真理 】No.181

2017年11月01日 | 創造の世界

  絵画を夢中で描いていると創造の世界の広がりが見えてきます。


花は咲いても枯れない花はありません。

 

移り変わる万物には真理が宿っています。

 

緑の館絵画の世界に生命の旅立ちの画像が加わりました

 

創造の世界の一瞬の変化を画像でお楽しみください。

 

巣箱から飛び立つ鳥

 蝉の脱け殻 (葉が落ちる前)

 風との語らい

 ライトアップを楽しむ

 水辺に浮かぶ夜景

 風の通り道に落ち葉

北の旅路へ

 

 「緑の館絵画を楽しむ会」はこちらです



創造の世界 【泉ヶ岳 時の流れを楽しむ】 No180

2017年10月01日 | 創造の世界

 

 仙台市民に最も親しまれている山をスケッチしようとして散策しました。

泉ヶ岳は仙台泉区の北西部に位置する標高1175mの山です。

泉が岳ではパラグライダーを楽しむことができます。

時の流れの中に居座ることができたら楽しいですね。

山道を散策していると秋を知らせる風が心地良く肌に伝わってきます。

泉ヶ岳を画像と共にお楽しみください。

 

 

 

 

 

 

 

 

泉ヶ岳山頂への道は表コース、かもしかコース、滑降コース、水神コースがあります。

泉ヶ岳を山歩きして見られた花はリンドウ、ウメバチソウ、アザミでした。

 

 「緑の館絵画を楽しむ会」はこちらです



創造の世界 冒険を楽しむ   No.179

2017年09月01日 | 創造の世界

 

(遠くから見ている自分)

 何かが物足りないと感じた時に、何かを見つけようとした事がありませんか。

 

とりあえず旅に出てみよう。

 

とりあえず絵でも描いてみよう。

 

とりあえず山登りをしてみよう。


こんな軽い気持ちで行動すると気持ちが楽になります。

 

楽な気持ちで旅をすると運命的な出会が待っています。

 

楽な気持ちで山登りをすると山登りが生き甲斐になってきます。

 

何気なく眺めていたいつもの風景を強く意識すると創造の世界の広がりがハッキリ見えてきます。

 

創造の世界は、すぐ目の前にあったのです。


創造の世界は地球を含めた宇宙空間そのものだったのです。


創造の世界は心の中にも広がっていたのです。

 

 

「緑の館絵画を楽しむ会」はこちらです


 


創造の世界 希望の懸け橋 No.169

2017年04月01日 | 創造の世界

 癒しのボランティアネットワーク(詳細)

(どんな夢)

夢に名前をつけてみました。

 

どんな夢!という名前です。

 

どんな夢はシャボン玉のようにふんわりと飛んでいってしまいました。

 

飛んでいってしまってからはどんな夢だったかを思い出せません。

 

(こんな夢)

夢に名前をつけてみました。

 

こんな夢!という名前です。

 

こんな夢は夢の箱に入っていました。

どんな夢からこんな夢に変わりました。

こんな夢を心のキャンパスに描いてみました。


愛と平和を願う人々の心は希望の架け橋となって国境を越えて繋がっていました。

 

 「緑の館絵画を楽しむ会」はこちらです


創造の世界 良いも悪いも風のよう No.154

2016年07月01日 | 創造の世界

 

 ロサンゼルス 雲の流れ)

 風の流れは いつの間にか変わっています。

 

良いことも悪いことも風のように過ぎ去ってしまいます。

 

時の流れは雲の流れのように絶えず動いているのです。


誰も時の流れを止められません。

 

愛と平和の願いは音楽や芸術を通して国境を越えて広がっていきます。


時は永遠です。

 

「緑の館絵画を楽しむ会」はこちらです 


創造の世界 大自然の世界 No.152

2016年05月01日 | 創造の世界

 創造は緑の広がり

 心の中にある空・海・山・川・樹木・道をどのようにように表現しますか。

心の中には空・海・山・川・樹木・曲がりくねった道があります。

クシャクシャした紙を見ていると心の有り様が見えてきます。 

「緑の館絵画を楽しむ会」はこちらです

 


創造の世界 光と影の世界 No.150

2016年03月02日 | 創造の世界

 創造の世界

 

 創造の世界からのMessageです。

芸術の世界は一瞬を投影した世界です。

庭先の樹木を投影してみました。

心の中の喜怒哀楽をスライスして食べてしまったら無くなってしまいました。

天変地変は夢幻のように過ぎ去ってしまいます。

光と影の世界は広がっています。

 

「緑の館絵画を楽しむ会」はこちらです

 


創造の世界 風の芸術 .147

2015年12月06日 | 創造の世界

  

(石に染みいる紅葉)

 ちょっと前までは葉が生い茂っていました。

今は季節風が吹いて色づいた葉が石の上に舞い落ちています。

足元で蟻が慌ただしく動いています。

雨が止んで蟻が急いで冬支度をしているのです。

ひと時の風が運んでくれた芸術を楽しんでみました。

歩んできた道は真実であり見えない命とのつながりがあります。

変わる心も風のよう

 

「緑の館絵画を楽しむ会」はこちらです

 


創造の世界 創造の力 No.143

2015年10月09日 | 創造の世界

 Pouer of the cresion 生きる力

 生まれたことに意味があると思いませんか。

生まれてこなかったら今の自分はないのです。

ありとあらゆる自然現象は消えていってしまいます。 

生きとし生ける全ての生命は大自然を生み出した創造の力によつて生かされています。

創造の力を感じる事によって生きる喜びを見出すことができます。

それぞれの人が歩んできた道は真実であり創造の世界とのつながりがあります。

緊張から解き放された時に自由が見えてきます。 

「緑の館絵画を楽しむ会」はこちらです

 

 

 


創造の世界 見上げると月 No.142

2015年09月01日 | 創造の世界

 

 (見上げると月があった) 

 宇宙はどのようにして創造されたのでしよう。

宇宙の広がりを想像する事が出来ますか。

地球は創造された惑星なのです。

創造の世界には生命の法則があります。

生命の法則は宇宙の法則そのものです。 

人間は生命の法則に従って生きています。

大自然との一体感を得る事によって喜びにつながつていきます。

美しい花もいつかは枯れてしまいます。

そして新たな芽が出てきます。

生命とは生命そのものです。

コップ一杯の水が生きる力になります。

人生の味わいは花を思いやる心と花を捧げる心と花を見て喜ぶ心にあるのかも知れません。

 

 「緑の館絵画を楽しむ会」はこちらです


 

 


創造の世界 緑の館の世界へようこそ No.139

2015年06月05日 | 創造の世界

 庭先の樹木をライトアップ

 創造の世界は大自然の広がりそのものです。

創造の世界を楽しめたらいいですね。

ありのままの大自然を見ていると幸福感に満たされます。

緑の館創造の世界は大自然を自由に表現しています。

創造の世界は各々の心の中に広がっています。

 

「緑の館絵画を楽しむ会」はこちらです

 

 


創造の世界 【こだわりの扉の正体】 No.118

2014年06月10日 | 創造の世界

 

人はこだわりを持って生きています。

必要であると思えば思うほど こだわりは強くなってきます。


必要がなくなると こだわりは無くなります。

こだわりを捨てると心が平穏になってきます。

人は関心を持てば持つほどこだわりを表現したくなります。

画家は自分の色、構図、表現力といった自分の個性にこだわっています。

こだわりのそのものが、それぞれの人生なのかも知れません。

それぞれの人が歩んできた道は見えない創造の世界に繫がっています。

 

「緑の館絵画を楽しむ会」はこちらです