緑の館絵画を楽しむ会 (医療・介護の現場に癒しの絵画展示)

ようこそ!
緑の館絵画の世界
ようこそ!
緑の館創造の世界
ようこそ!
緑の館仙台 絵画展示室

緑の館創造の世界の物語 笑顔 No.302

2021年06月16日 | 緑の館 創造の世界

 

 見上げれば空

 

 空に映るは我が心

 

 

 創造の世界には物語がある。

 

 緑の館創造の世界もその一つとなる。

 

 創造の世界の物語は、日々の移ろいの中から生まれる。

 

 太陽は、いくつもの顔がある。

 

 太陽と雲が一体となって空のスクリーンを彩る。

 

 心のキャンパスも、徐々に夕日に染まっていく。

 

 夕焼けには多種多様な笑顔が映し出されている。

 

 浮かんでは消えゆく、あるがままの創造の世界が此処にある。

 

 

「緑の館絵画を楽しむ会」のHPはこちらです。

 


ムーブの法則と名付ける No.298

2021年05月21日 | 緑の館 創造の世界

 

「どうして 」と思う所に法則がある。

 生き物は心臓が動いた時から生かされている。

 

 生き物は呼吸をしないと苦しくなるために、一定のリズムで呼吸を繰り返している。

 

 生き物が生存するには一定の法則に従って動かざるを得ない。

 

 一定の方向に動かざるを得なくなる現象を「ムーブの法則」と、この時点で名付ける。

 

 地球は1年をかけて太陽の周りを公転しながら1日一回の自転を繰り返している。

 

 地球も月も太陽に引っ張られている。

 

 さらに、地球の周りを月が回り続けている。

 

 地球の生物は太陽の影響を一年周期で受けている。

 

 これらは、偶然に動いているのでは無く、一定の方向に動かされている事になる。

 

 これが「ムーブ法則」である。

 

 月も地球も生き物も決められた一定の方向に動かざるを得ない。

 

 

「緑の館絵画を楽しむ会」のHPはこちらです。

 


創造の世界 見上げれば空 No.288

2021年02月15日 | 緑の館 創造の世界

 

 宇宙は創造の世界そのもの。

 

 創造の世界には「枠」そのものが存在していない。

 

 見えないエネルギーが「創造の力」となって万物に変化をもたらしている。

 

 地球は創造の力によって一定の方向へ円を描くように自転している。

 

 何気なく空を見上げていると雲間から光が差してきた。

 

 とっさの眩しさで目元を手で覆った。

 

 万物流転 手の平は温かくなり全身が光に包まれていた。

 

 未知の創造の世界が心の中に広がっていった。

 

 

 「緑の館絵画を楽しむ会」のHPはこちらです。

 


泉が岳の冬景色を楽しむ No.287

2021年02月01日 | 緑の館 創造の世界

     寒さが厳しくなると、家の中に閉じこもりがちになります。

 大自然と触れ合うことによりストレスの解消になります。

 仙台市・泉ヶ岳は気軽に楽しめる大自然の宝庫です。

 とても清々しい気持ちになりました。

 身心一如 泉ヶ丘の冬景色をお楽しみください。

 

 

 

 「緑の館絵画をお楽しみください。

 


生き物 物語 No.284

2020年12月01日 | 緑の館 創造の世界

 

 地球環境は宇宙と深く結びついている。

 

 物語の始まりは46億年前の地球誕生に遡る。

 

 衝突する微惑星に含まれた水によって大気と海が生まれた。

 

 海は長い間ドロドロとした状態が続いた。

 

 冷却による水蒸気が地球に雨を降らせ海となった。

 

 生き物は海から生まれて陸にあがっていった。

 

 天変地異によって繁栄と絶滅を繰り返した。

 

 地球史上最大規模の火山噴火が次々と起こり大地が切り裂かれていった。

 

 日本列島の鼓動はマグマとなって大地を覆った。

 

 生き物は窮地に立つ度に進化をしていった。

 

 流れる水・万物に交差する光・地上を覆う空は、何も無かったかのように全てを包み込んでいく。

 

 生き物に残された最後の砦は大自然の法則と真理のみとなる。

 

 

 「緑の館絵画を楽しむ会」のHPはこちらです。


最後の一葉が風に舞う  No.283

2020年11月26日 | 緑の館 創造の世界

 

 

 

 秋の終わりが近づいている。

 

 不可思議なことに今年も同じ小枝の同じ箇所に最後の一葉が残っていた。

 

 最後の一葉が風に舞う瞬間に小枝に止まっていたシジュウカラが青空に飛び立った。

 

 ありふれた風景の中に創造の息吹を感ずる。

 

    「緑の館絵画を楽しむ会」のHPはこちらです


創造の価値 (落葉と再生への道)No.281

2020年11月02日 | 緑の館 創造の世界

靴の中にあった落葉

 

 

無くなってしまうもの

 

過ぎ去ってしまうもの

 

忘れ去られてしまうもの

 

自然に消えていくもの

 

 季節風が吹き枯葉が山になつています。

 

 靴を履き替えると小さな枯葉が靴の中に入っていました。

 

 その枯葉を壊さないように、そっと手に取ってみました。

 

 大自然からの予期せぬ贈り物を縁側にあった黒い座布団に載せてみると、見えない創造力が浮かび上がってきました。

 

 壮大な大自然の息吹に創造の価値が秘められています。

 

 落葉樹の葉は秋に枯れて越年します。

 

 樹木が雪に染められていく瞬間を肌で感じるのが人生の醍醐味ならば、春を待つ心に未来への希望があるように思えるのです。

 

 「緑の館絵画を楽しむ会」のHPはこちらです。

 


創造の価値 (幸せへの近道) No.280

2020年10月02日 | 緑の館 創造の世界

   私達は価値を推し測るのができないものに囲まれて生活をしています。

 

 無くなっても無くならないものに心の価値があります。

 

 失って気がつくものに心の価値があります。

 

 何にも変えられない価値が自分自身の中にあります。

 

 生き物には選択の余地の無い絶対の価値があります。

 

 泉が岳の大自然に魅せられて絵画を描くと「創造の世界」に誘われていく。

 

 枯れては蘇る自然の摂理に真実がある。

 

 何処からとなく聴こえてくる水の流れが大自然の深みに誘ってくれます。

 

 創造の世界では天地の隅々まで光と影が交錯しています。

 

 生命を育む大自然の力は光と雨になって大樹の甘い樹液を求めるカブト虫に降り注いでいました。

 

 森を彩る光が幸せへの近道を示していたのです。

 「緑の館絵画を楽しむ会」のHPはこちらです。


創造の世界 「緑の館創造の世界の画像を楽しむ」 No.276

2020年08月16日 | 緑の館 創造の世界

 新型コロナウイルス感染防止のために、行きたいと思った所に行けずに心が晴れない状況が続いている人が多いと思います。

 人の心の中では「創造の世界」が広がっています。

 創造の世界のカテゴリー写真を見る事により時空を超えた世界に誘ってくれます。

 

 緑の館絵画を楽しむ会のブログ写真から「創造の世界」が垣間見れます。

 

 創造の世界は「緑の館創造の世界」に繋がっています。

 

 人智を超えた癒しのひと時をお楽しみください。

 「緑の館絵画を楽しむ会」のHPはこちらです。


創造の世界 【創造の扉を開く】 No.247

2019年10月08日 | 緑の館 創造の世界

 

 人は、こだわりを持っている。

 必要と思えば思うほど、こだわりは強くなる。

 必要でなくなると、こだわりは無くなってしまう。

 画家は、自分の考え方、色、構図、表現力といった個性にこだわっている。

 創造の扉を開くと、こだわり人生の縮図が見えてくる。

 「緑の館絵画を楽しむ会」のHPはこちらです


創造の世界からの贈り物 No.243

2019年07月04日 | 緑の館 創造の世界

 

 

 万物を包み込んでいるのが創造の世界です。

 樹木からこぼれ出る光

 無意識で受け取ってしまうのが創造の世界からの贈り物です。

 大自然の中に身を置くと、只々心が満たされます。

 

  「緑の館絵画を楽しむ会」のHPはこちらです


創造の世界 (旅する喜び) No.212

2018年08月13日 | 緑の館 創造の世界

 

    絵画を描く事によって「創造の世界」を垣間見ることができる。 

 いつの世も、良いも悪いも風のように過ぎ去ってしまう。

 人生には、始まりがあり終わりがあるが「創造の世界」には始まりがなく終わりがない。

 

 「緑の館絵画を楽しむ会」のHPはこちらです


創造の世界 A Merry Christmas No.187

2017年12月24日 | 緑の館 創造の世界

 

 A Merry Christmas to you

終わりがあるから全てが美しい。

 緑の館 創造の世界を画像とブログでお楽しみください。

 

  「緑の館絵画を楽しむ会」はこちらです


創造の世界 人の一生とセミの一生 No.182

2017年11月11日 | 緑の館 創造の世界

 

 

 枯葉にしがみついていたセミの脱け殻が北風に誘われて庭石に落ちた。

 全ての生き物には寿命があり、時の流れは止められない。

 宇宙の推定年齢は137憶年

 太陽系の推定年齢は46憶年

 地球の推定年齢は46憶年

 地球はあと55憶年の推定寿命

 太陽は地球より1,000万年~2,000万年前に誕生したとされる。

 人の一生もセミの一生も時の流れの中にある。

 

 

 


鳥の巣箱とセミの脱け殻

  「緑の館絵画を楽しむ会」はのHPこちらです


創造の世界 【生命の旅立ち】No.181

2017年11月01日 | 緑の館 創造の世界

      絵画を描いていると創造の世界の広がりが見えてきます。

 

 花は咲いても枯れない花はありません。

 

 移り変わる万物には真理が宿っています。

 

 緑の館絵画の世界に生命の旅立ちの画像が加わりました

 

 創造の世界の一瞬の変化を画像でお楽しみください。

 

巣箱から飛び立つ鳥

 蝉の脱け殻 (葉が落ちる前)

 風との語らい

 ライトアップを楽しむ

 水辺に浮かぶ夜景

 風の通り道に落ち葉

北の旅路へ

 

 「緑の館絵画を楽しむ会」のHPはこちらです