緑の館絵画を楽しむ会 (医療・介護の現場に癒しの絵画展示)

ようこそ!
緑の館絵画の世界
ようこそ!
緑の館創造の世界
ようこそ!
緑の館仙台 絵画展示室

ボランティアの本質と魅力 No.178

2017年08月01日 | 緑の館 心の世界

 

    急がば回れの語源は人生航路そのものです。

 人の心には違った感情の波動があります。

 無理をしないことです。

 無理をすると相手に無理をさせることに繋がります。

 出来ない無理を押し通すと人心は離れていってしまいます。

 無理から生じた焦りは苛立ちとして相手に伝わってしまいます。

 焦って、苛立っていると過度のノルアドレナリンが出てきます。

 ノルアドレナリンの量を調節する物質に、脳内物質であるセロトニンがあります。

 楽しい動きをするとセロトニンが出てきて不安な心持ちから喜びの心持ちに変えてくれます。

 笑いと喜びのある生活を楽しみましょう。

 ボランティアという言葉はカトリックのミサの言葉でvolantasからきています。

 volantasはラテン語で意志・意思・意欲と訳されています。

 純粋な気持ちで自分を捧げるというのがボランティアの本質になります。

 ボランティア活動の魅力は自発性・社会性・無償性・創造性にあります。

 ボランティアの本質と魅力を深く考えて行動すると感情の波動に左右されずにモチベーションが維持できます。

 ボランティアは、出来ることからする事をお勧めします。

 ゆっくりする事によって長く続ける事ができます。

 ボランティアをするか、しないかを決めるのは自分なのです。

 急がば回れの語源はボランティアの真髄なのかも知れません。

 

  「緑の館絵画を楽しむ会」のHPはこちらです