緑の館絵画を楽しむ会 愛と平和のメッセージ

ようこそ!
緑の館絵画の世界
ようこそ!
緑の館創造の世界
ようこそ!
緑の館仙台 絵画展示室



緑の館 愛と平和の希望の架け橋 No.126

2014年11月17日 | 愛と平和の世界

 

 【虹は希望の架け橋】

長年の暮らしの中から言葉が生まれ音楽が生まれてきました。

そして人々の心の動きによって芸術作品が生まれて来ました。

始めがあれば終わりがあります。

人々はこの大自然の法則に従いながら暮らしてきました。

愛と平和の願いを伝える芸術活動が世界中に広がっています。

誰もが愛と平和の願いを大切にしていきたいと思っています。

どんなに苦しく悲しい思いの際でも目を閉じると心の扉を開く事ができます。

人はどんな局面になっても支え合って生きています。

人は何が出来て何が出来ないのかを常に考えているのです。

創造の世界は未来に繋がっています。

希望の虹は未来に繋がっています

愛と平和の思いは生と死を超えて人々の心に伝わっていきます。

 

《愛と平和のシンボルツリー》

 

数十年前に仙台市と米国のリバーサイド市が姉妹都市になるための架け橋になった人がいました。

その人はハルバーサンです。

ハルバーサンの墓参りをした際にふと見ると傘を閉じたような樹木がありました。

その時に、この傘を閉じたような樹木を愛と平和のシンボルツリーにする事を決めました。

緑の館絵画を楽しむ会のホームページの樹木の写真と上記のシンボルツリーは同一です。

全ての人が歩んできた道は真実でありこの樹木のように見えない命とのつながりがあります。 

 

 緑の館 絵画を楽しむ会ホームページはこちらです。