緑の館絵画を楽しむ会 (医療・介護の現場に癒しの絵画展示)

ようこそ!
緑の館絵画の世界
ようこそ!
緑の館創造の世界
ようこそ!
緑の館仙台 絵画展示室



2020年度 緑の館 癒しのコンサートの予定 No.269

2020年06月02日 | 緑の館 心の世界

2020年度 緑の館 癒しのコンサート

 開催場所 : 緑の館仙台絵画展示室

 入場料金 : 無料 予約制

 「緑の館絵画を楽しむ会」はこちらです

月日 公演名 プログラム
07月19日(日)
14:00~15:00

第13回

癒しのピアノコンサート

関係者のみ

スペースを確保した演奏になります。
(後日動画配信予定)

~浅野純子の世界Part1~

 

 ~愛する犬達のために~
 オールショパンプログラム

  • プレリュード 第15番 作品28-15 「雨だれ」
  • ノクターン 第2番 作品9-2
  • ワルツ 第1番 作品18 「華麗なる大円舞曲」
  • ワルツ 第7番 作品64-2
  • ワルツ 第6番 作品64-1「子犬」
  • スケルツォ 第2番 作品31

 

10月03日(土)
14:00~15:00

第7回

癒しのリュートコンサート

~鈴木健治 リュート&19世紀ギターの世界~

 

 リュート

  • ラクィラ リチェルカーレ #33
  • ノイジードラー あなたの意のままに
  • アテニャン 花咲く日々

 19世紀ギター

  • シベリウス 蜘蛛の歌
  • 3つのワルツ(秋の木の葉から、名もなきワルツ、愛のワルツ)
  • 愛のロマンス
11月22日(日)
14:00~15:00

第14回

癒しのピアノコンサート

~浅野純子の世界Part2~

 ~音楽(芸術)の持つ偉大な力との触れ合い~

  • ベートーヴェン ピアノソナタ 作品100他

 

12月13日(日)
14:00~15:00

第15回

癒しのピアノコンサート

~浅野純子の世界Part3~

 

 ~福島の希望の星達と共に~

  • クリスマスコンサート

亡き人を偲ぶ…オードリー・ヘップバーン No.268

2020年05月22日 | 緑の館 心の世界

 

  緑の館仙台絵画展示室はオードリー・ヘップバーンの作品を絵画と共に展示しています。

 

オードリー・ヘップバーンの日めくりカレンダーにこんな一説が書かれていました。

 

「心から愛する人を失えば、最初は耐えられない。けれども月日がたつうちに、痛みがあるからこそ愛する人の姿を鮮明に思い出すようになるの」

 

さらに、日めくりをめくると

 

「庭仕事は心を潤し、癒してくれる。生活の一部にリズムが生まれるし、こうありたいと願う自分の姿が見えてくるの」

 

オードリー・ヘップバーンが、緑の館絵画展示室で皆に語っているように思えるのです。

 

https://midorinoyakata.xyz/


人生は雲の流れのよう No.267

2020年05月02日 | 緑の館 心の世界

  当たり前と思っていた日常の中に「時の流れ」が宿る

40年前に描いた風景画の中の雲が、今も動いているかのよう。

世を照らした数々の顔が走馬灯のように浮かぶ。

悲しみの涙は雨となって心を濡らすも,心のキャンパスは、今も当時のまま。

流した涙は、全て悪しきものとは限らない。

一心で描いていると過去がおぼろげに見えてくる。

止まっていた時計が動き出したかのよう。

あるがままに生きる喜びに満ち溢れていく。

「大自然の力」は目に見えない神秘の鼓動となって魅了する。

何も無かったかのように、雲は只々流れゆく。

https://midorinoyakata.xyz/


今こそ! 思いやる心 No.264

2020年04月02日 | 緑の館 心の世界

 

 

苦難に立ち向かうには、お互いを思いやる気持ちが大切です。

 

自分がされたくない事は他の人にもしない事です。

 

相手に対する同情・心配りが思いやりになります。

 

些細な事でも相手の立場に立って考えてあげる事が大切です。

 

優しい言葉をかけてあげるだけでも笑顔になれます。

 

「ありがとう」の一言でも救われた気持ちになります。

 

「ごめんね」の一言でも心が和らぎます。

 

皆が自然環境の激変で大変な時は「お互い様」です。

 

 

静かに遠くで見守ってあげるのも深い思いやりです。

 

https://midorinoyakata.xyz/

 


大自然との語らい 『 光と共に去りぬ』 No.263

2020年03月08日 | 緑の館 心の世界

 環境の変化で人々の行動は大きく変わっていく。

花は枯れて無くなる。

自分も同じ定め。

「自分の心」と向き合っていく過程が大切。

大自然との語らいによって、拘りから解放される。

「慈悲と慈愛の心」は一瞬の光のように観じる。

いつしか、閉ざしていた心が開いてくる。

亡き人の心は光となって輝かん……


 【ありがとう】の連鎖 No.262

2020年03月04日 | 緑の館 心の世界

ありがとうの一言によって人生の歯車が大きく変わる事がある。

喜びは感謝に変わる
ありがとう!


感謝は感動に変わる
ありがとう! 


感動は愛に変わる
ありがとう! 


愛は奇跡に変わる
ありがとう! 


奇跡は進化に変わる
ありがとう! 


進化は自然に変わる
ありがとう!

 ↓


自然は喜びに変わる
ありがとう! 


喜びは希望に変わる!
ありがとう!

 ↓

未来に希望を!

ありがとう! 

素直にありがとうが言えた時……何かが変わる…

https://midorinoyakata.xyz/


心のストレッチ No.258

2020年02月03日 | 緑の館 心の世界

    関節が硬くなってきます。

対策として、筋力アップ・ストレッチが効果的。

心も身体同様に固くなって柔軟性を失ってしまいます。

心のストレッチとは心に余裕を持たせる事です。

人間関係はレンガを積み重ねていくようなもの。

先走って行動をすると悪循環が続いてしまいます。

自分の感情は相手に鏡のように伝わっていきます。

自分が正しいと思えば思うほど強引になってしまいます。

強引さがストレスになって負の連鎖を招く事になります。

待ってあげるといった相手に対する思いやりが人間関係を良くします。

待ってあげる事は心のストレッチをした事になります。

必要以上に焦ってしまうと交感神経が高ぶってしまいます。

そんな時こそ、心のストレッチのスイッチをONに切り替えると効果的です。

あえて,ゆっくりを意識して行動するのが心のストレッチです。

心のストレッチのスイッチを自動的に入れると心のバランスが良くなってきます。

https://midorinoyakata.xyz/


第12回・目からウロコの講演&癒しのピアノコンサート (2019年12月22日開催)No.256

2019年12月29日 | 緑の館 心の世界

(存在の価値 イメージ)

 第1部

目からウロコの講演

テーマは「存在」

 

  1. 存在の価値と非存在の価値
  2. 音楽と絵画の価値 (生と死を超えた存在の価値)
  3. 旧パラダイムから新パラダイム へ移行
  4. 人間の本質を問う
  5. 価値観の違いによる衝突
  6. ストレスによる心の「ゆがみ」と屈折 。
  7. 認識する際における心の歪み
  8. 心の歪みを正す
  9. バランスがもたらす心の健康
  10. 認識の違いを可視化
  11. 心の変化を時系列に可視化
  12. 【真実と存在】の確認
  13. 本物と偽物を見分ける
  14. 互いの存在の価値を認める
  15. 新たな存在の価値を発見する事による心的効果
  16. 心から明るく・仲良く・楽しくなれる
  17. 存在そのものを通しての「感謝と感動」の連鎖

 

第2部

癒しのピアノコンサート

~ピアニスト浅野純子の世界~

浅野純子

ショパン 24のプレリュード

「雨だれ」

浅野純子&千田陽子

モーツァルト ピアノソナタ k381

猪越千寛(中2)

ショパン エチュード 

作品10-12 革命

ショパン バラード 

第1番 作品23

矢吹拓夢(高1)

ベートーヴェン ピアノソナタ 

作品27-2 月光

坂本知穂(スペシャルゲスト)

ショパン バルカローレ 

作品60

坂本知穂&浅野純子

バッハ=グノー アヴェ・マリア

 

合唱 きよしこの夜

  「緑の館絵画を楽しむ会」はこちらです。


第12回 目からウロコの講演&癒しのコンサートの案内 No.254

2019年12月01日 | 緑の館 心の世界

 

 「緑の館絵画を楽しむ会」はこちらです

詳しくは月刊誌りらく12月号インフォメーションに掲載

 

12月22日
(日)

第12回

人・もの・金・命の大切さ

心の法則
第3章 希望
第5節~第6節 存在

第12回

~クリスマス・コンサート~

ピアニスト浅野純子の世界 信頼 Hope & Light

福島の希望の星と一緒に演奏

ピアノ:浅野純子&千田陽子

    矢吹拓夢さん(郡山市)
    猪越千寛さん(田村市)

☆「生きる喜び」を表現


「笑顔の言葉」に涙あり No.251

2019年11月22日 | 緑の館 心の世界

 

 未来への架け橋

笑っているだけでも伝わる言葉がある。

ありがとう。 

頑張ったね。 

無理しないでね。 

ご苦労さま。 

大丈夫だよ。 

無言の言葉に只々涙する。

いつしか、涙目には、虹が……

  「緑の館絵画を楽しむ会」はこちらです


親友は詩人であった No.249

2019年11月09日 | 緑の館 心の世界

哀悼の思い 

私は、思い出の道をひたすら歩いていた。

いつも、旅の道中には笑いが絶えない親友がいた。

親友はカラオケが好きで、まるで詩人のよう。

なりあいの中で、出会いがあれば別れがある。

親友は201910月・72歳で眠りについた。

職場で出会ってから44年の歳月が過ぎていた。

数々の思い出が走馬灯のように浮かんでは消えた。

「哀悼の思い」が空いっぱいに広がっていた。

親族だけの心がこもった家族葬に呼ばれた。

遺族に本人に代わって大切なエピソードを伝えた。

嬉しそうに愛犬を抱いているタブレットの画像を遺族に見せた。

この画像が祭壇の遺影の写真になった。

遺影の写真は笑っているが最期の別れは、そこはかとなく寂しい。

 「緑の館絵画を楽しむ会」はこちらです。


扉の向こうに見えるもの No.244

2019年08月02日 | 緑の館 心の世界

人生の岐路に立つ時

 

   扉を開けると、さらに向こう側に扉があった。

扉には自由に開けられる扉と自由に開けられない扉がある。

「心の扉」にも自由に開けられる扉と自由に開けられない扉がある。

自由に開けられた扉でも恐怖を抱き心に鍵をかけてしまうと自由に開けられなくなってしまう。

人生の岐路に立つとは、「未来の扉」の前に立つ瞬間である。

心を開くと光が射してくるが、心を閉ざしてしまうと一瞬で暗闇に戻ってしまう

心の扉を開けると、おぼろげに未来と過去の幻想が見えてくる。

「未来の扉」の前に立った先人の思いが走馬灯のように浮かんでくる。

  「緑の館絵画を楽しむ会」はこちらです


目からウロコ 「希望の光」No.240

2019年06月01日 | 緑の館 心の世界

 

宇宙の誕生は、130億年以上前に遡る。

地球から太陽までは、約1億5,000万km

地球から月までは378,000万km

月の直径は、3,474km

地球の直径は12,756km

地球の一周は40,000km

地球全体 5億1,000平方km

海の面積36,000平方km

海の割合71%

日本の南北の直径は、約3,000km

日本の面積は378,000平方km

日本の島々は、6,852

大自然は、時の流れを経て少しづつ変化していきます。

人の一生も地球に似ています。

各々の人生も時の流れと共に少しづつ変化していきます。

変化に気がつかないと、ボタンのかけ違いをしてしまいます。

変化に気付くまでは、次のボタンのかけ違いをしてしまいます。

転ばぬ前の気づきが大切です。

2018年度・目からウロコの講演は第1章・「幸福」〜第2章「愛」まで8回に分けて講演をしました。

2019年度・目からウロコの講演は心の法則・第3章の「希望」を緑の館仙台・絵画展示室で3回に分けて講演をします。

2部のピアニスト浅野純子さんの癒しのピアノコンサートも「希望」に満ちたものになります。

希望を叶えるためには「忍耐」が必要になります。

第3章・第1節〜第2節のテーマは「忍耐」です。

人生は、良いことばかりではなく厳しい事もあります。

辛いことも悲しいことも沢山あります。

でも、ずっと歩んで来れた一本の道です。

最後まで、諦めないで頑張ると希望の光が心に差し込んできます。

【心の法則】も、数年後には、希望の光となって完成します。

 心の法則のピアノ前奏曲は人生を物語るように絶えず変化をしていきます。

 

  「緑の館絵画を楽しむ会」はこちらです

代表 鈴木 和美


令和元年を迎える  (元号の流れを知る) No,237

2019年05月01日 | 緑の館 心の世界

 

「新」元号を通して節目・節目の時代の流れを感じます。

大化の改新時に「大化」が持ち入れられたのが最初となります。

51日、天皇が代替わりし令和の日本が始まります。

大化→白雉→朱鳥→大宝→慶雲→和銅→霊亀→養老→神亀→天平→天平感宝→天平勝宝→天平宝字→天平神護→神護景曇→宝亀→天応→延暦→大同→弘仁→天長→承和→嘉祥→仁寿→斉衡→天安→貞観→元慶→仁和→寛平→昌泰→延喜→延長→承平→天慶→天暦→天徳→応和→康保→安和→天録→天延→貞元→天元→永観→寛和→永延→永祚→正暦→長徳→長保→寛弘→長和→寛仁→治安→万寿→長元→長暦→長久→寛徳→永承→天喜→康平→治暦→延久→承保→承暦→永保→応徳→寛治→嘉保→永長→承徳→康和→長治→嘉承→天仁→天永→永久→元永→保安→天治→大治→天承→長承→保延→永治→康治→天養→久安→仁平→久寿→保元→平治→永暦→応保→長寛→永万→仁安→嘉応→承安→安元→治承→養和→寿永→元暦→文治→建久→正治→建仁→元久→建永→承元→建暦→建保→承久→貞応→元仁→嘉禄→安貞→寛喜→貞永→天福→文暦→嘉禎→暦仁→延応→仁治→寛元→宝治→建長→康元→正嘉→正元→文応→弘長→文永→建治→弘安→正応→永仁→正安→乾元→嘉元→徳治→延慶→応長→正和→文保→元応→元亨→正中→嘉暦→元徳→元弘→正慶→建武→延元→興国→正平→建徳→文中→天授→弘和→元中→暦応→康永→貞和→観応→文和→延文→康安→貞治→応安→永和→康暦→永徳→至徳→嘉慶→康応→明徳→応永→正長→永亭→嘉吉→文安→宝徳→亭徳→康正→長禄→寛正→文正→応仁→文明→長亭→延徳→明応→文亀→永正→大永→亭録→天文→弘治→永禄→元亀→天正→文録→慶長→元和→寛永→正保→慶安→承応→明暦→万治→寛文→延宝→天和→貞亭→元禄→宝永→正徳→享保→元文→寛保→延享→寛延→宝暦→明和→安永→天明→寛政→享和→文化→文政→天保→弘化→嘉永→安政→万延→文久→元治→慶応→明治→大正→昭和→平成→令和

 

改元の招書によれば明治45年7月30日と大正元年7月30日,大正15年12月25日と昭和元年12月25 日は共に存在します。

これは、即日改元であったためです。

昭和から平成へは翌日改元になっています。

下記の月日を参考にして頂ければ幸いです。

明治は1月1日に遡って明治元年と定めています。

明治は(1868年)明治1年1月1日から(1912年)明治45年7月30日迄になります。

大正は(1912年)大正1年7月30日から(1926年)大正15年12月25日迄になります。

昭和は(1926年)昭和1年12月25日から(1989年)昭和64年1月7日迄になります。

平成は(1989年)平成1年1月8日から(2019年)平成31年4月30日迄になります。

即位日の2019年51日の午前0時に元号が令和に改められました。 

 「緑の館絵画を楽しむ会」はこちらです


新元号【令和】Reiwa 発表 No.233

2019年04月01日 | 緑の館 心の世界

新元号【令和】Reiwa

「Beautitful Harmony」

歴史的な発表になりました。

新しい元号は【令和】です。

日本の未来を切り開く道標になります。

天皇陛下は430日に退位され、平成31年で幕を閉じます。

51日に新天皇が即位され新しい元号になります。

広い視野と長い時間軸で捉えられた新元号【令和】の発表になりました。

日本最古の万葉集から【令和】の新元号が選定されました。

「緑の館絵画を楽しむ会」はこちらです