緑の館絵画を楽しむ会 (医療・介護の現場に癒しの絵画の展示)

ようこそ!
緑の館絵画の世界
ようこそ!
緑の館創造の世界
ようこそ!
緑の館仙台 絵画展示室



黄色いカバンの物語 Story of a yellow bag 連載No.3

2012年03月31日 | 仙台敬老奉仕会

 緑の館 絵画を楽しむ会ホームページはこちらです。
どうぞご覧下さい

Cimg4950_4 

(品川信良先生が脈を数える)

吉永 馨 先生から「米国の介護のボランティア活動の視察に行きたいですね」と言われたのは4年以上前のことです。

「行きたいですね」が「行きましょう」に変わったのが2年前になります。

3人でも4人でもいいからロサンゼルスの介護施設を視察しましょうと話される吉永先生の目は希望で輝いていました。

行くための準備をしますと話しをしましたが長旅なので内心は心配でした。

当初は平成23年の6月に8人で行く準備をしていました。

私は、東日本大震災のボランティア活動があるため引率が困難である事を伝えました。

その結果、平成242月に変更することになりました。

延期をしましたが参加人数は18名になりました。

当初から参加を希望されていた弘前大学名誉教授の品川信良先生は吉永馨先生よりも更に高齢であるため吉永先生に品川先生のご家族に了解を得られていますかと思わず尋ねてしまいました。

品川先生は案ずる必要はなく、すこぶる元気ですとのことでした。

この様に困難な状況を乗り越えて米国介護視察の旅が実現したのです。

品川先生は私が思っていた先入観を見事に覆してしまいました。

品川先生は背中にリュックをしょって、さらに手荷物を持って全く遅れることなく元気に歩かれるのです。

出発前の成田の税関の手荷物検査では品川先生のカバンの中の飲みかけのワインが持ち込み不可になって没収されそうになりました。

そこで品川先生が取った行動は日本の侍の心意気を深く感じ入るものでした。

税関職員がいる前で椅子に座って堂々と残っていたワインをゆっくり飲み干したのです。

出来そうで出来ない男気を見せて頂きました。

さらに記憶に残る出来事がありました。

成田空港のレストランで昼食を共にするためテーブルに座って待っていた時のことです。

品川先生が何気なく吉永馨先生の脈を数えているのです。

見ていて思わずジーンときてしまいました、

そのまま写真撮影をさせて頂きました。

この写真こそがお互いがお互いを敬う敬老奉仕の原点であると思いました。

更に米国の旅も中盤を迎えた頃です。

リバーサイド市の介護施設の視察を終えてバスの到着するのを待っていた時の事です。

ふと見ると近くにバプテスト教会がありました。

下記の写真はその教会に吸い込まれるように行った際のものです。

旅先で離さず持ち歩いた黄色のカバンには皆の思い出が沢山詰まっていました。

 Cimg5158_2

《黄色のカバンと共に》

With a yellow bag

長寿を楽しむ心を教えて頂いたことに深く

感謝を申し上げます。

緑の館絵画を楽しむ会 代表 鈴木和美


福島県相馬地方絵画による支援活動 連載No.2

2012年03月26日 | 鈴木龍郎 日本画

 Saigai01_4  Saigai02_3

    (津波の惨状を伝える 福島県相馬市)

私は福島県相馬市の生まれです。

この東日本大震災で大津波により相馬地方も数多くの犠牲者が出てしまいました。

とても悲しいことです。

同じく相馬出身者の日本画家の鈴木龍郎氏と私は相馬の復旧.復興を共に願っています。

相馬市震災孤児育英基金を開設して相馬出身者とその仲間がチャリティー展を開催して長期に渡って支援していくとのことです。

緑の館絵画を楽しむ会は、絵画による心の復興と共生を願っています。

震災孤児のため側面から芸術家仲間を応援していきます。

緑の館 絵画を楽しむ会ホームページはこちらです。



米国 リバサイド市 視察旅行 連載No.1

2012年03月21日 | 仙台敬老奉仕会

 リバーサイド・ロサンゼルス 介護ボランティア視察研修  (連載 1)

 
(姉妹都市の方向を指している 

ミッションインホテルはリバーサイド市の有名な名所になります。

100年以上の歴史があり10人の大統領を迎えた米国のホテルに泊まる事が出来ました。

仙台市とリバーサイド市は姉妹都市になっており両市民との交流は活発です。

介護施設の視察を通して日常のボランティア活動を知る事が出来ました。

私はMDRTの終身会員でありボランティア団体・個人を応援しています。

幅広い支援活動をしている立場から見てNPO法人仙台敬老奉仕会の見守り型のボランティア活動は必要であると思います。

市民レベルの介護ボランティア活動が日本には必要です。

介護施設ではフロアに沢山の絵画等が展示してありました。

ボランティア活動と絵画の組み合わせは調和が取れていると思います。

私は絵画を楽しむ会を東日本大震災をキッカケに立ち上げる事にしました。

心の復興のために緑の館絵画を展示をする事にします。

 

22 24

吉永馨理事長とリバーサイド市長夫妻と夕食をした際に東日本大震災の復興の状況を聴かれました。

リバーサイド市は姉妹都市である仙台市のために市民が継続して義援金を募っていることを知りました。

吉永馨理事長がリバーサイド市の議会でメッセージを英語で読み上げられました。

仙台の奥山市長の親書をリバーサイド市民が傍聴している中で読み上げられました。

視察を終えた最後の一日はポールゲテイ美術館で芸術作品の鑑賞をしました。

モネ、ゴッホ、ルノワールなどの名画の下で沢山の子供達が自由に写生していました。

更に驚いたのはゲテイ ヴィラ氏の死後661,000万ドルの遺産を財団が受け継いで膨大なコレクションを所蔵していたことです。

入場料は無料でストロボをたかなければ写真撮影は可能でした。

スケールの大きさに驚嘆致しました。

私は欧米の介護ボランティア活動は高齢化する日本には必要だと思いました。

アメリカの介護医療施設では積極的に絵画展示がされていました。

視察を通して緑の館絵画を楽しむ会の役割がハッキリ見えてきました。

緑の館 絵画を楽しむ会ホームページはこちらです。



初めまして! 緑の館 絵画の世界へようこそ

2012年03月15日 | 緑の館絵画を楽しむ会

 初めまして !

緑の館絵画の世界へようこそ!

緑の館絵画を楽しむ会のブログは次号のNo.1からNo.100まで5日毎に更新していきます。

100連載が終了後の「緑の館絵画を楽しむ会」のブログはカテゴリー毎に分かれていきます。

「緑の館絵画を楽しむ会」の旅路は、ゴールが見えない長い道のりになります。

「創造の世界」にはゴールそのものが無いのかも知れません。

このブログの新展開をカテゴリーと共にお楽しみ頂ければ幸いです。

 緑の館絵画を楽しむ会ホームページはこちらです。