緑の館絵画を楽しむ会 (医療・介護の現場に癒しの絵画の展示)

ようこそ!
緑の館絵画の世界
ようこそ!
緑の館創造の世界
ようこそ!
緑の館仙台 絵画展示室



絵画ボランティアの広がり 連載No.99

2013年07月31日 | 緑の館絵画を楽しむ会

 

Cimg8448_2  Cimg8590

【介護の心を音楽に乗せて】 【広い廊下での絵画鑑賞】


緑の館絵画を楽しむ会の5日ごとのブログの連載は100が区切りになります。

東日本大震災の大津波がきっかけに緑の館絵画を楽しむ会のボランティアが始まりました。


緑の館絵画を楽しむ会はボランティアをしている仲間と共に歩んできました。

最初に絵画ボランティアとNPO法人仙台敬老奉仕会の介護ボランティアを結びつけました。

さらに音楽ボランティアと絵画ボランティアを結びつけました.

芸術家とボランティアを結びつける事によって活動の基礎を見い出す事が出来ました。

米国のメイデイ・モーハウスさんのブロンズ像の展示を通して芸術家との国際交流が続いているのです。

100連載のブログによって緑の館絵画を楽しむ会のボランティア活動のレールが完成されました。

それぞれの歩んできた道は真実であり命がつながっています。

 緑の館 絵画を楽しむ会ホームページはこちらです。

どうぞご覧下さい 


アートの世界 【絵画の色彩と明暗】 連載No.98

2013年07月25日 | アートの世界

(歴史は日々の繰り返し)

太陽が沈んで太陽が昇れば一日が過ぎた事になります。


昼は太陽光が夜は蛍光灯が色を感知させてくれます。


絵画を描くと色の明暗が複雑に絡み合ってきます。


色を混ぜ合わせていくと色と色が対立してしまういます。


昼と夜では光の波長が違ってきます。

 

 

夜は実際の色と違そうと言って夜に絵画を描かない画家がいます。

 

 

緑の館 絵画を楽しむ会ホームページはこちらです。

どうぞご覧下さい


創造の世界 光と影の世界 連載No.97

2013年07月20日 | 創造の世界

(光と影のコントラスト)

 

光が当たれば影が出てきます。

光が無ければ影は無いのです。

光には影がある様に表があれば裏があります。

人の心にも表と裏があります。

本物があるから偽物がある様に偽物があるから本物があるのです。

本物はどこまでいっても本物であって偽物はどこまでいっても偽物なのです。

ゴッホは初期の段階で憧れのミレーの絵画を模写していました。

ミレーの原画はミレーであってゴッホの原画はどこまで行ってもゴッホの絵画には変わりはありません。

私はミレーの絵画もゴッホの絵画も現代絵画も先入観に囚われずに鑑賞する様に心がけています。

川には水の流れがある様に人間にも時の流れがあります。

空にも雲の流れがある様に人間にも気持ちの変化があります。

世の流れには流行、人気といったブームがあります。

ブームがブームを呼び、知らず知らずにそのブームに乗ってしまいます。

名画のリトグラフを手軽に楽しむ心もその表れに思えるのです。


ブームや流行に左右されずに気ままに絵画の素材を探して見るのも楽しいと思います。

絵画による光と影のコントラストを楽しみましよう。

 緑の館 絵画を楽しむ会ホームページはこちらです。

どうぞご覧下さい 


肖像画の世界 連載No.96

2013年07月15日 | 緑の館 絵画の世界

Cimg8550

(男の肖像画)

顔の表情は、真実を物語っています。

肖像画の左右の顔は似ていますが、よく見ると違っています。

左右の目と左右の鼻も似てはいますが微妙に違っています。

脳も左脳と右脳があって自由に行動することができます。

肺も左右があって呼吸を楽にしてくれます。

人は心身ともにバランスがとれると安定してきます。

沢山の絵画を鑑賞することによって脳の前頭葉が鍛えられます。

無名であった絵画が未来人の前頭葉を刺激して、名画になっていきます。


緑の館 絵画を楽しむ会ホームページはこちらです。

どうぞご覧下さい


緑の館の世界 心のオアシス 連載No.95

2013年07月10日 | 緑の館 心の世界

(緑の館の世界 心のオアシス)

 

ベランダから見た風景

痛い所があると懸命に治そうとしませんか。

強い痛みは我慢ができないからです。

我慢すればする程に平常心を失ってしいます。

身体の痛みと同じように心が傷つくと萎縮して動けなくなってしまいます。

心身供に落ち込んでしまうと外出すらも怖がるようになってしまいます。

辛い時に交わした言葉がその後の人生を大きく変えてしまう事があります。

心無い言葉を使ってしまうと災いを招いてしまいます。

それとは逆に思いやりの言葉をかけると立ち直るキッカケになります。


趣味を楽しんでいると様々な試練を波乗りのように乗り越えてしまいます。

趣味を持っ事により心にハンドルの遊びができるのです。

心にハンドルの遊びができると人に会うのが楽しみになります。


趣味のオアシスは心を元気にしてくれます。

 

 緑の館 絵画を楽しむ会ホームページはこちらです。
どうぞご覧下さい


自分に合った楽しみ方 連載No.94

2013年07月05日 | 緑の館 心の世界

 

(変わりゆく空と樹木)

コーヒーを飲む際にミルクを入れますか。

 

砂糖は入れますかと聞かれた事がありませんか。

 

私はミルクがあればミルクを入れるし砂糖があれば砂糖を入れてしまいます。

 

ミルクと砂糖がなければブラックでコーヒーの本来の味を楽しんでしまいます。

 

私はコーヒーを出す際はミルクと砂糖をセットにして出してしまいます。

 

後は自由にどうぞといった感じです。

 

洋画、日本画、水彩画、水墨画、パステル画といった絵画のジャンルに囚われず額装・軸装の全て受け入れて自由に楽しんでいます。


嗜好は一時的に相手に合わせることが出来ても自分に合わない場合は長くは続かないものです。


趣味の世界もお付き合いで一時的に相手に合わせる事が出来ても自分に合わなければ長くは続かないものです。

自分に合った楽しみ方を見い出していけたら楽しいですね。

絵画の世界は狭い自分の知り得た領域から限りなく広い未知の領域へ広がっていく事が出来ます。

 

 

緑の館 絵画を楽しむ会ホームページはこちらです。

どうぞご覧下さい