緑の館絵画を楽しむ会 愛と平和のメッセージ

ようこそ!
緑の館絵画の世界
ようこそ!
緑の館創造の世界
ようこそ!
緑の館仙台 絵画展示室



長寿を祝う心 永親会 連載No.68

2013年02月25日 | 仙台敬老奉仕会

 

吉永馨先生のご挨拶

『永親会』は吉永馨先生を囲んで毎年催されており21回目を迎えられています。

『永』の一文字は『吉永馨先生の永』を表しているとの事です。

一番若い生徒さんも50歳以上になられたとの事です。

お互いを敬い心温まるお話しをされているのを拝見させて頂き心が和み癒されました。

吉永馨先生が理事長のNPO法人仙台敬老奉仕会の長寿を祝う心が永親会の根底にあるように思います。

吉永馨先生のご挨拶の中での最後に米国のメイデイ・モーハウス氏からのブロンズ像の受贈の話しがありました。

NPO法人仙台敬老奉仕会は仙台市が震災復興の美術館等が開設された際にブロンズ像を寄贈する事を話されました。

私の役目として吉永馨先生のご挨拶後に引き続いて緑の館絵画を楽しむ会がブロンズ像を展示・保管する経緯をお伝えしました。

大震災は忘れた頃にやって来ます。

この辛い出来事を後世の人々に伝え風化させないことも大切になってきます。

『親が子を思う心と子が親を思う心』には国境はありません。

仙台市の姉妹都市になっているリバーサイド市とは市民間の交流が長年続いています。

芸術による交流もその流れにあります。

人を慈しみ言葉にならない言葉で語りかけ、涙ぐむ時があります。

人は『ひとリ』では生きられません。

お互いが出来る事をして助け合う奉仕活動が必要になって来ます。

永親会『親が子を思い子が親を思う心』の席にお招き頂いてNPO法人仙台敬老奉仕会の活動について報告させて頂いた事に深く感謝を申し上げます。

緑の館絵画を楽しむ会は理念に沿った一連の流れがありますので継続して見て頂ければ幸いです。

Cimg7856

【ブロンズ像の展示と保管を説明】

緑の館 絵画を楽しむ会ホームページはこちらです。
どうぞご覧下さい


緑の館絵画を楽しむ会 代表 鈴木和美


震災復興のためのブロンズ像 連載No.67

2013年02月20日 | 国際交流

  

復興の願いを込めたブロンズ像


東日本大震災当日にブロンズ像彫刻家メイデイ・モーハウス氏『リバーサイド国際交流委員会仙台委員会の特別会員、サンデイゴ在住』は東京に滞在しており強い悲しみの衝撃を受けて帰国しました。

 

メイデイ氏はその思いを後々の人々に伝えるためにブロンズ像3作品[まもる()] [仙台] [復興]を制作され仙台市民のために寄贈する事を望んでおられました。

 

この度ブロンズ像3作品はNPO法人仙台敬老奉仕会が受像する事になりました。


当面の間は緑の館絵画を楽しむ会が保管展示する事になります。

 

平成25年3月にメイデイ・モーハウス氏と姉妹都市の橋渡しのブツシエ洋子さんが共に仙台を訪問されます。

 

この機会に震災復興のためのブロンズ像贈呈式を下記のとおり開催を致します。

 

(贈呈式と懇親会)

日時 平成25年3月8日() 午後3時30分から

場所 仙台国際センター交流コーナーギャラリー

会費 無料

 (備考

贈呈式と懇親会には、どなたでも参加できます。

(夕食会)

日時 平成25年3月8日() 午後5時30分から

場所 仙台国際センター内レストラン [ラ・フォーレ]

会費 ,000円 (当日)

発起人 吉永 馨
発起人 朴沢 公代

発起人 鈴木 健治

発起人 鈴木 和美


緑の館 絵画を楽しむ会ホームページはこちらです。
どうぞご覧下さい


時を超えて伝わる癒しの心  連載No.66

2013年02月15日 | 緑の館 心の世界

 

Cimg7814

(宮城県白石市かつらや旅館の神木を撮影)


何気なく眺めていた絵画が寝静まる夜にまぶたの内に浮かんでくる事がよくあります。


何気なく見ている絵画が心の癒しになっているのです。


人は絶えず自分自身に話しかけているのです。


他人に話しかけていながら自分にも話しかけているのです。

川の流れがキャンパスになって大きな樹木が人々の歴史を刻んでいるように思えます。

数百年前の人々の神木との語らいが聴こえてくるようです。

大自然との語らいを感じる事は心の癒しになります。

 緑の館 絵画を楽しむ会ホームページはこちらです。
どうぞご覧下さい

 緑の館絵画を楽しむ会 代表 鈴木和美


ОH!バンデスで放送 緑の館仙台展示室からのメッセージ 連載No.65

2013年02月10日 | 緑の館仙台と緑の館絵画展示室

 

Cimg7795  Cimg7752

 【リュート演奏】【絵画とブロンズ像】

平成25年2月7日

宮城テレビのOH!バンデスが、緑の館仙台の絵画展示室に来られました。

(放送された内容)

1. NPO法人仙台敬老奉仕会の奉仕活動と絵画ボランティアの関連の説明

2. 緑の館絵画を楽しむ会と共に奉仕活動をしている鈴木健治氏のリュート演奏

3. 東日本大震災を風化させないために寄贈された米国のMaidy Morhous氏のブロンズ像の経緯

4. 緑の館仙台にとって保険の仕事とボランティア活動は車の両輪であることを簡潔に伝える。

(放送終了後の回想)

放送終了後、林香院の亡き方丈さんの言葉が脳裏をよぎりました。

今から30年前に坂村真民さんの念ずれば花開くの本と佐藤宗幸さんの青葉城恋唄のCDを送別の際に頂いた時の言葉です。

この二人の一方は詩人として、もう一方は民衆への語りべとしての役割があるので心に明記しておきなさいとの事でした。

命の電話の普及に御尽力されていた頃の威厳のある言葉で温かさと重みがありました。

【ボランティア活動の展開】

上記の左側の写真は特別養護老人ホーム水泉荘でリュート演奏をした時のものです。

リュート演奏が終わり介護ボランティアが去った後は緑の館絵画が入居者を見守り続けています。

【お知らせ】

NPO法人仙台敬老奉仕会の吉永 馨理事長の講話が平成25年2月14日・15日にNHKの深夜放送 明日への言葉で放送されます。

 

緑の館 絵画を楽しむ会ホームページ


緑の館絵画を楽しむ会の役割 連載No.64

2013年02月05日 | 緑の館絵画を楽しむ会

 

Cimg1065  Cimg7758

( 芸術品として歴史を残す 

日本は、山、川、海、穀倉の地がもたらす豊かな食材に恵まれています。


日本は何処で大震災が起こるかも知れない地震国です。

過去の歴史を振り返って見ますと天災は忘れた頃にやって来ています。


東日本大震災の大津波の事は忘れてしまいたい事ではありますが忘れてしまうと過去の悲劇を繰り返す事になってしまいます。

大津波の恐ろしさを後世の人々に伝える事は今を生きる我々にとっては責務なのかも知れません。

復興と共生の歯車が大きく動いて来ています。


現在を生きる我々も未来の人々にとっても芸術の果たす役割は益々大きくなってくると思います。


元気で仲良く、楽しく、共に助け合う共生の社会が望まれます。

その一助になる事が緑の館絵画を楽しむ会の役割です。

仙台敬老奉仕会の見守り型の介護ボランティアを受け入れて頂いている仙台の老人介護施設に緑の館絵画を展示させて頂いています。

老人介護施設では数多くの介護ボランティアが必要になっているのが現状です。

緑の館絵画が果たす役割は介護ボランティアが去った後でも癒しの絵画として入居者を見守っていくことです。

緑の館絵画を楽しむ会のブログは理念に沿った一連の流れがありますので継続して見て頂ければ幸いです。

 

緑の館 絵画を楽しむ会ホームページはこちらです。
どうぞご覧下さい