緑の館絵画を楽しむ会 (医療・介護の現場に癒しの絵画の展示)

ようこそ!
緑の館絵画の世界
ようこそ!
緑の館創造の世界
ようこそ!
緑の館仙台 絵画展示室



絵画ボランティアを楽しむ No.132

2015年02月06日 | 医療と絵画の世界

 

《花を観る心 渡辺せつ子さんの作品》

緑の館絵画を楽しむ会は特別養護老人ホーム等に癒しの絵画を展示しています。

緑の館絵画展示室に絵画ボランティアを志す渡辺せつ子さんが来店されました。

特別養護老人ホームの入居者に喜んで頂きたいとの思いで作品を持って来られました。

渡辺さんは幼稚園や保育所で働きながら絵を描いて約20年になるとの事です。

民生委員の2期6年間を通してボランティア活動をしてきました。

臨床美術の美術士の資格を取得をされて保育所で指導をされました。

臨床絵画は癒しの効果が期待出来ると思います。

そのため緑の館絵画を楽しむ会はこれらの臨床絵画の普及を応援していきたいと思います。

新たに緑の館絵画ボランティアをして頂く仲間が増えた事は喜ばしいことです。

これらの絵画は幼稚園や特別養護老人ホーム等に展示をしていく事になります。

渡辺さんは美術造形の他に臨床美術に興味のある人に指導をされ一緒に描いて行きたいと思っています。

渡辺さんの3作品は東北労災病院の図書室に5月7日まで展示されます。

入院患者の癒しになる事を願って展示をします。

絵画が脳に良い影響を与えられることを願っています。

 

緑の館 絵画を楽しむ会ホームページはこちらです。

 


人生の転機 No.131

2015年02月02日 | 緑の館 心の世界

 

人生は山あり谷ありの喜怒哀楽の連続です。

もしあの日が無かったら、もしあの日の決断が違っていたらと考えてみた事がありませんか。

ちょっとした出来事やちょっとした出会いによって人生が大きく変わってしまうことがあります。

良いも悪いも風のように過ぎ去ってしまいます。

過去のことをクヨクヨせずに寛容な心でいると感謝の心が芽生えてきます。

その反面過去にこだわりイライラしていると不平の心が芽生えてきます。

不平や不満の心持ちから感謝の心持ちに変わると心が楽になってきます。

全ての生命は大自然からの恵みを受けて生きています。

太陽と月  光と影  昼と夜  陸と海  山と川をどう思いますか。

これらの大自然の中に身を置くと自分が大自然の中で生きている事が感じられます。

美を見つめることにより見えない創造の世界が見えてきます。

 緑の館 絵画を楽しむ会ホームページはこちらです。