緑の館絵画を楽しむ会 (医療・介護の現場に癒しの絵画の展示)

ようこそ!
緑の館絵画の世界
ようこそ!
緑の館創造の世界
ようこそ!
緑の館仙台 絵画展示室



絵画の魅力 クロード.モネの絵 連載No.27

2012年07月30日 | 絵画の魅力

 

(光輝く海の色)

緑の館 絵画を楽しむ会ホームページはこちらです。
どうぞご覧下さい

小学生の夏休みの頃を思い出しました。

画用紙に好きな絵を描く宿題を出された時の事です。

テーマが自由だったのですが何を描くか迷ってしまいました。

クレヨン画から水彩画に変わりスケッチをして見真似で覚えていた頃です。

宿題で描いた絵が学校で展示されるのかを気にしていました。

とにかく宿題を提出するために空想風景を描きました。

不安は的中してしまいました。

張り出された絵画は無印でした。

誰からも何の評価も有りませんでした。

評価といっても金紙と銀紙と無印なので気にせず遊び回っていました。

それ以来自分は絵が下手だと思い込み興味が出てきたスケッチすらも止めてしまいました。

それから10年以上は絵には興味がないと自分に言い聞かせて描きませんでした。

思い込みとは怖いものです。

絵を見るのも嫌になって益々遠ざかっていきました。

何気なく写真集を眺めているとぼやっとした絵画が掲載されていました。

その絵は目を凝らして見ると日の出の太陽が海を紅く染めていく中で船がゆっくり進んでいく動きが感じられる絵でした。

見れば見るほど絵の中に引き込まれていきました。

印象派クロード.モネの絵(印象・日の出)によって絵画嫌いが絵画好きに一変してしまったのです。

絵画が好きになったのも心に残る名画の出会いがあったからです。

夏休みの宿題で子供達が絵を描く機会があると思います。

その際は、一言、大人が一歩踏み込んで誉めてあげると子供の印象に残ると思います。


創造の世界 青の洞窟は創造の世界の入り口 連載No.26

2012年07月25日 | 創造の世界

 緑の館 絵画を楽しむ会ホームページはこちらです

(青の洞窟の入り口から光が見える)


宇宙は何処から生まれたのでしよう。

自由自在に時間の中を飛び回ってみませんか。

夢中になると時間が過ぎるのが速く感じられます。

望遠鏡で見えている星空は遠い過去の宇宙の姿なのです。

心には偶有性を楽しむタイムマシーンがあります。

タイムマシンでイタリアの青の洞窟に入ってみましよう。

洞窟の中は創造の世界が広がっていました。

創造の世界を楽しんでいると自分を乗せた小舟が目の前を通り過ぎていきました。


先入観を捨てられますか 連載No.25

2012年07月20日 | 緑の館 心の世界

 緑の館 絵画を楽しむ会ホームページはこちらです。
どうぞご覧下さい

(眠ってしまうほどのリラックス)

 

先入観を捨てると可能性が更に広がってきます。

先入観を捨てることにより気持の変化が起こってきます。

自分の好きな色を変えて見ると多彩な色が使えるようになります。

変えないでいると変える事が出来なくなってしまいます。

絵画の世界では生前は誰からも評価されないで死んだ後に脚光を浴びる事があります。

その逆に現代では評価されていても作者の死後には評価されなくなる事があります。

過去の先入観に捕らわれないで あるがままの心の変化を楽しんでみませんか。


リュート演奏と介護ボランティア(サン・つばき) 連載No.24

2012年07月15日 | 緑の館絵画を楽しむ会

  緑の館 絵画を楽しむ会ホームページはこちらです。
どうぞご覧下さい

Cimg6381

(語りかけるようなリユートの調べ)

 特別養護老人ホーム サン.つばき(仙台)にて鈴木健治氏のリュート演奏ボランティアがスタートしました。

鈴木健治氏は仙台オレンジ倶楽部の会長で仙台市とリバーサイド市の交流の橋渡しをしています。


介護ボランティアの思いが一つになる事は素晴らしい事です。

どうぞお聞きになって下さいといった押し付けのない柔らかな挨拶で始まり心に響くリュートの音色が流れてきました。


この日は仙台敬老奉仕会の見守り型の介護ボランティア活動とリュート演奏が一体になって入所者さんに安らぎを与える事が出来ました。


仙台敬老奉仕会の介護ボランティアをしている黄色いエプロン姿の岡本さんと斎藤さんは、逆に私達が心のボランティアをして頂きましたと感想を述べていました。

リュートは500年前の楽器で心に染み渡る心地よい音色で各部屋に静かに流れていきました。


自然体で心に染み渡る弦楽器の演奏が広い空間に静かに流れていきました。

各部屋から次々と入所者さんが集まってきました。


演奏者と入所者さんの心が一つになっており感動の拍手が起こりました。

サン・つばきは楽しさを追求している介護施設で積極的に介護ボランティアを受け入れており絵画がバランス良く配置されておりました。

リュート演奏と介護ボランティアは絶妙な組み合わせで調和が取れていました。


新たな試みにより入所者さんに喜んで頂けた事は介護ボランティア活動の新展開になるかも知れません。


サン.つばきは本年11月にロサンゼルスの介護施設の責任者が視察に来られる予定です


国境を超えて介護施設が互いに良い所を取り入れて学んでいく事は素晴らしい事だと思います。


鈴木健治氏はこの施設で毎月、演奏活動をさせて頂き喜んで頂くことを楽しみにしていると話しておりました。


サン.つばきの施設と鈴木健治氏のリュート演奏活動については、当会ブログの心を癒すリュート演奏のフォトアルバムを見て頂ければ幸いです。


趣味の世界と絵画ボランティア 連載No.23

2012年07月10日 | 絵画ボランティア

緑の館 絵画を楽しむ会ホームページはこちらです。
どうぞご覧下さい

 

Cimg1258_2

 (楽しさの追及に行こう)

Cimg5121

 (ハートを届ける)

 

アムール会の絵画と緑の館絵画を楽しむ会の絵画が特別養護老人施設萩の風に展示される事になりました。

緑の館絵画を楽しむ会を開設してから間もなく6ヶ月が過ぎようとしています。

 

絵画ボランティア活動はゆっくりした足取りですが長期間の展示を必要としています。

 

絵画を見る事を意識する事により創造と挑戦が始まります。

脳を活性化させるのには絵画を描く事と絵画鑑賞は有効だと思います。

 

幼年期は絵画を見たり描いたりする事により心をウキウキさせる事が出来ます。

老年期は絵画を眺める事により遠く忘れかけた記憶を呼び戻すことが出来ます。

絵画を見る事をしないで足速に通り過ぎていく事はとても勿体無いと思います。

 

絵画の存在を意識する事により心が開いてくる事になります。

絵画を見る機会が多くなればなる程心が開いてきて新たな希望が生まれてきます。

 
趣味の世界の入り口は綺麗だな、すごいな、面白いな、楽しいな、から始まり新たな希望が生まれてきます。

 

趣味の世界は意識すればする程広がっていくから楽しいのです。


絵画による魔法の言葉 連載No.22

2012年07月05日 | 緑の館 心の世界



Cimg1228_3

 (友人の祈り)

物言わぬ絵画の言葉は魔法の言葉です。


一枚の絵画にも様々な人生ドラマが潜んでいます。

 

 

一緒に泣いてくれた友人のさりげない言葉を覚えていますか。


許されないと思っていた事をあっさり許してもらった事がありませんか。

 

悲しみは、悲しみの色に染まります。


喜びは、喜びの色に染まります。

 

 

無言の言葉が魔法の言葉です。

 


絵画がもたらす言葉にならないメッセージが過去と現代と未来を結びつけてくれます。

 

 

 緑の館 絵画を楽しむ会ホームページはこちらです。

どうぞご覧下さい


緑の館 絵画の世界 連載No.21

2012年07月01日 | 緑の館 絵画の世界

 緑の館 絵画を楽しむ会ホームページはこちらです。

どうぞご覧下さい

Cimg1264  


 

(絵画は世界を渡る)


絵画の世界はどんどん広がっていきます。

 

絵画の世界は見ようと意識をしないと見えない世界です。


テーマを意識して探していると見えてきます。

 

恋愛感情が生まれると意識する対象が違って見えてくるようなものです。

 

恋心とは意識すればする程に意識していないように見せかけてしまう心情です。


このように何処となく絵画鑑賞は恋心に似ているのです。

 

絵画鑑賞によって自分の心が動き出します。

 

絵画の世界では画家は別々の競合する存在であってもゴッホもピカソもルノアールもモネも仲の良い友達なのです。